iPhone X,Apple Watch,AirPodsがワイヤレス充電!AirPowerで未来が始まる。

ワイヤレスが作る未来は、人の命を守ることにつながる。

いつも俺的デザインログを読んで頂き、ありがとうざいます。

どもども、デザインブロガーPEITAです。

このブログは、UlyssesというMac,iPhone,iPadアプり(MacOSアプリ、iOSアプリ)を使って執筆しています。

Appleは、2017年9月13日AM:2:00(日本時間)より開催したApple special eventで、iPhone発売10周年を記念するiPhoneXを発表しました。

iPhoneXについての発売日や大まかなスペックのポイント、さらにはiPhoneX買うか?買わないか?というところ、そして新機能のFcae IDデザインディスプレイフロントカメラ背面カメラ(12MP)についても、それぞれくわしく記事にしていますので、合わせてお読み下さい。

 CHECK  ▶  AppleがiPhoneX発表!発売日やデザイン、スペックの抑えておきたいポイント。どうなの?買う買わない?

 CHECK  ▶ Apple iPhone X搭載の顔認証「Face ID」の機能とは?買う前に知っておくべきことのすべて。

 CHECK  ▶ Apple iPhone Xを買う理由は、圧倒的なデザインとディスプレイにある。 

 CHECK  ▶  iPhoneXのフロントカメラでポートレート撮影。驚愕の進化を遂げた機能と性能のすべて。

 CHECK  ▶ iPhone XのCPUである「A11 Bionic」のずば抜けた性能は、Macを超える。

ワイヤレスとは、そのまま訳すと”無線”ということです。つまり、ワイヤレス=コードなしということなんですが、これについては赤外線リモコンや携帯やスマホの通信(ネットワーク)についても、ワイヤレスということが言えるわけです。そして、人間でいうところの”以心伝心”も、機械的に言えば”ワイヤレス”でしょう。

ということで今回は、”iPhoneX(アイフォーン テン),Apple Watch,AirPodsが、ワイヤレスに充電ができるようになった”こと、そしてそれによる”メリット・デメリット”について、俺的見解を交えつつ、ご紹介致します。

まず、iPhoneXを動画で

ワイヤレス充電

画像元|Apple

どうしたらワイヤレスな世界のためのiPhoneを作れるか。私たちの答えは、ヘッドフォンや先進的なネットワーク接続といったワイヤレステクノロジーをもとに、簡単なワイヤレス充電を生み出すことでした。iPhone Xのガラスでできた背面と効率的な充電システムの組み合わせにより、これからはiPhoneを置くだけで充電できるようになります。

引用元|Apple

Apple製品のワイヤレス専用の充電器【AirPowerマット(2018年登場予定)】に、iPhoneやApple Watch、AirPodsなどのApple製品を、画像のように”置くだけで充電できる”ようになります。

あらゆる場所で充電できる

より多くの人により多くの場所でワイヤレス充電の便利さを体験してもらいたい。だからiPhone Xは、ホテル、カフェ、空港、車などによく置いてあるQi規格のワイヤレス充電器に対応しています。Belkinとmophieからも、iPhone Xのために作られたワイヤレス充電器が新たに2つ登場します。

引用元|Apple

Qi規格とは、ワイヤレス給電の国際標準規格のことを言います。(参照|ウィキペディアより)つまりこれは、世界基準のワイヤレスの充電方法というわけです。だからもちろん、いかなるワイヤレス充電(給電)方式よりも、安心であると言えると思います。

AirPower

画像元|Apple

驚くほど薄く、洗練された新しいAirPowerマットを使えば、複数のデバイスをワイヤレスで充電できるようになります。デバイスを一か所に固定する必要もありません。最新のiPhone、Apple Watch、AirPodsなどの対応するデバイスを3つまで、マットの表面上のどこにでも置くだけで同時に充電できます。

引用元|Apple

つまり、”ワイヤレス充電”を可能にするには、それ専用の製品である”AirPower”を買わなければならないということです。

俺は、Apple Watch、AirPodsも愛用してますし、iPhone Xも購入予定ですので、絶対にこの”AirPower”も、当然買います。

ワイヤレス充電のメリット

充電する際の手間が減る

iPhoneやApple Watch、AirPodsなどのワイヤレス充電対応の製品を、それ専用の製品である”AirPower”の上に、ポンと置くだけ簡単手間いらず。つまり、iPhoneの充電コネクタと充電ケーブルの抜き差しをする手間がなくなるわけです。

本当に些細なことかもしれませんが、その”手間”を省くことで生まれる恩恵は、言葉では表せられない深い至福をもたらすことでしょう。

ケーブルの収納に困らない

充電ケーブルには充電コネクタ(先端部分)があります。当たり前ですが、充電コネクタがケーブルの先端部分にあることで、充電ケーブルのそのもの収納に難がありまよね。

例えばそれが、「机の片隅に垂れ下がっていたり」、「テーブルの下に落ちていたり」、「ベッドの枕元にグネグネと転がっていたり」など、充電していない状態の充電ケーブルは”放置プレイ”であることがほとんどだと思います。

それにともない、充電ケーブル類の収納グッズは色々とありはしますが、やはり”収納する”という概念が発生してしまいます。

要は、だらしない状態にどうしてもなってしまいがちだと思います。

その点、ワイヤレス充電=”AirPower”は、収納するという概念ではなく、そこに”置いておく”、つまり”どこかに配置”するということになります。

充電ケーブルのコネクタ部分(先端)がマットの形状になっているんですから、まさか「机の上から垂れ下がらせたり」、「テーブルの下に落としていたり」、「ベッドの枕元に転がしておく」なんてことはまず考えないでしょうし、そんなことしないでしょう。

マットの形状になっているものは、どこかに”配置”せざる負えなくなるのが人の心情ではないでしょうか。それはもちろん、インテリアや小物のように”配置”するということが、自然なことですよね。

ということは、これまでの”だらしない状態”は自然となくなり、充電コネクタの収納に困るという事自体がなくなるという素晴らしいことが起こります。

ワイヤレス充電のデメリット

場所を取ることになる

いくらワイヤレス充電になったからと言っても喜んでばかりはいられません。マットの形状をした”AirPower””置く場所”を、デスクやテーブルなどに確保しなければなりません。

先ほど書いたワイヤレス充電のメリットである”配置”することでのメリット、それが逆にデメリットでもあると考えられ、一長一短であるともいえます。

充電中の操作は置いたままに

ワイヤレス充電と言っても、いつでもどこからでもワイヤレスで充電できるわけではなく、単にコードがなくなっただけであって、特定のモノ(”AirPower”)、つまり”特定の場所”で充電をしなければなりません。

ということは、従来(充電ケーブルをiPhoneに挿す)のように充電したままiPhoneを使う場合は、”AirPower””置いたまま操作しなければならない”ということになります。

例えば、ベッドに寝転がりながら、Youtubeですごーく面白い動画を観ているあなた、もしくはゲームですごく楽しく遊んでいるあなた、そんなあなたのiPhoneの画面に突如表れるこんなポップアップ……

iPhoneのディスプレイ画面に”バッテリーが少なくなってます”

あなたは「あっ!充電やば!充電しながら観よう!」と思い、充電コネクタをiPhoneに挿そうとした瞬間、気づくのです。

「あっ、ワイヤレスやん!置いたまま観れるかな……」

解決方法は、ワイヤレスではない充電ケーブルを備えておく、またはマットの形状した”AirPower”とiPhoneを一緒に持つ……ということになってしまいます。(笑)

まとめ

あなたの周りに、充電(電力)が必要な機器やデバイスなどで、すでに”ワイヤレス充電”ができるものはありますか?

さすがにワイヤレスに充電できるものって、それほど多くはないのが現状だと思います。

”ワイヤレスで充電する”ということについて、そしてメリット・デメリットについても書いた通り、それは一長一短であることかもしれません。

そもそも、”AirPower”にはコード(コンセントを使う)がついてるから、iPhoneと充電機器がワイヤレスになっただけであって、実際のところそれがワイヤレスと言えるのか?などなど、多方面の観点から考えてみると、騙されているようにも思えたりします。

しかし、それは”新しい未来の始まり”なんです。

その”革新的な技術”こそ、今を生きる人類にとっての繁栄であるということが言えると思います。

もちろん、ハイテクノロジーが本当に未来を救うのか?という疑問符もあるし、ハイテクノロジーによって蔑ろにされてしまうことだってあります。しかし、そういったテクノロジーの進化は、車の自動運転、ブレーキアシストしかり、iPhoneのワイヤレス充電、それらは少なからず”人の命”を守ることにつながり、”生命の終焉に対しての抵抗”を体現するものであると俺は考えています。

俺は、この”ワイヤレス充電”にすごく高揚していますし、”ワイヤレス充電”の恩恵は、とても計り知れないことだと思っています。

早く使ってみたいです。

しかし、ワイヤレス充電機器である”AirPower”は、2018年発売だそうです。

iPhoneXと同時発売ではないことに、腸煮えくり返りそうになりますが、慌てず騒がず、発売を心待ちにしておきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

では、またお会いしましょう。

  追記  「iPhoneXのすべてがここに」

iPhoneXのすべての記事のアイキャッチ

俺的デザインログで書いた、iPhoneXの情報が詰まった記事を総まとめにしてみました。

その他のiPhone関連の記事についても、以下のアイコンをクリック(タップ)して、合わせてお読み下さい。

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

 

iPhoneX関連商品

iPhoneXについては、ケースなどがいくつか販売されていますので、本体を手に入れる前にCHECKしておくことをおすすめします。とは言え、俺は絶対的にApple純正のシリコンケースをオススメしますよ。

その理由を記事にしていますので、合わせてお読み下さい。

 CHECK  Apple iPhoneX,iPhone8シリーズ発売!その前に、iPhone7やApple純正シリコンケースのレビュー【まとめ記事】前編。

 CHECK  ▶     Apple iPhoneX,iPhone8シリーズ発売!その前に、iPhone7やApple純正シリコンケースのレビュー【まとめ記事】後編。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA