Apple Watch Series 3 Cellularと初代のデザインやスペック比較。

AppleWatchデザインスペック比較のアイキャッチ

「お前、最近太ったな。」

初めての方も、俺的デザインログを定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうざいます。

どもども、PEITAデザインブロガー@PEITA)です。このブログは、UlyssesというMacOSアプリiOSアプリを使って執筆しています。また、このブログのWordPressのデザインテーマは、STORKを使用しています。

WordPressのテーマのSTORKについては、以下の記事にも詳しく書いていますので、合わせてお読み下さい。

»» WordPressおすすめテーマ「STORK(ストーク)」にブログサイトデザインを変更。テーマ変更前に必ずやるべき(注意)2つのこと。

»» ブロガー必見WordPressテーマ!STORK(ストーク)でPV&収益UP! 

では本題へ。

今回は、以下の記事でも書いていますが、Apple Watch Series 3 GPS+Cellularモデル購入したので、所有中の初代Apple Watchとのデザインスペック違いについて、ご紹介致します。

初代からの買い替えを検討している方は、デザインはさておき、スペック的には買い替え時ですよ!

»»Apple Watch series3 買う理由。初代の3つの不満で購入を決意!

»»Apple Watch series3 セルラーモデル開封レビュー&購入方法を紹介!

»»Apple Watch series3 Cellularモデルの魅力紹介&ドコモで予約ゲット! 

AppleWatch関連の画像

初代とseries3の違い

デザインについて

AppleWatchseries3と初代のデザインの違いの写真

見る限り全く同じデザインです。

では、どこがどう変わったのか?というところをご紹介していきます。

デジタルクラウンの色

AppleWatchseries3と初代のデザインの違いデジタルクラウンの写真

上記の画像は、左が初代Apple Watchで右がApple Watch Series 3 GPS+Cellularモデルです。

デジタルクラウンの中央部分が赤色カラーリングされています。

これは、Apple Watch Series 3 GPS+Cellularモデルのデジタルクラウン部分のみの仕様となっていますので、Apple Watch series3のGPSモデルではボディと同色になります。

Apple Watch Series 3 GPS+Cellularモデルではなく、GPSのみのモデルは初代のApple Watchのようにデジタルクラウンは同色となります。

簡単に言うと、セルラーモデルGPSモデルかを分けるためのというだけのようです。

しかし、このデジタルクラウンが赤色の場合は、少しグレードが高いApple Watchを所有している!というくだらないアピール&所有欲にもなりますね(笑)

背面(裏蓋)に変化あり

Apple Watch 背面裏蓋デザインの写真

上記の画像は、左が初代Apple Watchで右がApple Watch Series 3 GPS+Cellularモデルです。

パッと見る限り、明らかにデザインの違い(パーツ)がお分かり頂けると思います。

初代Apple Watch(左)の背面には、ワイヤレス充電コイルと「光電式容積脈波記録法 (フォトプレチスモグラフィ)」と呼ばれる手法の心拍数センサーがあります。

反面、Apple Watch series3(右)には、ワイヤレス充電コイルと「光電式容積脈波記録法 (フォトプレチスモグラフィ)」と呼ばれる手法の心拍数センサーに加え、Qi端末(チー)に対応するために初代から変更されている仕組みです。

Qi端末(チー)とは?

Qi(チー)とは、ワイヤレスパワーコンソーシアム(Wireless Power Consortium; WPC)が策定したワイヤレス給電の国際標準規格である。参照元|Qi (ワイヤレス給電) – Wikipedia

Qi端末(チー)については、こちらの記事にも書いていますので、合わせてお読み下さい。

»» iPhone X,Apple Watch,AirPodsがワイヤレス充電!AirPowerで未来が始まる。

技術仕様に変化あり

AppleWatch初代とseries3の大きさの違いの写真

上記の画像は、左が初代Apple Watchで右がApple Watch Series 3 GPS+Cellularモデルです。

マイク穴が1つから2つになっているのと、スピーカーの大きさが若干大きくなっているのと……

「お前、最近太ったな。」

初代よりもスリム化するとかいう問題じゃなくて、厚みが増してますよね?

「ディスプレイの進化とは、ディスプレイサイズが大きくなること」であるのに対して、「ボディの進化とは、ボディサイズがスリム化されること」という偏見をお持ちの既婚男性36歳です。

初代Apple Watch、三代目にして「太る」という進化を遂げました。

もちろんバッテリーの容量が増えたことに起因することだと思いますが、バッテリー持続時間は変わっていません。

初代とseries3のサイズ表

モデル 初代 38mm 初代 42mm series3 38mm series3 42mm
38.6mm 42.0m 38.6mm 42.5mm
33.3mm 35.9mm 33.3mm 36.4mm
厚さ 10.5mm 10.5mm 11.4mm 11.4mm

初代Apple Watchの38mmサイズ

  • : 38.6 mm
  • : 33.3 mm
  • 厚さ: 10.5 mm 

初代Apple Watchの42mmサイズ

  • : 42.0 mm
  • : 35.9 mm
  • 厚さ: 10.5 mm

初代Apple Watchのボディの厚みは、両方とも「10.5mm」となっています。

series3の38mmサイズ

  • 縦:38.6 mm
  • 横:33.3 mm
  • 厚さ11.4 mm

series3の42mmサイズ

  • 縦:42.5 mm
  • 横:36.4 mm
  • 厚さ:11.4 mm

series3のボディの厚みが、初代と比べて約0.9mmサイズアップしています。

微々たるものだけれど、ほんの些細なサイズアップだけれど。

それってどうなの?!

装着してみると……

AppleWatchseries3装着している写真

初代と比べても、違和感ないやん(笑)

多少の厚みは増しているけれど、特に問題ないようです。←なんだそれ。

デザイン変更なしのメリット

大まかなデザインについては、初代のApple Watchからほぼほぼ変化なしということで、面白みに欠けてしまうところですが、とは言えこのApple Watchのデザインは元々洗練されたものですので、あえてデザインを変える必要もないと思っています。

デザインの変化がないということは、初代からの各シリーズすべてにおいて、純正のバンドなどのアクセサリー、サードパーティ製のアクセサリーをそのまま使用することができるというメリットもあります。

それだけでも、余計な出費がいらないので助かりますよね。

初代とSeries 3のスペック比較

モデル Apple Watch Series 3
GPS + Cellularモデル
Apple Watch Series 3
GPSモデル
Apple Watch Series 1
(2017年モデル)
ディスプレイサイズ
  • 272 x 340ピクセル(38mm)
  • 312 x 390ピクセル(42mm)
ディスプレイ
  • 第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ
  • 2倍の明るさ(1,000ニト)
  • 感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ
  • (450ニト)
保護ガラス
  • サファイアクリスタル(ステンレススチール/セラミックケース)
  • Ion-Xガラス(アルミニウムケース)
  • Ion-Xガラス(アルミニウムケース)
  • Ion-Xガラス(アルミニウムケース)
CPU
  • S3チップデュアルコア 
  • S1Pチップ デュアルコア
ワイヤレスチップ
  • W2チップ
ストレージ容量
  • 16GB
  • 8GB
Siri
  • 話せるSiri
  • 文字でのSiri
GPS
  • GPS、GLONASSおよびQZSS
センサー
  • 気圧高度計
  • 心拍センサー
  • 加速度センサー
  • ジャイロスコープ
  • 環境光センサー
  • 心拍センサー
  • 加速度センサー
  • ジャイロスコープ
  • 環境光センサー
ワイヤレス通信
  • LTE、UMTS
  • Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
  • Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
Bluetooth
  • Bluetooth 4.2
  • Bluetooth 4.2(2017年モデルで4.0から4.2に)
耐水性能
  • 50メートルの耐水性能
  • IPX7耐水防沫性能
裏蓋
  • セラミック
  • 複合材
  • 複合材
バッテリー 最大18時間

 

際立つseries3のスペックアップ

  • 2倍の明るさ(1,000ニト)
  • S3チップデュアルコア 
  • W2チップ
  • 16GB
  • 話せるSiri
  • 気圧高度計
  • 単体でセルラーに対応(LTE、UMTS)
  • 50メートルの耐水性能

明るさについてはそれほど視覚的には変わりはないようですが技術的に明るくなっているのは助かりますね。

チップのスペックアップはもちろんですが、。メモリが16GBに増えたことで、iPhoneと連動しているアプリをゴリゴリとインストしやすくなりましたね。

セルラーモデルになったこことでSiriさんとも話ができるようになり、ライフハックの相棒がいつも腕にいる感覚に慣れたいですね。

そして、生活防水程度から50メートル耐水性になり、水仕事や雨、そしてシャワーなんかの時など、片時も外すことなく、寝るまで一緒。

もちろん、バンドの素材や種類のよっては外さなければならないので、今後のAppleWatchの高級志向はほぼなくなっていくでしょうね。

「Apple Watch=腕時計の」所有欲ではなく、「AppleWatch=生活を快適にするデバイス」という部分にパラサイトする計画でしょうから。

まとめ

  • 見る限り全く同じデザイン
  • デジタルクラウンの中央部分が赤色カラーリング
  • デザインの違い(パーツ)
  • 初代と比べて約0.9mmサイズアップ
  • アクセサリーをそのまま使用することができる
  • 2倍の明るさ(1,000ニト)
  • S3チップデュアルコア 
  • W2チップ
  • 16GB
  • 話せるSiri
  • 気圧高度計
  • 単体でセルラーに対応(LTE、UMTS)
  • 50メートルの耐水性能

このように、初代Apple WatchとApple Watch Series 3 GPS+Cellularモデルでは明らかにスペックアップしてますし、デザインはそのままで最高なので、初代からの買い替えを検討している方、Apple Watchを買おうか悩んでいる方、今が買い替え時かもしれません!

非常に満足度の高い製品になっています。

そもそも俺が初代のApple Watchを買って、使い続けていますので、なにわともあれ最高のライフツールであることは間違いありません。

あなたの1日の中の「時間、通知、アクティビティ、通話、連絡、音楽など」あらゆるモノゴトの生産性効率的になるはずです。

今回は、以下の記事でも書いていますが、Apple Watch Series 3 GPS+Cellularモデル購入したので、所有中の初代Apple Watchとのデザインスペック違いについてご紹介させて頂きました。

初代からの買い替えを検討している方は、デザインはさておき、スペック的には買い替え時ですよ!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

では、またお会いしましょう。

Apple Watch series3関連の以下も合わせてお読み下さい。

»»Apple Watch series3 買う理由。初代の3つの不満で購入を決意!

»»Apple Watch series3 セルラーモデル開封レビュー&購入方法を紹介!

»»Apple Watch series3 Cellularモデルの魅力紹介&ドコモで予約ゲット! 

AppleWatch関連の画像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

AppleWatchデザインスペック比較のアイキャッチ

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。