YouTubeで最新情報を動画でお届け!

YouTube-check-Thumbnail

AirPodsとAirPods 2の違いを徹底的に比較レビュー!買うならどっち?

AirPods-AirPods-2-違い-記事-アイキャッチ
iPhone 11シリーズを買うなら今!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、2020年3月に発表予定の新型iPhone発売前に、iPhone11シリーズお得に安く買えるプランを用意しています!

今が買いです!新規MNPするなら今!

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

注目iPhone8が激安
ドコモなら一括3.6万円!

Amazonで買い物するなら登録しないと損!

CMなどで話題沸騰中のAmazon PRIME ビデオが見放題のプライム会員は、月額たった500円で、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです!

登録めちゃお得!
Amazon プライム会員になる

iPhoneやiPadには欠かせないワイヤレスイヤホン「AirPods」だが、新型が発売されたことにより、初代と第2世代との「性能や機能の違い」が気になるところ。

そこで今回は、AirPods(初代)とAirPods 2(第2世代)とを比べて(比較)してどこがどう変わったのか?その進化(変化)の違いを解説します。

あなたがどちらのAirPodsを購入しようかと悩んでいるなら参考になるはずです。

その旧型と新型のAirPodsのどちらを買う方がおすすめなのか?という結論をまずはお伝えしておきます。

イシハラ
当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

YouTubeではAppleの最新情報やガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報動画でお届けしています!

読者の皆様、そして初めての方も!

ぜひ チャンネル登録 宜しくお願いします。


この記事の目次

AirPods(初代)とAirPods 2(第2世代)を買うならどっちがおすすめなのか?

結論|絶対にAirPods 2(第2世代)を買った方が良い

AirPods 2 イメージ

当たり前のことを言うようですが、新型を買う方が絶対におすすめです。その理由はたったひとつ!以下にサクッと解説します。

初代AirPodsよりもAirPods 2(第2世代)を買った方が良いたった1つの理由(大幅に進化したポイント)

「Siri」を起動する方法が進化した

初代のAirPodsでは、「Siri」を起動させるためには”ダブルタップ”する動作が非必要だった。しかし、第2世代のAirPods 2では、「Hey Siri」と声をかけるだけ起動できるようになった。

これは、AirPodsを普段の生活のライフツールとして使っている僕としては最高のメリットになる。要は、”両手がふさがっている状態でもAirPodsを使える”ということになります。ダブルタップしようにも、ランニング中やワークアウトの際には、ダブルタップする時に一瞬ではあるが、体の動作を止める必要があるし、食器洗いなどの家事をする上で、手が濡れている場合はなかなかダブルタップが上手くいかずに、シャッフル再生時に聴きたくもないアーティストの曲を止む無く聴かなければならないという状況に陥りやすい。

その点、「Hey Siri」と声をかけるだけ起動できるのであれば、ダブルタップをする際に体の動きを止める必要もないし、手が濡れている場合なども関係ない。

”両手がふさがっている状態でもAirPodsを使える”ということは最大の特徴になります。

もちろんその他にも体感できないほどの進化を見せている部分もあるが、体感できないほどなのでここでの購入のポイントとしては割愛します。

ではこの理由を踏まえ、初代AirPodsとAirPods 2(第2世代)の価格を見てみましょう。

初代AirPodsとAirPods 2(第2世代)の価格の違いは?

初代AirPodsの価格/定価は17,800円(税別)

AirPods 2(第2世代)の価格/定価は22,800円(税別)

その価格差は約5,000円。その価格の差を考えても、AirPodsを生活の利便性を上げるライフツールにするなら”両手がふさがっている状態でもAirPodsを使える”ということは最大のメリットになりますので、AirPods 2(第2世代)を買うことをおすすめします。

ではその結論に至る理由として、AirPods(初代)とAirPods 2(第2世代)とを比べて(比較)どこがどう変わったのか?その進化や変化の違いを詳しく解説していきます。

初代AirPodsとAirPods 2(第2世代)の違いを徹底比較/どこが変わったのか?

デザインや形状を比較

本体のデザインに全くの変化はなし

「AirPods」の初代と第2世代では全くと言っていいほどデザインの変更はありません

バッテリーケースのデザインの仕様が変更なだけ

ただバッテリーケースのみ変化があります。その変化とは、初代AirPodsはケースの内側に充電ランプが配置されていましたが、AirPods 2(第2世代)では、ケースの前面に配置されています。

AirPods-デザイン-イメージ 2

充電ランプ(ケース中央部分の緑のランプ)の配置(左:AirPods 2|右:初代AirPods)により、ケースの見た目が少しだけ違いがあります。これはつまり、ケースの蓋を開けずに目視で充電残量や充電中だということを確認できるというメリットがあります。

搭載されているチップ(CPU)

AirPodsのチップ

  • Apple W1チップ

W1チップとは?
「AirPodsのこのような驚きはすべて、専用に設計されたAppleのW1チップがもたらします。このチップは接続とサウンドの質を向上させるために、極めて効率の良いワイヤレス接続を生み出します。さらにW1チップは非常に優れた方法でバッテリー駆動時間を管理するので、1回の充電で5時間聴き続けることができます。」

引用元|Apple 

AirPods 2のチップ

  • Apple H1ヘッドフォンチップ

 H1ヘッドフォンチップとは?
まったく新しいApple H1ヘッドフォンチップ。デバイスとのワイヤレス接続がさらに速くなり、さらに安定した理由です。使うデバイスの切り替えは最大2倍高速、電話の通話への接続は1.5倍高速になりました。Siriを声で起動できるのも、ゲームでのレイテンシが最大30パーセント低減したのも、このH1チップを搭載したから。

引用元|Apple 

AirPods 2(第2世代)に搭載された H1ヘッドフォンチップは、冒頭の結論でお伝えした通り、”両手がふさがっている状態でもAirPodsを使える”という進化をもたらしているので初代との最大の違いになります。

連続再生時間を比較

AirPodsの連続再生時間

  • 単体なら5時間ケース併用なら24時間以上使用。

AirPods 2の連続再生時間

  • 単体なら5時間ケース併用なら24時間以上使用。

サクッと確認したところバッテリーの持ちについては進化は見当たらなかったんですが、しっかりと確認してみると、連続通話時間のみ違いがありました。

  • 初代AirPods:最大2時間の連続通話
  • AirPods 2(第2世代):最大3時間の連続通話

3時間もAirPodsで通話することはないでしょうが、頻繁に電話応対のあるライフワークな人は、常にAirPodsを耳に装着しておけば、そのくらい連続通話が可能になります。そう考えると、1時間の差は地味に大きいかもしれません。

急速充電について比較

AirPodsの急速充電

  • 15分充電で3時間再生。※15分の充電で3時間再生可能。(付属のケースで4回以上フル充電が可能))

AirPods 2の急速充電

  • 15分充電で3時間再生。※15分の充電で3時間再生可能。(付属のケースで4回以上フル充電が可能)

多少の性能差の誤差はあるにせよ、ほぼほぼ違いはありません。

充電方法について比較

AirPodsの充電方法

  • 本体を付属のケースにしまう

本体ではなくケース自体もバッテリー(充電機能)が備わっているので、ケース自体の充電は必要になります。ケースを充電する方法は、LightningケーブルとAC電源です。

AirPods 2の充電方法

  • 本体を付属のケースにしまう

本体ではなくケース自体もバッテリー(充電機能)が備わっているので、ケース自体の充電は必要になります。ケースを充電する方法は、LightningケーブルとAC電源です。

全く変化なし。どちらも、専用のケースがあればいつでもどこでも充電できるというメリットがあります。しかし、専用ケースを紛失したり置き忘れているとケーブルを直接本体にさせないので充電すらできません。

重さについて比較

AirPodsの重さ

  • 本体(左右各):4 g(両方で8g)
  • 専用充電ケース : 38 g

AirPods 2の重さ

  • 本体(左右各):4 g(両方で8g)
  • 専用充電ケース : 38 g

変化なし。

イヤホンの形状について比較

AirPods のイヤホンの形状

  • 開放型

AirPods 2のイヤホンの形状

  • 開放型

変化なし。

音漏れについて比較

AirPodsの音漏れ

  • 開放型なので、音漏れしやすい

AirPods 2の音漏れ

  • 開放型なので、音漏れしやすい

どちらもある程度音漏れは仕方のない仕様。

耳からの外れやすさについて比較

AirPodsとAirPods 2は耳から外れやすいのか

  • どちらも耳から外れにくいが落下のリスクはある

普段、ランニングやスケートボードの際に使用しているんですが、外れて落下したことはありません。ただ、例えば脱衣場で衣服を脱ぐ時に、AirPodsを耳に装着していることを忘れ、衣服を脱ぐ際に手や服があたり落下させそうになったり。つまり、AirPods自体に触れなければ、激しい運動をしたとしても、耳から外れることはありませんが、何ががAirPodsに触れた瞬間に、あっけなく外れてしまうことになります。

本体のカラー/色について比較

AirPodsとAirPods 2のカラバリ/色

AirPods-カラー-イメージ
  • ホワイト

どちらも1色展開です。

音量の調節の方法について比較

AirPodの音量調節方法

  • イヤホンをダブルタップしてSiriを起動して音声で指示

AirPod 2の音量調節方法

  • イヤホンをダブルタップしてSiriを起動して音声で指示、または「Hey Siri」という声で起動させて調整する

こちらは冒頭で説明した通り、初代AirPodsはダブルタップという動作を行った後にSiriに指示するのに対して、AirPods 2(第2世代)では「Hey Siri」と音声で指示&調整できるところに進化があります。

操作方法について比較

AirPodの操作方法

  • イヤホンをダブルタップしてSiri、もしくはタップでの操作をカスタム可能

関連記事: AirPodsレビュー|通話や音楽再生スキップの機能解説と設定方法。

AirPod 2の操作方法

  • イヤホンをダブルタップしてSiri、もしくはタップでの操作をカスタム可能/「Hey Siri」で指示

関連記事: AirPodsレビュー|通話や音楽再生スキップの機能解説と設定方法。

操作方法に関しても、初代AirPodsはダブルタップという動作(操作)を行った後にSiriに指示するのに対して、AirPods 2(第2世代)では「Hey Siri」と音声で指示&調整できるところに進化があります。

音質について比較

初代AirPodsとAirPods 2(第2世代)の音質

高音については、先代の”EarPods”と比較しても特に遜色なく、同等のレベルです。つまり、低音については期待してはいけません。しかも、開放型(オープンエアー型)ですので、周辺の音も聞こえます。ただ、もちろん”悪い”というわけではなく、ココの記事にも書いているように、”音楽や通話”の音質は普段使いには申し分のないクオリティです。要はどちらもほとんど同じような音質です。

関連記事: AirPodsのレビュー|AirPodsの音質(音楽、通話)は実際どうなの?って話。

起動までの時間を比較

AirPodsの起動まで

  • 専用ケースから取り出し、耳に装着すると自動で起動

AirPods 2の起動まで

  • 専用ケースから取り出し、耳に装着すると自動で起動

どちらもイヤホンを耳につけるという動作だけで起動するので、その起動力はずいぶんと他のワイヤレスイヤホンとは格が違うほど素晴らしいです。

Bluetoothの効き具合

初代AirPodsとAirPods 2(第2世代)の音切れについて

Apple公式サイトのQ&Aでは、約100mもiPhoneと離れても接続は切れないとあります。しかし、実際のところ、10mくらい離れると「プツプツッ」と切れる調光(音飛びが頻発)があり、20m以上離れると、ほぼ完全に無音になっていました。結果、100mは無理だけど、10〜20mは確実にいけます。

どちらも同じようなものです。

価格/定価のお値段

AirPodsの価格

  • ¥17,800 (税別)

AirPodsの価格

  • ¥22,800 (税別)

この5000円の価格の差は、これまでのスペックなどのメリットデメリットを考慮して、あなた個人の金銭感覚で考えてみましょう。

では最後に初代AirPodsとAirPods 2(第2世代)の機能(スペック)や性能を比較した表で一気に確認して下さい。

初代AirPodsとAirPods 2(第2世代)の機能(スペック)や性能の違い早見表/比較表

※スマホなどの画面で見にくい場合は横向きにすると見やすくなります。

  AirPods(第2世代) AirPods(第1世代)
チップ H1 W1
重量 AirPods(左右各):4 g
充電ケース : 40g 
AirPods(左右各):4 g
充電ケース : 38 g
サイズ 16.5 × 18.0 × 40.5 mm 16.5 × 18.0 × 40.5 mm
ケースサイズ 44.3 × 21.3 × 53.5 mm 44.3 × 21.3 × 53.5 mm
接続 AirPods:Bluetooth
充電ケース:Lightningコネクタ
ワイヤレス充電に対応
AirPods:Bluetooth
充電ケース:Lightningコネクタ
AirPodsセンサー デュアルビームフォーミングマイクロフォン
デュアル光学センサー
動きを感知する加速度センサー
音声を感知する加速度センサー
デュアルビームフォーミングマイクロフォン
デュアル光学センサー
動きを感知する加速度センサー
音声を感知する加速度センサー
電源とバッテリー
AirPodsと充電ケースの併用
24時間以上の再生時間
最大18時間の連続通話時間
24時間以上の再生時間
最大11時間の連続通話時間
AirPods(1回の充電) 最大5時間の再生時間
最大3時間の連続通話時間
最大5時間の再生時間
最大2時間の連続通話時間
充電ケースで15分充電 3時間の再生時間
2時間の連続通話時間
3時間の再生時間
2時間の連続通話時間

変化のあったポイントを太字していますが、いかがでしょうか?

ほぼほぼ変化のないことがわかります。これほどまでに変化のない(進化のない)旧型と新型のAirPodsですので、どちらを買っても問題なさそうに見えますので、旧型の5000円安い方を買っても良いという結論になってもおかしくはありません。

しかし、冒頭でお伝えした「AirPods 2(第2世代)を買った方が良いたったひとつの理由」で話した通り、”両手がふさがっている状態でもAirPodsを使える”ということは最大の特徴になります。

最後に

結論|絶対にAirPods 2(第2世代)を買った方が良い

AirPods 2 イメージ

それは「Siri」を起動する方法が進化したから

初代のAirPodsでは、「Siri」を起動させるためには”ダブルタップ”する動作が非必要だった。しかし、第2世代のAirPods 2では、「Hey Siri」と声をかけるだけ起動できるようになった。

”両手がふさがっている状態でもAirPodsを使える(※注意※初代AirPodsではそれができません。)”ということは「AirPods 2(第2世代)」の最大の特徴であり、買いなポイントであり、初代との決定的な違いになります。

だから僕はAirPods 2(第2世代)を買った方が良いとおすすめします。

ということで今回は、AirPods(初代)とAirPods 2(第2世代)とを比べて(比較)してどこがどう変わったのか?その進化(変化)の違いを解説しました。

あなたのAirPodsの購入の際の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。またお会いしましょう。

また、AirPodsやAirPods Proに関して、当ブログでは新しい情報をアウトプットしたり、YouTubeチャンネルでAirPodsやAirPods Proに関しての動画もアップしていますので、ぜひそちらもチェックして下さい。

では最後に補足として、AirPodsやAirPods Pro以外の使える完全ワイヤレスイヤホンはないのか?というところで、完全ワイヤレスイヤホンを初めて購入する方、もしくはワイヤレスイヤホンをかなり使っている方などに分けて、それぞれで僕のおすすめベスト3項目ごとにご紹介しておきます。

もちろん、「安い」ものも多少はありますが、すべて実力のあるワイヤレスイヤホンなので、AirPodsやAirPods Proの購入と合わせて比較検討してください。

【各ベスト3ランキング】AirPods Pro以外のワイヤレスイヤホンで初心者〜上級者までが使用できるのはないの?

【初心者】AirPods(Pro)もいいけれど他にコストパフォーマンスが良いワイヤレスイヤホンないの?

【第1位】GLIDIC「Sound Air TW-5000s」SBWS55MRTW

  • 超コンパクト
    片手にすっぽりと収まるコンパクト完全ワイヤレスイヤホン
  • Multi-communication Mode
    周囲の音が聴こえる「Multi-communication Mode」が搭載で、使いながら誰かと話すこともできます。要は、AirPods Proのノイズキャンセリング機能の逆の機能である外部音取り込みモード(車や電車内のアナウンスなどの環境音が聞こえる)と同等の機能です。
  • 長時間バッテリー
    バッテリーは最大10時間再生が可能。ケースに収納していれば最大60日ほど持続します。

【第2位】JBL TUNE120 TWS

  • 急速充電に対応
    たった15分ほどのの充電時間でなんと1時間ほどの音楽再生ができますので、充電し忘れた時など助かります。
  • ワンタッチハンズフリー
    イヤホンの左右の物理ボタンはかなりサクッと直感的な操作でワンタッチでハンズフリー通話が可能になります。
  • コスパ最強価格
    ワイヤレスイヤホンの中でもかなり購入しやすい価格なのにも関わらず、かなり迫力に定評のある「JBL Pure Bass」サウンドを楽しめるので、最初の1台として最適です。

【第3位】SoundPEATS「truefree+」

  • とにかくワイヤレスイヤホンの体験に最適
    かなり価格も低価格ではありますが、意外と普通に快適に音楽や通話を楽しめる完全ワイヤレスイヤホンなのでおすすめです。
  • 片耳で使用するモード
    左右両方、そしてどちらか片方のみ利用ができる「片耳モード」を搭載しています。これはアクセシビリティ的にも大事なので、このモードが搭載されているということはかなり良質なモノづくりがなされている証拠です。
  • この価格でも使えるバッテリー
    フル充電で最大およそ4時間の音楽再生が可能なバッテリーで、付属の充電ケースを使えば約35時間の使用が可能。ワイヤレスイヤホンの操作も物理ボタンがあるので誤動作もなく操作も快適です。

こちらのベスト3は、最初の1台に最も最適なものを紹介しましたが、もちろんこれから紹介していく中級者〜上級者向けのハイエンドなワイヤレスイヤホンもかなりおすすめなので、僕が紹介している内容を参考に選んで見てください。

【中級者】というかAirPods(Pro含む)よりも最強なワイヤレスイヤホンはないの?

【第1位】Noble audio FALCON (NOB-FALCON)

  • 優秀な高音域を再現
    ドライバーの素材に樹脂とカーボンを重ねた2層構造の「Dual-layered Carbon Driver」を採用しているので、高音域を再現できる完全ワイヤレスイヤホンです。音のひずみの低減もされ、かなり高音質のサウンドを楽しめます。
  • エルゴノミクスデザイン
    長時間の音楽視聴などを快適にするために、耳と接触するシェルの形状が人間工学に基づいたデザインになっているのも最大の特徴であり、かなりデザインも上質になっています。
  • 防水性能IPX7
    防水性能もなかなかで、水没しても故障しにくいIPX7に対応。急な雨や夏場の汗など、天候や場所をあまり気にせずにワイヤレスイヤホンを使うことができます。。

【第2位】audio-technica「SOLID BASS」ATH-CKS5TW LTD

限定モデルのデザインが最高
ワイヤレスイヤホンのハウジング部分や充電専用のケースに、ペインター“baanai”デザインした模様を施した限定モデル

厚みとキレのある重低音
強度が異なる「PEEK素材」「TPU素材」を組み合わせた新設計のドライバーに振動板を採用しているので、本当に耳を疑うほどの厚みとキレのある重低音、さらにはクリアな中高域バランス良く楽しむことができます。

イヤーピースの秘密
新設計のイヤーピースにより、音の出口を広げることで、かなり抜けの良い音を楽しめる工夫がなされています。

【第3位】Beats by Dr.Dre「Powerbeats Pro」MV6Y2PA/A

  • かなり外れにくい完全ワイヤレスイヤホン
    イヤーフックを耳に掛けて装着するタイプの完全ワイヤレスイヤホンですので、耳にぴったりとフィットして、激しい運動やアクティビティでも外れにくくなっています。
  • 5分の充電で1時間半使用
    「Fast Fuel機能」を使用すれば、たった5分の充電だけで、約1時間半の使用が可能になりますので、充電がない場合、すぐに5分ほど充電できればすぐに使うことができるかなり使い勝手の良いワイヤレスイヤホンです。
  • Apple H1チップでiPhoneとの相性抜群
    「Apple H1チップ」搭載Apple製品との相性も良い1台です。こちらの記事にAirPods Proとの性能や機能の比較を書いていますが、激しいアクティビティならば絶対にこちらのPowerbeats Proがおすすめなのは言うまでもありません。

では最後に、上級者向けのワイヤレスイヤホンをご紹介します。やはりどうしても価格が高くなるのは否めませんが、AirPods Proが3万円台ということを考えれば、こちらの【上級者向け】ワイヤレスイヤホンだって全く引けを取らないというか、もはやAirPods Proの性能や機能を超越していますので、ぜひチェックしてください。

【上級者】てか価格など関係なくワイヤレスイヤホンを買うならどれが良いの?

 【第1位】ゼンハイザー(SENNHEISER)「MOMENTUM True Wireless」

エルゴノミクスデザインで完璧に耳にフィット
人間工学に基づいたデザインで、確実にあなたの耳にフィットする最も優れた完全ワイヤレスイヤホンです。サイズも非常にコンパクトを欠点さえ感じさせません。

操作性が一品
本体の側面に搭載しているタッチセンサーだけで、着信への対応や音声アシスタント、音楽操作などが簡単にできますので、非常に使い勝手が良いです。

動画や映画を観るのにも最適
映像と音声のずれが特に少ない「aptX LL」に対応しているので、音楽の快適な再生に加えさらに動画や映画をたくさん長時間楽しみたい方にもおすすめです。これほど万能でどれについても欠点がないワイヤレスイヤホンはこの価格ではこれだけでしょう。

【第2位】Bose SoundSport Free wireless headphones

  • 文句なしの重低音
    BOSEと言えば重低音!言うことのないくらいの低音の破壊力が魅力の完全ワイヤレスイヤホン。
  • 普段使いにもスポーツにも最適化
    普段使いにも最強ですが、耳にフィットして落ちにくいのでスポーツでも使いやすいデザインが特徴です。また、最大で約5時間の連続再生が可能という長時間使用もできます。
  • イヤホンを紛失しても安心
    「BOSE CONNECTアプリ」を利用すれば、もしイヤホンを紛失しても、最後の接続場所を確認したり、本体から音を鳴らしたりすることができるので、紛失防止にはかなり安心できます。

【第3位】SONY WF-1000XM3

  • ノイズキャンセリング
    AirPods Proと同様にノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。乗り物音や人の声など広い範囲の環境音を遮断してくれます。これはこちらの記事でも書いていますが、ノイズキャンセリングは仕事の効率化も図れます!
  • 外部音取り込みモード
    こちらもAirPods Proと同様に外部音取り込みモードが、このワイヤレスイヤホンでは「アンビエントサウンドモード」という名称になっており、先ほどのノイズキャンセリングとは逆に、周囲の音を取り込めるため、音楽を楽しみながら会話することも可能になっています。
  • 圧縮音源もハイレゾ並の音にグレードアップ
    圧縮された音源をアップスケーリングする「DSEE HX」で、通常の圧縮された音源を、ハイレゾ並の音に変えてくれるので、どんな音でもかなり高音質に楽しむことができます。

ほとんどAirPods Proと同等なので比較されることも多いワイヤレスイヤホンです!

ということで、AirPodsの色々な性能を調べている方に、AirPods以外の選択肢として、ぜひおすすめのワイヤレスイヤホンを、各項目に分けて紹介してみました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

スマホ バナー

iPhone11,11 Pro Max 公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



LINE@でお得な情報を得よう!

僕に仕事の依頼はこちら

仕事依頼バナー

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

AirPods-AirPods-2-違い-記事-アイキャッチ

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

当ブログ著者である僕の2020年に挑戦する10の事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。