5.4インチのiPhone12 miniのおすすめな人は?コンセプト画像を解説

iphone12-Design-Concept
今、iPhone11が安い!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、2020年4月発売の新型iPhone(第2世代)や、iPhone11シリーズお得に安く買えるプランを用意しています!

今が買いです!新規MNPするなら今!

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

徹底解説
iPhoneSE(第2世代)が買いな理由

Amazonで買い物するなら登録しないと損!

CMなどで話題沸騰中のAmazon PRIME ビデオが見放題のプライム会員は、月額たった500円で、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです!

登録めちゃお得!
Amazon プライム会員になる

iPhone12シリーズの信憑性のあるレンダリング画像や、5.4インチのiPhone12、そして6.1インチのiPhone12 Plusのコンセプト画像が出ましたので、そのデザインやサイズ感を解説していきたいと思います。

そして、iPhone12を待つべきか?それとも買い替えるべきか?で悩んでいる既存のiPhoneユーザーの方々に、iPhone12に買い換えるべき、iPhoneの機種などについても、僕の結論と合わせてお話しします。

/iPhone12の最新情報【まとめ】ここから\

イシハラ
当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

YouTubeではAppleの最新情報やガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報動画でお届けしています!

読者の皆様、そして初めての方も!

ぜひ チャンネル登録 宜しくお願いします。

YouTube戦略収益(売上)公開中!


[最新リーク予測]5.4インチのiPhone12の本体サイズの幅は細い?

動画で詳しく解説していますので、ぜひチェックしてください。

また、以下より文章でも解説していきます。

Appleのアナリストであるジョンプロッサー氏の情報を元にこちらの記事でお伝えしたiPhone12シリーズの価格ですが、Apple HubというAppleの最新情報をツイートするアカウントから、iPhone12シリーズのレンダリング画像が出ました。

そして、ノーズグローブというTwitterアカウントからiPhone12、そしてiPhone12 Plusと思われるコンセプト画像も出てきました。

iPhone12のデザインはこれで確定か?!

iphone12-Rendering-image

まずはこちらがレンダリング画像です。

iphone12-Concept-image

そしてこちらがコンセプト画像です。

これらについては、今までのiPhone12シリーズのリーク情報を元に作られているとのことなので、信ぴょう性も高く、iPhone12シリーズのデザインに最も近いレンダリング画像、そしてコンセプト画像だと言えます。

iPhone12シリーズのデザインで重要な2つのスペック

iphone12Series-size

iPhone12シリーズのデザインのリーク予想で最も形として重要な部分は2つありまして、一つが角張ったデザインであること、そしてもう一つがノッチが小型化していること、そしてiPhone12シリーズのカメラスペックは、モデルごとに違うということです。

ノッチの小型化と角張ったデザインは、すべてのiPhone12シリーズに共通していることですが、カメラについては、iPhone12とiPhone12 Plusが二眼カメラiPhone12 Pro、iPhone12 Pro Maxは三眼+LiDARスキャンとなっているので、カメラ部分のデザインが違います。

そのあたりもうまくコンセプト画像に反映されています。

そしてレンダリング画像を詳しくみてみると、どうやら5.4インチのiPhone12は高さ的にはiPhoneSE 第2世代やiPhone8と変わらないようですが、本体の幅、この本体の幅が細くなっているようです。

感覚的にお伝えするなら、高さはiPhoneSE 第2世代やiPhone8幅は初代iPhoneSEやiPhone5、という感覚に近いサイズ感ではないでしょうか。

iPhone12を待つべきか?それとも買い替えるべきか?

5.4インチのiPhone12に買い換えをおすすめするユーザーは?

iphone12-5.4inchi

5.4インチのiPhone12は、iPhone5や初代iPhoneSEが大好きなユーザー、そしてiPhone8やiPhone7が大好きなユーザーにとって、サイズ感はある程度そのままなのにも関わらず、ディスプレイサイズが、4インチから5.4インチへ、4.7インチから5.4インチへとそれぞれにアップするということになるので ―

まさしく5.4インチのiPhone12それらのユーザーにとっては買いであり、買い替え時だと感じました。

もちろん、これはあくまでも予想であり、リーク情報を元にしたものなので、確定したことは言えません。

歴代のiPhoneのデザインのリーク画像はほぼ命中する

しかし、すでにiPhone12のプロトタイピングはすでに終わっているので、歴代のiPhoneのリーク情報を鑑みても、数ヶ月前から流出するこのようなレンダリング画像コンセプト画像は、結局、新しいiPhoneとほぼ変わらないので、確率的に全くのゼロではないし、嘘ではないので、特にiPhone5や初代iPhoneSEやiPhone8やiPhone7を使用中のユーザーの方々は、特に5.4インチのiPhone12は期待していいのではないかと思います。

最後に

ということでこの記事では、iPhone12シリーズの信憑性のあるレンダリング画像や、5.4インチのiPhone12、そして6.1インチのiPhone12 Plusのコンセプト画像が出ましたので、そのデザインやサイズ感を解説しました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

/iPhone12の最新情報【まとめ】ここから\

※この記事で引用、参照している内容や写真元はこちら

source:EverythingApplePro
source:ジョンプロッサー
source:AppleHUB
source:northsglobe

今なら最新モデルのiPhoneも買い時!

買い時な理由は?

各キャリアで特割などのキャンペーン絶賛実施中です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

スマホ バナー

今、iPhone11が安い!


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

Fireworkの動画特集!新発見がここにある!

おすすめ関連記事を特集!!



iphone12-Design-Concept

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。