【WWDC2017】Appleが発表した「Kaby Lake」搭載 のMacBook ProなどのAppleのMacBookシリーズの新製品のまとめ

最高のCPUを搭載して、ハートがグレードアップしたMacBookシリーズとiMacシリーズ。

いつも俺的デザインログを読んで頂き、ありがとうざいます。

どもども、PEITAデザインブロガー@PEITA)です。

「これは史上最大のWWDCです」とCEOのクックが高らかに宣言し、2017年6月6日午前2時に開催された【WWDC2017】のキーノートの中で発表された新製品、新しい10.5インチのiPad Pro、HomePod、MacBook、MacBook Pro、MacBook Air、iMac、iMac Proの中から、【MacBook Air、MacBook、MacBook Pro】をご紹介します。

MacBookについて

12インチのMacBookは、毎年CPUのグレードアップが行われていますが、結局これまでのMacBookは、「Core M」プロセッサまでしか選択肢がありませんでした。

つまり、ネット閲覧程度しか使えないクソったれ仕様でした。

しかし、今回のWWDC2017で、新型MacBookのプロセッサに第7世代の「Core m3/i5/i7」「メモリも16GB」CTOで選択可能になり、待ちに待った使えるグレードで新登場しました。

また、最大50%高速SSD搭載パフォーマンス最大20%向上し、「第2世代のバタフライ式キーボード」に変更されています。

「第2世代のバタフライ式のキーボード」については、以下で記事にしています。

▼第2世代のバタフライ式のキーボードについて▼
進化した第2世代のバタフライ式のキーボードは、本当にうちやすいのか?
▼詳しくはこちら▼
Apple公式サイトまで 

MacBook Proについて

2016年11月にTouchBar搭載の新型MacBook Proが発売になったことが、まだまだ記憶に新しいところですが、今回にWWDC2017でもアップグレードされました。

他社のLaptopにはすでに基本搭載されている「Kaby Lake」

Kaby Lakeとは?

Intel®系CPUのコードネームの一つであり、現行の第7世代Core™プロセッサーを指し、基本的には第6世代CPU「Skylake」のシステムアーキテクチャや製品構成を踏襲しているものの、Kaby Lakeはさらに改良を加えて細かい電力制御・省電力化を実現。さらにGPUも強化され、描画速度の向上とビデオのデコード/エンコードが強化が行われている。 

2016年に発売されたTouchBar搭載の新型MacBook Proと、今回のWWDC2017で発表されたTouchBar搭載の新型MacBook Proの違いは、CPUが前者は「Skylake」、後者「Kaby Lake」かの違いだけです。

俺は、2016年モデルの15㌅を買っています。

半年待っていれば……CPUが節電設計になった挙句に、価格も前世代よりも安いという。

ちょっぴり残念ですが、仕方ないですね。

▼詳しくはこちら▼
Apple公式サイトまで 

MacBook Airについて

例年まったく進展のなかったMacBook Air。

影でコソコソとマイナーアップデートしていました。

プロセッサの基本スペック1.8Ghzからの選択になっています。

それだけ。

最後のあがきといったところでしょうか、もうMacBook AirをLaptopの選択肢へ入れるのは時代遅れなのかもしれません。

Steve Jobsが残した名機で、コアなファンに愛されているMacBook Airなだけに、新型が登場しないというのも、非常に寂しいことですね。

▼詳しくはこちら▼
Apple公式サイトまで 

終わりに

今回のWWDC2017で、ほぼすべてのLaptopに搭載された「Kaby Lake」。

前モデルのCPUである「Skylake」よりも、「Kaby Lake」がずば抜けた処理能力を発揮するわけではありませんので、一概に良い悪いではありません。

とは言え、今回発表されたMacシリーズのLaptopのラインナップは、”今”が買い時であるし、替え時であるのは間違いありませんね。

では、またお会いしましょう。

▼詳しくはこちら▼
Apple公式サイトまで 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。