Apple Watch series3レビュー|最高におすすめな文字盤はこれ!「Siri」はマルチタスク。

AppleWatchの文字盤「Siri」についての記事のアイキャッチ

AppleWatchを人生にフル活用するための最適な文字盤「Siri」がWatchOS4には搭載さています。

初めての方も、俺的デザインログを定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうざいます。

どもども、PEITAデザインブロガー@PEITA)です。

このブログは、UlyssesというMacOSアプリiOSアプリを使って執筆しています。また、このブログのWordPressのデザインテーマは、STORKを使用しています。

ということで今回は、Apple Watch Series3を所有している方にとにかくおすすめしたい最高の文字盤「Siri」の話です。

結論から言いますと、Apple Watch の文字盤「Siri」は非常に多機能&多表示のマルチタスクなので、非常に使いやすい最高の文字盤です。

AppleWatch関連の画像

文字盤のSiriとは?

AppleWatchseries3文字盤「Siri」の写真

この文字盤を使用すると、Siriが終日にわたってあなたに役に立つ情報をタイムリーに表示します。例えば、次の予定、リマインダー、または自宅までの交通状況などです。タップすると詳しい情報が見られます。Digital Crownを回してその日全体を通して見ることができます。

賢い秘書が手の上に

AppleWatch文字盤Siriと手首の写真

Apple Watch を使っている方は確実にデジタル派であると思います。スケジュール手帳やメモ帳、ペンなどは一切使わずに、iPhoneでほぼすべてのスケジュール管理やリマインダー管理などをされていると思います。

iPhoneですべてを完結していることと思いますが、そのiPhoneを手に取る前に、Apple Watch でまるっと以下のことが確認できます。

  • スケジュール予定
  • 期限を設定したリマインダー
  •  iTunesで再生中(停止中)の曲の情報(ジャケ写あり)
  • 今日と明日の天気(現在の天気/最高最低気温など)
  • 設定しているアラーム/ストップウォッチ/タイマー

これらはすべて自動的にApple Watch の文字盤「Siri」に目的を持った上で表示されていますし、音声アシスタントSiriを起動すれば、それらすべての追加設定などAppleWatchだけで完結できます。

他の文字盤よりもマルチタスク

他の文字盤は、カレンダーやリマインダー、ミュージックなどいわゆる用途別にそれぞれ切り替えて使う必要があったんですが、この文字盤「Siri」では、ほぼすべてのApple Watch の機能全般が快適に使えるようになっています。

しかも、文字盤「Siri」の説明文にあるように、「あなたに役に立つ情報をタイムリーに表示」と謳われているように、「Siri文字盤は、ユーザーの状況をいろいろと判断し、マシンラーニングでどんな情報が必要とされるのかを必要として表示する」という解釈が公称で発表されています。

つまり、”今””次”というこちら側の用途を先読みして、必要な情報をApple Watch の文字盤に表示してくれるということです。

つまり、Apple Watch の文字盤「Siri」の特徴は、様々なデータソースを表示できる!というところです。

文字盤「Siri」の設定

AppleWatch文字盤Siriの設定方法の写真
  1. iPhoneのAppleWatchアプリをタップ
  2. 画面UIの【文字盤ギャラリー】をタップ
  3. 文字盤「Siri」をタップして【追加】する

Apple Watch 上でもカスタマイズ可能

文字盤「Siri」カスタマイズ

AppleWatch文字盤Siriカスタマイズの写真
  1. iPhoneのAppleWatchアプリをタップ
  2. 画面の【マイ文字盤】にある「Siri」をタップ
  3. コンプリケーション【左上】【右上】にそれぞれで設定
  4. データソースもスクロールでオン・オフをそれぞれで設定

データソースの設定は、AppleWatchにインストールされているアプリによって機能する数は変動しますが、基本は、オフ/Siri/アクティビティ/アラーム/カレンダー/ストップウォッチ/タイマー/バッテリー/ホーム/マップ/ミュージック/メール/リマインダー/リモート/ワークアウト/株価/気象状況/月の位相/呼吸/心拍数/世界時計(各国)/天気/電話/日の出日の入り/日付/友達を探すなど、かなり多くのアプリをコンプリケーションとして選択することができます。

Apple Watch 上でもカスタマイズ可能

最後に

AppleWatchの写真

いかがでしたか?

Apple Watch の文字盤「Siri」は非常に多機能&多表示であり、Siriというだけあって、他の文字盤よりも賢い情報を教えてくれます。

ミッキーマウスやアナログ表示の文字盤、トイ・ストーリーやエフェクトのかかった文字盤……そんなの使うのはやめて、今回紹介した非常にスマートな文字盤「Siri」を使うことで、Apple Watch で人生をより効率的にしてみませんか?

マルチタスクである文字盤「Siri」を試していないApple Watch ユーザーはぜひ使ってみて下さい!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

では、またお会いしましょう。

 関 連    Apple Watch series3 セルラーモデル開封レビュー&購入方法を紹介! 

 関 連   Apple Watchのバンド「スポーツループ」はつけ心地と機能性抜群。【組み合わせ使用レビュー】 

 

AppleWatch関連の画像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

AppleWatchの文字盤「Siri」についての記事のアイキャッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA