【おすすめのAmazonタブレットカバーレビュー】Amazon Fire7 のAmazonダンボールボックスデザインのカバーケースを購入しました。愛される納得のデザインでした。

Amazonは、みんなに愛されて何年目?

いつも俺的デザインログを読んで頂き、ありがとうざいます。

どもども、PEITAデザインブロガー@PEITA)です。

Amazon Fire 7とAmazon Fire HD8が新発売されますね。

Amazonデバイスについては、Kindle Paperwhiteと旧モデルのAmazon Fire 7を所有しています。

Kindle Paperwhiteについては、電子書籍専用デバイスですので、Kindleオーナーライブラリーで毎月電子書籍が1冊読めますし、Kindle unlimited(定額制)にも加入してますので、すごく快適な読書環境で使っています。

関連記事 ➡おすすめの電子書籍リーダー|kindleで読んでる?大好きな読書を快適にしたいなら、Amazon Kindleサービスを利用すること。

そして、Amazon Fire 7は、HuluやAmazonプライムビデオで、もっぱら動画観賞用として使いまくってます。

当初は裸で使っていましたが、やはり動画視聴する際は、どこかに立てかけながら観賞する必要があるので、スタンドのようなカバーがほしいと思っていました。

そこで、今回は【Amazon限定のアマゾンダンボールボックスデザインのAmazon Fire 7用カバー】を購入したので、開封の義、そして良い点や残念な点などをご紹介したいと思います。

商品の概要はこちら

  • Amazon限定オリジナル アマゾンボックスデザインカバー
  • スリムで軽量なカバーがFire タブレット(7インチ)を保護します。
  • 閉じたカバーは磁石で固定されるので、開く心配がありません。
  • 横置きスタンド機能付きで、Fireを立ててハンズフリーで楽しめます。
  • 耐久性に優れたポリウレタン製

※Amazon参照

では、開封を義ということで

パッケージデザインはシンプルですね。

Amazonダンボールボックスデザインのカバーですので、ダンボールで梱包されていることは、あえて狙っていると考えると楽しいですね。

いやいや、ダンボール梱包は当たり前ですか、はいはい(笑)。

NUPROという会社の商品のようですね。

パカっと開けると、またダンボール?!

いやいや、それはカバーです!

はいはい、分かってます。

すみません、今日はかなり軽い乗りでこの記事書いてます。

そして見えてますね、Amazonのニッコリマーク。

Amazonダンボールデザインとはいえ、普通のダンボールよりは、少し彩度が強めですかね。

少々赤みがかかってます。

外観のチェックということで

本当にAmazonダンボールボックスのデザインですね。

Amazonのダンボールボックスデザインがオシャレかというとそうでもないと思いますが、なんか素敵ですだ。

ちなみに、カバーの質感ですが……

ダンボールなので……水に弱いです……

そんなわけねーだろ!(笑)

すみません、嘘です。

質感はナイロンのようなツルっとした手触りですね。

ダンボールの表面を再現したデザイン色です。

背面は、黒のプラスティックのようです。

いや〜これは、傷づくでしょうね。

しかも、Amazon Fire7の本体の背面もスルスル滑りそうなんですが、このカバーの背面もスルスル滑りそうです……

つまり、落としそうです……(笑)

カバー自体の裏は、ファイバー素材のようで、画面に傷などがつく心配はあまりないでしょうね。

すごく手触りがいいか?と言われれば、特に意見はなしですね。

かもなく負荷もなくといったところで、価格相応ですね。

本体の背面との接触部分については、なんの保護もされず、むき出しのプラスティック。

ここは、少し残念ですね。

そんなにえげつない傷がつくとは思いませんが、多少なり擦れる恐れはありますので、本体に傷がつくのを好ましく思わない人にとっては、心配な部分です。

では、装着してみるということで

本体上部には、電源スイッチや充電コネクタ部分、音量やイヤホンジャックが密集しているので、ざっくりと開口された仕様になっています。

本体の下部なんですが、なーんにもないのに、カバーの仕様はざっくり開口されています……

Why??

なにも物理的なものが存在しないのに、開口する必要があったんでしょうか(笑)

スピーカーなどがあるならまだしも、なんにもないのに。

本体側面に備わっているカードスロットの部分は綺麗に開口されていますね。

それ以外は、すべて本体を覆っています。

背面のカメラ部分も綺麗に開口されています。

とは言え、Amazon Fire 7のクソカメラなんてまったく使いませんけどね。

てか、使い物になりませんけどね。

でも、開口してくれてありがとうございます。

本体背面の下部にあるスピーカー部分も開口していますが、全開口ではなく、網状なデザインになっています。

これは、スピーカーにつくホコリなどを多少は防いでくれるでしょうから、ありがたいですね。

では、カバーのスタンド機能はどうか?

まずは、傾斜がハードな第一形態から試してみました。

特に問題ないですね。

テーブルに座って、動画など視聴する時でも大丈夫そうです。

これは、iPad proのキーボードスマートケースと、ほぼ同じ傾斜のようです。

関連記事 ➡iPad proのおすすめキーボードケースは、やっぱりApple製のiPad Pro用Smart Keyboardでしょ!|iPad pro 9.7㌅Smart Keyboardの雑感レビュー編。

続いて傾斜が緩やかな第二形態。

真上から見下ろすこともなければ、Amazon Fire 7のキーボードを使うことはないので、この形態で使うことはなさそうですね。

評価ということで

Amazonダンボールデザインのカバーということで、明らかに正当なデザインであることは間違いないですし、まったく裏切られることなく、すんなりと納得できるデザインでした。「買ってみなくちゃ分からない」ということではなく、誰もがよく知る”Amazonダンボールデザイン”でした。商品自体が安価ですので、カバーの質感や、背面のプラスティック感については………文句は言えませんが(笑)。

カバーを閉じると、磁石で、「パカッ」と本体と多少は接着するので、バッグの中にいれておいても、カバーが外れることは多少軽減されると思います。また、カバーとしての用途と、スタンドとしての用途、この二つの用途はきっちりこなしています。

良い点

  • Amazonダンボールボックスデザインそのものなとこ
  • カバー部分がナイロンなので汚れにくいとこ
  • カバーがダンボール素材じゃなくて良かったとこ(笑)
  • カバーの裏地がファイバーなので、画面を保護してくれるとこ
  • カメラの開口部が綺麗なとこ
  • スタンド機能が二つの用途をこなしているとこ
  • カバーを閉じると本体と磁石で接着するとこ
  • スピーカー部分が多少ホコリを軽減してくれる仕様なとこ
  • Amazonファンには喜ぶべきデザインなとこ

残念な点

  • 背面のプラスティックが、本体を傷つけないか心配
  • 背面のプラスティックがすべすべなので落としそう
  • 下部の開口部分が、意味なく全開になっている
  • カバーが閉まってもオートスリープにならない

終わりに

ちなみに、カバーのデザイン上に”QRコード”がありますが、あれは……

あの”QRコード”を読み取ると……

絶対にあの”QRコード”を読みとることはおすすめしません。

安易に読み取らないで下さいね。

もし読み取ってしまったら………

Amazonストアに誘導されますよー!!(笑)

ということで、今回はAmazon Fire7用のAmazonダンボールボックスデザインのカバーをご紹介しました。

こういうタブレットにカバーをつけると、また違う印象になり、所有欲が満たされますね。

Amazon Fire7もニューモデルが発売になるので、俺が持っているモデルは旧型になってしまいますが、カバーをつけて一新され、これからも動画視聴中心に使っていきます。

では、またお会いしましょう。

See you next.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。



PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA