YouTubeで最新情報を動画でお届け!

YouTube-check-Thumbnail

GIPHY Captureの使い方!Macの画面をキャプチャしてGIF動画作成!

auが話題機種を割引中!新規&機種変なら今!
auオンラインショップ

ソフトバンクのスマホが大幅値下げ!
ソフトバンクオンラインショップ

ドコモがiPhone XSやその他スマホを値下げ中!
ドコモオンラインショップ

Macの壁紙のGIFアニメにも使える簡単GIF作成アプリ!

今回は、Macのデスクトップ画面(壁紙)のGIFアニメを簡単に作れるアプリ「GIPHY Capture. The GIF Maker 」と、そのアプリを使ったGIFアニメの作り方をご紹介致します。

GIF(Graphics Interchange Format )について

この記事はこんな人に最適!

  • Macのデスクトップ画面をGIFアニメにしたい方
  • GIFアニメ作りたいけど、Adobe系ソフトが使いこなせない方
  • Macで、数秒の作業をキャプチャしたGIFアニメを作成したい方
当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

ブロガーとして文章を使ってブログで情報発信しながら、動画でもガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報をお届けしていますのでぜひ動画もチェックして下さい。


Macの画面をGIFで作成

GIPHY Capture.The GIF Maker

簡単に言いますと、”Macのデスクトップ上の画面をGIFアニメとしてキャプチャできる”Mac用のアプリケーションです。

無料で使えてパフォーマンスも最高、そして使いやすいシンプルなUIなので、英語表記ですけど、全く問題なく直感的に使えます。

GIPHY Capture.The GIF Makerでできること

Macのデスクトップ画面をキャプチャしてGIFアニメにできる

これだけです。でも、これってすごくすごくすんごいことです。

Macの画面をキャプチャしてGIFアニメにできるなら……

例えば……

  • 撮影した動画をMacで再生して、一部だけをキャプチャしてGIFアニメにできる
  • インカメラを起動するだけで、そこに写った映像の一部(選択可)をGIFアニメにできる
  • Macの簡単なTipsなどのハウツーをGIFアニメにできる

などなど、応用していけば、色々な手法のGIFアニメを簡単に製作することができそうです。

それなら動画でもいいのでは?と思ってしまいがちですが、逆に……

「Macの画面を用いた作業動画(TIPSやハウツーなど)を製作したけど、ウェブサイトにアップしてしまうとデータは重くなってしまうし、数秒の動画だから動画サイトにアップロードするまでもない」

など、本当に数秒の動画なら、GIFアニメにした方がいいんです。

再生をClickするというシーケンスがなく、GIFアニメなので自動再生されますしね。

しかも、通常GIFアニメを作る作業において、PhotoshopやIllustratorなどのAdobe系のソフトを使用して作らなければならないんですが、そんな難しいことはしたくないし、もっと簡単にGIFアニメーションが作りたいなら、この「GIPHY Capture. The GIF Maker – Giphy, Inc.」は最高のMacの画面をキャプチャしてGIFアニメにするなら、もっとも最適なアプリケーションですよ。

GIPHY Capture.The GIF Makerの使い方を3分の動画で解説が分かりやすい

この山田どうそんという方が投稿しているYoutube動画が本当に分かり易いので、こちらも参考にして頂ければと思います。

「GIPHY Capture.The GIF Maker」を使ってみる

まずは、「GIPHY Capture.The GIF Maker」のアイコンをClickして、アプリを起動しましょう。

アプリが起動すると、デスクトップ上に透明な緑色のスクリーンが表示されます。

この背景が緑色のスクリーンの範囲がキャプチャを行う範囲となります。

この背景が透明な緑色のスクリーン(※以下キャプチャ画面)は、上記の画像のように縁を動かすことで、サイズ変更可能ですので、デスクトップ上の大きさではあれば、大小問わずにキャプチャ画面を指定できます。

実際にRECしてみる

赤いポッチをClickするとREC開始。

上の画像がREC状態の実際のが画面になり、RECボタンの横に秒数も表示されています。

そしてもう一度、そのポッチをClickすることで停止となります。

GIFアニメを書き出してみる

撮影したキャプチャの下部に、キャプチャ画像のタイムラインが表示され、クリップはできませんが、前後で長さを調整(アニメーションの開始点、終了点を設定)できます。

画像の場所で、ループ(ノーマル / 巻き戻し / 往復から選択)、サイズ(画質やファイルサイズによって選択)、フレームレイトは高画質で書き出したい場合以外は、そのままスタンダードでOKです。

撮影したキャプチャは、左下部にサムネイルで表示されています。

撮影したキャプチャ画像を調整(任意設定)したら、後は”SAVE AS…”で書き出すだけで、GIFアニメのデータができます。

これが書き出したGIFアニメ

どうですか?

めっちゃ簡単じゃないですか?

終わりに

ブログなどの記事の中にちょっと動きのある動画を入れたい時に、このアプリで、その動画自体をGIFアニメーションにするだけで効率的に作業が進みますし、編集も簡単です。

これはめっちゃ作業が捗ります。どうぞ、お試しあれ!!オススメです。

今回は、Macのデスクトップ画面(壁紙)のGIFアニメを簡単に作れるアプリ「GIPHY Capture. The GIF Maker 」と、そのアプリを使ったGIFアニメの作り方をご紹介致しました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。では、またお会いしましょう。

次はこの記事『MacBookを使いこなすなら!初心者が最初に読むべき本!入門書3選! 』でMacのラップトップシリーズをさらに使いこなすためにチェックしておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

スマホ バナー

iPhone11,11 Pro Max 公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



LINE@でお得な情報を得よう!

PEITAに仕事の依頼はこちら

仕事依頼バナー

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。