fig_main

光の質にこだわったデスクライト(LED)。目に優しい「BenQ WiT MindDuo」。

BenQ-WiT-MindDuo-article-thumbnail
auが話題の機種など割引中!新規&機種変なら今!
auオンラインショップ

ソフトバンクのスマホが大幅値下げ!
ソフトバンクオンラインショップ

ドコモがiPhone XSやその他スマホを値下げ中!
ドコモオンラインショップ

デスクライトを選ぶ時の基準は「価格」じゃなくて「光」だということを忘れていませんか?

今回は、学習や読書に最適な広域導光ルーパーを搭載した上質な光を僕らに届けてくれる「親子デスクライト BenQ WiT MindDuo LED デスクライト スタンドタイプ」を導入したので、実際に使用した感想のレビューをお届け。


この記事の目次

結論!親子デスクライト(LED)なら目に優しい「BenQ WiT MindDuo」!

BenQ-WiT-MindDuo-home-image

光のバランスとデザインの両方に優れたデスクライト

おすすめなところ

  • 優しい光っで目をできるだけ守れる
  • 状況に応じてデスクライトの角度調整できる
  • 子供の勉強や読書をより良い環境でできる
  • 光の使い分けでリラックスと集中力を上げられる
  • 本体の熱がほぼない

おすすめできないところ

  • デスクライトに高いお金を払いたくない
  • デスクライトの光にまったくこだわりがない
  • デスクライトは部屋のインテリアの一部だから色を選びたい

では、以下に詳しく解説していきます。

親子デスクライト(LED)の目に優しい「BenQ WiT MindDuo」とは?

デスクライトで大切なのは「あかり」

BenQ-WiT-MindDuo-4

暗い照明や眩しい光は目を疲れさせ、学習や読書に集中できなくなります。しかし、「親子デスクライト BenQ WiT MindDuo」は、 BenQ独自開発の「広域導光ルーバー」により、目が嬉しい光の環境をつくりだします。 これにより、頭をすっきりさせ集中力があがることでやる気にも自然とスイッチが入ります。

柔らかな光に包まれた特別な空間では、自然に集中力がスイッチオン

BenQ-WiT-MindDuo-2

直線的だったLEDの光をふんわりとしたバランスの良い光に設計

ライトをつけると、心地よい光が広がり、 自然に勉強や読書といった自分の世界に没頭することができます。

2017年グッドデザイン賞受賞

「長年にわたり見られなかった卓上照明器具の革新であり、 広角の曲面設計のほかに、調整可能なLEDも上方の円型回転台上でスムーズに動作し、 センシング技術の運用に自動調光が加わり、子供たちの目に対する優しい配慮も見られる。」(引用:審査委員の評価 グッドデザイン賞のHPより抜枠)

独自の「導光ルーバー」を採用しLEDの光をさらに進化させた

BenQ-WiT-MindDuo-5

導光ルーバーによる光の反射角度は高精度に計算

光源の配置と明るさも緻密に配光されているので、 まぶしさを感じさせない、均一な光を実現することができました。

最適な光量を表示

内蔵センサーが周囲の明るさを測定し、 ヘッド部のダイヤルが色で現在の光環境をお知らせします。 このインジケーターにより、簡単に快適な光環境を整えることができます。

照明範囲が広く、目の負担が少ない

BenQ-WiT-MindDuo-6

ライトヘッドはコンパクトですが、照明は広範囲で95cmもあります。 机の隅々まで照らすことができるため、文字は見えやすく、勉強や作業の効率もアップします。

光を「リラックス」=「集中力」と切り替えられる

BenQ-WiT-MindDuo-7

無段階調色機能により、覚醒効果のある白い光も、リラックスできる心地よい電球色も、自分で選ぶことができます。ライト一つで集中できる環境を提供します。

親子デスクライト「BenQ WiT MindDuo」の製品仕様

スタンドタイプとクランプタイプの2種類

BenQ-WiT-MindDuo-3
  • スタンドタイプ(画像左)
  • クランプタイプ(画像右)
 
MindDuo

クランプタイプ

スタンドタイプ

照度

2000 Lx(中心直下、高さ40cm)
2000 Lx(中心直下、高さ40cm)
光源部
2700K電球色~ 6000K白色、Ra>80

2700K電球色~ 6000K白色、Ra>80

電源

100〜240V AC、50〜60Hz
100〜240V AC、50〜60Hz

消費電力

18W(最大)
18W(最大)

充電USBポート

5V、1A
5V、1A

サイズ

38cm x 47cm x 32cm
38cm x 47cm x 32cm

本体素材・材質

アルミ、ポリカーボネート
アルミ、ポリカーボネート

本体重量

1.2 kg
3.4 kg

クランプ

厚さ60mmまで対応

では次に、お伝えしてきた「親子デスクライト BenQ WiT MindDuo」の特徴を踏まえて、一般的なデスクライトとどのように違うのか?について解説していきます。

親子デスクライト(LED)の目に優しい「BenQ WiT MindDuo」とは一般的な照明製品との違いは?

照明範囲の広さが格段に違う

Lighting-comparison

一般的な製品(画像左)は、照明範囲が狭く、目に負担がかかりやすい。しかし、BenQ MindDuo(画像右)の照明範囲は95cmとかなり広範囲に照らしてくれます。

光の眩しさがまるで違う

Reflected-light-comparison

一般的な製品(画像左)は、紙質によって反射光が発生する場合がありますが、BenQ MindDuo(画像右)は、無段階調整光機能により反射光を低減することができます。

多重影のバランスが違う

Multiple-shadow-comparison

一般的な製品(画像左)は、集中の妨げにもなる多重影ができてしまう場合がありますが、BenQ MindDuo(画像右)は、バランスが取れた光なので多重影ができにくく、集中を妨げるリスクを軽減してくれます。

可動範囲は全く違う

Range-of-movement

一般的な製品(画像左)は、可動範囲が2ヶ所ほどと狭いんですが、BenQ MindDuo(画像右)は、五ヶ所も可動範囲があり、高さや位置を自由に調整することできるので、状況や環境に合わせての使い勝手がものすごく良いんです。

このような違いに加え、以下の充実した機能も搭載してまいます。

高機能であり多機能なデスクライト

  • マジックスイッチ。手をかざすだけで点灯/消灯できます。
  • USB充電ポート搭載。デジタル教材などを使うときに便利です。
  • プリセット閲覧モード。デジタル閲覧モードと読書モードが選択できます。
  • 自動で点灯/消灯。人感センサーの働きで、ライトに近づくと自動的にON。
  • 無段階調光・調色:照度(最大) 2000 Lux、色温度2700~6000K。

一般的なデスクライトと「親子デスクライト BenQ WiT MindDuo」がどのように違うのか?についてお分かり頂けたかと思います。

実際に僕は、デスクライトの導入を検討した結果、これらの事を踏まえ「親子デスクライト BenQ WiT MindDuo」を導入しました。

では次に、実際に「親子デスクライト BenQ WiT MindDuo」のセットアップ方法をご紹介します。

【セットアップ】親子デスクライト(LED)の「BenQ WiT MindDuo」

BenQ-WiT-MindDuo-setup-image

上記の写真が、セットアップしたアフター写真になります。ドライバーやボルトなどは全く必要ないので、誰でも簡単に組み立てることができます。実際に僕が箱から取り出して組み立てるまで1〜2分といったところでしょうか。

BenQ WiT MindDuoの同梱品

BenQ-WiT-MindDuo-Bundled-items
  1. BenQ WiT MindDuo 本体
  2. 説明書と使用の手引き
  3. 電源とプラグ
  4. スタンド/台

ではそれぞれを解説していきます。

BenQ WiT MindDuo 本体

BenQ-WiT-MindDuo-body

このように折り畳まれて梱包されています。すぐにでも伸ばしてしまいたいところですが、ここで注意しなければならないことがあります。

BenQ-WiT-MindDuo-body-attention

上記の写真の中央部分いある【☓】をよく見てみると、伸ばさないで!というイラストが書かれています。ボディ自体は垂直に伸びるようですが、ボディに沿って線もあるので、まさか引きちぎれることはないにしても、線の内部で脱線が起こる可能性もあるので注意して下さい。

説明書と使用の手引き

BenQ-WiT-MindDuo-Instructions

分厚い説明書はなくとてもシンプルにまとめられ、直感的に操作することを指南しています。

電源とプラグ

BenQ-WiT-MindDuo-Power-cord

電源部分とプラグ部分は分離しています。なぜ分離しているのかと最初は疑問に思いましたが、デスクライトをセットアップする際にあることに気づきました。それは「何かの拍子に電源プラグに足やモノが引っかかった場合に、電源とプラグがスルッと分離する」ようです。

Deskright-plug

上記の写真のように、要はデスクライトの本体がその勢いで机などからの落下防止や破損のリスク回避をするための予防策のようです。ちょっとした気使いと配慮が、その他の製品との違いがみえます。

スタンド/台

BenQ-WiT-MindDuo-stnad

台になる部分は非常にシンプルになっています。ライト部分のデザインと統一されているので無駄な装飾は一切なく、とても好感が持てます。

BenQ WiT MindDuoをセットアップ

スタンド/台にデスクライト本体の末端部分を差し込む

BenQ-WiT-MindDuo-setup-2

デスクライトの末端部分のメス側に、台のオス側を差し込むだけ。また、裏側にネジがありますのでそれを回してしっかり固定しましょう。ビスで固定していないと、持ち運ぶ際にスポッと抜けやすいので注意が必要です。

電源コードをデスクライト本体裏に差し込む

BenQ-WiT-MindDuo-setup-3

デスクライトの裏に、電源コードの差し込み口(電源入力)がありますので差し込みましょう。

たった2つのステップで簡単にセットアップができる

BenQ-WiT-MindDuo-setup-image

はい、これで完成です。たったこの2つのステップでセットアップができます。

では次に実際に「親子デスクライト BenQ WiT MindDuo」の使い方を解説いたします。

【使い方】親子デスクライト(LED)の「BenQ WiT MindDuo」

BenQ-WiT-MindDuo-setup-4

デスクライトの電気をつけたり消したりする時

BenQ-WiT-MindDuo-Turn-off-Turn-on

上記の写真(赤枠)の部分に、手をかざすと電気がつき、もう一度手をかざすと消灯となります。

真っ暗な場合は、見つけられないかも?と心配な人は「人感センサー」をオンにしておきましょう。

デスクライトの電気を人感センサーでつけする時

BenQ-WiT-MindDuo-Human-Sensor

デスクライトの頭頂部分の裏側に、物理的な人感センサーのオン・オフ切り替えスイッチ(赤色部分)があります。それをオンにしておけば、デスクライト付近で何らかの動きをした時に人感センサーが反応してオンになります。オフにする時は、先程の手をかざして消します。 

では次に、「明るさ」=明るくする↔暗くする、色温度=昼光色(白い光)↔電球色(暖かい光)切り替える(調整する)方法をお伝えしておきます。

「明るさ」「色温度」を切り替える時はデスクライトの頭頂部分をクリック

BenQ-WiT-MindDuo-rotary

頭頂部分(赤丸部分)ワンクリックで調整モード「明るさ」「色温度」を切り替えることができます。

緑色の場合は「明るさ」の調整

BenQ-WiT-MindDuo-right-image
  • 明るさ調整モードの状態
    右に回すと明るくなり左に回すと暗くなる

クリックした時に、このようにデスクライトの頭頂部分が緑色になっている時は「明るさ」の明暗を調整できるモードです。そのまま頭頂部分をクルクルと左右に回して明るさを調整します。

レインボー色の時は「色温度」の調整

BenQ-WiT-MindDuo-Adjustment-mode
  • 色温度の調整モードの状態
    右に回すと「昼光色」 左に回すと「電球色」

クリックした時に、このようにデスクライトの頭頂部分がレインボー色になっている時は「色温度」「昼光色」「電球色」を調整できるモードです。そのまま頭頂部分をクルクルと左右に回して色温度を調整します。

デスクライトの使い方はお分かり頂けたでしょうか。

では次に、実際に「親子デスクライト BenQ WiT MindDuo」の使用レビューをお届けします。

【レビュー】親子デスクライト(LED)の「BenQ WiT MindDuo」

注目レビュー写真の撮影環境

以下の写真は、僕が愛用しているSONYα7ⅢでISOを少し調整したプログラムモードで撮影した撮って出しの写真です。明るさなどは一切加工していません。

集中力を研ぎ澄ます「昼光色」はどうか?

昼光色」の明暗を一番暗くした場合

BenQ-WiT-MindDuo-Review

これが集中力を研ぎ澄ます「白い光」になります。デスクライトの設定は、一番暗くしています。では、次に「昼光色」をさらに明るくしてみます。

昼光色」の明暗を一番明るくした場合

BenQ-WiT-MindDuo-Brightness-Max

上記の写真のように明るくする時は、デスクライトの頭頂部分をクルクルと回転させることにより調整できます。

明るさを比較してみると ―

Brightness-comparison

写真でもわかるように、その明るさの調整範囲は広く、実際に日中などで使用する場合でも、光の微調整ができました。

リラックスすることができる「電球色」はどうか?

注目レビュー写真の撮影環境

以下の写真は、僕が愛用しているSONYα7ⅢでISOを少し調整したプログラムモードで撮影した撮って出しの写真です。※部屋の電気はつけた状態です。

電球色の色は落ち着く

Color-temperature-bulb-color

こちらは電球色の写真。ふんわり包み込まれるような色なので、公称どおりにとてもリラックスできます。

Color-temperature-daylight-color

こちら先程紹介した「昼光色」。

読者や勉強、パソコン作業によって使い分けると良い

Color-temperature-comparison

上記の写真のように、昼光色(左)電球色(右)を使い分けて、実際に本を読んでみました。本を読む環境は人それぞれですので、好みによって使い分けることもできます。

僕は実際に読書の時に電球色(右)を使っていましたが、やはりBenQ独自開発の「広域導光ルーバー」により、目が嬉しい光の環境を体験すると、もはや普通のデスクライトには戻れませんね。

また、心地よい光が広がり、 自然に勉強や読書といった自分の世界に没頭することを考えた光は、日常的に使っていたそれとは明らかに違いました。それほど電気の色や明るさなどは気にしていなかったんですが、いざこうして質の良いデスクライトを使ってみると、目からウロコ状態というか、生活自体の質もグッと引き上げてくれました。

デスクライトの光の使い方はリラックスと集中力の使い分けに欠かせない

Color-temperature-comparison-2

日頃から僕たちは、iPhoneやスマホを見る時間が長く、それだけ目に向かってくる光を浴びています。

僕はこの「親子デスクライト BenQ WiT MindDuo」を使ってみて、改めて日常の光について考えるようになりました。照らされるよりも、照らす側の品質を上げるだけでこれほどまでに集中力リラックスさえも高まることを感じました。

角度や高さ調整の幅がかなり広い

Desk-light-high-low

一般的なデスクライトでは高さや低さの可動がほぼありません。しかし、この「親子デスクライト BenQ WiT MindDuo」は上記の写真でお分かりの通り、かなり広範囲で角度調整ができます。

照明範囲は95cmとかなり広範囲な上にこれほどまで角度や高さを調整することができるので、同じ場所で親子一緒に使うことができました。

USBポート搭載でiPhoneの充電もできる

BenQ-WiT-MindDuo-usb-port

親子デスクライト BenQ WiT MindDuo」には、USBポートが搭載されています。つまり、iPhoneやスマートフォン、iPadやタブレットの中でもできてしまいす。

BenQ-WiT-MindDuo-usb-port-2

このUSBポートが意外と便利!かゆいところに手が届くというか、あると非常に助かります。僕も実際、写真のようにiPhoneを充電するのに使っています。

では最後に改めて結論として、これまでのレビューを踏まえ、「親子デスクライト BenQ WiT MindDuo」をおすすめできるポイントやおすすめできないポイントの両面からご紹介しておきます。

結論!親子デスクライト(LED)なら目に優しい「BenQ WiT MindDuo」

こんな人におすすめなデスクライト

BenQ-WiT-MindDuo-Deskright

優しい光っで目をできるだけ守りたい

これはまさしく費用対効果と言えると思いますが、どうしても他のデスクライトに比べて割高にはなっています。家電量販店などで売っているデスクライトは、とてもおしゃれで安いものばかりです。しかし、デスクライトの本質の部分である「光」に関して、どうしても価格以上のものは出ません。

その点こちらの「親子デスクライト BenQ WiT MindDuo」なら、高機能や高スペックでありつつ、目に優しい「光」の効果が期待できます。

長時間の勉強や長時間のデスクワークなら絶対に目に優しい「光」の方が目の負担や疲れも違ってきます。

作業に集中できるデスクライトが欲しいならおすすめです!

状況に応じてデスクライトの角度調整をしたい

先程のレビューでもお伝えしましたが、「親子デスクライト BenQ WiT MindDuo」は広範囲に角度や高さを調整することができます。

広いスペースやデスクの広さに応じて角度や高さを調整できることは非常に使い勝手が良いです。

デスクや使う場所に応じて角度や高さを調整したいならおすすめです。

子供の勉強や読書をより良い環境できるデスクライトが欲しい

こちらの、「親子デスクライト BenQ WiT MindDuo」には、BenQ独自開発の「広域導光ルーバー」により、均一な光を実現できるので、目が嬉しい光の環境を作りだし、かつセンシング技術の運用に自動調光が加わり、子供たちの目に対する優しい配慮がなされています。

子供の目の負担、そして消し忘れ(人感センサー使用時)なども解消され、それこそゲームや読書などにも目に優しい「光」になっています。

子供の目の疲れや負担をできるだけ避けたいならおすすです。

光の使い分けでリラックスと集中力を上げたい

「リラックスしたい」のにいつも昼光色のデスクライトで読書をする、または「集中したい」のにいつも電球色のデスクライトで勉強しているなど、状況に応じて光の使い分けができない状況で困っているなら、先程のレビューでお伝えした通り、光の使い分けができる親子デスクライト BenQ WiT MindDuo」はおすすです。

心からリラックスもできるし、グッと集中力を発揮できる「色温度」を調整できれば鬼に金棒です。

本体の熱がほぼない

一般的なデスクライトって、長時間使っていると本体が結構熱くなりませんか?でも、この「親子デスクライト BenQ WiT MindDuo」は熱くないです。

ガンガンに熱くなってしまうデスクライトの下で勉強なんてできますか?

熱もない安全な環境で勉強や読書をしたいならおすすめです。

逆にこんな人にはおすすめしない

デスクライトに高いお金を払いたくない

親子デスクライト BenQ WiT MindDuo」は一般的なデスクライトよりも価格が高いですので、光について全く気にしない!それよりも価格だ!と言う人にはおすすめしません。

デスクライトの光にまったくこだわりがない

デスクライトの光は、ただ光っていればそれでいい。そんな方にはおすすめしません。

デスクライトは部屋のインテリアの一部だから色を選びたい

親子デスクライト BenQ WiT MindDuo」の色は「ホワイト」のみなので、カラーバリエーションはありませんのでおすすめできません。

まとめ

BenQ-WiT-MindDuo-home-image

光のバランスとデザインの両方に優れたデスクライト

この「親子デスクライト BenQ WiT MindDuo」は非常に優れたデスクライトであることはお分かり頂けたでしょうか?

実際に僕も導入してみて、非常に快適に使っています。デザインもさることながら、「光」によってここまで気分が違うとは実際に使うまでは半信半疑でした。でも、それは確信に変わりました。

「目に優しいデスクライトはないか?」

と悩んでいるなら、迷わず「親子デスクライト BenQ WiT MindDuo」をおすすめします。

ということで今回は、学習や読書に最適な広域導光ルーパーを搭載した上質なあかりを僕らに届けてくれる「親子デスクライト BenQ WiT MindDuo LED デスクライト スタンドタイプ」を導入したので、実際に使用した感想のレビューをお届けしました。

あなたのデスクライト選びの参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

次にご紹介する記事は、デスクライトにこだわるなら、パソコンのサブモニターやディスプレイにもこだわりを持ちませんか?

次におすすめの記事

32インチのモニターの4Kを買うならおすすめ!高コスパのViewSonicブランド!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

バナー

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



LINE@でお得な情報を得よう!

PCサイズ-LINE@-バナー

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

BenQ-WiT-MindDuo-article-thumbnail

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。