【WWDC2017】Appleが発表したSiri搭載のスマートスピーカー「HomePod」(ホームポッド)のまとめ

Siriがもたらすライフスタイル。

いつも俺的デザインログを読んで頂き、ありがとうざいます。

どもども、PEITAデザインブロガー@PEITA)です。

2017年6月6日午前2時に開催された【WWDC2017】のキーノートの中で発表された新製品、新しい10.5インチのiPad Pro、HomePod、MacBook、MacBook Pro、MacBook Air、iMac、iMac Proの中から、【Home pod】をご紹介します。

 

「Siri」搭載のスマートスピーカー「HomePod」

日本発売は未定ですが、Appleもようやく遅れに遅れて、GoogleやAmazonの「Amazon Echo」と「Google Home」のヴァーチャルアシスタントデバイス市場に参入することを発表しましたね。

Appleはアメリカの公式サイトで「HomePod」を以下のように説明しています。

HomePodは素晴らしいサウンドを発する強力なスピーカーで、どこでも再生でき、Apple Musicと一緒に世界最大の音楽カタログに簡単にアクセスできます。 すべてがSiriとの自然な声のやりとりによってコントロールされます。これは全く新しいレベルの聴取経験をもたらします。 それはほんの始まりです。

参照元▶HomePod – Apple

そう!これはほんの始まりですよ。

昨今で注目されているIoTにより、デバイスと人とのインタラクティブな関係を構築するためには、この音声アシスタントは、確実に私たちが目指す未来の生活に必要不可欠であり、まだまだ不完全な分野です。

2017年、Appleがその未来へようやく動き出しましたね。

HomePod の主な概要について

スピーカーが家庭で音楽を作り出す方法を完全に再考しました。 HomePodは、Apple製のオーディオ技術と最先端のソフトウェアを組み合わせて、どこに置いても部屋全体で最高の忠実度のサウンドを提供します。 このエレガントにデザインされたコンパクトなスピーカーは、家を完全に揺り動かします。

参照元▶HomePod – Apple

  • 7方向ビームフォーミング対応のツイーター・アレイを装備
  • 精密なアコースティックホーン(音響)
  • 音の指向性を制御
  • 4インチウーハーを搭載
  • A8チップを搭載【⬅iPhone搭載チップと同じ】
  • リアルタイム・アコースティック・モデリング
  • オーディオ・ビームフォーミング
  • マルチ・チャンネル・エコー・キャンセル
  • Apple Musicのサブスクリプションと連携
  • 円筒の周囲に6つのマイクを装備(マイクロフォン・アレイ)

「HomePod」のデザインと内部構成

カラーバリエーションはホワイトとスペースグレーの2色の展開になっているようですね。

デザインについては、Mac Proを彷彿させるような外観デザインになっていますが、メッシュデザインが採用されているようです。

ボディの上部に4インチウーハーを搭載され、ホディの下部に、先述している”7方向ビームフォーミング対応のツイーター・アレイ”が装備され、6つのマイクアレイとA8チップ搭載。

「HomePod」最適な音響効果を発揮

HomePodは、部屋のスペースを認識把握して、その”音”をコントロールしてくれるそうです。

つまり、狭い部屋と広い部屋で、音楽をかける時や話しかける時など、自動的に”音”を最適化してくれるようですね。

あらゆることが自動になる世界

部屋を感知して音楽をチューニングする

それは自動的に音響を分析し、スピーカーの位置に基づいて音を調節し、音楽を最適な方向に操縦する。 ホームポッドが壁、棚、または部屋の真ん中にあるかどうかに関係なく、誰もが没入感のあるリスニング体験を得ます。

参照元▶HomePod – Apple

ハイテクノロジーな技術で、スペースを認識し、Siriのアシスタント機能との連動で、快適な空間を作ることができるようですね。

WWDC2017でクックが話されていたように、「Appleは音楽が基本」というだけあって、音へのこだわりが強く出ています。

それは、先述した「Amazon Echo」と「Google Home」との差別化をする上では欠かせないコンセプトですね。

また、Siriが搭載されていますので、音楽の再生以外にも、ニュース、ポッドキャスト、天気予報、スケジュール、リマインダー、タイマーなどにも対応するそうですので、画期的なライフスタイルの未来がみえますね。

さらに、HomeKitに対応しているので、「ヘイ、Siri、◯◯して」と音声によって、様々なスマートホームのデバイスコントロールができるようです。

終わりに

この革新的なデバイス が、Siriとの連動によりもたらすライフスタイルは、本当にSFの世界ですよね。

実用的なところは、実際に活用しないと分からないところではありますが、ファーストインプレッションとしては、心躍る製品ですね。

2017年12月より米国、英国、オーストラリアでリリースされますので、日本では来年ですかね。

価格もそれほど高価ではないので、日本での発売が非常に楽しみです。

では、またお会いしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA