FFXVの映画がやばい|映画「Kingsglaive FINAL FANTASY XV」を観た感想の話。

どもどもペーやんです。PS4/Xbox ONEのゲームタイトルであるFFシリーズ最新作のFINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー15)発売が、平成28年11月29日に迫ったきましたね。

今回は、そのFINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー15)発売前に、そのもう一つの物語として劇場公開された「Kingsglave FINAL FANTASY XV」という映画を観た感想を書いたよって話。

ff156

「Kingsglave FINAL FANTASY XV」平成28年7月9日に劇場公開されてから、ようやくデジタルでレンタル版の配信が、平成28年10月月26日開始されました。

それを、iTunesでレンタルして、観てみました。

FFシリーズ最新作映画「Kingsglaive FINAL FANTASY XV」概要

ff152 ※公式ホームページより引用画像

公式ホームページでは以下のように説明されています。

[作品概要]

全世界1億1000万本以上の売り上げを誇る、RPGフランチャイズ「FINAL FANTASY」シリーズ。「FINAL FANTASY XV」は、2016年9月に全世界同時発売予定のシリーズ最新作です。

その「FINAL FANTASY XV」と同じ世界、時間、キャラクターで描く、もう一つの物語。ゲーム制作と同じチームだからこそ実現した、メディアミックスの完全連動、それが長編映像作品「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」です。

映像作品側では国王レギスの視点で、ゲーム側では国王レギスの息子である王子「ノクティス」視点で進行し、父と子の絆が描かれます。本作を通じて、ゲーム側で得られる様々な情緒に、より深みを与えます。

世界最高水準のCG技術をフルに盛り込み、ゲームシリーズのタイトルを冠しながらも、新作のアクション映画を見る感覚で、より多くの方が気軽に楽しんで頂ける作品です。

FFシリーズ最新作映画「Kingsglaive FINAL FANTASY XV」のストーリー

ff151 ※公式ホームページより引用画像

公式ホームページでは以下のように説明があります。

神聖なるクリスタルを擁する魔法国家ルシス。クリスタルを我が物にしようとするニフルハイム帝国。二国はあまりにも長い戦いの歴史を続けていた。

ルシス国王レギス直属の特殊部隊「王の剣」。ニックス・ウリックら「王の剣」は魔法の力を駆使し、進行してくるニフルハイム軍を辛くも退けていた。

しかし、圧倒的な戦力の前に、レギスは苦渋の決断を余儀なくされる。王子ノクティスとニフルハイム支配下のテネブラエ王女ルーナとの結婚、そして、首都インソムニア以外の領地の放棄――。

それぞれの思惑が交錯する中、ニフルハイムの策略により人知を超えた戦場へと変貌したインソムニアで、ニックスはルシス王国の存亡をかけた戦いに向かう。

全ては“未来の王”のために。

FFシリーズ最新作映画「Kingsglaive FINAL FANTASY XV」の感想

ff155

ここからはネタバレ含むんで、デンジャラスですよ。

この映画を観る時に、やはりフラッシュバックされるというか、比較対象として頭をよぎった作品がFFシリーズのPSソフトFINALFANTASY 7の映像版DVD&UMD「FINAL FANTASY VⅢ ADVENT CHILDREN」ですね。

こちらの作品は、国内では100万本以上売れ、海外では240万本を超える出荷本数ということで、ゲームではない映像版のFFの新たな金字塔が作られたというところで、外せない作品です。

発売と同時に購入して、ウキウキルンルンで観た記憶があります、FF7のバチコーン世代です、

あれからもう約11年かぁ…。

早っ!!

当時(2005年)の3D技術と現在(2016年)の3D技術では、ポケベル(平成生まれは知らないかな)とiPhoneくらいの差があることでしょうね、そりゃ(笑)

最近はゲームでもアニメでも主流になってきた実際の俳優(人間)を3Dスキャンして、実際の動きをキャプチャーし、人の動きを再現する技術。

その3Dスキャンが駆使されたCGアクションシーンは、

圧巻の一言。

いつの間にか、肩に力が入って、食い入るように没入してました。

マジでこの作品は、映画「Kingsglaive FINAL FANTASY XV」としてだけでも、もちろん見る価値アリの必見作品ですよ、そりゃ。

ビジュアルの作り込みや映像のクオリティ、ストーリーも良質なので、マジで面白かったですよ。

声優陣も豪華で、主人公ニックスは綾野剛。

すごーく煮えくるような声質で、おっさん声でしたが、すごく馴染んでいましたよ。

声からジャスティスが伝わってきました。

ff153

また、ゲーム本編のFINAL FANTASY XVの世界観を、プレイする前におさらいもできるし、本編と完全に同じ時間軸なので、FINAL FANTASY XVの主人公であるノクティスの周辺情報を抑えておくには、最高のまえがきでしょう。

ゲーム本編のFINAL FANTASY XVの主人公の背景も丸わかり!

観て損なし!

ゲーム本編のFINAL FANTASY XVをプレイする前に抑えておきたい4つのポイント

主人公ノクティスの故郷「ルシス」、その首都が「インソムニア」

主人公ノクティスの故郷「ルシス」と戦争をしているのが「ニフルハイム帝国」

「ニフルハイム帝国」は、「ルシス」を支配下に置きたい

「ルシス」からクリスタルを奪った「ニフルハイム帝国」

この辺を抑えておけば、ゲーム本編のFINAL FANTASY XV世界観もすんなり入っていけるんじゃないですかね。

また、この映画を観てしまうと…FINAL FANTASY XVの購入予約必須ですよ、そりゃ。

プレイしたくなりますよ、そりゃ。

ゲーム本編のFINAL FANTASY XVの発売日

当初は平成28年9月30日発売としていましたが、公式ホームページでは以下の理由で、発売を延期しています。

本作品は、シリーズかつてない自由度と臨場感を味わうことができる作品として9月30日の発売を目指してまいりましたが、この度、お客様に「ファイナルファンタジー」シリーズの最新作として最高品質の体験をお届けするには、さらに完成度を高めるために今しばらくの期間が必要との結論に至り、発売日を2016年11月29日に変更させていただきます。

ということで、FINAL FANTASY XV発売日は、平成28年11月29日です。

早くー早くー!

早くやりたいぞ、バカタレ!(笑)

FFXVのアニメ BROTHERHOOD FINALFANTASY XVについて

ff154 ※公式ホームページより引用画像

ゲーム本編である「FINAL FANTASY XV」と、劇場映画「Kingsglaive FINAL FANTASY XV」

それだけじゃないんですよー!

「BROTHERHOOD FINALFANTASY XV」という、アニメまであるんです!

しかも、無料公開

こちらもぜひチェックして、ゲーム本編である「FINAL FANTASY XV」の発売に備えておきたいですね!

ということで、映画「Kingsglaive FINAL FANTASY XV」を観たって話でした。

もちろん、アニメの方もチェック次第、感想記事を書きたいと思います。

ではでは、またお会いしましょう。
see you next.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA