電子書籍リーダー|Amazon Kindle paperwhiteで読書が捗る理由。その便利な使い方&メリットをレビュー!

Kindlepaperwhiteで読書が捗る理由の記事のアイキャッチ

Kindle paperwhiteで読書をすると、「読書がもっと快適に」なる。

初めての方も、俺的デザインログを定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。

どもども、デザインブロガーPEITAです。

 ▼この記事がおすすめな読者▼ 

  • 紙媒体での読者が基本的に好きだけど、最近は電子書籍リーダーで読書をしてみようかな〜と考え始めている方
  • 電子書籍リーダーで読書をするのは、紙媒体の本と比べてどんなメリットがあるのかと気になっている方

 ▼この記事の内容は▼ 

  • Amazonが販売している電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」で電子書籍を読むことは、とてつもなく効率的で読書が捗るという理由をご紹介します。

結論から言いますと、Kindle Paperwhiteで読書が捗る理由は、「本(=電子書籍)を探す、買う、読む」、そして「次の本(=電子書籍)を読み始める」までの行動がすべて目の前でできるからです。

KindlePaper whiteの写真

では、その理由を以下に詳しく説明させて頂きます。

本についてのクリック用画像

ソファーの上で電子書籍を探す

本をソファーの上で探している画像

まず、紙媒体で読書をされている方が、 「本(=電子書籍)を探す時」を考えてみましょう。

スマホやPCなどを使い、ネットやWeb検索で探したり、友人から情報を得たり、もしくは書店に足を運んだりすることもありますよね。

つまり、「本との出会い」は、様々な場所から起こります。

もちろんKindle paperwhiteでも「本(=電子書籍)を探す」ことができます。

Kindle paperwhiteは電子書籍リーダーですので、スマホやタブレット、PCのような高機能なものではありませんが、「本を探す」というアクションに関しては同じように、”電子書籍の最大手であるAmazon”にKindle paperwhiteでアクセスして、本を探すことができます。

それはまるでKindle paperwhiteで、「Amazonの膨大な電子書籍の本棚」から、そのまま本を探しているような感覚です。

Kindle paperwhiteさえあれば、いつでもどこでも(=3G、またはWi-Fi環境下)快適に「本を探す」ことができます。

»Kindle paperwhiteに興味がある方はこちら

ソファーの上で電子書籍を買う

本をソファーの上で買っている写真

次に、紙媒体で読書をされている方が 「本(=電子書籍)を買う時」を考えてみましょう。

書店で本を買う場合

「買う本」が決まったら、まずは仕事や私生活の中で、書店に行くというタイムスケジュールを行う必要があります。

例えば、仕事帰り、または買い物帰りに書店に行く時間を作ったとしましょう。書店に行く手段、そして書店に行くまでの時間なども考慮しなければなりません。

それは、ガソリン代がかかる車やバイクかもしれませんね。さらには交通費がかかる電車やバスなどの公共機関かもしれません。

書店までの交通量や交通費、自宅から書店までの距離などによって、”移動費””移動時間”が少なからずかかってくるかと思います。

もちろんKindle paperwhiteでも「本(=電子書籍)を買う」ことができます。

それはまるでKindle paperwhiteで、 「Amazonの膨大な電子書籍の本棚」から、そのまま本を買うような感覚です。

どこにも行かずに、目の前本(=電子書籍)買って、すぐに数秒ダウンロードでお手元に。

Kindle paperwhiteさえあれば、いつでもどこでも(=3G、またはWi-Fi環境下)快適に「本を買う」ことができます。

ネットで本を買う場合

「買う本」が決まったら、Amazonやネット通販で本の購入手続き(銀行振込?代引き?クレカ決済?)、そして発送されてから本が手元に到着までの時間が必要になります。

もちろん紙媒体の本ならば、在庫確認も必要です。在庫がない場合は、入荷待ちの場合もあるでしょう。

購入してから、本が手元に到着するまでに、宅配便の方とのすれ違い(不在連絡票)により、今日届く予定が明日になることだってありますよね。また、遠方であればあるほど、お届けまでの日数もかかるので、「この本読みたい!」と思っても、すぐに読み始めることはできません。

ネットで買ったら届くまでに数日かかるから、「書店へ買いに行こう」なんて方もいると思います。そうなると、”書店で本を買う場合”でも書いたように、タイムスケジュールを組み、”移動費””移動時間”が少なからずかかってくるかと思います。

もちろんKindle paperwhiteでも「本(=電子書籍)を買う」ことができます。

それはまるでKindle paperwhiteで、 「Amazonの膨大な電子書籍の本棚」から、そのまま本を買うような感覚です。

どこにも行かずに、目の前本(=電子書籍)買って数秒ダウンロードでお手元に。

Kindle paperwhiteさえあれば、いつでもどこでも(=3G、またはWi-Fi環境下)快適に「本を買う」ことができます。

»Kindle paperwhiteに興味がある方はこちら

電子書籍はどこでも読める

本を好きな場所で読んでいる画像

そして、紙媒体で読書をされている方が 「本(=電子書籍)を読む時」を考えてみましょう。

紙媒体の本も、電子書籍も、ソファーやイスなど、様々な場所で楽しむことができるのに変わりはありません。

しかし、ただひとつ決定的に違うことがあります。

紙の本は明るい場所のみ

大抵の場合、紙媒体の本を読む時に必要になってくるのが”光(=明るさ)”です。あたりが暗いと、本を読むことは当然のことながらできません。

しかし、Kindle paperwhiteで電子書籍を読むなら、暗い場所であっても、寝室で明かりを消していても「本(=電子書籍)を読む」ことができます。

電子書籍なら暗くても読める

Kindlepaperwhiteなら暗くても読書ができる画像

それはまるでKindle paperwhiteで、 「Amazonの膨大な電子書籍の本棚」から、そのまま本を取り出して、そのまま読んでいるような感覚です。

暗かろうが、明るかろうが、目の前本(=電子書籍)買ってダウンロードして、すぐに読む

Kindle paperwhiteさえあれば、いつでもどこでも(=3G、またはWi-Fi環境は必要ありません)、明るくても暗くても、水場以外ならどんな場所でも快適に「本を読む」ことができます。

»Kindle paperwhiteに興味がある方はこちら

本を読み終わったら

次の本をすぐにそのまま、目の前のKindle paperwhiteで探せばいいんです。

スマホやタブレットを取り出さなくてもいいし、パソコンデスクに座らなくてもいいし、買いに行く移動時間を確保することも、移動費を計算することもないし、その場から一歩も離れず、そのまま目の前のKindle paperwhiteで本を探して、そして買って(ダウンロード)読み始めるだけです。

読書に必要なのは、Kindle paperwhite (=3G、またはWi-Fi環境下)だけです。

»Kindle paperwhiteに興味がある方はこちら

Kindle paperwhiteについて

Kindle paperwhiteのスペックや概要については、以下に詳しく書いていますのでぜひチェックして下さい。

Kindle Paperwhiteアイキャッチ

【関連記事】新型Kindle Paperwhiteレビュー。世代/価格/サイズ/重さ/カラーなど。

たくさんのメリットがある

  • 何千冊も、たった206㌘で軽く持ち運べる
  • 何千冊も、たった206㌘で管理・整理できる
  • それはまさに本物の紙のようなディスプレイ
  • 月額980円で何千冊の本が読み放題に

などなど、Kindle paperwhiteで読書をすると、他にも様々なメリットがあります。

その他のメリットについて詳しく書いた記事はこちらです。

kindleについての記事のアイキャッチ

【関連記事】  おすすめの電子書籍リーダー|kindleで読んでる?大好きな読書を快適にしたいなら、Amazon Kindleサービスを利用すること。

»Kindle paperwhiteに興味がある方はこちら

まとめ

読書のすべてが1台で

読書をしている写真

つまり ー

本を探すのも目の前のKindle paperwhiteで!

本を買うのも目の前のKindle paperwhiteで!

本を読むのも目の前のKindle paperwhiteで!

読書を楽しむ方法はすべて、目の前のKindle paperwhiteで完結してしまうことができるというわけです。

これほど効率的で、これほど読書が捗る環境はありませんよね。

だから、冒頭でお伝えしたように、Kindle Paperwhiteで読書が捗る理由は、「探す、買う、読む」、そして「次の本を読み始める」までの行動が、すべて目の前でできるからというわけなんです。

こんなにも効率的で、そして有能な”読書”は、紙の媒体では体験できないはずです。

「あっこの本じゃなくて別の本が読みたい!」と思い、その場から本棚、もしくは本をしまっている場所まで移動して、また同じ場所に戻ってくるという非効率なことをする必要もありません。

Kindle paperwhiteなら、その中で電子書籍を切り替えるだけ。ただ、それだけです。

これらすべては、電子書籍だからこそ体験できる、画期的な読書スタイルだと言えると思います。また、Amazonという大規模な電子書籍マーケットがあるからこそ、「好きな本」や「読みたい本」が電子書籍で手軽に読めるわけです。

あなたもぜひ、Kindle Paperwhiteで快適な読書を始めてみませんか?

ということで、Amazonが販売している電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」で本(=電子書籍)を読むことは、とてつもなく効率的で読書が捗るという理由をご紹介させて頂きました。

また、この記事では「Kindle paperwhiteでの読書がいかに快適なのか?」という部分にフォーカスしているだけですので、紙媒体での読書の体験を否定しているわけではありません。

「本との出会い」は、ふらりと寄った書店で起こるかもしれません。

それは大変素敵なことですし、俺も書店に足を運ぶこともありますし、紙媒体の本を買って読みます。本の質感を感じながら読書をするということも、すごく心地が良いですしね。

俺の思いとしては、「読書」を楽しむ方法の幅を広げてもらえれば幸いだと言うことです。

もっと活用する方法として

もちろん電子書籍を買えばすぐに読めるんですが、ドラマや映画の観放題があるように、本(=電子書籍)の読み放題もあるんです。

  • Amazonプライム会員になって、「Kindleオーナーライブラリー(100万以上)」の中から毎月1冊無料で本を読む
  • Kindle Unlimited(月額980円)に登録して、小説や雑誌やマンガなど12万冊以上の電子書籍を読む

俺はもっぱらこれらを利用して電子書籍を読んでいますので、もしよければチェックしてみて下さい。

▶Amazonプライム会員登録はこちら

▶Kindle Unlimited会員登録はこちら

最後まで読んで頂きありがとうございます。

では、またお会いしましょう。

»Kindle paperwhiteに興味がある方はこちら

»黒のソファー(カリモク)が気になる方はこちら

▼次にあなたにオススメする記事はこれ▼
kindleについての記事のアイキャッチ

【関連記事】 おすすめの電子書籍リーダー|kindleで読んでる?大好きな読書を快適にしたいなら、Amazon Kindleサービスを利用すること。

本についてのクリック用画像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

Kindlepaperwhiteで読書が捗る理由の記事のアイキャッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。