おすすめはKindle Unlimited!Prime Readingとの違いは冊数,価格!読み放題でもこれだけ内容が違う!

Amazonが提供している電子書籍(本)の読み放題サービスである、Kindle UnlimitedとAmazon Prime Readingの決定的な違いについて解説致します。

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。Kindle PaperWhiteを2013年より購入して、ずっと愛用している デザインブロガーPEITAです。

そんな僕が、Kindle PaperWhite(各モデルあり)で読書をするにあたり、愛用しているサービスが「Kindle Unlimited」です。このサービスは、単純に電子書籍の読み放題サービスになるんですが、Amazonからもうひとつだけ電子書籍の読み放題サービスである「Prime Reading」というサービスがあります。

ここでは、その2つのAmazonの電子書籍読み放題サービスの決定的な違いについてご紹介し、それによってのメリットとデメリットも交え、その2つのサービスのうち、僕がなぜ「Kindle Unlimited」を選んでいるのかを合わせてご紹介致します。

その違いを端的に言うと、

  • Kindle Unlimited」は、月に数十冊をガッツリと色々なカテゴリーの本を読めるだけ読みたい方に向いている読み放題サービス。
  • Prime Reading」は、月に1冊程度しか読書をしない人のちょっと試し読み感覚で読めるサービス。

結論から言いますと、「Kindle Unlimited」なら、たった月額980円約122万冊もの電子書籍が読み放題になるので、新刊(1,000〜)を買うよりも劇的に安いし、しかも読み放題サービスなのにも関わらず、割と新しい本も取り扱っているので、僕は「Kindle Unlimited」をおすすめします。

では早速、「価格(月額)」「冊数(読める本の数)」の決定的な違いについて比較していきましょう。

Kindle UnlimitedとPrime Readingの違い

電子書籍サービスを利用している画像

月額の利用料金|価格は?

Kindle Unlimitedの利用料金

  • 月額980円

Prime Readingの利用料金

  • 月額400円

それぞれの利用料金について

  • Kindle Unlimited 月額980円
  • Prime Reading 月額400円

その差は、580円です。価格だけで見てみると、もちろんPrime Readingの利用料金の方が安い(Kindle Unlimitedよりも約半額安い)です。さらにPrime Readingの場合、Amazon プライム会員ならば(年間:約4000円の会費必須)無料。つまり、Amazonプライム会員ならば、自動的にPrime Readingを無料で利用することができるということです。

Amazonプライム会員について

「Prime Readingが無料で利用できるAmazonプライム会員だから、Kindle Unlimitedの電子書籍の読み放題サービスをあえて利用することもない。」と思われるかもしれません。

しかし、利用料金以外にも決定的に違うのが「冊数(読める本の数)」です。

読み放題できる冊数は?

Kindle Unlimitedの読める本の数

  • 和書:12万冊
  • 洋書:120万冊

Prime Readingの読める本の数

  • 和書・洋書合わせて:数百冊

それぞれの読める本数について

  • Kindle Unlimited :122万冊
  • Prime Reading:数百冊

その差、約122万冊。その差なんてものではなく、もはや比較にならないレベルの「冊数(読める本の数)」です。もちろんKindle Unlimitedの”和書=日本語の書籍”となりますので、日本語の本だけと考えると12万冊となります。それでも12万冊もの本が読み放題&新しく追加される本(雑誌は特に定期的に追加)も定期的に更新されるので、時間を見つけながら片っ端から読んでも、まったく追いつかない冊数です。

Kindle Unlimitedのメリット・デメリットについて

メリット|読める本の冊数が驚異的

月額料金以上に、読める本の冊数が驚異的なので、新刊を買ったり、中古で本を数冊買っている人には、もはやKindle Unlimitedで月額980円を支払った方が、”買いに行く手間”も省けるので、非常に効率的なが読書が楽しめます。コチラの記事『Amazon Kindle paperwhiteで読書が捗る理由。その便利な使い方&メリットをレビュー』でも書いていますが、そもそもKindle PaperWhite(Kindle端末)などの電子書籍リーダーで電子書籍を読むことで、「本を探す」「本を買う」「本を読む」が非常に効率的になります。

だから、”電子書籍で読書を楽しんでいるなら、Kindle Unlimitedはメリットしかない”と僕は思う。

デメリット|読みたい!と思う本がない場合

Kindle Unlimitedを利用して、それほどデメリットを感じたことはありませんが、強いて言うならば”読みたい!と思う本がない場合””すべての新刊が読めるわけではない”という2点だと思います。読みたい本を読みたい方、新刊を買って最新の情報を常に把握したい方、こんな方にはあまり向いていないかもしれません。しかし、本屋で本を探して「この本が読みたい!」と思うのって、Kindle Unlimitedで本を探すのも同じだとは思います。

Prime Readingのメリット・デメリット

メリットとデメリット

これはPrime Readingという単体でのサービスで考えてしまうと、あまりメリットはないように僕は感じます。しかし、このPrime Readingは、先程からお伝えしているように、Amazonプライム会員なら無料で利用できるサービスです。

つまり、Amazonプライム会員であるならば、誰でも無料で利用することができるので、Prime Readingだけのサービスのメリットではなく、Amazonプライム自体のサービスにメリットを感じているなら、かなりお得なサービスになってきます。

Amazonプライム会員とは?

Amazonプライム会員になれば、以下のAmazonのお得なサービスをそれぞれ利用することができます。

  • Amazonプライム・ビデオの動画コンテンツが見放題
  • Prime Musicで100万曲以上が聴き放題
  • 商品を購入後、お急ぎ便やお届け日指定が無料
  • Prime Readingで本が数百冊読み放題

つまり、Prime Reading単体ではなく、Amazonプライム会員であるならば、そのついでに本が数百冊読み放題になる的な補足サービスとして考えましょう。

Amazonプライム会員について

Kindle UnlimitedとPrime Readingを利用する方法

電子書籍が読めるデバイスを持っておく必要があります。以下に、両方のサービスを利用できる環境をご紹介しておきます。

  • Kindleの端末で利用する
  • スマホやタブレットで利用する
  • パソコンで利用する

つまり、ほぼすべての端末(iPhoneやiPad含む)に、Kindleのアプリさえインストールしておけば利用ができます。ただ、雑誌などはタブレットやスマホの方がカラー表示されてメリットもあるんですが、活字の場合はKindle PaperWhiteなどの紙のようなディスプレイを搭載している(E-Ink)端末で利用すると、目にも優しく、しかも読みやすいです。こちらの記事『紙の本よりKindle PaperWhite!使い方と選び方!暗い場所でも読書ができるモデルを買おう!』で、より詳しく解説しています。

Kindle

Kindle (無料)
(2018.08.04時点)
posted with ポチレバ

Kindleの電子書籍をAmazonのデバイスで快適に利用するために

僕がおすすめするデバイスの使い分け

僕は実際にこちらの二台とiPad(関連記事はコチラ)で使い分けています。

Kindleでもっとも使いやすい電子書籍リーダー

金銭的に余裕のある方におすすめする電子書籍リーダーは、とにかく「Kindle Oasis」です。

Kindle Oasisの特徴

  • 本物の紙のように読みやすい、Kindleシリーズ最大の7インチ、300ppi 高解像度 ディスプレイを搭載
  • Kindle初の防水仕様(IPX8等級)。お風呂や、プールサイドなど今まで適わなかった場所でも読書が楽しめます
  • 大きく、見やすい画面で、マンガ好きにもぴったり。セリフが多いマンガや細やかな描写も美しく再現
  • マンガ好きのために開発された 「連続 ページターン」、「見開き表示」、「シリーズごと にまとめて表示」などの便利機能が搭載
  • ボタンのひとつにいたるまで人間工学に基づいたデザイン。片手でも、長時間快適に読書を楽しめます
  • 一度充電すれば、最大6週間読書をお楽しみいただけます
  • 前世代と比べて2倍の8GBなら、数千冊の書籍、約140冊のマンガが保存可能。さらに、32GB大容量モデルなら、マンガでも650冊以上保存できます
  • プライム会員なら、追加料金なしで対象のタイトルが好きなだけ読み放題(Prime Reading)

まとめ

Kindle UnlimitedとPrime Readingの違いを表示した画像

Kindle Unlimited

  • 月額:980円
  • 冊数:122万冊

Prime Reading

  • 月額:月額400円 ※Amazon プライム会員ならば(年間約4000円の会費必須)無料。
  • 冊数:数百冊

「Kindle Unlimited」なら、たった月額980円約200,000冊もの電子書籍が読み放題になるので、新刊(1,000〜)を買うよりも劇的に安いし、しかも読み放題サービスなのにも関わらず、割と新しい本も取り扱っているので、僕は「Kindle Unlimited」を選びました。

どんな人におすすめなのか?

  • Kindle Unlimited」は、月に数十冊をガッツリと色々なカテゴリーの本を読めるだけ読みたい方に向いている読み放題サービス。
  • Prime Reading」は、月に1冊程度しか読書をしない人のちょっと試し読み感覚で読めるサービス。

いかがだったでしょうか?

「Kindle Unlimited」と「Prime Reading」というサービスの決定的な違いについてご紹介し、それによってのメリットとデメリットも交え、その2つのサービスのうち、僕がなぜ「Kindle Unlimited」を選んでいるのかを合わせてご紹介させて頂きました。

⇒980円で122万冊以上の本が読み放題の「Kindle Unlimited

⇒お得なAmazonサービスが使える「Amazonプライム会員

あなたのKindle PaperWhiteなどでの読書の使い方の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。またお会いしましょう。

また、新型Kindle PaperWhiteのの世代や価格などをレビューした記事も書いていますので、そちらも合わせてお読み下さい。

関連記事:新型Kindle Paperwhiteレビュー。世代/価格/サイズ/重さ/カラーなど。

|その他のAmazonの便利なサービス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。