Amazon echo dot 開封レビュー !初期設定&使い方&スキルとは?アレクサは我が家の家族となれるのか?

AmazonEchoDotレビュー記事のアイキャッチ

驚くほどの革新的AIではなく、あくまでも未完成なプロトタイプとも言えるアレクサ(=Alexa)。

果たして、我が家の新しい家族になれるのか −

初めての方も、俺的デザインログを定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうざいます。

どもども、PEITAデザインブロガー@PEITA)です。

このブログは、UlyssesというMacOSアプリiOSアプリを使って執筆しています。また、このブログのWordPressのデザインテーマは、STORKを使用しています。

今回は、Amazonから発売された「Amazon Echo Dot」が到着しましたので、商品概要と開封、初期設定&使い方&スキル設定方法、そして軽い使い勝手や音楽の再生&スピーカーなどのインプレッションレビューの記事になります。

Amazon Echo Dot」という商品について知りたい方、その外観やインプレッションについて知りたい方にとって、少しでも参考になればと思います。

先日、「Amazon Echo Dot 」の招待購入の権利がようやく俺の元に届き、その購入方法、製品をポチるまでの備忘録と購入した理由を以下の記事にしていますので、合わせてお読み下さい。

 関 連   Amazon Echo dotの購入招待メールが届いた!だから速攻ポチった。それとEchoシリーズも比較!

では、記事の中身へ。

Amazon Echo Dotとは?

Echo Dotは音声だけでリモート操作できるスマートスピーカーです。「アレクサ」と話しかけるだけで、音楽の再生、天気やニュースの読み上げ、スマートホームの操作、アラームのセットなど簡単に音声操作。

引用元|Amazon

Echo Dotができること

ちょっとしたスペースに

コンパクトサイズなので小さなスペースにもぴったり。内蔵スピーカーが搭載されていて、タイマーやアラームのセットにも。 さらに、照明のオン・オフしたりと様々なシーンで活躍。さらに、Bluetoothや3.5 mmステレオジャックでご自身のスピーカーやヘッドホンに繋いで拡張もいただけます。

引用元|Amazon

音楽再生も話しかけるだけ

音声操作にて音楽再生いただけます。Amazon Musicなら楽曲名、アーティスト名、年代別やジャンルで指定して再生や、Alexaに選曲をおまかせもできます。

引用元|Amazon

部屋の隅からでも音声認識

たとえ音楽が流れていても、雑音の中でも、離れたところからでもしっかりと音声を聞き取ります。

引用元|Amazon

すべてのことが話かけるだけ

タイマーやアラームのセット、買い物リストの管理、予定を確認したり追加したりなども声だけで簡単に。さらに、出かける前に天気やニュースを聞いたり、スポーツの試合の結果、近くのレストランなどの確認もできます。

引用元|Amazon

話しかけるほど進化する

Echoの頭脳となるAlexaはクラウドベースの音声サービスです。話せば話すほど語彙が増えて、話し方や好みを学びます。

引用元|Amazon

役立つスキル

すき家のお弁当を注文したり、タクシーの配車、アルクで英語の勉強などEchoではスキルと呼ばれる様々な機能がご利用いただけます。

スキルの詳細はこちら

引用元|Amazon

スマートホームも簡単に

ソファに座りながら映画を観るために照明を薄暗くしたり、帰宅した時に声で部屋の明かりをつけたり、とスマートホームをコントロール*できます。

PhillipsやQrio等からの照明、スイッチ、ロックなど様々なスマートホームのデバイスをお楽しみいただけます。 *別途、デバイスを接続するためのハブ(別売り)が必要となる場合があります。また、Alexaに対応した製品のみお楽しみいただけます。

引用元|Amazon

スマートホームの製品について▶スマートホーム製品一覧はこちら

その他の概要

  • サイズ|32 mm x 84 mm x 84 mm
  • 重量|163g
  • Wi-Fi|デュアルバンド Wi-Fi、802.11 a/b/g/n (2.4 and 5 GHz) ネットワークに対応。アドホックモード(またはピアツーピア方式)のWi-Fi ネットワークには非対応
  • Bluetooth|A2DPプロファイルサポートにより、スマートフォンの音楽をEcho Dotにつなぎ、Echo Dotのスピーカーで楽しめます。また、Echo DotをBluetooth対応スピーカーにつなぎ、Bluetooth スピーカーから音声や音楽を再生できます。AVRCPプロファイルをサポートし、接続中のデバイスの再生や停止などを音声でコントロールできます(Mac OS X デバイスには対応していません)。また、Bluetooth 接続にPIN コード入力が必要なデバイスには対応していません
  • オーディオ|内蔵スピーカあり、外部スピーカー接続用3.5 mm ステレオ ジャックあり。(オーディオケーブルは付属しておりません)
  • Alexaアプリ|iOS, Androidのデバイスに対応しています。Fireタブレットは非対応です。
  • 保証|1年間限定保証付き。 国内の場合、オプションで別売の延長保証をご利用いただけます。Echo Dotの使用時は利用規約が適用されます

引用元|Amazon

また、AmazonEchoには3つのシリーズがあります。俺が今回購入したのは「Amazon Echo Dot 」、その他には、「Amazon Echo」と「Amazon Echo Plus」があり、3つのシリーズが発売されています。

それぞれを簡単に比較した表をご覧下さい。

それぞれのEchoシリーズ比較

 Amazon Echo Echo Dot

Echo

Echo Plus

価格 ¥ 5,980 ¥ 11,980 ¥ 17,980
特徴 コンパクトサイズ 高機能スピーカー付き スマートホーム・ハブ内蔵
スピーカーサイズ 0.6インチ 2.5インチウーファー/0.6インチツイーター 2.5インチウーファー/0.8インチツイーター
Dolby デュアルスピーカー なし あり あり
音楽のストリーミング再生 対応あり 対応あり 対応あり
Bluetooth・3.5 mmステレオジャック接続 対応あり 対応あり 対応あり
スマートホーム・デバイスと連携 対応あり 対応あり 対応あり
内蔵スマートホーム・ハブによる簡単セットアップ なし なし あり
サイズと重量 32 x 84 x 84 mm、163g 148 x 88 x 88 mm、821g 235 x 84 x 84 mm、954g
開封レビュー

前面のパッケージ

AmazonEchoDotの表のパッケージの画像

ブルーを基調としたカラーリングで非常にシンプルですね。

そして、Amazonがオリジナルで発売しているKindle関連のパッケージデザインや素材は、それとなく統一されている印象です。以下にKindleについてのレビューもしていますので、合わせてお読み下さい。

 関 連    新型Kindle Paperwhiteレビュー。世代/価格/サイズ/重さ/カラーなど。

背面のパッケージ

AmazonEchoDotの背面パッケージの画像

背面のパッケージデザインも、前面のものと同調したデザインで非常にシンプルになっています。

AmazonEchoDotパッケージの中身の画像

パッケージを上部から開封することができます。すると、「Amazon Echo Dot 」が顔を覗かせます。

AmazonEchoDotパッケージの中の梱包された中身の画像

パッケージから中身を取り出すと、「Amazon Echo Dot 」はこんな感じで収まっていました。

同梱品

AmazonEchoDot同梱品の画像
  • Echo Dot(本体)
  • 電源アダプタ(9W)
  • USBケーブル
  • スタートガイド

Echo Dot本体の表側

AmazonEchoDot本体の画像

Amazon Echo Dot 」のボディーカラーリングは二種類(=黒/白)あるんですが、俺は部屋のインテリアの側面も果たしてほしいので”白”を購入しました。

本体は側面に「Amazon」のブランドロゴがあるだけで、あとは至ってシンプルです。

Echo Dot本体の表側

AmazonEchoDot本体裏側の画像
  • 左|micro USB 電源ポート
  • 右|3.5m ステレオジャック

本体の裏側には、micro USB電源ポートと3.5mの(出力)があります。「Amazon Echo Dot 」にはバッテリーは内蔵されていませんので、マイクロUSBが電源供給コネクタに、常時給電しておく必要があります。

