MacBook Pro キーボードカバーのおすすめ!薄型&保護力で選ぶなら【moshi Clearguard】

MacBook-Pro-Clearguard-thumbnail

キーボードを普段のタイピングでの擦れや外的な汚れから守るカバー。

今回は、Touch Bar搭載MacBook Pro(MacBook各シリーズ含む)のキーボードカバーである「moshi Clearguard MB with Touch Bar」をご紹介致します。

このキーボードカバーを使えば、お使いの MacBook Proなどを超薄型 ClearGuard キーボードプロテクターで保護すれば、手指の脂分が付着せず、食べ物のかすをこぼしても、キーボード自体を汚すこともないので安心です。


キーボードカバーの必要性

良い点・メリット

  • 手垢や手汗などの汚れがついても安心
  • 飲食物などの汚れがついても安心
  • ホコリがキーボードに隙間に入らない
  • キートップの印字の擦れを心配しなくて済む
  • キーボードタイピングの音を小さくしたい(静音)

悪い点・デメリット

  • 見た目などのデザイン性が損なわれる
  • タイピングが多少は打ちにくくなる
  • 本体の発熱に多少影響する可能性がある

結論|キーボードカバーの必要性

キーボードカバーのメリット・デメリットを考えた上で、以下の2つのいずれかに当てはまるかによって、キーボードカバーの必要性を判断すると良いと僕は思います。

キーボードカバーが必要(いる派)

  • キートップを綺麗(万一の水濡れ予防)に使うことを優先したい方

キーボードカバーは不要(いらない派)

  • キータッチの快適性(タイピング)を追求したい方

補足として

そもそもキーボードに飲食物をこぼしたりした場合、キーボードよりも本体の心配が懸念されます。本体のことを考えての最悪なリスク管理を行うならば、キーボードカバーも保護として使うことはありだと思います。

では、キーボードカバーの結論が出たところで、キーボードカバーが必要だ!という結論に至った方は、僕がおすすめする「moshi Clearguard MB with Touch Bar」についてチェックしてください。

あなたのキーボードカバー選びのひとつの答えとして参考になります。

キーボードカバー moshi Clearguard

moshi-Clearguard-Product

お使いの MacBook Pro(MacBook含む)を超薄型 ClearGuard キーボードプロテクターで保護すれば、手指の脂分が付着せず、食べ物のかすをこぼしても大丈夫です。

大半のシリコン製キーボードプロテクターよりも薄い約0.2mmの厚さのClearGuard は透明度がきわめて高く、貼付するとほとんど見えなくなるため、バックライトが一層映えるようになります。

引用元:moshi

キーボードカバー 5つの特徴

  1. キーボードとタッチバーを食べかすや飲み物のこぼしから保護
  2. 高精度の成型でより優れた感度を提供
  3. 環境に優しくて強度のある熱可塑性素材
  4. 厚みはシリコンカバーより薄いわずか約0.1mm
  5. 高透明度素材でバックライト付きキーもクリアに表示

高耐久エンジニアリング グレード

moshi-ClearGuard-Feature

高耐久エンジニアリング グレードの熱硬化性ウレタンを用いて高精度成形製造されているため、指の動きに正確に反応します。

極めて薄いキーボードの為、キー入力している間にカバーがずれてこないように、目立たないライン状の粘着材で浮きを防止します。 薄型ながら十分な強度を持っているため、繰り返し洗うことができ、清潔に保つことができます。

キーボードカバー 貼付方法

Keyboard-cover-pasting-method
  1. ClearGuard 下面の接着面から青い裏紙をはがす
  2. ClearGuard を、お使いの MacBook のキーボードの上に置き、キーの位置を合わせる
  3. パッケージから押し付け紙を取り外す
  4. 押し付け紙を使って接着面上を滑らせると貼付が完了

キーボードを洗う/お手入れ方法

お手入れの4ステップ

  1. 適度に濡れた布に中性食器用洗剤を少量る
  2. その布でClearGuardの表裏を優しく拭く
  3. ClearGuardの表裏を水洗い
  4. ClearGuardをティッシュペーパーなどの上に置き自然乾燥

お手入れ時の2つの注意

  1. ClearGuardを拭く際や洗う際には、無理に力を入れない
  2. 石けんで洗わない

対応機種/モデル

Clearguard MB with Touch Bar (JIS)

  • MacBook Pro 13インチLate 2016(TouchBarモデル)日本語キーボードモデル
  • MacBook Pro 13インチMid 2017(TouchBarモデル)日本語キーボードモデル
  • MacBook Pro 13インチMid 2018(TouchBarモデル)日本語キーボードモデル
  • MacBook Pro 15インチLate 2016 日本語キーボードモデル
  • MacBook Pro 15インチMid 2017 日本語キーボードモデル
  • MacBook Pro 15インチMid 2018 日本語キーボードモデル

対応モデルの商品をチェックしてみる

Clearguard MB with Touch Bar (US)

  • MacBook Pro 13インチLate 2016(TouchBarモデル)英語US配列キーボードモデル
  • MacBook Pro 13インチMid 2017(TouchBarモデル)英語US配列キーボードモデル
  • MacBook Pro 13インチMid 2018(TouchBarモデル)英語US配列キーボードモデル
  • MacBook Pro 15インチLate 2016 英語US配列キーボードモデル
  • MacBook Pro 15インチMid 2017 英語US配列キーボードモデル
  • MacBook Pro 15インチMid 2018 英語US配列キーボードモデル

対応モデルの商品をチェックしてみる

製品登録による延長保証

About product warranty

基本は製品保証1年

  • 製品をご登録いただくと、保証期間が1年以上に延長される

製品の登録で2〜3年保証

  • moshi.com/registerで製品をご登録いただくとMoshi の電子製品、オーディオ、ケーブル、アダプターの 保証期間がご購入日からの保証期間が 3年間
  • バッテリーとバッテリーケースは保証期間が 2年間の保証

規定された条件で限定永久保証

  • moshi.com/register で製品をご登録いただくと、限定永久保証に規定された条件の下で、 Moshi のバッグ、ケース、プラスチック製フィルムプロテクターが限定永久保証の適用対象となる

いずれも、登録が確認されますと、store@moshi.com から「ご登録いただき誠にありがとうございます」のメールが お手元に届く。

この時点で永久保証が有効になったものと見なされる。上記各製品の延長保証には 通常の1年間保証と同じ規定・制限事項・免責事項が適用される。

最後に

というこで今回は、Touch Bar搭載MacBook Pro(MacBook各シリーズ含む)のキーボードカバーである「moshi Clearguard MB with Touch Bar」をご紹介致しました。

このキーボードカバーを使えば、お使いの MacBook Proなどを超薄型 ClearGuard キーボードプロテクターで保護すれば、手指の脂分が付着せず、食べ物のかすをこぼしても、キーボード自体を汚すこともないので安心です。

キーボードカバーが必要だ!という結論に至った方は、僕がおすすめする「moshi Clearguard MB with Touch Bar」について、あなたのキーボードカバー選びのひとつの答えとして参考にしてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。またお会いしましょう。

All Source:moshi

次はこちらの記事『MacBookを使いこなすなら!初心者が最初に読むべき本!入門書3選!』で、あなたのMacBook Proを使いこなすために必要な入門書をチェックしてください。

MacBook Pro関連の記事についてはコチラへ。

MacBook関連の記事はコチラへ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

MacBook-Pro-Clearguard-thumbnail

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA