500記事書いたブロガーが教える情報収集おすすめアプリ&ツール「Feedly」 使い方を解説!

情報収集 おすすめ アプリ 記事 アイキャッチ

情報革命と言われる時代に、自分が知りたい情報だけをひとつの場所にまとめてチェックできるアプリを知っていますか?

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。どもども、デザインブロガーPEITAです。

この記事では、ブログライター兼当ブログ運営者として500記事以上を書き上げてきた僕が、自分にとって必要な情報だけを収集するために使っているおすすめアプリをたった1つだけご紹介したいと思います。

それは、知りたいモノゴトの最新情報をまとめてチェックできるRSSリーダー「Feedly」というiPhoneやスマホで気軽に使えるアプリ&ツールです。

Feedlyのダウンロード

Feedly - Smart News Reader

(2018.10.26時点)
posted with ポチレバ

僕はいつもFeedlyで情報収集

iphone-using-image

情報を収集する目的

まず最初にお伝えしておきたいことは、情報を収集する目的についてです。

情報を収集するにあたって、その情報収集という目的を言語化するなら、”求めている情報から、手段や理由を探り(インプット)、そして新しい何か生み出し、次に繋げる(アウトプット)”ために情報を収集することが本来の目的であると思います。

つまり、情報収集は、料理で言うなら下準備にあたるわけです。

情報収集力を発揮するために

僕の場合、当ブログで発信している「好きなモノゴト」=「ブログのネタ」の最新情報をこのアプリで一括チェックしているので、探す手間も省けますし、ニュースサイト毎やアプリを切り替えることなく、「Feedly」だけを使って効率的に自分に必要な情報収集ができています。

そもそもすべての情報にアンテナを張っておくことはできませんので、”自分の必要な情報だけを収集すること”は、もはや情報革命という時代を生きる僕らの情報収集力を発揮するためには不可欠な情報収集する時の意識とコツでもあります。

情報収集をする時の意識

こちらの記事『500記事書いたブロガー直伝!情報収集力に必要な5つの意識・コツとは?』で詳しく解説していますが、情報収集力を発揮するために必要な意識・コツは以下の5つが必要だと僕は考えています。

  1. 何を得るための情報なのか
  2. 否応なしに得る情報は求めない
  3. 求めている情報から脱線させない
  4. 量より質を見極める
  5. 無駄に時間をかけない

情報革命というゴミのように情報が溢れている時代の中で、ただ漠然と闇雲に流れ行く情報を収集していては、非効率です。上記の”情報収集の5つの意識とコツ”を踏まえ、「Feedly」と合わせて使うだけで、良質な情報だけを見つけ出して収集することができる力がついてきます。以下に詳しく解説しているので合わせてお読み下さい。

関連記事:500記事書いたブロガー直伝!情報収集力に必要な5つの意識・コツとは?

あなたが、自分の求める必要な情報だけをまとめて一気にチェックする方法を探しているなら、「Feedly」は間違いなくあなたの情報収集能力を発揮するた原動力となり、必要な情報を容易にまとめてチェックできるようになります。

Feedlyを活用するメリット

必要な最新・関連の情報をまとめてチェックできる

色々なニュースサイト(アプリ)が千差万別に毎分毎秒ゴミのように情報を公開しているので、隙間時間を見つけながらニュースサイトをチェックしていると、どうしても自分にとって無益で必要のない情報を目にすることに時間を費やしてしまうことが多くあります。

その点、Feedlyを使えば、自分にとって必要な情報だけを見ることができます。

必要な情報だけをまとめることができるので質の高い収集ができる

”サッカー”に関連した情報を得たいと思い、一般的なニュースサイトを見ていると、サッカーはスポーツというカテゴリーに振り分けられ、サッカーだけの情報を収集したいのに、野球やバスケットボールなどの情報まで目に飛び込んできてしまいます。

「それならサッカー以外の情報は見なきゃいい」と言われてしまいそうですが、そんなに単純なことではないと僕は考えています。

こちらの記事でも触れていますが、人は自分が必要とする情報から無意識に目移りして脱線してしまう傾向にあります。Aの情報を見ていると、BやCの情報も漠然と収集してしまうことってよくあると思います。

その点、Feedlyを使えば、サッカーならサッカーだけのメディアサイトをいくつか登録しておくだけで、サッカーだけの情報を一括してチェックできますので、グッと質の高い情報収集ができます。

必要な情報をまとめてチェックできるので時間の効率化になる

色々なニュースサイトには、属性(カテゴリー)というものがあります。例えば、当ブログのように属性=「ガジェット系」に特化したメディアサイトもあれば、医療福祉に特化したサイトもありますので、ひとつの属性に限らずいくつか自分の好きなモノゴトが存在する場合、ひとつのニュースサイトを見て、次のニュースサイトへ、さらに次のニュースサイトへと、ニュースサイトをハシゴする形になります。

これって非常に非効率な情報収集の時間の使い方だと思います。

もちろん全カテゴリーを網羅したニュースサイトもありますが、それはあくまでも”ニュース”であって、”インフォメーション=情報=知見”という認識と少し違います。

その点、Feedlyを使えば、自分にとって必要な情報だけを見ることができますので、時間の効率化ができます。

では次に、実際に「Feedly」の使い方の解説をしていきます。

Feedlyの機能/使い方

まずはFeedyをiPhoneやスマホにダウンロードして下さい。

Feedlyのダウンロード

Feedly - Smart News Reader

(2018.10.26時点)
posted with ポチレバ

自分の求めている情報を取り扱っているサイトを登録する

Feedly 使い方 画像
Feedly 使い方 画像②

①虫眼鏡マークをタップするすると検索窓が表示される

Feedly 使い方 画像③
Feedly 使い方 画像⑤

②検索窓に自分の必要な情報だけを収集するサイトのURLを入力&コピペ
⇒そのまま検索してサイトを探し「+」とタップして登録もできます。

③そしてどのカテゴリに入れるかを選択する
⇒カテゴリはいつでも変更可能

Feedly 使い方 画像④
Feedly 使い方 画像⑥

④すると、上記の画像のようにサイトの最新記事が自動でFeedlyに集まる

⑤登録しているメディアサイトはカテゴリをタップして一覧で確認できる
⇒あとで削除も追加もできる

自分にとって必要な情報を発信しているサイトを調べ、上記のようにFeedlyに登録すれば、サイト毎に移動せずに、一括ですべてまとめてチェックできます。

SNSの投稿など

Feedly 使い方 画像⑧
Feedly 使い方 画像⑦

⑥SNS投稿やURLをコピペしたいなら、記事をクリックして、右上のアイコンをタップする

⑦そして、必要な各SNSやURLリンクのアイコンを選びタップすれば簡単にシェアできる

読みたい記事を選択したり、カテゴリー毎に読んだり、すべて一括で読んだりできますので、非常に効率の良い情報収集が可能になります。

時間の管理についてはこちらの記事『集中力が続かない時に集中力を発揮する方法は短時間集中法が効果的』にも書いてますが、短時間でいかに効率の良いアクションを起こせるかによって、1日の時間の使い方により生産性が変わってきます。

まとめ

情報収集 おすすめ アプリ 記事 アイキャッチ

Feedlyを活用するメリット

  • 自分に必要なモノゴトの最新・関連の情報をまとめてチェックできる
  • 必要な情報だけをまとめることができるので質の高いリサーチができる
  • 必要な情報をまとめてチェックできるので時間の効率化になる

ということで、ブログライター兼当ブログ運営者として500記事以上を書き上げてきた僕が、自分にとって必要な情報だけを収集するために使っているおすすめRSSリーダー「Feedly」というiPhoneやスマホで気軽に使えるアプリ&ツールをご紹介しました。

あなたも、ちょっとした隙間時間に、グッと効率の良い情報収集を行えるように使ってみて下さい。

Feedlyのダウンロード

Feedly - Smart News Reader

(2018.10.26時点)
posted with ポチレバ

最後まで読んで頂きありがとうございました。またお会いしましょう。

次は、記事の中でも少しご紹介した『500記事書いたブロガー直伝!情報収集力に必要な5つの意識・コツとは?』を読んで、さらに効率の良い情報収集力を発揮する参考にして下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

情報収集 おすすめ アプリ 記事 アイキャッチ

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA