Apple macOS High Sierraに新機能を解説!アップデートしてすぐ使うべき!ダウンロード方法などもご紹介!

力を引き出すのは、無限である。

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。

どもども、デザインブロガーPEITAです。

 ▼この記事がおすすめな読者▼ 

  • macOS High Sierraについて知りたい方
  • macOS High Sierraの「Apple File System」について知りたい方
  • macOS High Sierraの「HEVC」について知りたい方
  • macOS High Sierraの「Metal2」について知りたい方

 ▼この記事の内容▼ 

「これは史上最大のWWDCです」とCEOのクックが高らかに宣言し、2017年6月6日午前2時に開催された【WWDC2017】のキーノートの中で発表された「macOS High Sierra」をご紹介しています。

High Sierraの新機能

グラフィックなどのパワーが解き放たれる

参照元|http://www.apple.com/jp/

毎年毎年グレードアップされるmacOS

”OS X”という従来の流れのOSのネームをやめ、”macOS”として新たに始動してから、早いもので1年が経ちました。

macOSから、macOS Sierraになり、2016年6月13日の日程の開発者向け会議「WWDC 2016」で発表された、今回のmacOSは、”macOS High Sierra”になりました。

それにより、新たな進化を遂げました。

以下に、その新機能をご紹介していきます。

Apple File System

Macの中にあるものはすべて”データ”です。

そのデータのすべてを整理し、ワンクリックでアクセスできるようになるようです。

これは、先進的アーキテクチャを持っています。

アーキテクチャとは?

アーキテクチャとは、情報システムの設計方法、設計思想、およびその設計思想に基づいて構築されたシステムの構造などのことである。

参照元|アーキテクチャ

新しい64ビットアーキテクチャを採用し、一般的なタスク処理瞬時に行え、暗号化機能保護機能バックアップ機能を備えているので、安心して使えます。

つまり、とにかくより安心安全なOSになったってことです。

ちなみに、今まで俺はMacを5年以上愛用していますが、一度もセキュリティ問題が発生したことはありません。

もちろん、100%とということはないので、一概に言えませんが……現時点で、俺は問題が発生したことはありません。

ただ、より安心したシステム設計になったことは、喜ばしいことですね。

HEVCを採用

参照元|apple

世界はすでに4K時代です。

もうこれは業界では徐々に標準規格になっていますので、macOS  High Sierraは必然に対応してきました。

ビデオのストリーミングが滑らかになり、さらに容量も小さくできていまうという優れもののビデオ規格です。

HEVCとは?

動画圧縮規格の一つで、H.264/MPEG-4 AVCの後続フォーマット。非公式にはHigh Efficiency Video Coding (HEVC) とも呼ばれている

参照元|Wikipedia

Metal2は想像を形にする

参照元|apple

Metalは、アプリケーションGPUパワフル活用できるようにするAPIです。

バーチャル・リアリティエンタメアプリ、さらにはプロ用のクリエイティブアプリのための外付けGPUサポートもできます。

つまり、何かのコンテンツを作る時や、ソフトウェアを開発する時に、できないことができるようになったということです。

Metalとは?

Metal(メタル)はアップルのオペレーティングシステム上でサポートされる、オーバーヘッドの小さいローレベル (low level) なコンピュータグラフィックスAPIである。Metalでは、OpenGLとOpenCLに似た機能を一つのAPIに統合している。Metalはクロノス・グループによるクロスプラットフォームのVulkanや、マイクロソフトによるWindows向けのDirect3D 12といった、他のプラットフォームにおける類似のAPIによるパフォーマンス上の利点をmacOS/iOSにもたらすことを目的としている。

参照元|Metal_(API)

VR体験をMacで作る

参照元|apple

これが利用ができるのは、”新しいiMac Retina 5Kディスプレイモデル”、2017年12月に登場する新しい”iMac Pro”、または”外付けGPUと組み合わせた対応するMac”となっていますので、LaptopのMacは対象外となっています。

デベロッパーの方々がこの機能を使って、素晴らしいものをいち早く俺たちに届けてくれることを期待しましょう。

写真のより優れた整理編集

参照元|apple

今までは、写真を加工したり編集したりする時は、PixelmatorPhotoshopなどのサードパーティアプリを使うことが多かったと思います。

実際に俺は、PixelmatorPhotoshopLightroomなんかを使って編集することが多かったです。

しかし、新しいOSでは、デフォルトの写真アプリで驚くような編集ができて、それに夢中になってしまいます。

その他の機能まとめ

  • 拡張されたサイドバーで、探しものがすぐに見つかります。
  • 写真を瞬時に整理できます。
  • 写真編集が「カーブ」などのツールが加わったり、新フィルタも追加。
  • Live Photosのループ編集機能で、写真が生きる。
  • 写真のメモリーは、大切な思い出を作ってくれる。
  • ピープルのサムネイルが、一段と見やすくなる。
  • サードパーティアプリとの連携で、作業効率があがる。
  • 改良された二言語入力を組み合わせることができる。
  • ネット閲覧の追跡機能を、自ら学習し削除します。
  • 突然ビデオが再生されないようになる。
  • リーダー機能が集中を解き放つ。
  • Safariがさらに速くなった。
  • SafariのWeb体験をカスタマイズできる。
  • SIriに素敵なプレイリストを作ってもらえる。
  • 自動修正テクノロジーで、誤字脱字を修正してくれる。
  • Siriが一段と人間に近づく。
  • iCloudDriveに保存したデータは、誰とでも共有できる。
  • Spotlight機能がさらに色々なものを検索できる。
  • メモアプリに”ピン機能”搭載で、整理しやすくなる。
  • FaceTime中に、LivePhotosが撮れる。
  • iMessageが、あらゆるデバイスと共有できる。

などなど。

High Sierraを設定する

アップグレードする方法

実際にmacOS Sierraにアップデートする際は、Appleの公式ページで詳しく解説が書かれていますので、そちらを参考にして下さい。

»»macOS High Sierra にアップグレードする

ダウンロードする方法

OSのダウンロードはAppleの公式サイトから。

»»macOS High Sierra をダウンロードする方法

終わりに

凄まじい進化を遂げた”macOS High Sierra”

アップデートしていない方は、ぜひアップデートしましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

では、またお会いしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA