YouTubeで最新情報を動画でお届け!

YouTube-check-Thumbnail

iPhone11 Pro MaxのApple純正のシリコンケースを徹底レビュー。

iPhone 11シリーズを買うなら!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要などで通常のショップよりお得に購入できます。
au公式ショップを見る
ソフトバンク公式ショップを見る
ドコモ公式ショップを見る

毎日が楽しくなる!

CMなどで話題沸騰中のAmazon PRIME ビデオが見放題のプライム会員は、月額たった500円(税込)で、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムなので、Amazonで買い物するなら登録しないのはもったいない!

Amazon プライム会員になる

iPhone11 Pro MaxのAppleから発売されているApple シリコンケースを購入したのでレビューしたいと思います。

僕は、こちらの記事でもいくつか歴代のiPhoneのシリコンケースについてレビューしています。つまり、歴代iPhoneのシリコンケースを使ってきたからこそ分かるiPhone11 Pro MaxのAppleシリコンケースの良さ、そして弱点などのメリットデメリットを詳しく解説致します。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥4,950 (2020/02/26 23:25:44時点 Amazon調べ-詳細)
当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

ブロガーとして文章を使ってブログで情報発信しながら、動画でもガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報をお届けしていますのでぜひ動画もチェックして下さい。


iPhone11 Pro MaxのApple純正のシリコンケースを徹底レビュー

では、以下に文章でも詳しく解説致します。

ではその前にサクッと、iPhone11シリーズのAppleの純正ケースの種類、そしてiPhone11 Pro MaxのAppleシリコンケースの概要を合わせてご紹介しておきます。

iPhone11シリーズのAppleの純正ケースの種類は?

iphone11-case

iPhone11シリーズで発売されているAppleの純正ケースの種類は以下の通りです。

  1. クリアケース
  2. シリコーンケース
  3. レザーケース
  4. レザーフォリオ(手帳型)

このように、iPhone11Proシリーズには4種類のAppleの純正のケースが発売されていますが、iPhone11だけはクリアケースとシリコンケースのみとなっています。

各Appleの純正ケースの違いについて

それぞれの形状については、レザーフォリオ(手帳型)とカメラの形状が違うだけで、それ以外は素材が違うだけでほぼ同じデザイン形状になっています。

そして、カラーバリエーションにも違いがあります。

iPhone 11用は2色

  1. ブラック
  2. ホワイト

iPhone 11 Proと11 Pro Maxは8色

  1. ブラック
  2. ホワイト
  3. (PRODUCT)RED
  4. ミッドナイトブルー
  5. ピンクサンド
  6. クレメンタイン
  7. パイングリーン
  8. アラスカンブルー

このようなカラーバリエーションが用意されています。

ここでiPhoneのケースのシリコンやレザーなどの素材について、ケース選びの基本となりますので、以下の記事で素材によってのケースの選び方をチェックしておきましょう。

iPhone(スマホ)ケースの選び方!おすすめの素材や形状の種類を比較!

さらに具体的なそれぞれのAppleの純正ケースについては以下の記事に詳しく書いていますので、興味があるケースをぜひチェックしてみてください。

iPhone11シリーズのApple純正ケースについて書いた記事

iPhone11 Appleの純正ケースに関する記事

補足としまして、iPhone11のケースの中での人気の【手帳型ケース】をまとめた記事も書いています。

iPhone11 Pro/Pro MaxAppleの純正ケースに関する記事

補足としまして、iPhone11 Pro/Pro Maxのケースの中で【Apple 純正以外】をまとめた記事も書いています。

その中でも特に僕がおすすめする【PITAKA】のケースはぜひチェックしてほしいケースです!

では早速、iPhone11 Pro MaxのAppleシリコンケースの良さ、そして弱点などもありますので、改めて詳しく解説していきます。

iPhone11 Pro MaxのAppleシリコンケースのレビュー

選んだ色はブラック

iPhone11-pro-max-Apple-Silicon-casejpg

僕が選んだ色は「ブラック」。なぜ僕がブラックを選んだのかた言いますと、iPhoneだけでシネマティックな動画を撮影するために、 こちらの記事でもご紹介していますが、Appleのシリコンケース専用の「POPGRIP SLIDE」を購入しました。

その「POPGRIP SLIDE」のカラバリが、ブラックとホワイトしかなく、僕のiPhone11 Pro Maxの色がブラックであることもあり、本体、ケース、POPGRIPのすべてをブラックで統一させるためです。

iphone11-pro-max-popgrip-case

結果、ご覧のようにかなりカッコよく仕上がりました。

iPhone11 Pro MaxのAppleシリコンケースの特徴

  • Appleがデザインしたフォルム
  • ボディにぴったりフィット
  • 内側には柔らかなマイクロファイバーの裏地
  • ワイヤレスで充電対応
  • 設計と製造の工程を通じて何千時間にもわたるテストを実施

iPhone11 Pro / Pro MaxのためだけにAppleがデザインしたフォルムなので、音量調節ボタンサイドボタンiPhone11 Pro Maxのなめらかなボディにぴったりフィットします。

本当に余計な装飾はなく、かなりシンプルなデザインになっています。

外側や内側の保護性能はどうか?

iPhone11-pro-max-Apple-Silicon-casejpg-1

本体を一段としっかり守れるよう、内側には柔らかなマイクロファイバーの裏地を採用しており、外側はシリコンがめちゃくちゃ柔らかいので、持った時の手に心地よく馴染む感じがします。

背面のAppleマークは?

iPhone11-pro-max-Apple-Silicon-casejpg-2

Appleマークはプリントされているのではなく、別の色(コントラストを考えた色)ではめ込んでいます。

カメラレンズ部分はどうか?

iPhone11-pro-max-Apple-Silicon-casejpg-camera

背面にあるカメラレンズは、通常は本体が突出していますが、こちらのシリコンケースを装着すると、そのケースの厚みで突出したカメラレンズをは少しばかり保護される形です。

要は、シリコンケースを装着していない場合は、カメラレンズ部分が例えばデスクにおいた時に当たってガタガタしますが、シリコンケースを装着した状態であれば、本体とカメラレンズ部分がフラットな状態になるので、デスクなどに置いてもガタツキがなくなりました。

前面のエッジ部分はどうか?

iPhone11-pro-max-Apple-Silicon-casejpg-edge

前面のエッジ部分は、ディスプレイ画面より高くなっていますので、ディスプレイ麺を下向きに置いたとしても、デスクなどにディスプレイが当たることはありません。

逆にシリコンケースを装着していない状態では、ディスプレイ画面を下に向けた場合に、ディスプレイがデスクなどに接触してしまい、傷などが付く場合があります。

上下の四隅のエッジは、それぞれディスプレイ画面を巻き込むような形状になっていますので、誤って落としたりしても、ディスプレイを傷から守ってくれるよう考えられています。

音量やサイドボタンはどうか?

iPhone11-pro-max-Apple-Silicon-casejpg-side

音量ボタンやサイドボタンについては、シリコンケースの素材で100%覆われています。ハードケースではなく、覆われている部分もシリコンなので、柔らかくて押しやすいです。

サイレントスイッチについては、くり抜かれている状態です。余裕はなく、良い意味で本体とフィットさせるために、くり抜かれているスペースは小さめなので、指や爪の先で切り替える感じです。

充電コネクタ(Lightning)はどうか?

iPhone11-pro-max-Apple-Silicon-Connector

充電コネクタ(Lightning)部分は、かなり大きく開口しています。開口しているということは、その部分は保護されていない状態ではありますが、コネクタにアクセスしやすく、スピーカーもデフォルトの音で聴くことができます。

ワイヤレス充電はどうか?

Appleのシリコンケースを装着したままでもワイヤレス充電が利用できます。

では次に、実際に使用してみのメリットやデメリットについてご紹介致します。

iPhone11 Pro MaxのAppleシリコンケースのメリットデメリット

iPhone-Silicon-case

メリット|良いところ

  • シンプルだけど高いデザイン性で所有欲を満たす
  • シリコンで保護されている部分の保護性能はもちろん高い
  • シリコンの中にプラスチックが使われているので耐衝撃性もある
  • グリップ力もあるのでかなり高い機能性を兼ね備えている
  • アップル純正のロゴ(マーク)がある
  • 外側はシリコン、内側はマイクロファイバーで安心
  • 水など丸洗いできるので埃や汚れに強い

デメリット|悪いところ

  • 開口されている部分の保護はできない
  • ズボンやバッグから取り出す時にシリコンだから引っかかってしまう
  • iPhone11 Pro / Pro Maxの本体のデザインや色を活かせない
  • 四隅が数日でテカテカしてくる
  • ホコリやゴミがつきやすい(目立つ)※色による可能性あり
  • 価格がバカ高い

結論!iPhone11 Pro/Pro Maxのアップル シリコンケースは”バランス”が最強

iPhone11-pro-max-Apple-case

レビューとメリットデメリットを考えた上での結論を言いますと、Appleの純正シリコンケースは「アグレッシブに使える」ケースです。

誰しもがiPhone11 Pro/ Pro Maxを「落として傷をつけたくない!」と思っているわけですが、そう思うあまりハードケースなどでがっしりと保護してしまうと、重くなったり、本体のサイズがアップして持ちにくくなったりします。

その一方、Appleの純正シリコンケースは、ある程度iPhone11 Pro/ Pro Maxをアグレッシブに使うことができる保護性能や機能性があるので、水陸両用といってしまえるほど、どんな環境下においても使える魅力的なケースです。

レビュー評価をまとめると―

  • シリコンの柔軟性と耐衝撃性で抜群の保護性能
  • 砂や埃や水場でアグレッシブにiPhoneを使える機能性
  • どんなライフスタイルにもマッチする飽きの来ないデザイン

このようなことが言えますので、Apple純正のシリコンケースは「アグレッシブに使える」ケースだと結論づけました。

そんなアグレッシブいつでもどこでも使えるケースをお探しなら、Apple純正のシリコンケース絶対おすすめします!

最後に

ということでこの記事では、iPhone11 Pro MaxのAppleから発売されているApple シリコンケースの徹底レビューとして、Appleシリコンケースの良さ、そして弱点などもありますので、改めてメリットデメリットを詳しく解説致しました。

あなたのiPhone11 Pro Maxのケース選びの参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥4,950 (2020/02/26 23:25:44時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Amazonでお得に商品を買う方法を知っていますか?

Amazonで普通にお買い物する時に「自分で購入したギフト券」を使うと、通常理もポイントがつくのでお得に安く商品を購入することができます!

詳しくは以下の記事に書いていますので、Amazonで商品を買う前に必ずチェックしておきましょう!

CHECK【知らなきゃ損!!】Amazon ギフト券「チャージタイプ」の安くてお得な使い方!

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

バナー

iPhone11,11 Pro Max,公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



LINE@でお得な情報を得よう!

PCサイズ-LINE@-バナー

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

当ブログ著者である僕の2020年に挑戦する10の事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。