【WWDC2017】Appleが発表した「iOS11」まとめ。iPhoneやiPad、さらにはApple PencilやApp Storeが圧倒的に使いやすくなり、秋にリリース。

iPhoneとiPadが、なにやら「驚異的」になるんだと。

いつも俺的デザインログを読んで頂き、ありがとうざいます。

どもども、PEITAデザインブロガー@PEITA)です。

「これは史上最大のWWDCです」とCEOのクックが高らかに宣言し、2017年6月6日午前2時に開催された【WWDC2017】のキーノートの中で発表された「iOS11」をご紹介します。

iOS11が、MacOSに近づく未来

参照元|http://www.apple.com/jp/

ファイルアプリケーションがあれば、MacOSiOSデバイス上(Cloud)でいつでもどこからでも、ファイルにアクセスできるようになるようです。

しかも、それはAppleのファイルシステムではなく、その他のDropboxEvernoteなどのサービスも含まれるとのことで、かなり使い勝手がよくなりますよね。

しかも、MacOS(デスクトップ)のように、Dock仕様となり、そこにiPhoneやMacなどで使ったアプリが表示され、すばやくアクセスできるようです。

また、マルチタスキングも、さらにマルチになり、ドラッグ&ドロップ可能になり、直感的な操作ができるとのことです。

実際にWWDC2017のデモも見る限り、MacOSではマウスやトラックパッドで行う作業が、iOS11ではタッチ操作でできるようになった印象です。

Apple Pencilがようやくイラスト書く以外に使えそう

iPhoneではApple Pencilは使えませんので、本当に正真正銘iPad専用ハイテクスタイラスです。

iPad Proのためだけに進化し続けるApple Pencil。

ちょっとしたメモ、仕事のタスク処理、はたまたクリエイティブな作業が、より一段と使いやすくなるようです。

実際に、Apple Pencilでイラストは書くけど、メモやPDFの注釈などにはあまり使っていません。

ササッと使えないんですよね。

Appleのデフォルトのアプリであまり活用方法はなかったんですが、iOS11では、スクリーンショットに注釈をいれられるインスタントマークアップが簡単にできるようですので、これは本当に楽しみです。

しかも、Apple PencilでiPad Proのロック画面をタップするだけで、すぐにメモることができ、しかもしかも自動でメモアプリに保存されるそうです。

また、例えばメモアプリに、テキストをカタカタと打っていたとして、そのまま手書きの表現を加えたいと思い、おもむろにApple Pencilを取り出し、書き込む。

すると、「iOS11」空気んで、ササッとタイプしたテキストがApple Pencilで書く場所を譲ってくれるんだそうです。

うどでしょ、すごくないですか?

うそでしょ?

しかも、Apple Pencil書き込んだ文字検索対象になるとのことです。

そんでもって、Appleデフォルトのメモアプリには、ドキュメントすスキャナー機能がつき、カメラを立ち上げたら、自動トリミングしてくれて、そのままApple Pencil署名なんかしちゃったりして、ダイレクトに共有もできるようです。

Apple Pencilを買って1年、ようやくApple Pencilが俺の生活の中に溶け込んできそうです。

しかし、もちろん「iOS11」である必要があるので、今年の秋までおあずけですね。

キーボード入力も快適に

QuickTypeというキーボードに進化して、qwerty配列でのタイピング中に、スマホ特有のフリック入力がiPadもでできるようになります。

いちいち切り替えせずとも、qwertyキーボードでタイピングする場合は、フリックすれば、文字や記号や句読点や記号も簡単に入力可能です。

ARで解放運動

WWDC2017のイベントでは、iPadを通して見る現実世界に、実際はありもしないものが見え、それはiPadの画面を通して、そこに有り続けました。

AR技術は、拡張現実

かなり臨場感溢れる体験が、色々なアプリを介し、外へ解放されます。

現実だけど、現実でない世界を、Appleがどう創っていくのか楽しみですね。

俺の生活にiPhoneとiPadはすでに欠かせない

iOS 11によってiPhoneとiPadはとても賢くなり、あなたのことを学ぶようになります。極めて多才になるので、よりパワフルでパーソナルな方法であなたをサポートします。あなたに合わせて、あなたが頼む前に、あなたの代わりに様々なこともこなします。

参照元|http://www.apple.com/jp/

今でも欠かせない存在なのに、Appleの公式HPではこんなこと言ってるんですから、恐ろしいですね。

これ以上サポートされたら、身も蓋もないくらいに依存してしまいそうです。

カメラや写真の表現力が研ぎ澄まされる

実際にWWDC2017のデモでもやっていましたが、Live Photoの表現力が豊かになり、ビデオループなんかがサクサク簡単に作れます。

めっちゃ楽しそうでした。

バウンスや、一眼レフでしか得られなかった”長時間露光”ができるようになります。

これは、実際にやってみないことには、一概に手拍子はできないような気がします。

そして、新しいフィルタが追加され、しかも今までの半分のデータサイズで、品質は落とさず同じクオリティで保存できます。

Apple Storeが初心で変わる

俺らの毎日に欠かせない「App Store」のデザインが一新されました。

「Todayタブ」「ゲームタブ」「Appタブ」に分かれ、何もかも見つけやすいUIとなり、俺たちのために厳選したトレンドアプリを見つけやすくしてくれるそうです

デイリーストーリーは、舞台裏のエピソードを。

様々なアプリケーションを活用するために、ハウツーのようなヒントとコツも用意してくれているそうです。

また、それぞれのアプリケーションをテーマ別にリスト化してくれたり、幅広いコンテンツの検索結果を表示してくれたりと、至れり尽くせりの新しいApp Storeが始まります。

iMessageがさらにシンプル操作に

再設計されたAppパネルを左右スワイプで、色々なことを共有できたり、複数端末間でメッセージの履歴がiCloud上で共有されたり、iMessageアプリでは”Apple Pay”での個人間送金可能になります。

セキュリティなどは、Touch IDで高めながら、簡単にパパっと送金できます。

Apple PayのiMessage送金詐欺がないことを祈ります。

Siriさんが専属の通訳、専属のDJになる

なんと翻訳機能で、英語から中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語への翻訳が可能になりますので、海外で多言語に、Siriさんを通してコミュニケーションできますよ。

そんで、Siriさんは、好みの音楽をかけてくれたり、ちょっとした音楽雑学の質問にも応えてくれるそうです。

「この曲のドラマーは誰?」てな風に。

そんなことあり得るのか。

ぜひぜひやってみたいですね。

そしてもちろん、色々なことをコンセルジュのようにサポートし、持ち主のことを学んでくれるとのことですよ。

映画ではないけれど、あまりにもお互いを”知り”すぎて、「Siriに恋して」なんて社会現象とか起きたら怖いですね。

Siriさんが賢いおかげで、逆に持ち主自身がディストピアにならんことを祈ります。

iOS11が対応する iPhone

  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 5s

iOS11が対応する iPad

  • 12.9インチiPad Pro(第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第1世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro
  • iPad Air 2
  • iPad Air
  • iPad(第5世代)
  • iPad mini 4
  • iPad mini 3
  • iPad mini 2

iOS11が対応する iPod

  • iPod touch(第6世代)

終わりに

参照元|http://www.apple.com/jp/

その他にも、AirPlay2を使い、家中にあるオーディオシステムやスピーカーがコントロールできたり、コントロールセンターも好みにカスタマイズできたり、ロック画面で最近の通知と見逃した通知がひと目で分かったり、車を運転している時にそれを感知して、自動で相手に”う運転中であること”を知らせてくれたり、マップが地図だけではなく、建物内部の経路も表示案内してくれたり、qwertyキーボード入力が片手でできるようなUIになったりと、本当に様々なところで進化した「iOS11」

ここで色々言っても、秋になんないとリリースされないので、実際に使ってみなければその使い勝手は分かりません。

もちろん、この「iOS11」は色々と噂されている新型iPhoneと同時に世界に登場するので、慌てず騒がず……いやいや少し騒ぎならが、そのリリースを待ちましょう。

▼詳しくはこちら▼
Apple公式サイトまで 

では、また会いましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA