【読書ログ】今月の読破した本15冊と厳選のおすすめ2冊【2019年10月分】

reading-log-2019-10
iPhone12が発売!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、2020年10月16日に予約開始!
発売日は10月23日と11月中旬!

予約や購入はお早めに

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

iPhone12最新まとめ
iPhone12・12Pro 最新まとめ! 発表・発売日・値段・スペック解説

Amazonで買い物するなら登録しないと損!

CMなどで話題沸騰中のAmazon PRIME ビデオが見放題のプライム会員は、月額たった500円で、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです!

登録めちゃお得!
Amazon プライム会員になる

/新しい読書のおすすめは”本を聴く”\

本というものは、先駆者たちが学んだノウハウであり、先駆者たちが想像するモノゴトです。読書をするということは、どこまでも”学び”のあることであるし、自分の人生でアウトプットして生きていくためのインプットにおいてはとても貴重な情報源です。

だから、読書量が増えれば、自ずと人生の選択肢、そして情報や知恵、想像や空想のアイデアは、広がっていきます。

そこで今回は、僕が実際に毎月読んだ本をご紹介していく企画です。

本の概要と、ちょっとした感想、そして読んだ本の中で、特におすすめな本を紹介します。もちろん、頭の良いことは言えませんが、僕の感性の面から何かを伝えられればなと思います。

先月は15本の本を読みました。その中でも特におすすめの作品については最後にお伝えします。

僕の読書術や読書をする理由については、こちらの記事に詳しく書いています。

動画と文章の両方で解説していますので、環境に合わせて確認ください。

では早速行ってみましょう!

イシハラ
当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

YouTubeではAppleの最新情報やガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報動画でお届けしています!

読者の皆様、そして初めての方も!

ぜひ チャンネル登録 宜しくお願いします。

YouTube戦略収益(売上)公開中!


【動画】読書が必要な理由と今月読破した本15冊の紹介とおすすめの2冊【2019年10月分】

動画の内容

この動画では、僕が今月読んだ本は15冊!読んだ本すべてと、その中から特におすすめの本をみなさんにご紹介しています!

あなたの人生を生きるヒントになれば幸いです。

もしよければチャンネル登録を宜しくお願いします!

では以下より、文章でもご紹介しておきます。

今月読んだ小説・文学・エッセイ

爛柯の宴(第四局) 松井 琢磨

本の概要・あらすじ

「爛柯」――囲碁の別称、または囲碁に夢中になって時間が経つのを忘れること

田中社長との対抗戦に備えて一か月で三段から六段まで上げる目標を立てた井山は、昼間から「らんか」に通うようになるが、政治家の細名、ビジネススクール学長の堀井に続いて医者の奥井、財務官僚の羽田までもが仕事を辞めて囲碁に専念するようになったので、リーグ戦はますます白熱したものになっていく。そんな中、韓国で修行してきた丸山少年がリーグ戦に加わることになり、おじさんたちの間に激しい動揺が走る。一方、深夜の神楽坂の路地裏で再びあかねと出遭った井山は、何故か静岡おでんの店へと導かれていく・・・。

囲碁愛に溢れたファンタジー第四弾。

感想・評価

僕は一度も囲碁というものをしたことがありません。ヒカルの碁などで「囲碁」というワードは知っていました。そもそも「囲碁」というものには全く興味もなく、この小説を読み始める時に、「囲碁」の話って面白いのかな?と正直あまり期待はしていませんでした。しかーし、読み始めてすぐに「囲碁」の面白さと、そしてそれ以上にストーリーに引き込まれていきました。

今回読んだものは、第四局、つまり4巻です。1、2、3巻を一気読みして、この第四局まですべて読破しました。

この小説を読むと、主人公が「囲碁」というものに魅力されていく様が、ヒシヒシと伝わり、読んでいる僕ですら、囲碁をやってみたい!と思い、こちらの囲碁アプリをダウンロードしてしまいました。

数回遊びましたが…これは時間がいくらあっても足りませんね。奥深すぎて頭がパニックになりました。ネットで対戦して、瞬殺です。そりゃそうです。ど素人ですのでwでも、囲碁というワードは、僕の人生の中で急上昇しました。

少し話が逸れましたが、それほどまでにこのらんかのうたげは、面白すぎました。

【購入】爛柯の宴(第四局)

千年鬼 (徳間文庫) 西條奈加

本の概要・あらすじ

友だちになった小鬼から、過去世を見せられた少女は、心に〈鬼の芽〉を生じさせてしまった。小鬼は彼女を宿業から解き放つため、様々な時代に現れる〈鬼の芽〉───酒浸りで寝たきりの父のために奉公先で耐える少年、好きな人を殺した男を側仕えにして苛めぬく姫君、行商をしながら長屋で一人暮らす老婆、凶作が続く村で愛娘を捨てろと言われ憤る農夫、田舎から出て姉とともに色街で暮らす少女───を集める千年の旅を始めた。精緻な筆致で紡がれる人と鬼の物語。

感想・評価

本当に正直な鬼が、だらしのないというか、感情に左右される人間のために一生をかける話。健気な鬼の姿が脳裏にまだ焼き付いています。あれほど誰かのために生きることができれば、本当の意味での人生の充実や幸福感を得られるのかもしれません。

【購入】千年鬼

ロマンスドール タナダ ユキ

本の概要・あらすじ

美人で気立てのいい園子に一目惚れして結婚した僕が、彼女にずっと隠し続けている仕事、それはラブドール職人。平穏に過ぎていく日常のなか、僕は仕事にのめり込み、あんなにも恋焦がれて結婚したのに、園子とは次第にセックスレスになっていった。いよいよ夫婦の危機かと思ったとき、園子は胸の中に抱えていた秘密をぽつりと打ち明けた。純愛と性愛とドールが交錯するラブストーリー。

感想・評価

「ロマンスドール」映画化!みたいなニュースを以前見た覚えがあり、映画公開前に読んでおこうと思い読みました。

実に面白いです。セックスドールと純愛という明かに異質なコンビネーションで繰り広げられるストーリー展開は、グイグイと読んでしまいました。

主人公に腹立ちながらもう怒り奮闘しながら読んでました。馬鹿な男だよ全く。

【購入】ロマンスドール (角川文庫)

泣きたくなるような青空 (翼の王国books)吉田 修一

本の概要・あらすじ

大人が、遠い記憶と向き合うための25篇

『悪人』『横道世之介』『さよなら渓谷』『怒り』などの ベストセラーで知られる芥川賞作家・吉田修一が、 日々を懸命に生きている大人たちに贈る、 どこまでも前向きで心に沁みるエッセイです。

感想・評価

吉田修一さん。本当に僕はこの人の本が大好きです。というかもうこの人の文章のセンスと、感慨深い気持ちにさせてくれる物語もそうですが、このエッセイの終わり方が好きです。

ただのエッセイというか、エッセイなんですけど、ポロッと泣ける。最後に、すべての伏線を回収してしまう展開に、本当に読み終わった時に「ありがとうござます」と伝えたいくらいです。

【購入】泣きたくなるような青空 (翼の王国books)

最後に手にしたいもの (翼の王国books)吉田 修一

本の概要・あらすじ

大人が、自分自身に満足するための25篇

『悪人』『横道世之介』『さよなら渓谷』『怒り』などの ベストセラーで知られる芥川賞作家・吉田修一が、 日々を懸命に生きている大人たちに贈る、 どこまでも前向きで心に沁みるエッセイです。

感想・評価

こちらもシリーズもののエッセイですけど、こちらも本当に素晴らしいというか、この人の思考の深さはずば抜けていますね。

ただただもう「ありがとうござます」です。

【購入】最後に手にしたいもの (翼の王国books)

犯罪小説集 (角川文庫)吉田 修一

本の概要・あらすじ

田園に続く一本道が分かれるY字路で、1人の少女が消息を絶った。犯人は不明のまま10年の時が過ぎ、少女の祖父の五郎や直前まで一緒にいた紡は罪悪感を抱えたままだった。だが、当初から疑われていた無職の男・豪士の存在が関係者たちを徐々に狂わせていく…。(「青田Y字路」)痴情、ギャンブル、過疎の閉鎖空間、豪奢な生活…幸せな生活を願う人々が陥穽にはまった瞬間の叫びとは?人間の真実を炙り出す小説集。

感想・評価

本作を原作にした映画『楽園』2019年秋公開! 出演 綾野剛 杉咲花/佐藤浩市 監督・脚本 瀬々敬久

こちらも吉田修一さん。映画化が決定したことで先に読んでおこうと思い、読みました。

いやーなんだもうどうしよう。

こりゃ、本当に素晴らしすぎる。というか、次が気になって気になって、本を置くことができずに辛かったです。もちろんネタバレなしなので、ストーリーについては何も言えませんが、登場する人物1人ひとりの顔が浮かび上がるようです。文章で、こんなにも情景が見えて来る小説はないです。とはいえ、吉田修一さんの小説は、みなそうなんですけどね。

【購入】犯罪小説集 (角川文庫)

白い服の男(新潮文庫) 星 新一

本の概要・あらすじ

横領、強盗、殺人……こんなたぐいの犯罪は一般の警察にまかせておけばよい。わが特殊警察の任務はただひとつ――人間が作り出す平和の虚妄性を痛烈な皮肉をこめて描く表題作。男っぽく言葉づかいのぞんざいだった妻が一夜あけるとすっかりしとやかな女になっていた――軽妙なタッチで医学の進歩の盲点を衝いた『月曜日の異変』。ほかに、『老人と孫』『テレビシート加工』など全10編。

感想・評価

えっ?と思うようなアイデア満載のいくつかの短編をまとめたものです。僕は基本的に、SFが大好きなんですが、まさに現代では考えられない未来に起こるであろうと、問題を物語にしています。

ストーリーというよりも、作品のアイデアの豊富さには感心させられました。

【購入】白い服の男(新潮文庫)

雨の日も、晴れ男 水野敬也

本の概要・あらすじ

二人の幼い神のいたずらで不幸な出来事が次々起こるアレックス。だが、会社をクビになろうとも、家が焼けようとも、妻子が出ていこうとも、彼は常に他人を楽しませ、前向きに生きていた。その様子を見た二人は、全知全能の神ゼウスの制止を振り切って…。人生で一番大切な事は何かを教えてくれる感動のエンターテイメント小説。

感想・評価

言わずと知れた水野敬也さんの小説です。水野さんの本は、ストーリーもさることながら、小説にして自己啓発系の本でもあることです。

本を終えたら、「自分を改める」という気持ちにもなれるので、ストーリーの面白さと初心に戻るような気持ちになり、二度美味しい小説です。

【購入】雨の日も、晴れ男

夢をかなえるゾウ |水野敬也

本の概要・あらすじ

ダメダメなサラリーマンの前に突然現れた関西弁を喋るゾウの姿をした神様“ガネーシャ”。

成功するために教えられたことは「靴をみがく」とか「コンビニで募金する」とか地味なものばかりで…。

夢をなくした“僕”と史上最悪の“師匠”が繰り広げる、「笑って」「泣けて」「ためになる」実用エンタテインメント小説。

感想・評価

ナポレオン、孔子、ニュートン、最近ではビル・ゲイツまで、本当か嘘かはさておき、読んでる僕らのためになるような構成になっているので、スッと頭の中に入ってきます。そして、この本の醍醐味ともいえる、ガネーシャと言われる変な神様のボキャブラリーの多さ、そして交し方やコミュニケーション能力の面白さが、水野さんの頭の中から出ていると思うと、本当に頭の回転が圧倒的に速いのだと腰を抜かします。

【購入】 夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神|水野敬也

本の概要・あらすじ

生きていく上で避けては通れない“お金”の話です。「夢」を実現させようとする人は「お金」とどう向かい合っていけばいいのか。

感想・評価

はい、こちら先程のシリーズの第二段です。こちらが、シリーズ1と大方の土台は同じですが、登場してくるキャラクターが本当に多彩で面白いです。そしてそれでいて、ためになるのだから、読まなきゃ損ですね!

【購入】夢をかなえるゾウ 2

怒り|上下|吉田修一

本の概要・あらすじ

若い夫婦が自宅で惨殺され、現場には「怒」という血文字が残されていた。犯人は山神一也、二十七歳と判明するが、その行方は杳として知れず捜査は難航していた。そして事件から一年後の夏―。房総の港町で働く槇洋平・愛子親子、大手企業に勤めるゲイの藤田優馬、沖縄の離島で母と暮らす小宮山泉の前に、身元不詳の三人の男が現れた。

感想・評価

信じることの難しさと、尊さ。この小説が突きつける問いは禍々しく、ヒリヒリするぐらい切ない。

もう、ここでどう説明すればいいのかわかりませんが。僕らが自然に考えてしまう感情を、一つ残らずすくいとり、それを物語にしている。全く別の世界の話のようで、実はすぐ近くに感じていること。

上下で、どちらも分厚いのですが、読みながら、心を傷つけられる本はありません。

【購入】怒り 上下

天気の子|新海誠

本の概要・あらすじ

高校1年の夏、帆高(ほだか)は離島から家出し、東京にやってきた。連日降り続ける雨の中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は不思議な能力を持つ少女・陽菜(ひな)に出会う。「ねぇ、今から晴れるよ」。それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だった――。天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語。長編アニメーション映画『天気の子』の、新海誠監督自身が執筆した原作小説。

感想・評価

君の名はという映画から 年。君の名はという映画僕は一人で観に行ったんですが、スクリーンが目の高さにくるように席をあらかじめネット予約していきました。36歳の夏のこと。映画館の席に座った瞬間に、後悔しました。両隣に、女子高生グループ。おっさんの両脇に、女子高生グループが陣を取っている。見た目にも小さい体を、さらにさらに小さくして観ました。そして、途中で何度も泣く(笑)という失態wエンドロール聴き終えると、すかさずバッグからサングラスを取り出しました。もうね、かけるしかなかったです。世間であれだけ大人気になったくらいですから、内容もすごく良かった。

そして天気の子。天気の子の映画を観る前に、小説を読んでみました。これは、小説を読んだ後に、新海誠さんが描く世界が、どんな風に映るのだろうかというところを味わいたくて、先に小説読みました。実際に映画も観にいきました。

小説と映画の両方から言えば、RADWIMPSと映画の世界観の最高の統一感は、君の名はと同じくらい良かった。

小説と映像とでは、やはり伝わり方が違いますね。

【購入】小説 天気の子 (角川文庫)

今月読んだビジネス・実用書

世界は文学でできている~対話で学ぶ〈世界文学〉沼野 充義

本の概要・あらすじ

東京大学の沼野充義(ロシア文学)教授と最前線で活躍する作家・学者たちが「新しい世界文学」について熱く語り合う! 世界文学とは、もはや読むべき価値のある古典作品のリストではなく、言語の別を超えたまったく新しい文学のありようなのだ。世界文学を通じてわれわれはどう生きるべきか、現在到達しうる最深の知見がちりばめられた対談集。ゲスト:リービ英雄、平野啓一郎、ロバートキャンベル、飯野友幸、亀山郁夫。

感想・評価

文学に詳しいわけではありませんが、割と小説なんかは読む方なので、文学について少しでも知見を深めようと読んでみました。国内問わず、海外の文学についても知ることができたので、本当に文学の世界が広いことを実感することができました。

【購入】世界は文学でできている~対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義~

超入門・実用本の書き方: テンプレートで3日間で書いて出版 桜風涼

本の概要・あらすじ

最短で3日間で実用書を書いて出版してしまおうという教則本です。

「実用本は、意外に簡単な構造で、テーマさえあれば、短時間に書くことができる」

プロの物書きのノウハウは完全公開!

初めて書籍を書こうという人にオススメの一冊です。

初心者に分かりやすく、書籍を書くための手順を紹介。

テーマの見つけ方から、ページ構成のやり方など、手取り足取りお教えします。

感想・評価

実際に僕は本を執筆予定(2019年)なので、参考に読んでみました。もちろん、3日間で書くことはできませんでしたが、粗方の本の書き方を知ることができました。また、この本を読んだことで、その他の実用本の読み方の視点も変化させることができたので、読書の質がグッと良くなった感触があります。

【購入】超入門・実用本の書き方

地球温暖化とどう戦うか:100年後を生きる人達のために (22世紀アート)滝本 敏嗣

本の概要・あらすじ

「未来」の子孫のために、地球の「今」を見つめ直す、地球温暖化対策レポート。

加速する温暖化に待ったをかけるために、エネルギー全般、新技術などを探るとともに、人間の温暖化に対する意識改革の必要性を述べる。また第二部では、身近な生活環境の諸問題をまとめ、海外と日本の生活の関連性も考察。付録として省エネルギー・エコライフに役立つ資料を添えた一冊。

CO2削減に一人でも多く参加されることを望む著者の、百年後の子孫へ送る手紙——

感想・評価

先程紹介した天気の子ではありませんが、実際に日本列島の中で水没するのは東京23区であると言われるほど、地球温暖化は進んでいると言われていますし、実際にオゾン層が破壊されているので、最近は紫外線が強くなってきました。

人生は一度切り。その人生のほぼ大半を過ごすであろう地球のことを、少しでも知りたくて読んでみました。

僕らの知らない地球のことがものすごい情報量で書かれています。一度読んだだけではすべてを頭に入れることはできませんが、脳の引き出しにいくつかのキーワードは収めることはできたかと思います。

【購入】地球温暖化とどう戦うか

人類なら知っておきたい 地球の雑学 (中経の文庫)雑学総研

本の概要・あらすじ

これは、「理系テーマ」を超えた「地球テーマ」の雑学である!

思わず誰かに話したくなる「理系のウンチク」が満載!

職場で家庭で、日々の「雑談」に役立つ、動植物・天体(太陽系)・人体・天気・元素・科学史など、

「理系ジャンルネタ」が存分に楽しめる必読の一冊です!

感想・評価

こちらも地球のことを知るために読んだ本です。いやはや、本当に自分が何十年も住んでいる地球のことなのに知らないことだらけです。実際に学生の頃に学んだはずなんでしょうけど、ほとんど頭に入っていないという残念な自分が、ほとほと情けなく感じました。

「生きる」という根本的な問題というか、尊厳でさえ、改めなければならないのだと感じることができました。

【購入】地球雑学

特におすすめの小説/実用本は?

雨の日も、晴れ男

やはりこれは超おすすめですね。これは小説としてのストーリーも面白いし、しかも自己啓発にもなるという一石二鳥の本です。

これを読めば、明日からの自分の行動や思考について、もう一歩深く考えることができます!

【購入】雨の日も、晴れ男

地球雑学

この地球に生まれたからには、少しでも地球のことを考えた人生にすることは、僕らの使命のひとつかもしれません。なんにも知らずに死ぬよりは、一つでも地球のことを知り、そして僕らには何ができるのか?について考えていくキッカケになると思いますので、ぜひ読んでみてください。

【購入】地球雑学

最後に

ということで、今回は僕が読破した本の紹介でした。

あなたの新しい本との出会いの参考になれば嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

僕の読書術や読書をする理由については、こちらの記事に詳しく書いていますので合わせてチェックしてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Amazonでお得に商品を買う方法を知っていますか?

Amazonで普通にお買い物する時に「自分で購入したギフト券」を使うと、通常理もポイントがつくのでお得に安く商品を購入することができます!

詳しくは以下の記事に書いていますので、Amazonで商品を買う前に必ずチェックしておきましょう!

CHECK【知らなきゃ損!!】Amazon ギフト券「チャージタイプ」の安くてお得な使い方!

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

バナー

今、iPhone11が安い!


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



Fireworkの動画特集!新発見がここにある!

reading-log-2019-10

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。