WordPress編|アイキャッチ画像とは?設定するだけでPVがUP!その効果と必要性を解説。

アイキャッチ画像の効果と必要性

ブログやメディアサイトで、アイキャッチ画像を設定する意味があるのか?

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。

どもども、デザインブロガーPEITAです。

 ▼この記事がおすすめな読者▼ 

  • WordPressでブログやメディアサイトを運営し始めたブログ初心者の方
  • 広報マーケティング担当になり、WordPressのサイトの記事を投稿しなければならなくなった方

 ▼この記事の内容▼ 

  • WordPressにおける「アイキャッチ画像の意味」と、その「効果と必要性」、そして「アイキャッチ画像の作り方」と「WordPress設定方法」も合わせてご紹介しています。

WordPressの記事のアイキャッチ画像は、読者のクリック率を高め、サイトのPVを上げるのに必要なんです!

アイキャッチ画像とは?

WordPressの記事(投稿)ごとに設定ができる「サムネイル画像」がアイキャッチ画像です。

以下の画像の赤枠の部分がアイキャッチ画像になります。

アイキャッチ画像を解説した画像

ブログサイトの記事の一覧表示の際に、記事ごとに設定されている写真や画像のことですね。

Youtubeで言えば、サムネイルということになりますので、以下の赤枠部分のことを、ブログやメディアサイトでは”アイキャッチ”と呼ばれています。

Youtubeサムネイルの画像

いわゆる、本や雑誌のように、ブログやメディアサイトの記事の”表紙”の役目のような認識で問題ないかと思います。

アイキャッチ画像の効果

ブログやメディアサイトのトップ画面や投稿一覧画面で、まず記事のアイキャッチに目が止まってしまいませんか?

アイキャッチ画像は、その記事やコンテンツの内容をひと目で読者に方向づける、もしくは記事の内容の簡易的なイメージを読者に持ってもらえるようにと、よりその記事のクリック率を上げる役目を果たしてくれています。

つまり 、記事ごとに設定されたターゲット=読者に注目させ、記事へのクリック意欲を引き出すことを目的とした画像イメージという言い方ができます。

すなわち ー

アイキャッチ画像を設定すると、PVが上がる

ということが、アイキャッチ画像の効果だと言えます。

アイキャッチ画像でクリック率UP

では、アイキャッチ画像を設定している場合と、設定していない場合を以下の画像で比べてみましょう。

ブログ記事アイキャッチ画像未設定の画像

こちらが記事のアイキャッチ画像を設定していない場合です。

ブログ記事アイキャッチ画像設定の画像

こちらが記事のアイキャッチ画像を設定している場合です。

いかがですか?

アイキャッチ画像が設定されている場合と設定されていない場合では、どちらの記事を読者の方はクリックする率が高いと思いますか?

ブログ記事アイキャッチ画像設定未設定を比較した画像

左記がアイキャッチ未設定、右記がアイキャッチを設定している記事です。こうやって比較するとわかりやすいと思います。

アイキャッチ画像が設定されている記事の方が、より記事の内容が自然に頭の中に入ってきて、「読んでみよう」という意識が湧き自然とクリックする確率が高くなると思いませんか?

そうなれば、先ほど書いたように「アイキャッチ画像を設定すると、PVが上がる」ということになるわけです。

ネット検索時は表示されない

以下のように、ブログやメディアサイトの記事は、ネット検索時には表示されていません。YouTubeなどの動画ならサムネイルが表示されます。

アイキャッチ画像ネット検索時非表示された画像

その記事をクリックすると、記事の中ではアイキャッチ画像が表示されていることが多いです。

アイキャッチ画像の必要性

SNSタイムラインの画像になる

先ほども説明した通り、アイキャッチ画像の効果としては「アイキャッチ画像を設定すると、PVが上がる」 とお伝えしたことも、アイキャッチの必要性という枠で考えられるます。

そして、それともう一つアイキャッチ画像の必要性という意味では、大変重要なことがあります。

それは、「FacebookやTwitterで”いいね”や”シェア”された時(拡散)のニュースフィードやタイムラインに表示される時のサムネイルになる」からです。

以下に、記事のアイキャッチを設定した場合と設定していない場合に「いいね」や「シェア」された時のFacebookでの表示形式をみてみましょう。

アイキャッチ画像を設定していない場合のFacebook表示の画像

アイキャッチ画像が未設定の場合は、このように表示されます。

アイキャッチ画像を設定していた場合のFacebook表示の画像

アイキャッチ画像を設定している場合は、このように表示されます。

いかがですか?

こちらもブログやメディアサイトの記事一覧のアイキャッチの設定未設定の場合と同じで、クリック率見栄えなんかも格段に違うことが分かると思います。

つまり、アイキャッチ画像の効果必要性は、どちらにせよ、設定していた方が、あらゆる面でメリットがあると言えます。

アイキャッチ画像を作る方法

以下の記事に、ブログやメディアサイトの「アイキャッチ画像の作成方法」を知りたいMacユーザーの方、アイキャッチ画像を簡単に作りたいMacユーザーの方に、アイキャッチ画像をMacのデフォルトアプリ「プレビュー」で簡単に作る方法を書いています。

Macのプレビューでアイキャッチ画像を簡単に作る方法のアイキャッチ画像

【関連記事】アイキャッチ画像をMacのプレビューでわずか5分で簡単に作る方法。初心者の方にも分かりやすく解説。 

アイキャッチ画像の設定方法

WordPressでブログやメディアサイトを運営し始めたブログ初心者の方、広報マーケティング担当になり、WordPressのサイトの記事を投稿しなければならなくなった方、WordPressでアイキャッチ画像の設定方法を知りたい方へ、WordPressでアイキャッチ画像を設定する方法と注意すべきことを書きました。

WordPressでアイキャッチ画像を設定する方法

【参考記事】WordPressでアイキャッチ画像を設定する方法を簡単解説!アイキャッチ画像の作り方とその効果もご紹介!

まとめ

いかがだったでしょうか?

だから、WordPressの記事のアイキャッチ画像は、読者のクリック率を高め、サイトのPVを上げるのに必要だと言えるんです!

ということで今回は、WordPressにおける「アイキャッチ画像の意味」と、その「効果と必要性」、そして「アイキャッチ画像の作り方」「WordPress設定方法」も合わせてご紹介致しました。

あなたの参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

また、お会いしましょう。

 ▼次にあなたにオススメする記事はこれ▼ 
 
記事を投稿する前にパーマリンクの設定方法のアイキャッチ画像

【関連記事】ブログ運営 WordPressで記事投稿前に忘れるな!パーマリンクを設定する方法とSEOとの関係や変更の仕方について。

ブログ運営クリックの画像クリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

アイキャッチ画像の効果と必要性

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA