個人ブログ 広告収入1円⇒1000円を稼ぐまで!たった1つの過酷な方法!

blog-income-up-method-umg

ブログで1円を稼ぐことは、誰にでもできます。しかし、1000円となると話は別です。

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。どもども、好きなモノゴトを個人メディアブログで発信しているデザインブロガーPEITAです。

今回は、僕が個人ブログの広告収入を1円から1000円にして稼いだ、確実だけど過酷な方法をご紹介します。

高額なSEOコンサルを受ける必要もなく、SEO関連の書籍をたくさん読まなくてもいいので、お金は一切かかりません誰にでもできる方法です

でも、簡単なものではありませんし、楽にできるものでもありません。

ある意味、過酷です。

その方法とは、ブログに費やす時間を作ることです。

そもそもブログで稼ぐってどういうこと?と思っているあなたはこの記事を読む必要はありませんので、即刻他の記事へどうぞ。それでも”ブログで稼ぐ”ことを知りたいなら、以下の2つの記事を読んで、興奮状態になった頭をお風呂に浸かって整理してから、この記事にまた戻ってき下さい(笑)

関連記事:30代で独立!フリーランスで仕事をしたいなら,おすすめはブログ運営!そこから仕事の依頼や紹介が来る。

関連記事:ブログ初心者必見!PVや収益を稼ぐための書き方ライティング成長法!コツはずばり中途半端に書く!

では、ブログに費やす時間を作ることについて解説致しますので、ぜひこの記事を読み終えたら、すぐに実践して下さい。

ブログで1000円を稼ぐなんてそんなに難しいとは思えない?

先ほどお伝えしましたが、”1円なら誰でも稼げます”。しかし、1000円を稼ぐとなると話は違ってきます

ブログで1000円以上稼げない人

完全にブログをなめてます。「たかがブログなんぞ」的な意識なんです。

「今日は晴天でとても気持ちの良い日でした」

こんなブログ記事に1000円の価値があるでしょうか?

1000円を稼ぐためには、あなたの書く記事が、誰かにとって価値ある情報でなければなりません。

関連記事:30代のセルフブランディングにブログは必要!集客力がつく仕事術!SNSよりもおすすめがブログ運営!

ブログで1000円以上稼げる人

ブログを運営するということの本質、つまりアイデアや企画力、ライティングのスキル、マーケティングなどの、いわゆるビジネススキルが必要になってくることを認識しています。

「ちゃんとやらなきゃ!」という「本気」「覚悟」を持てるようになっています。

僕も最初はブログをナメていた

僕もブログ運営を始めた当初は、1円稼いだ瞬間に「あっ、これなら稼げそう!」と目を輝かせ、ナメていました。しかし、1円からが難しかった

そこで、とにかく1円を100円に!100円を1000円にしなくちゃ!という意識で、ブログを本気で頑張るのではなく、本気でブログに集中すること、つまりブログに費やす時間を作ることに取り組むことにしました。

ブログに時間を費やすとどうなるのか?

ブログにかける時間が多ければ多いほど、ブログを書いて読んでもらうというライティングスキルが成長し、自ずとアクセス数(PV)が増え、ブログの広告収入が増える。

これにつきます。

1日24時間のうちに、ブログにどれだけ時間をかけたかによって、1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後〜の広告収入の差に影響してくるということです。

僕が個人ブログの広告収入を1円から1000円にした方法

ブログは副業ではなく 複業だという覚悟を持つ

ブログの広告収入で稼ごうと思っている人の大半は、本業が別にあって、ブログは副業と考えている方がほとんどだと思います。でも、副業じゃなくて、複業だということを理解して下さい。それを理解できない人は、1円以上稼げません。

副業ではなく、複業と捉えるだけで、あなたのブログ運営は変わり始めます。

つまりそれには、”覚悟”が必要なわけで、”安易”にブログで稼ごうと思っても無理だということです。ブログを始めて稼げるようになるまでに、ブログ自体を挫折していく人が、約90%以上だと言われています。

つまり、ブログが副業のままだと、ブログ自体が続かないということです。ブログは複業です。あなたはライターという新たな職業にチャレンジするということでもあります。

まず”覚悟”を持ってください。

この覚悟がないと、個人ブログの広告収入を1円から1000円にする過酷な方法を実践するのは無理です。

覚悟を持つだけでも、個人ブログの広告収入は自ずと増えると思いますが、実際にどのようにしていくのか?というところを解説していきます。

ブログを書く時間がないなら一生書けねーから

「ブログをしたくても、会社の仕事をしながらでは、ブログを書く時間がありません。どうやって時間を作ればいいんでしょうか?」

本業を行いながらの副業ではなく、ブログは複業なのですから、本業(例えば、会社員とブログ運営)を2つこなすということになるので、そもそも時間がないとか言ってられませんよね。

バカなのか?

ブログを書く時間を確保するために、1日24時間の内の自分の行動の余計なものを死ぬほど削り落とせば時間なんてすぐ作れます

必要不必要を見極めて すべてをブログの時間にしてしまえ

僕がブログで1000円以上を稼ぎ出した時、以下のようにブログに時間を費やしていました。

  • 映画やドラマのテレビ番組を観るのをやめてブログのネタ探し
  • 月額オンデマンド動画を観るのをやめてブログの記事の思考時間に
  • 意味のないYouTubeの垂れ流し再生をやめてブログ運営のノウハウの勉強(他人のブログ記事を読む)
  • 行きたくない飲み会も、行きたい飲み会もすべて断りブログを書く
  • 友人との遊びに費やす時間をやめてブログを楽しくする方法を考える
  • 自分の大好きな趣味の時間(スポーツでもTVゲームでも)をやめてブログを書く時間にした
  • 仕事の通勤時間もブログのネタ探しにポッドキャストで最新のガジェットニュースを聴く(自分の好きな番組)
  • 土日などにもうひとつの仕事が休みの時は、朝からひたすらブログを書く
  • 家族サービスさえ、妻にすべてをお願いして、自分はブログに集中させてもらった
  • ご飯を食べている最中でもブログのことを考えた
  • 外せない予定があるけど、時間が空きそうな時があるかもしれないという想定のもとで考え「あの時間にブログのネタを書こう」と瞬時に行動に移した

このように会社で行う仕事以外の時間を、ほぼすべてブログに費やして、1000円以上を稼げるようになりました。

本気でやりたいなら、死ぬほど思考をこらして考えれば、ブログに費やす時間なんて死ぬほど出てきます。

それでも時間がないという人は、無理です。

このくらいブログにコミットすることで、1円が1000円になります。

かなり過酷です。でも、それくらいやらなければ結果は出ません。

だから、ブログで稼ぎたい!ブログで稼いで将来独立したい!ブログでセルフブランディングして色々な仕事をやりたい!という気持ちが本気であるなら、ブログで1000円を稼ぐ覚悟をして、上記のように必要不必要、すなわち1日の中でのブログの優先順位(タスク)を極端に上げて、生活のあらゆることをエッセンシャルにして、ブログに時間を費やしましょう。

「忙しくてブログを書く時間がない」

じゃ、ブログで稼ぐことは諦めて、他のことをしましょう。

ブログで1000円以上稼いでいる人は、本気でブログのことを考えています。僕も。

だから、時間やお金や環境なんかのせいにして、自分の外にあることを「ブログを書けない問題」としてしまっているなら、もはやブログで稼ぐ以外のことについても、不満だらけの人生を送っていることでしょう。

つまりこれは、ブログに関わらず、あらゆることにおいても同様のことが言えます。何かで成功を勝ち得ている人は、本気でやってます。もちろん、楽しいから継続できるということでもあります。だから、ブログを書くのが僕のように楽しいと思えるなら、本気でブログを楽しむための環境を自分で作って、自分で自分自身を変えていきましょう

この方法はいつまでやればいいのか

ブログにいつまで時間を費やせば良いのか?という声が聞こえてきますので、僕なりの答えとしてお伝えしておきます。

ブログ記事が100を超えるまで続けてみよう

僕はこちらの記事『ブログ100記事書け!は正論。PVや収益以上に得られるモノとは?』でも書いていますが、とにかく100記事書きまくりました。すると、PV数(アクセス)が一気に上がり、それと並行してブログスキル(ライティングスキル、制作力、企画力、マーケティング力、リサーチ力など)が身についてきていました。

つまり、100記事ブログを書くことで、それだけの”文章量”をこなしてきた=ブログに時間を費やした結果、ブログのPVや広告収入(収益)もあがり、さらにブログスキルも身につく、なんとも一石二鳥以上の結果、成果を得られました。

だから、ブログの記事が100を超えるまで、死ぬほどブログに時間を費やして下さい。

しかし、無理をしろ!と言っているわけではありません。もちろん楽しくブログを書いていく必要があるので、たまには息抜きしてもいいと思います。しかしそれは、先程からご紹介している”1円を1000円にする過酷な方法”以外の時間を使って行って下さい。

いわば、ルーティン化しなければ、続くことも続きません。息抜きは、一度すると二度目もします。二度目もすると三度目もします。人は怠けようとする習性がありますので。そこもきちんと見極めた上で、本気でブログを書きましょう。

そもそもブログの書き方や文章術について、まだまだわからないことがあるというなら、コチラの記事『ブログ記事ライティング/書き方のコツ|もっと速く書ける文章術。5つのステップと2つのポイント』にブログの記事の書き方(ライティング術)について書いていますので参考に。

またコチラの記事『ブログを読まれるためにやるべき5つの基礎と書き方!意外に見落としがちな意識と設定について』に記事を投稿する上で気をつけたい5つのポイントについて解説しています。

これらを踏まえて100記事書けば、さらに広告収入は増えます。つまり、PV数(アクセス)も増えます。

最後に

  • 覚悟を持ってブログへ費やす時間を死ぬほど作れ

たったこの1つを実践すれば、あなたの個人ブログの広告収入は1円から1000円になります。

ブログは決してラクに稼げるワケではありません。でも、ブログを書くのが好きだったり、ブログが自分の好きなことなら、楽しく稼ぐことができます。

これはつまり、1円を100円にする、100円を1000円にする、1000円を10000円にする方法の”ブログで稼ぐはじめの一歩”だと考えることができます。あなたのブログの月額の収益が1円、もしくは数百円で伸び悩んでいるのならば、この記事を読み、実際にこの方法を実践するだけで、確実に収益がアップします。

ブログには適正というものはあるものの、才能なんて一切必要ありません。継続してブログに時間を費やせば誰だってできることです。そうすれば、確実に、着実にブログの広告収入は上がります。

僕はこのくらいブログに時間を費やしてブログ広告収入を1円から1000円にしました。もちろん、今ではそれ以上に稼いでいます。

ちなみに、先程ご紹介した”ブログに時間を費やした”は、先々ではブログを書く時間さえもどんどん早く書けるようになるので、さらに時間を確保することができます。つまり、ブログ運営に慣れてきたら、また趣味を再開したらいいし、テレビなんて見ても良いです。そのくらいの”余裕”が出てくれば、さらにあなたの広告収入は倍増していることでしょう。

以下に当ブログ「俺的デザインログ」の収益を全公開しています。ウェブサイト制作やデザイン案件、コンサルなどの収入以外の純粋なブログの広告収益のみですが、参考になると思いますので、缶コーヒー1杯を僕に奢るつもりでみて下さい。

ブログ収益全公開

というか、この記事を読みながら、テレビなんて見てませんか?そして「明日からやってみよう」って思ってませんか?

バカなのか?

ほら!すぐブログを書き始めよう!まずは、「ブログを100記事書きます宣言」の記事でもいいから。

あなたのブログの広告収入を増やす方法として参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

また、お会いしましょう。

ブログ運営におすすめサービス

  • あなたのWebに簡単に検索機能を追加する検索システム「サプラス
  • ブログを管理する、無料のオンラインポートフォリオ「ポートフォリオボックス
  • 2万人を超えるユーザーが選んだSEO対策のテンプレート「賢威
  • 誰でも簡単にで切る!ホームページ集客ツール「ferret One
  • もっと読みやすく、分かりやすく。文章の完成度を高めるライティングツール「文賢

ブログ運営に関するおすすめ本

はじめてのブログをワードプレスで作るための本

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

世界一やさしい ブログの教科書 1年生

ブログ記事の書き方究極のガイドブック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

blog-income-up-method-umg

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。