子供のテストのおもしろ珍解答!バカか?天才か?それは紙一重なはず。

バカと天才は紙一重

「それなら、うちの子どもは天才だ!」

よほどの事がない限り、親としてはそんなことを軽はずみに言えてしまうことなんて、それほど多くはないだろう。

しかし、うちの小学1年生になる娘は、まさに天才だ。

天才は常人では想像もつかない着眼点から優れた研究や作品を生み出すが、その着眼点があまりにも常識とかけ離れているために、常識を知らない馬鹿と見分けがつかない。ということである。引用元

この感覚で言うならば、やはりうちの娘は天才だ。

いつも俺的デザインログを読んで頂き、ありがとうざいます。

朝起きて、元気に「みんな!おはよう!」と家族に挨拶をしたら、一瞬の沈黙を立ち込ませながら、うちの天才である小学1年生の娘が放たった「……それで?」という返事に、”人生と子育てのあり方”について深く深く考えてしまうことになった男、PEITAデザインブロガー@PEITA)です。

では、うちの天才だと思う理由を説明していくとする。

しかし、天才であることの理由について、そのすべてを文章で説明することはなかなか至難の技であり、それは針の穴に大根を差し込むくらい無謀なことでもあると言える。

もう一度念を推して言っておくと、今から俺は実の娘のことを天才だという理由を書いていく訳なので、それはそれはかなり大きく大きく助走をつけ、ジャンプする寸前のポイントにジャンプ台を設置し、神々しいまでの大ジャンプを見せたところで、着地失敗の恐れは大いにあるわけ。

出川がドッキリをしかける側のドッキリ作戦で、逆にドッキリをしかけられたような絶望感のそれを味わう可能性があるので、どうか俺のことをある程度は予め察して頂きたい。

つまり、この話の入りが、どうもがいたとしても、どうあがいたとしても、どう転んだとしても、北極の気温を大きく下回るくらいの寒々しいマイナスであることは億も承知である。

だって、自分の娘が天才だ!なんて言ってるのだから。

簡単に言えば、うちの娘は天才だが、ここでその説明を書こうとしている俺が痛いバカであることの確率を数字で表すなら、非常にユーモアたっぷりに蔑んだとしても、35億なのだ。

つまり、少々…

な文章であったり、説明のつかない…

な理屈や御託を並べてしまう可能性もあるので、そこは予めご了承してもらい、話を進めさせてもらうことにする。

俺(PEITAについて)も気がつけば、2人の小悪魔に……いやいや子宝に恵まれ、若い時には想像もつかなかった”子育て”という神のいたずらにもほどがあるだろうと泣き寝入りせざる終えない場面に幾度も立ちはだかっては、「立つんだジョー!」の如く、七転び八起きのそれに近いモチベーションで大変貴重な経験をさせてもらっている。

それはもちろん、“幸せなこと”という言葉では言い表せないほどに、自分の時間(特に母親)は荒削りのかつお節のように削られ、ひたすらに子どもに時間を費やすことが増えていき、子育て開始直後は、その葛藤との格闘でKOパンチを喰らい続け、千原せいじの顔のようにボッコボコになるくらい苦しんだ経験がある。

それでも汗拭きながら、幸せな日々であることを噛み締めなければ人としての道理を疑われてしまうので、そう自分で自分に思わせてるところ。

しかしなにゆえ、子どもの成長というのは爆早いもので。

凄まじい爆音を響かせ、無闇矢鱈(むやみやたら)に暴走しながらも、目の前に出くわした”急カーブ=嫌なこと”をギリギリでいとも簡単にちゃーんと曲がったり、「そこから入り込んだら人は傷ついてしまいます」という一方通行の表札を中国人の方々がレジの順番をすっ飛ばすのと同じように無視し、ノーブレーキを決め込んで人の心の奥底に猛然とダウンタウンの浜田のような鬼突っ込みを平然とやってのけ、挙句の果てには自分の都合の悪い状況に陥ると、それらをいとも簡単に正当化させてしまうほどの強力な感情魔法「涙のエンドレス」を繰り出し、「何事も経験だから」という甘んじたにも程があるような解釈をこちら側に強制的に押し付けながら、どんどん大人になっていく。

親としてのその後始末は、ほうき一本でも、ダイソンの掃除機であったとしても、片付けるのには西野亮廣くらいのメンタリティとアイデアが必要になってくることは疑いようのない事実だ。

そして、小学生ともなれば、コミュニケーション能力の急激なレベルアップに伴った”世界の中心は自分中心”感が半端なく、スーパーコミュニケーションモンスターである今回二度目の登場である千原せいじ並の「無礼は承知、俺だからええやん」と言わんばかりのわがままっぷりで、親を一網打尽にする。

それが、俺の天才な娘である。

ただ、天才と言えど、時にはこんな間違いをしてしまうことくらいはある。

笑うしかないのか、絶句するしかないのか、激怒するしかないのか、迷うところではある。しかし、とりあえずフワフワと漂う風船が目の前にあったなら、きっと親としては針を刺したくなることだろう。

いや、刺したくなるというか、もう刺そう。ブスッといてまおう。

心の闇が深くなる前に、どうにか対処すべき案件であるぞ。

そうは言いつつも、誰だって少しぐらい

な時だってある。

それはみな同じだ。俺の天才な娘であろうと、そうである。

思い出してみてほしい、世の中の常識を動かそうとしている国会議員が「ハゲー!」とぶちまけるあれね。

「違うだろー!」って、いやいや……

でしょ。

もちろん俺だって他人事ではない、先日「10年くらい顔も見たくない」って言われたばかりなわけ。関連記事はこちら

と少し話が逸れているが、俺の娘が天才って話。

それにもうお気づきかな?

このくらいは普通だ。至って普通。このくらいの間違いは誰だってある。

しかし、これはさすがに天才と呼ぶに相応しいだろ。

そう、もう気づいているだろけど、これ。

これは、完全に天才である娘の発想から創り出されたモノであり、脳天をぶち抜けるほどの集中力の欠落が産み落とした申し子の才能と言える。
しかし、おい!よく見ろ!よく見てみろよ!

空欄を埋めるその横に、デデーン!と答えが書いてあるんだぞ!英語で書かれているけど、実際には完全に答えがカタカナで書かれているんだぞ!

どうしてだ?!どうしてなんだ?!どうして見落としたんだ?!

パパに分かるように説明してくれ!!

パパには、お前が天才過ぎてわからないぞ。

いや待てよ。そうか、そういうことか。

クッキーは、クッキーである前に、”お菓子=オカシー”であると。つまり、俺が俺である前に、”パパ=人間”であると。

しかし、”オカシ=お菓子”だけでは空欄が埋まらず、あえて”オカシー”と伸ばした根拠はなんだ?!少しだけ、ほんの少しだけ”クッキー”という言葉が頭の中で引っ張られた結果”クッキー×お菓子=オカシー”だったんじゃないかな?!

いやもしや、ただ単純にクッキーって書こうと思ったのか?そうなのか?

そうだとしたら、俺の娘は天才だ!という解釈に、大きな歪みが生じてしまう可能性があるぞ。

つまり、”クッキー×お菓子=オカシー”という発想だったのか、はたまたクッキーである前に、”お菓子=オカシー”だということだったのか、ただ単純にクッキーと書きたかっただけなのか、その答えの背景によっては、だいぶ自体が急展開することになる。

天才なのか?バカなのか?非常に選択肢に困る事態になってしまう。

天才は常人では想像もつかない着眼点から優れた研究や作品を生み出すが、その着眼点があまりにも常識とかけ離れているために、常識を知らない馬鹿と見分けがつかない。ということである。引用元

ふむふむ。そうだ、天才とはそういうことだ。

その線引きが際どすぎて、パパは泣いてしまいそうだよ。辛いよ。

誰かがやるはずだった。自分がその誰かになりたかった。カール・ルイス|出典

こういうことか?

そのまま書いてしまうと、誰かと同じ答えになってしまう。それだけは避けたかったのか?

それは、つまり個性でいいんだよな?

パパはそれを”娘の個性”という非常に良心的な捉え方で認識して大丈夫なんだよな?

おい!ふざけるな。

人の話をちゃんとと聞きなさい!

「このハゲー!」

あっ…いやいや言いすぎたよ、ごめんよ。

それは他人と違うことをしたいと思う個性というものなんだよな?

「違うだろー!」

いやいや、違わないよな?

「このハゲー!」

それは違うな。

目の前に表れた単純な答えを、天才的な解釈で導き出し、暴挙な行為だと思わせつつの天才肌な娘。

元気に明るくスクスクと育っていることに加え、俺の娘は天才だというウソの確信を匂わせた俺が一番……

と、言うわけか。

では、またお会いしましょう。

Dear 娘へ。俺は君が大好きだよ。天才でもバカでもどっちだっていい。

だから、”オカシー”の発想だけは忘れないで。

パパ、君のテストや宿題にワクワクしちゃう(笑)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA