Macの画面をGIFアニメショーン(GIF動画や画像)にする方法|簡単に作れるアプリ「GIPHY Capture.The GIF Maker」のコスパが高い!ってか、これ無料です。

たった数秒作業ハウツーなどを動画にするより、GIFアニメーションにした方がいいでしょ。

いつも俺的デザインログを読んで頂き、ありがとうざいます。

どもども、PEITAデザインブロガー@PEITA)です。

今回は、Macデスクトップ画面GIFアニメを簡単に作れるアプリGIPHY Capture. The GIF Maker – Giphy, Inc.と、そのアプリを使ったGIFアニメの作り方をご紹介致します。

GIPHY Capture. The GIF Maker – Giphy, Inc.

GIF(Graphics Interchange Format )について

 この記事はこんな人に”最適な旅”となります 

  • Macのデスクトップ画面をGIFアニメにしたい方
  • GIFアニメ作りたいけど、Adobe系ソフトが使いこなせない方
  • Macで、数秒の作業をキャプチャしたGIFアニメを作成したい方

「GIPHY Capture.The GIF Maker」とは?

簡単に言いますと、”Macのデスクトップ上の画面をGIFアニメとしてキャプチャできる”Mac用のアプリケーションです。

無料で使えてパフォーマンス最高、そして使いやすいシンプルなUIなので、英語表記ですけど、全く問題なく直感的使えます。

「GIPHY Capture.The GIF Maker」でできること

 Macデスクトップ画面キャプチャしてGIFアニメにできる 

これだけです(笑)。

でも、これってすごくすごくすんごいことですよ。

Mac画面キャプチャしてGIFアニメにできるなら……

例えば……

  • 撮影した動画をMacで再生して、一部だけをキャプチャしてGIFアニメにできる
  • インカメラを起動するだけで、そこに写った映像の一部(選択可)をGIFアニメにできる
  • Macの簡単なTipsなどのハウツーをGIFアニメにできる

などなど、応用していけば、色々な手法GIFアニメ簡単製作することができそうです。

それなら動画でもいいのでは?と思ってしまいがちですが、逆に……

「Macの画面を用いた作業動画(TIPSやハウツーなど)を製作したけど、ウェブサイトにアップしてしまうとデータは重くなってしまうし、数秒の動画だから動画サイトにアップロードするまでもない」

など、本当に数秒動画なら、GIFアニメにした方がいいんです。

再生をClickするというシーケンスがなく、GIFアニメなので自動再生されますしね。

しかも、通常GIFアニメを作る作業において、PhotoshopIllustratorなどのAdobe系のソフトを使用して作らなければならないんですが、そんな難しいことはしたくないし、もっと簡単にGIFアニメーションが作りたいなら、このGIPHY Capture. The GIF Maker – Giphy, Inc.最高Mac画面キャプチャしてGIFアニメにするなら、もっとも最適アプリケーションですよ。

「GIPHY Capture.The GIF Maker」の使い方を3分の動画で解説が分かりやすい

この山田どうそんという方が投稿しているYoutube動画が本当に分かり易いので、こちらも参考にして頂ければと思います。

「GIPHY Capture.The GIF Maker」を使ってみる

まずは、「GIPHY Capture.The GIF Maker」アイコンClickして、アプリ起動しましょう。

アプリが起動すると、デスクトップ上に透明な緑色のスクリーン表示されます。

この背景が緑色のスクリーンの範囲キャプチャを行う範囲となります。

この背景が透明な緑色のスクリーン(※以下キャプチャ画面)は、上記の画像のように縁を動かすことで、サイズ変更可能ですので、デスクトップ上の大きさではあれば、大小問わずにキャプチャ画面指定できます。

実際にRECしてみる

赤いポッチClickするとREC開始

上の画像がREC状態の実際のが画面になり、RECボタンの横に秒数も表示されています。

そしてもう一度、そのポッチClickすることで停止となります。

GIFアニメを書き出してみる

撮影したキャプチャの下部に、キャプチャ画像タイムライン表示され、クリップはできませんが、前後で長さを調整(アニメーションの開始点、終了点を設定)できます。

画像の場所で、ループ(ノーマル / 巻き戻し / 往復から選択)サイズ(画質やファイルサイズによって選択)フレームレイトは高画質で書き出したい場合以外は、そのままスタンダードでOKです。

撮影したキャプチャは、左下部サムネイル表示されています。

撮影したキャプチャ画像を調整(任意設定)したら、後は”SAVE AS…”書き出すだけで、GIFアニメデータができます。

これが書き出したGIFアニメ

どうですか?

めっちゃ簡単じゃないですか?

終わりに

ブログなどの記事の中にちょっと動きのある動画入れたい時に、このアプリで、その動画自体をGIFアニメーションにするだけで効率的作業が進みますし、編集簡単です。

これはめっちゃ作業が捗りますよ。

どうぞ、お試しあれ!!オススメです。

では、またお会いしましょう。

See you next.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。