YouTubeで最新情報を動画でお届け!

YouTube-check-Thumbnail

iPhone11のアップル純正シリコンケースは最強におすすめ+21選

iPhone11-Silicon-Case-Apple
iPhone 11を買うなら!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要などで通常のショップよりお得に購入できます。
au公式ショップを見る
ソフトバンク公式ショップを見る
ドコモ公式ショップを見る

赤が好きだから赤い色のiPhone11にした。だから、iPhone11の本体の色を活かしたケースがほしい。

そこで今回は、Apple Storeから公式に発売されているiPhone11の最高のシリコンケースiPhone 11 シリコーンケース」の特徴や素材や仕様、そして魅力などのメリットやデメリットなどについてご紹介します。

iPhone11のケース選びで悩んでいるなら、参考になります。

当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

ブロガーとして文章を使ってブログで情報発信しながら、動画でもガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報をお届けしていますのでぜひ動画もチェックして下さい。


この記事の目次

iPhone11のアップル純正シリコンケースは最強におすすめ!

iPhone11-Silicone-Case-about-image

どの角度から見ても最強のバランスを誇るシリコンケース

いきなり結論から言いますと、アップルの純正シリコンケースは「どの角度からみても最強のバランスを発揮している」と言えです。

iPhone11を「落として傷をつけたくない!」と心配しつつも、いつでもどこでもiPhone11をアグレッシブに使いたいのはみんな同じです。

あなたの人生を、より効率的に、より快適にしてくれるiPhone。

  • シリコンの柔軟性と耐衝撃性で抜群の保護性能
  • 砂や埃や水場でアグレッシブにiPhoneを使える機能性
  • どんなライフスタイルにもマッチする飽きの来ないデザイン

この「最強のバランス」Apple純正のシリコンケースにはあります。

そんなバランスの取れたケースをお探しなら、Apple純正のシリコンケースは絶対におすすめします!

iPhone11のアップル純正シリコンケースとは?

Apple-genuine-silicone-case-for-iPhone11

本体の色は見えないが色を変えたい時には最適

iPhone 11のためにAppleがデザインしたフォルムが、あなたのiPhoneの音量調節ボタン、サイドボタン、なめらかなボディにぴったりフィットします。

余計な部分は一切ありません。iPhoneを一段としっかり守れるよう、内側には柔らかなマイクロファイバーの裏地を採用しました。外側はシリコーンで絹のように柔らかに仕上げてあるため、あなたの手に心地よく収まります。

このケースは常に装着しておくことができ、そのままワイヤレスで充電することもできます。 ほかのすべてのApple製ケースと同様に、設計と製造の工程を通じて何千時間にもわたるテストを実施しました。だから美しいだけでなく、iPhoneを傷つきにくくし、落下からも守ります。

カラー/色 

Apple-genuine-silicone-case-for-iPhone11-2
  • ホワイト
  • ブラック

シリコンケースの素材

  • シリコン

シリコンケース価格/値段

  • 価格|¥4,500 (税別)

こちらもクリアケースと同等で価格設定が少し高めな印象を受けますが、それだけコストパフォーマンスに優れた一級品に仕上がっているので、安心価格として評価しましょう。

また、アップル純正以外のサードパーティ製のものは、ハードケースやシリコンなどリーズナブルな価格のもあるので、参考までにそのケースの中でも特におすすな厳選のケースをいくつかご紹介しておきます。

では以下より、アップル純正シリコンケースの特徴や素材や仕様、そして魅力などのメリットやデメリットなどについて詳しく解説していきます。

iPhone11 アップル純正のおすすめシリコンケースのメリット・デメリットを解説

iPhone11-Silicone-Case

アップル純正シリコンケースのデザイン性はどうか?

シンプル イズ ベスト!という言葉がとても板についたデザインではないでしょうか。

iPhone11の本体の曲線部分にそのままアーチを描くように合わさっているので、iPhone 11の外観のフォルムを損なうことなく、さらにメロウ感を出したシンプルで飽きのこないデザインだと感じます。

下手な装飾が施されたケースよりも、僕的にはかなり高いデザイン性があると感じています。

耐衝撃性や保護性能はどうか?

僕はiPhone 4から歴代のiPhoneに、Apple純正シリコンケースを使用してきましたので、もちろん何度となくiPhoneを地面に落下させた経験があります。しかし、シリコンで保護されている部分のiPhoneの筐体には一切の傷はついたことはありません。

以下の記事でご紹介しているようにケース自体が開口されている部分(ディスプレイ、電源コネクタやスピーカー部分など)については、多少なりとも傷や破損のリスクはありますが、僕の経験上ではかすり傷はあったにせよ、それほど大きな破損はありません。

関連記事iPhone Xs,X 専用ケースおすすめ!Appleオリジナルシリコンケース解説!【レビュー】

シリコンということもあり、弾力性もありますので安心して使用することができます。

また、鋭い刃物のような場所に落としてしまったとしても安心下さい。アップル純正シリコンケースは、すべてシリコンでできているわけではありません。シリコンの中にはiPhone11の筐体に合わせて型どられたプラスチック部分をシリコンで包んでいる仕様になっていますので、とてつもない圧力のかかったもので突き刺さされない限り、アップル純正シリコンケースを突き刺すことはできません。

つまり、十分な耐衝撃性保護性能兼ね備えているわけです。

機能性や使い勝手はどうか?

iPhoneやスマホに限らず、毎日のように使っているデバイスやガジェットであれば、落下のリスクは必ずあります。落下させてしまった時のことを恐れ、ガッチガチに保護されたケースを使う方もいるでしょうが、やはり機能性や機動力を考えたばいい、どんなガジェットでも”身軽”な方が使いやすいはずです。

後でも詳しく解説しますが、シリコンケースは水にも強く、そしてホコリにも強く、簡単に丸洗いもできてしまうので、かなり高い機能性を兼ね備えていると思います。

シリコン素材なのでズボンやバッグなどに引っかかる?

プラスチックやTPU素材のものと違ってシリコン素材は、ズボンからの出し入れやバックから取り出す時に、引っかかってしまいます。

ササッと取り出す時に引っかかってしまうので、その際に落下させてしまう危険性、さらには少しイライラしてしまう要因にもなってしまいます。

シリコンケースの色(ブラック/ホワイト)はiPhone11の本体の色との合わせ方で決まる

iPhone11-Silicone-Case-color

こちらのiPhone11のアップル純正ケースは2色しかありません。

しかし、iPhone11そのものの本体の色のバリエーションがありますので、シリコンケースのカラバリが2色だとしても、上記のように本体色をアクセントに決め込むことができます。

iPhone11の本体の色が、アップル純正シリコンケースの差し色的な存在感を示すことで、シンプルでありながら、iPhone11の本体の色も見えるので、さりげなくアピールすることができます。

アップル純正だからこそのアップルマーク

iPhone11-Silicone-Case-apple-logo

アップル純正シリコンケースには当たり前のようですが、「アップルマーク」が施されています。これは、他のサードパーティ製のケースには絶対に真似できない、紛れもなく特別なものです。

iPhone11の開発元が作った公式のケースの証であり、それは明らかに高品質なケースであるという証明にもなります。

信頼以上の技術と経験が注がれたケース

iPhoneを作り続けているオリジナルブランドである”Apple”。それらの技術と経験、そして実績があるからこそ、iPhoneにマッチングした優れたケースを作り上げられる”信頼以上の価値あるケース”であると言えます。

iPhone11 Proでも同じケースが使えるのか?

iPhone11-iPhone11-Pro-Size-difference

iPhone11のサイズと重量

  • 幅:75.7 mm
  • 高さ:150.9 mm
  • 厚さ:8.3 mm
  • 重量:194 g

iPhone11 Proのサイズと重量

  • 幅:71.4 mm
  • 高さ:144.0 mm
  • 厚さ:8.1 mm
  • 重量:188 g

このようにiPhone11とiPhone11 Proは、ディスプレイサイズがiPhone11が6.1インチ、iPhone11 Proが5.8インチとサイズが違うので、本体のサイズも違ってきます。

なので、iPhone11のアップル純正のシリコンケースは、iPhone11 Proには使用できません。

アップル純正のクリアケースとシリコンケースの違いは?どちらがおすすめ?

iPhone11のアップル純正ケースには、クリアケースとシリコンケースがあります。どちらももちろん素晴らしい製品であることは間違いありませんが、もちろんどちらにも長所と短所があります。

アップル純正のクリアケースに関してのメリット・デメリットは、後で詳しく解説していますが、端的言うと、以下のことが言えます。

  • アップル純正シリコンケース
    さわり心地と機能性、そしてデザイン性のバランスを求めるならおすすめのケース。
  • アップル純正クリアケース
    iPhone11の本体の色を活かしたいならおすすめのケース。

アップル純正シリコンケースにバンカーリングはつけられるのか?

iRingなど、iPhoneのケースにバンカーリングをつける方も多いはずです。しかし、アップル純正シリコンケースにはおすすめできません。

プラスチック素材のケースやTPU素材のケースよりも、かなり高い確率で外れてしまう可能性が高いです。シリコン素材自体にはもちろん粘着力はありませんし、逆に粘着力のあるものとシリコン素材は相性がよくありません。

木工用ボンドやプラスチック用ボンドでもシリコンにバンカーリングを確実に取り付けることはできないと思いますのでおすすめしません。

アップル純正シリコンケースは割れやすいのか?

シリコン素材だからフニャフニャと柔らかい印象を受けると思いますが、先ほど少し触れましたが、アップル純正のシリコンケースはプラスチックの形状で型どられ、それをシリコン素材で包んでいる仕様になっています。

つまり、そのプラスチックの素材のものが何かの弾みや衝撃で割れない!と言うことは断言できません。

足で強く踏んだり、固いものに叩きつけたりすれば、割れる可能性はあります。

アップル純正シリコンケースの装着(取り外し)の時にiPhone11の本体に傷はつかないのか?

アップル純正シリコンケースの外側はシリコン素材、そして内側は柔らかなマイクロファイバーの裏地なので、アップル純正シリコンケースと干渉して、iPhone11の本体に傷がつくということは考えられません。

しかし、iPhone11をアップル純正シリコンケースに装着する際に、アップル純正シリコンケースの内部に異物(固いもの)が混入されている場合は、マイクロファイバーの裏地とiPhone11の本体との間でその異物と干渉して傷がついてしまう可能性があります。

アップル純正シリコンケースの装着の際に、ケース内部に異物がないかを確認して装着することをおすすめします。

防水性能やホコリ(埃)などの汚れには強いのか?

シリコン素材なので、どんなに砂で汚れようが、どんなにホコリがつきまくろうが、どんなに雨に濡れようが、水で丸洗いもでき、タオル1枚でササッと拭き取ることができますので、本当にお手入れ簡単です。

内側のマイクロファイバー素材は、タオルにも使われる素材なので、水濡れぐらい問題ありません。また、iPhone11自体の防水性能も向上していますので、浴室や2メートル以下の浸水の状況であっても問題なく使えます。

関連記事iPhone11か。iPhone11 Proか。80%の人々の生活を考えて出した答えとは?

もちろん、タオルやタワシで強くゴシゴシと擦るようなことをしてしまうと、シリコンケース自体に傷がついたり破れたりしてしまうので、道徳的な範囲でのお手入れの場合に限ります。

シリコンケースで100%、iPhone11に傷はないのか?

Apple純正シリコンケースで保護されている部分のiPhone11の筐体に関しては一切の傷や破損のリスクはかなり低いと感じます。

しかし、実際にアップル純正のシリコンケースを使っている際に、落下させてしまった時がありました。

iPhone Xs/X apple case 9

上記の写真(ケース右上部付近の凹み)のようにケース自体が破損してまいました。

もちろんこれは仕方のないことではありますが、如何せん傷や破損してしまうと、そのデザイン性や見た目が悪くなってしまいます。

シリコン性ですので、落下した際の耐衝撃性はあるにせよ、シリコンケースケース自体への破損についてはいとも簡単についてしまいます

シリコン素材は黄ばんだり、経年劣化はしないのか?

長年アップル純正のシリコンケースを使用してきて、黄ばんだりすることが全くと言っていいほどありません。5年や10年も使うわけでもなく、たかだた2〜3年で黄ばんだり経年劣化するのは100均などの低品質なケースくらいだと思います。

それなりの価格はしますが、もちろんそれなりのクオリティなので、黄ばみや経年劣化するようなものではありません。

アップル純正シリコンケースについた汚れはキッチンハイターで取れる?

アップル純正シリコンケースに、誤って油性マジックなどの汚れがついてしまう場合があります。そんな時、水で洗っても取れません。だからといって、キッチンハイターを使ってしまう方もおられるようですが、それは絶対におすすめしません。

キッチンハイターの塩素がシリコンに反応してしまい、マジックの汚れどころか、シリコンの色自体を変色させてしまう可能性があります。

キッチンハイターよりも、洗濯用洗剤のような刺激の弱いものをまずは使ってみましょう。また消しゴムなども使ってみて下さい。※もちろん自己責任の上でお願いします。

アップル純正シリコンケースの内側の汚れや臭いのお手入れは?

いつでもどこでもアグレッシブに使っていると、アップル純正シリコンケースの外側もそうですが、内側にも汚れが溜まったり、汚れの臭いがする場合があります。

そんな時は、先ほども紹介していますが、水洗い、もしくは洗濯用洗剤で軽く洗い流すことができます。

では、色々と解説してきたところで、それらをメリット・デメリットに分けてサクッとおさらいしておきましょう!

アップル純正シリコンケースのこれは良い【GOOD】ポイント

  • メロウで高いデザイン性
  • シリコンで保護されている部分の保護性能は高い
  • プラスチックが中に使われているので耐衝撃性もある
  • かなり高い機能性を兼ね備えている
  • アップル純正のロゴ(マーク)がある
  • 外側はシリコン、内側はマイクロファイバーで安心
  • 水など丸洗いできるので埃や汚れに強い
  • 黄ばんだり経年劣化することはほぼない

アップル純正シリコンケースのこれは最悪【BAD】ポイント

  • iPhone11の仕様上、開口されている部分の保護はできない
  • ズボンやバッグから取り出す時に引っかかってしまう
  • ケースのカラバリが2色と少ない
  • iPhone11 Proでは使えない
  • iPhone11の本体の色はほぼ見えない
  • バンカーリングはつけられない
  • ケース自体が破損する場合がある

以上が、アップル純正シリコンケースのメリット・デメリットになります。

また、iPhone11の魅力はなんと言っても”本体の色”がカジュアルなところ!ですよね?

「iPhone11の本体の色を活かしたいな」と思った時におすすめなのが、シリコンケースではなく、透明なTPU素材で作られている、こちらもアップルが公式に発売している純正のクリアケースです

そのアップル純正クリアケースについても、合わせてご紹介しておきます。

iPhone11の本体の色を見せたいならアップル純正クリアケースがおすすめ!

Apple-iPhone-11-genuine-clear-case-2

iPhone11の本体色を活かすクリアケースは”アップル純正”が最強

iPhone11のAppleオリジナルの純正クリアケースは、「iPhone11の魅力的な色とデザインを楽しめことに加え、薄くて、軽くて、持ちやすい」。

iPhone11自体を作り上げた技術を注ぎ込んだAppleの純正だからこそ、どの角度から見ても、確実にiPhone11にフィットしているので、クリアケースをお探しなら、アップル純正が最強としか言いようがありません。

iPhone11の本体色が見えるケースを探しているなら、絶対に「アップル iPhone 11 純正 クリアケース」がおすすめです!

iPhone11 アップル純正のおすすめオリジナルクリアケースとは?

Apple-iPhone-11-genuine-clear-case

iPhone11の本体のカラフルな色を楽しむには最適なケース

iPhone 11を一段としっかり守りながら、そのカラフルな仕上げを楽しみたいなら、薄くて、軽くて、持ちやすいこのApple製ケースがおすすめです。

透明度の高いポリカーボネートと柔軟なTPU素材を組み合わせて設計されたiPhone 11クリアケースは、しっかりとした感触がありながら、手に心地よくなじみます。シリコンよりは固く、しかしハードケースよりは柔らかいので、それぞれの良いところを取った印象のクリアケースです。

背面は高い耐久性を持つように作られていて、側面では一段とソフトで柔軟性がある素材がiPhoneのボタンにぴったりフィットし、持ちやすさを向上させます。

iPhoneをワイヤレス充電する時は、ケースに入れたままQi規格の充電器の上に置くだけです。 内側も外側も表面には傷に強いコーティングが施されていて、すべての素材とコーティングは長期に渡って使用する際に黄ばみを防げるように考慮されています。

ほかのすべてのApple製ケースと同様に、設計と製造の工程を通じて何千時間にもわたるテストを実施しました。だから美しいだけでなく、iPhoneを傷つきにくくし、落下からも守ります。

カラー/色 

クリアケースのベースカラーは、もちろんクリア(透明)のみです。本体の色やデザインが見えます。

クリアケースの素材

光学的に高い透明性を持つポリカーボネートと柔軟なTPU(熱可塑性ポリウレタン)をブレンドした素材を使用しています。

クリアケース価格/値段

  • 価格|¥4,500 (税別)

価格設定が少し高めな印象を受けますが、それだけコストパフォーマンスに優れた一級品に仕上がっているので、安心価格として評価しましょう。

では以下より、アップル純正クリアケースの特徴や素材や仕様、そして魅力などのメリットやデメリットなどについて詳しく解説していきます。

iPhone11 アップル純正のおすすめクリアケースのメリット・デメリットを解説

Apple-iPhone-11-genuine-clear-case-3

iPhone11の本体の色を見せる活かせるクリアなケース

ほぼすべての外観がオールクリア(透明)が最大の特徴であるクリアケースです。iPhone 11にとっても最大の特徴である、ホワイト・ブラック・ブルー・イエロー・レッド・コーラルの6色カラーリングを活かせるケースということになります。

iPhone11を購入する時に、「どの色にしようかな」なんて悩んでおきながら、その本体の色を隠すような手帳型たシリコンやレザーなどを選んでしまうと、それこそ本末転倒になります。

せっかく本体の色がカラフルで魅力的なiPhone11だからこそ、本体の色が見える(透ける)クリアケースを選びましょう!

背面のアップルマーク(ロゴ)も見える

Apple-iPhone-11-genuine-clear-case-4

iPhone11の背面部分にある”アップルマーク(ロゴ)”も見えるので、クリアケースをつけていても、iPhone11の最高なデザインフォルムを損なうこともありません。そして、それこそ所有欲を満たしてくれる1つの大きなポイントにもなります。

耐衝撃性や保護性能はどうか?

iPhone11の仕様上の前面(ディスプレイ部分)と切替式のサイレントオン・オフ、そして下部のコネクタとスピーカー部分、そして背面カメラ以外は、クリアケースで保護されています。保護されている部分はもちろん傷や衝撃などについて安心しておいて大丈夫です。しかし、保護されていない部分(ディスプレイ)については、やはり破損のリスクは考えれます。

また、「外側の表面だけでなく、内側の面にも傷に強いコーティングが施されています。」と公式で言われているように、iPhone11が直接触れる内側部分についてもちゃんと考えられた仕様になっています。

カメラ部分の保護はデスクや机に置いた時に守られるのか?

iPhone11の本体からデュアルカメラは多少は突出しているが、ほんの数ミリ程度なので、ケースを何もつけていない状態で、デスクや机に置く場合と、純正のクリアケースをつけたてデスクや机に置いた場合とでは、カメラを保護するという観点からして、クリアケースをつけている方がより守られます。

また、もちろんデュアルカメラ自体がクリアケースで保護されているわけではないので、デスクや机にクリアケースを装着したiPhone11をカメラ側を下にして置いた場合、何らかの形で摩擦が生じることもあります。

Apple純正のクリアケースって高くないか?

これはデメリットの部分でも触れますが、どう考えてもApple製品のアクセサリーは高いです。それはブランド力もさることながら、”完璧なまでの純正”ということでもあります。

iPhone11そのものを製造しているAppleだからこその自信、そして他のサードパーティ製には出せない、フィット感、そして技術革新の表れでもあるかもしれません。

それだけ、”純正”というものの価値という視点からみても、その価格は他の複製されたケースよりも安くはありません。

では、メリットやデメリットをサクッとおさらいしておきましょう!

アップル純正は薄型のクリアケースなのか?

アップル純正のクリアケースは、薄型ではありません。でも、分厚くもありません。もちろん薄型よりも多少は厚みがあるので、それだけ保護性能をも高いことが言えます。

また、薄型ではないので、それなりに本体サイズもアップしてしまいます。

クリアケースはTPU素材のものよりシリコン製やプラスック製が良くないのか?

素材についてはもちろんそれぞれに長所短所があります。荒を探せばそれぞれに色々と出てくるわけですが、シリコンで言うなれば、素材特性上は完璧なまでの透明色を出すことはできませんし、プラスチック製は柔軟性がないので、ケース自体がそもそも割れやすいという短所もあります。

その点で言えば、先ほどはもお伝えし他通り、TPU素材はそれらのちょうど真ん中の良いところを取っています。

TPU素材やプラスチックやシリコンなどのケースの素材について詳しくは以下の記事に解説していますので、そちらを合わせてチェックしておくといいかもしれません。

記事iPhone(スマホ)ケースの選び方!おすすめの素材や形状の種類を比較!

クリアケースは黄ばみが出てしまうのではないか?

「クリアケースを数ヶ月使っていると黄ばみが出る」という情報が見受けられます。これはもちろん使う人の環境や状況にもよるし、実際にクリアケース自体のTPU素材のにもよります。

クリアケースというか、TPU素材の経年劣化については、おそらく”黄ばみ”が原因で懸念されている方もおられると思います。しかし、ひとつだけ確実に言えることは、Appleの純正の公式のケースですので、100均やそこらのコストを下げて制作されたクリアケースよりも遥かに質の高いクリアケースであることは言うまでもありません。

またTPU素材の黄ばみは、酵素系漂白剤に入れたりすると取れるような知識もありますが、あまりおすすめしません。理由は、黄ばみとは経年劣化であるので、新しいものに買い替えたほうが得策です。

汚れやホコリ(埃)が目立つのではないか?

こちらのApple純正のクリアケースの素材は「光学的に高い透明性を持つポリカーボネートと柔軟なTPU(熱可塑性ポリウレタン)をブレンドした素材」なので手垢が付いてもあまり目立ちません。

先ほども書きましたが、高品質なTPU素材なので、色の劣化(黄ばんだり)もほぼありませんので、意外と長くキレイな状態で使えそうです。仮に汚れた場合でも、レザーなどのケースと違って、まるっと水洗いができることもポイントです。

TPU素材のクリアケースのフィット感は?

「光学的に高い透明性を持つポリカーボネートと柔軟なTPU(熱可塑性ポリウレタン)をブレンドした素材」なので、キュキュっとしすぎるのかな?と思ってしまいますが、全くそんなことはありません。

サラサラだけど、ズボンのポケットやバッグから取り出す時の引っかかりも少ないです。しかも、滑りがいい反面、適度に滑りも悪いので、本当に適度なフィット感とホールド感もあります。

また、質のあまり良くないTPU素材のクリアケースは、背面などにフィット感がなく、プカプカと湿気が滲むようなこともあります。しかし、このアップル純正のクリアケースにはそれもないので、確実にフィットしてくれます。

夏は熱い?冬は冷たい?季節相応の温度はどうか?

ハードケースやアルミニウム製のケースであれば、夏の暑い時期には本体とケース自体も熱くなっていたり、逆に冬はキーンと冷えていたりすることがあると思います。しかし、Apple純正クリアケースの素材を考えれば、夏場でも異常に熱くなることはなく、冬場でも異常に冷えてしまうことはなく、季節によってそれなりに「季節相応の温度=触れるくらいの温度」を保ってくれそうです。

なんと言っても最高のデザイン

Appleの純正のケースを選択することは、”白ご飯に梅干し”のようなものです。すなわち、好き嫌いがあるにせよ、ベストマッチなデザインです。合わないはずがありません。

音量ボタン、電源ボタン、サイレントオン・オフボタン、そしてカメラの開口部、どのデザインや形状を見ても、収まりが良すぎる洗練されたデザインになってます。

iPhoneのデザインを隠してしまっても、それを上回るデザインとまでは言えませんが、ケースとしてはシンプルかつ洗練された最高のAppleクオリティです。

TPU素材のクリアケースは安っぽいのか?

TPU素材のクリアケースはお世辞にも高級感があるとは言えません。逆に、テカテカと光っているので安っぽい雰囲気はあります。ただ、iPhone11の特徴である本体の色を活かすなら、高級感よりも、カジュアルな感じの方が外観もマッチングするので、それとクリアケースの相性は良い方ではあります。

アップル純正のクリアケースにスマホ用のリングはつけられるのか?

iRingngなど、iPhoneのケースにリングをつける方も多いはずです。もちろんアップル純正のクリアケースにもそれらのリングはつけることができます。

では、今までのメリット・デメリットをおさらいしましょう。

アップル純正のクリアケースには10のメリットがある

  1. 本体色を活かせる
  2. 本体のアップルロゴが見える
  3. 外側も内側の保護も良い
  4. カメラ部分もある程度保護している
  5. TPUはちょうどよい素材
  6. 黄ばみのリスクは少ない
  7. 汚れや埃がついても水洗いできる
  8. 適度なフィット感
  9. 夏も冬も季節相応の温度
  10. 最高のデザイン

以上の10のメリットが、アップル純正のクリアケースにはあります。

アップル純正のクリアケース4つの欠点

  1. クリアケースの割に価格が高い
  2. クリアケースの中でも薄型な方ではない
  3. 高級感ゼロ(テカリがひどい)
  4. 安っぽさがある
  5. 本体から多少サイズアップしてしまう

以上の5つがデメリットだと思います。

クリアケースなので、完全にiPhone11本体のカラーに依存します。

iPhone11のカラー自体に飽きてしまった場合は、クリアではなく、カラーが施されたシリコンケースやハードケースを使うことをオススメします。

しかし、ケース選びをする際に、その性能もさることながら、やはり価格は気になるところです。

アップル純正であるからこその品質である分、それなりに価格が高いことは、残念ながらデメリットの方が大きいかもしれません。

「クリアケースの割に価格が高い」というデメリットをどうしても見過ごせないのであれば、その他のサードパーティ製にクリアケースを選びましょう。アップル純正に比べて、かなり価格が安いのが相場です。

参考までに、以下にiPhone11用のサードパーティ製のクリアケースで、特におすすめな厳選をいくつかご紹介しておきますので、手頃な価格でクリアケースを手に入れたい方は、ぜひチェックしておきましょう。

iPhone11におすすめのクリアケース5選

ESR iPhone 11 クリアケース

ESR-iPhone-11-Clear-Case

クリアケースの特徴は?

  • 【デバイス本来の美しさはそのまま】
    iPhone の背面のなめらかさを追求し、iPhoneを持つときの優れた握り心地を実現しました。スマートな印象をしっかり残したまま安心してご使用いただけます。
  • 【二重構造】
    背面は硬度9Hの強化ガラス、側面はTPUソフトバンパーのハイブリッド二層構造です。丈夫な硬度9Hガラスを使用することで、強力な保護性が実現されました。また、日常生活での傷や擦れに十分耐えられる保護力を持っています。
  • 【エアクッションコーナー】
    空気を含んだ柔らかいコーナー部分の素材により、iPhone のガラス背面をより効果的に衝撃吸収し、保護します。
  • 【ストラップホールつき】
    ケースの下側には、便利なストラップホールが付いています。お気に入りのストラップなどが付けられます。(ストラップ別売)
  • 【満足保証】
    万が一、お受け取りになった商品に破損や汚れなどがある場合、進んで交換または返金の対応をさせていただきます。
ESR iPhone 11 クリアケース
ESR

Spigen iPhone 11 クリアケース

Spigen-iPhone-11-Clear-Case

クリアケースの特徴は?

  • 【定番ながらも、妥協のないソフトケースを追求】
    スマートフォンケースでは最も使用されるソフトな材質「TPU」を使用し、端末毎に最適なサイジングを施しています。
  • 【押しやすさにこだわった独自の製法】
    フィッティング性だけでなく、ボタン本来の押しやすさにこだわりました。独自の切り抜きを施す事で、本体の押しやすさを損なう事なく操作が可能です。
  • 【背面ドットコーティングによる美しさの追求】
    ケース背面に微小のドットパターンを施す事で、ケース装着時にありがちな「にじみ現象」を解消。ソフトケースのデメリットを克服しています。
  • 【薄さと保護性能を両立させるエアクッション構造】
    保護性能が低いと言われがちな「ソフトケース」に対し、四隅にクッションを設ける事で、落下時のエネルギーを分散。使用時に起こりえる危険を限りなくクリアにしました。
  • 【対応機種】
    iPhone11 (2019) ※商品の色合いや仕様、商品パッケージは予告なく変更される場合があります。

Provare iPhone11 ソフトクリアケース

Provare-iPhone11-Soft-Clear-Case

クリアケースの特徴は?

  • 【カラー/ 素材】
    クリア / TPUシリコン
  • 【特徴】
    iPhoneのデザインを活かしつつスマートに保護するソフトケース。手に持ったときのグリップ感を考慮して、アールの設計がされています。ケース背面のマイクロドット加工により、にじみやグレア現象を防ぎます。
  • 【耐衝撃】
    衝撃に強くしなやかな TPUラバーケース。2.5Dなめらかなエッジで指と本体を傷つけません
  • 【デザイン】
    ケースを装着したまま充電・操作ができ、液晶画面の確認、本体の操作、充電・通信ケーブルの接続が可能。ボタンやコネクタを傷付けにくいデザイン。便利なストラップホール付きです

CASEKOO iPhone 11 クリアケース

CASEKOO-iPhone-11-Clear-Case

クリアケースの特徴は?

  • 【驚きの透明感】
    iPhone 11 ケース(2019新型6.1インチ)は高透明度のドイツ製素材を採用し、iPhone 11本来の美しさと高級感をそのままに楽しめます。またケース表面には油分防止コーティング加工を施すことにより、指紋を防ぎ、汚れなど付いても布で拭くときれいになります。
  • 【360°全面保護】
    前面と背面をデバイスより高く設計し、液晶画面とカメラレンズをしっかり保護します。また四隅のコーナー部分には独自のエアクッションを搭載しており、落下時の衝撃を最大限に吸収することができ、全方位から本体をしっかり守ります。
  • 【側面にも優しい素材】
    バンパー部分はSGS認証されているドイツ製のTPU素材を採用、より柔らかくて装着・脱着は簡単になり、iPhone 11とカバーの擦れ傷を防止します。
  • 【一体感抜群】
    iPhone 11により精密に設計されているため、 各ボタンにピッタリあって、ケースを装着したまま操作がスムーズにできます。ワイヤレス充電やApple Payにも対応します。
  • 【滑り止めデザイン】
    背面の四隅に0.5㎜ぐらいの突起があり、机から滑り落ちることは心配なくなりません。アイホン 11 ケースの背面にもキズから防止します。

ESR iPhone 11 クリアケース キックスタンド付き

ESR-iPhone-11-clear-case-with-kickstand

クリアケースの特徴とは?

  • 【キックスタンド】
    メタル製で耐久性があり安定感も抜群です。はめ込み構造により、しっかりデバイス本体を支え、ぐらつくこともありません。
  • 【最適な角度にセッティングできる】
    縦置きスタンドにより、最大60度でFaceTimeを快適にご利用いただけます。また、横置きスタンドにより、最大60度の角度で映画をストレスなしで鑑賞できます。
  • 【全面保護】
    落下時の衝撃を出来る限り吸収できるよう、背面はPCバックケースで傷から保護されています。ケースの縁部分をせり上げ、デバイスを平らな所に置いても、スクリーンとカメラが擦れたり傷ついたりしないよう保護します。
  • 【ワイヤレス充電】
    このキックスタンドケースをつけたまま、ワイヤレス充電が可能です。(*注意:ワイヤレス充電器を使用する場合は、充電器の中央にメタルスタンドの部分がこないように置いてください。ワイヤレス充電に影響が出る可能性があります。

また、iPhone11のアップル純正ケースには、シリコンケースやクリアケースに飽きた時は、ケースを新調して気分転換を図りたい時の参考にして下さい。

クリアケース以外のiPhone11におすすめケース5選

GUDREX iPhone 11 全面保護 耐衝撃ケース

iPhone-11-full-protection-shockproof-case

ケースの特徴は?

  • 【衝撃吸収 全面保護】
    軍用MIL規格810G-516防振材料が採用されていますので、衝撃にとても強いです。嵌め込み式前カバーと透明バックカバーの組み合わせにより、360°全方位からスマホを保護してくれます。落下、衝撃、擦れ傷など一切心配ありません。粉塵も中に入らない、砂や埃が舞う過酷な環境でも端末をしっかり包んで保護します。
  • 【ピッタリフィット&着脱簡単】
    最先端の3Dラウンドエッジ工芸を採用する嵌め込み式前カバー、厚さ0.26mmの超極薄、何も貼っていないような感じで液晶画面の美しさをお楽しみいただけます。画面の精細さを損ないません。そして画面上の操作もスムーズ行えますので、他のガラス保護フィルムを追加する必要ありません。
  • 【ワイヤレス充電対応】
    装着したままiphoneの全機能が利用できます。 操作感とスムーズ感に損はありません。ケースを装着して、透明で綺麗で楽に操作できます。ワイヤレス充電、音量調節あらゆる操作が付けたままできます。
  • 【一年保証付】
    すべての製品はご購入日から30日間の返金&12ケ月の安心保証が付きます。製造には万全を期しておりますが、万が一商品に不具合がある場合は、お気軽にご連絡してください。 

【Spigen】 iPhone 11 ウルトラ・ハイブリッド ケース

[Spigen]-iPhone-11-Ultra-Hybrid-Case

ケースの特徴は?

  • 【キレイに使ってもらう為の工夫】
    少しでもキレイな状態で使い始められるよう、背面の裏表に【Remove Protective Film】と記載された「キズ防止保護シート」を貼付しています。ご使用の際は剥がしてから装着してください。
  • 【ユーザー目線で作り上げたハイブリッドケース】
    側面を”TPU”のソフトな素材で衝撃を吸収させ、背面は透明度が維持出来るハードな”ポリカーボネート”をハイブリッドしたこのケースは、ブランドの代名詞へと成長しました。
  • 【カメラレンズも守れる薄さ】
    本体の薄さを維持しつつ、カメラレンズもしっかり保護出来る高さで設計されています。両面とカメラレンズにフチを設置し、予期せぬキズから守ります。
  • 【使用面へのこだわり】
    落下時の衝撃を出来る限り緩衝出来るよう、四隅で衝撃を吸収する「エアクッションテクノロジー」を採用。本体機能でもある「ワイヤレス充電」もケースを装着したまま行えます。 

【Ringke】iPhone11 ケース

[Ringke]-iPhone11-case

ケースの特徴は?

  • グリップ力もある
    頑丈な外装は、快適な取り扱いのためにグリップ制御を強化します。
  • 完璧に使用するように設計
    6.1インチIPS LCD容量性タッチスクリーンとデュアルレンズリアカメラを完璧に使用するように設計されています。
  • 耐久性のあるPCとTPU素材
    耐久性のあるPCとTPUバンパーは、つや消しのマットガラス背面をしっかりと保護します。
  • クイックキャッチストラップホール
    内蔵のクイックキャッチストラップホールでデバイスを固定し、リストストラップまたはネックストラップを取り付けます。
  • 双方向ワイヤレス充電
    ほとんどのスクリーンプロテクターと互換性があり、双方向ワイヤレス充電をサポートしています。

【Spigen】 iPhone 11 リキッド・エアー ケース

[Spigen]-iPhone-11-Liquid-Air-Case

ケースの特徴は?

  • 【マットなデザインに忍ばせたフォーマルエッセンス】
    スマートフォンケースで最も使用される”TPU”素材をベースに、マットな質感に「大人の遊び心」を落とし込んだケースが誕生しました。
  • 【オンオフを考慮したモダンデザイン】
    背面には”モダン”な雰囲気を演出出来る「プリズムパターン」を刻印しているので、ビジネスシーンのスマートフォンケースとしても使いやすいデザインとなっています。
  • 【デザイン性だけじゃない、利便性への考慮】
    デザイン面に徹底的にこだわりながらも、「ボタンの押しやすさ」「ワイヤレス充電」等の「端末本来の使い心地」を維持しました。
  • 【薄さと保護性能を両立させるMIL スペックの耐久力】
    保護性能が低いと言われがちな「ソフトケース」に対し保護性能を徹底追及。エアクッションや背面のスパイダーパターンによる衝撃分散等、本体保護に関するこだわりを詰め込んでいます。

【Spigen】 iPhone 11 タフ・アーマー ケース

[Spigen]-iPhone-11-Tough-Armor-Case

ケースの特徴は?

  • 【Newモデル+MIL規格】
    タフ・アーマーXPはSpigen製品の中でもっとも衝撃吸収が高いタフ・アーマーの内部構造に最新技術を採用し、より安心できる保護力を搭載したケースです。
  • 【新構造 Extreme Impact Foam】
    従来の衝撃吸収性の高いプレミアムTPU素材のインナーケースに硬質ポリカーボネート素材の背面パネルで補強する、二層構造(デュアルレイヤー構造)に”エクストリームインパクトフォーム”(裏側を守る)を追加し三重構造となり軽量感は保ちつつさらに保護力が増しました。
  • 【液晶画面・背面を守るこだわりの設計】
    液晶画面とカメラ部分のフチを高く設計し、キズや汚れからも保護します。
  • 【こだわりの便利機能】
    背面パネルにはタフ・アーマー同様キックスタンドが備わっており、動画鑑賞時などに便利です。
  • 【端末の機能を考慮した設計】
    ワイヤレス充電 (※置くだけ充電)はケースを装着したままでも充電が可能となっております。

そして、クリアケース、シリコンケースときたら、手帳型ケースを忘れてはいけません。まだ使ったことがない人は、一度使うと意外とその利便性に手放せなくなるかもしれません。

iPhone11 ケース・カバーはおしゃれな手帳型がメンズに人気【10選】

iphone11-case-fashionable-notebook-type-men

機能性と利便性を兼ね備えた手帳型ケース

iPhone11の魅力を最大限に活かすために、できるだけ傷つけずに、快適かつ大切に使っていきたいなら、”手帳型”のケースも一つの候補として考えておきましょう。

そこで以下の記事では、iPhone11におすすめな手帳型のケースを厳選して10選ご紹介していますので、手帳型も気になっていたという方はぜひチェックしておきましょう。

記事iPhone11 ケース・カバーはおしゃれな手帳型がメンズに人気【10選】

改めて結論!iPhone11のアップル純正シリコンケースは最強におすすめ!

iPhone11-Silicone-Case-about-image

どの角度から見ても最強のバランスを誇るシリコンケース

いきなり結論から言いますと、アップルの純正シリコンケースは「どの角度からみても最強のバランスを発揮している」と言えです。

iPhone11を「落として傷をつけたくない!」と心配しつつも、いつでもどこでもiPhone11をアグレッシブに使いたいのはみんな同じです。

あなたの人生を、より効率的に、より快適にしてくれるiPhone。

だからこそ、ガチガチにハードな保護性能に特化したケースよりも、シリコンの柔軟性と耐衝撃性で抜群の保護性能と、砂や埃や水場でアグレッシブにiPhoneを使える機能性、どんなライフスタイルにもマッチする飽きの来ないデザインを兼ね備えた「最強のバランス」Apple純正のシリコンケースにはあることが分かって頂けたかと思います!

そんなバランスの取れたケースをお探しなら、Apple純正のシリコンケースは絶対におすすめします!

最後に

いかがだったでしょうか?

ということで今回は、pple Storeから公式に発売されているiPhone11の最高のシリコンケースiPhone 11 シリコーンケース」の特徴や素材や仕様、そして魅力などのメリットやデメリットなどについてご紹介しました。

あなたのiPhone11のケース選びの参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。またお会いしましょう。

|iPhone11を購入
>>ソフトバンクで予約購入する
>>au Online Shopで予約購入する
>>ドコモで予約購入する

では最後に、僕が使っているiPhoneアプリを厳選して紹介しておきます!

iPhoneにおすすめの便利アプリ15選!

【再発見!!】iPhoneにおすすめの絶対入れるべき便利なアプリ15選!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

スマホ バナー

iPhone11,11 Pro Max 公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



LINE@でお得な情報を得よう!

PEITAに仕事の依頼はこちら

仕事依頼バナー

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

iPhone11-Silicon-Case-Apple

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。