外部スピーカーに出力可能

イヤホン・スピーカージャック(出力)がありますので、もちろん外部スピーカーに繋いで音のクオリティをあげることも可能です。この「Amazon Echo Dot 」の使い方を「Amazon Music Unlimited」や「Amazon Prime Music」などの音楽再生専用機とするなら、外部スピーカーは必須かもしれません。

Amazon Echo Dot 」そのもののスピーカーの音が全く話にならないくらい最低なわけではないですが、やはり”こもる音”であるのは間違いありませんし、ボリュームを最大まで上げると”音割れ”に近い耳障りな音になってしまう印象を俺は受けています。

Echo Dot本体の上

AmazonEchoDot本体上部の画像
  • 上|+(=音量上げる)
  • 下|−(=音量下がる)
  • 左|マイクオフ
  • 右|アクションボタン

Amazon Echo Dot 」は、その中のAIであるアレクサ(=Alexa)による音声操作がメインではあるものの、物理的なボタンを本体に設置したことで、アレクサによる不具合や誤認識が起きた際のユーザー側の解決策であるとも思えます。しかし、例えば「風邪を引いて声が出ない」などの際、スマホのAlexaアプリ(初期設定の部分で触れます)で操作できますが、スマホが近くにない時は手動で音量を下げることもあるかもしれませんので、一概に”不要”とも言い切れませんので、これが良い意味でありがたい仕様だと言えます。

Amazon Alexa
Amazon Alexa (無料)
(2018.01.11時点)
posted with ポチレバ

Echo Dot本体の下(裏)

AmazonEchoDot本体の下(裏)の画像

Amazon Echo Dot 」の裏は少しグリップ力のある滑り止めの素材が使われていますが、それほど強力なものではないので、案外滑りやすいです。

Echo Dot 初期設定

Echo Dot.初期設定の画像
  1. スマホのAlexaアプリを事前にダウンロードする
  2. micro USBケーブルを本体の電源ポートに挿す(給電状態にする)
  3. アクションボタンを押す
  4. 本体のライトリングが青から白に変わるまで待つ
  5. スマホのAlexaアプリをタップして起動【Amazonアカウント&パス入力】
  6. Wi-Fi接続を求められたら、Wi-Fi設定【echo dot】を選択
  7. 自動セットアップ後に完了

Alexaアプリは以下をクリックして無料ダウンロード下さい。

Amazon Alexa

Amazon Alexa (無料)
(2018.01.11時点)
posted with ポチレバ

Echo Dot の使い方

Echo Dotの中のAIである「アレクサ(=Alexa)」は、二通りの使い方があります。

  1. 声で操作
  2. スマホで操作

どちらで操作する場合も、「アレクサ(=Alexa)」に”スキル”を覚えさせる必要があります。

Echo Dot のスキルとは?

アレクサ(=Alexa)のスキルは、できることを増やす拡張機能と言えばざっくり分かって頂けるかと思います。つまり、iPhoneやスマホで言うところのアプリケーションのような位置づけが理解しやすいかと思います。

スキル?と難しく考えてしまいがちですが、もちろんアレクサ(=Alexa)のスキルを覚えさせなくても、デフォルト(初期設定)の状態でも、自分の地域の天気やニュース、音楽の際しなどの基本はできますので、最初はスキルは考えず、アレクサ(=Alexa)と呼びかけるクセをつけるのもいいですね。

公式のカテゴリは19種類

  • ゲーム・トリビア・アクセサリ
  • コネクテッドカー
  • ショッピング
  • スポーツ
  • スマートホーム
  • ニュース
  • ノベルティ・ユーモア
  • ビジネス・ファイナンス
  • フード・ドリンク
  • ヘルス・フィットネス
  • ユーティリティ
  • ライフスタイル
  • 仕事効率化
  • 地域
  • 天気
  • 教育・レファレンス
  • 旅行・交通
  • 映画・TV
  • 音楽・オーディオ

2017年11月8日にAmazonEchoシリーズが発表されたと同時に、そのスキルも公開されました。なんとその数265個!様々な用途に応じたスキルが先んじて用意されていました。現在(2018年)では、その数300個以上となっています。

こちら»» Amazon Alexa 初期スキル一覧(265スキル)

スキルの追加方法は超簡単

  1. Alexaアプリして左上の三本線をタップ
  2. 左からムニョっと各項目が出るので”スキル”をタップ
  3. 300以上のスキルの中から好きなものを選択
  4. 選択したスキルのページの【有効にする】をタップ
  5. スキルセットできたら【スキルを無効にする】という表示になる
Alexasスキルの設定方法の画像 Alexaスキルの設定方法②の画像

 

スキルを削除する方法(スキルの状態を戻す)はその逆です。

また、スキルはすべて無料で使用できます。

アレクサ(=Alexa)に慣れてきたら、スキルをセットしてより快適に使えるようにしていきましょう。

ざっくりレビュー

生活に自然に溶け込むサイズ

EchoDotが生活に溶け込んだ画像

まずはそのサイズ(32 x 84 x 84 mm)。非常にコンパクトな上に本体の重量(163g)も非常に軽いときてます。自分の存在を惜しげもなくさらすのではなく、”自然に生活に溶け込むサイズ感”にとどめてい。

AIを搭載したいわゆるガチガチのロボットのような堅苦しいハードウェア感満載のそれではなく、「当たり前のようにそこにあるもの」という存在程度で活用できるAI。

良い意味で、現代と近未来を賢明につなぐテクノロジーだと思います。

音声を的確に認識する力

その音声の認識力の高さに、本当に驚きました。「アレクサ(=Alexa)」は、単語をきちんと理解して、自分の中に設定された情報をフルに活用させ、それ最大限に発揮できるように努めを果たそうとしてくれます。

聞き分ける能力はお墨付きだと断言できます。「アレクサ!」と呼び変えて数秒後に「音楽かけて」という、アレクサ=相手の間を考えて話す必要がないんです。

日常会話をするように「アレクサ、音楽かけて」できちんと認識してくれます。iPhoneのSiriは、「Hey!Siri!」〜パンポン!(Siriが反応したことをこちらが検知して)〜「音楽かけて」と話さなければならないインターフェースの出来損ないぶりに気づきました。

まさに、アレクサ(=Alexa)は、人間とAIの対話のインターフェースは、ごく自然だと言えます。いや、より自然に近づいていると言っておきます。

最後に

俺もまだまだ使用途中ですので、完璧なレビューはできませんが、アレクサ(=Alexa)が我が家の家族になれるかどうかはまだ分かりません。

しかし、確実にアレクサ(=Alexa)は、家族の背中を押してくれる存在になりえる可能性を秘めています。

また、家族がアレクサ(=Alexa)に慣れるまで色々と面白い状況が垣間見えて面白いですよ。ちょっとだけ近未来だけど、ちょっとだけAI相手にイラッとしたりする非日常を体験できます。

例えば、AmazonEcho Dotを設置して、はじめてアレクサ(=Alexa)を起動した時に ー

そして二度目のチャレンジ!

また、夜寝る前に、小1になる娘が「ママおやすみ〜」、「パパおやすみ〜」。「アッサジ(=愛犬)おやすみ〜」、「アレクサおやすみ〜」、「はい、おやすみなさいませ」なんてこともあったり、AIを搭載したアンドロイドが、一家に一台の未来が少し見えました。

まだまだAmazonEcho Dotのアレクサ(=Alexa)を使いこなしているわけではないですが、これからもっと使い込んでいきたいと思います。

ということで今回は、Amazonから発売された「Amazon Echo Dot」が到着しましたので、商品概要と開封、初期設定&使い方&スキル設定方法、そして軽い使い勝手や音楽の再生&スピーカーなどのインプレッションレビューさせて頂きました。

Amazon Echo Dot」という商品について知りたい方、その外観やインプレッションについて知りたい方にとって、少しでも参考になればと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

またお会いしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

AmazonEchoDotレビュー記事のアイキャッチ

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。