紙の本よりKindle PaperWhite!使い方と選び方!暗い場所でも読書ができるモデルを買おう!

紙の本よりKindle PaperWhite!使い方と選び方!の記事アイキャッチの画像

隙間時間を利用して本を読むことが多いあなたに、僕は電子書籍リーダーであるKindle PaperWhiteをおすすめしたい。

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。Kindle PaperWhiteを2013年より購入して、ずっと愛用している デザインブロガーPEITAです。

そんな僕が、今でも紙の本を読んでいるあなたに、Kindle PaperWhite(各モデルあり)で読書をすることがあなたの読書ライフをより効率的に、そして画期的に変えてしまうような大きなメリット「明暗関係なくどこでも読書ができる」ことについてお話します。

Kindle PaperWhiteで隙間時間の読書が快適になる

Kindle Paperwhiteの写真

紙の本は極端に明暗のある場所では読書ができない

紙の本で読書を行っていると、どうしても明暗な場所では読書がしづらいという状況に陥ってしまいます。しかし、 Kindle PaperWhiteで読書をはじめると、それがいかに非効率的で生産性が低く、利便性が悪いのかがわかります。

Kindle PaperWhiteならクリアしていることなんですから。

だから、読書好きでそろそろKindle PaperWhiteを使おうと考えているあなた、さらにKindle PaperWhiteが宝の持ち腐れになっているあなたに、絶対にこの記事はお役に立つはずです。

また、Kindle PaperWhiteのことを、まだあまり詳しく知らない方は、以下の記事に「本を探す」「本を買う」「本を読む」という3つのメリット&特徴をご紹介していますので合わせてお読み下さい。

関連記事:Amazon Kindle paperwhiteで読書が捗る理由。その便利な使い方&メリットをレビュー。

さらに、新型Kindle PaperWhiteのホワイト(白)モデルの開封レビューをしていますので、スペックや機能やデザインなどが気になる方は、こちらも合わせてお読み下さい。

関連記事:新型Kindle Paperwhiteレビュー。世代/価格/サイズ/重さ/カラーなど。

これらの記事を読んでおけば、これから話すこともすんなりと理解しやすいかと思います。

暗い部屋や日光の下などの場所でも快適な読書ができる理由

Kindlepaperwhiteなら暗くても読書ができる画像

Kindle PaperWhiteのフロントライトのおかげ

Kindle PaperWhiteにはフロントライトが搭載されていますので、明るくても、真っ暗でも、全く明かりを気にすることなく読書ができます。

例えば「今、少しだけ時間があるから読書したいな。けれど、紙の本だと少し暗くて読めないな…」なんて時でも、Kindle PaperWhiteには フロントライトがありますので、全く問題なく読書を楽しめます。

僕もコチラの記事でご紹介している通り、”就寝前の30分間は、寝室の電気をオフにして真っ暗な状態で読書する”というルーティンを持っています。しかし、いくらフロントライトがあるからと言っても、やはり「暗い部屋や就寝前に読書をすることは、目が疲れたりするから不安……」と思われるかもしれません。

でも、ご安心して下さい。

Kindle PaperWhiteは、スマホやタブレット端末のように”人の目に向けて光を照らす(バックライト)”という方法で画面を明るくしているのではありません。Kindle PaperWhiteは、スマホやタブレット端末とは逆のライトの照らし方なので、”画面に向けて明るくする(フロントライト)”という方法をとっています。それは、人の目に向かって光が当たるということではありません。

そしてさらに、”ブルーライトはゼロ”e-inkスクリーンという技術で、紙の質感に限りなく近い画質ので、人の目に非常に優しいフロントライトになっています。

実際に使用してみた感想

Kindle-Paper-whiteの画像

実際に、僕は先程もお伝えしたように、”就寝前の30分間は、寝室の電気をオフにして真っ暗な状態で読書”をしていますが、スマホやタブレット端末と違い、明らかに目の疲れは軽減され、疲れというか、目のショボショボした感じもほとんどありません。もちろん、Kindle PaperWhiteで読書をする前に、スマホやタブレット端末を使用していた場合は、その疲れなどもあり、Kindle PaperWhiteで読書を楽しんでいても、目の疲れを感じてしまうこともあると思います。しかし、それは使い方(就寝前にスマホやタブレットを使わないなど)を意識するだけですぐに改善できることでもあります。

また、明暗な場所など関係なく、フロントライトとe-inkスクリーン技術により、お本当によく見えます。もっと楽しんだ読書ライフを送りたいなら、Kindle PaperWhiteで読書をするということは、必然的なものだと思います。もちろん、紙の本で読書を楽しむという事自体には独特の味があるのもわかります。しかし、この記事PaperWhiteでの読書は、新しい読書ではなく、新しい体験を手にするツールとしてもっとも革新的なものだと感じます。

ちょっとKindle PaperWhiteの購入の際の注意点

Kindle PaperWhiteのモデルによっては、フロントライトが非搭載のモデルもあります

この記事であなたにご紹介しているのは、フロントライト搭載モデルのKindle Paperwhiteになります。フロントライト非搭載モデルとの違いをここで簡単にお伝えしておきますので、購入の際には注意してください。

こちらが今回の記事で紹介しているフロントライト搭載モデルになります。

そしてこちらがフロントライトが非搭載のモデルになります。

パット見た目では判断できないほどデザインが似通っています。フロントライトが非搭載のモデルは、1つしかありません。これを買わなければ、その他のKindle端末にはフロントライトがすべて搭載されています。

フロントライト搭載非搭載モデルの見分け方

  1. Kindle という名称。Kindleのあとに「PaperWhite」がつかないモデル名
  2. Kindle端末の中で最も低価格(定価が1万円以下。またに他のモデルもセールで格安の場合あり)
  3. KindleとKindle PaperWhiteの形やデザインはほぼ同じですので、デザインで見分けるのはNG

この3点に当てはまるKindle端末はフロントライト非搭載のモデルになりますので、購入の際には十分に注意して下さい。

まとめ

読書をしている写真

なぜ隙間時間の読書が快適になるのか?

それは「明暗を気にせずに読書ができる」からです。

それがなぜできるのか?は ー

  • 画面に向けて明るくするバックライト搭載
  • ブルーライトがゼロ
  • e-inkスクリーンで紙の質感を表現

という、Kindle PaperWhiteの特徴があるからです。

先ほどもお伝えしましたが、僕は”就寝前の30分間は、寝室の電気をオフにして真っ暗な状態で読書する”というルーティンを毎日のように行っていますが、目の疲れを感じたことも、眠りが悪いな?ということもあまり感じたことがありません。逆に、よく言われているスマホなどの画面(ブルーライトもガンガンだし、バックライトも人の目に向けて放射されている)を見ていると、目がショボショボしてきたり、目の負担になっていることを感じることができます。

そう考えると、いかにKindle PaperWhiteが”読書する環境に配慮&最適化された読書専用の電子書籍リーダー”なのかが、ハッキリと伝わってきますし、そういったユーザーの視点を解決してくれたKindle PaperWhiteの開発チームは、読書家にとっては、紙ならぬ、神のような画期的なテクノロジーを僕たちに提供してくれているということです。

だから、Kindle PaperWhiteなら、暗い部屋や日光の下などの明暗が極端にある場所など関係なく、目にも優しい快適な読書が楽しめるということになります。

いかがだったでしょうか?

Kindle PaperWhiteを2013年より購入して、ずっと愛用している僕が、今でも紙の本を読んでいるあなたに、Kindle PaperWhite(各モデルあり)で読書をすることがあなたの読書ライフをより効率的に、そして画期的に変えてしまうような大きなメリット「明暗関係なくどこでも読書ができる」についてお話させて頂きました。

ということで、隙間時間を利用して本を読むことが多いあなたに、僕は電子書籍リーダーであるKindle PaperWhiteをおすすめしたい。

|フロントライト搭載モデル

もっとKindle PaperWhiteを活用する方法として

もちろん電子書籍を買えばすぐに読めるんですが、ドラマや映画の観放題があるように、本(=電子書籍)の読み放題もあるんです。

  • Amazonプライム会員になって、「Kindleオーナーライブラリー(100万以上)」の中から毎月1冊無料で本を読む
  • Kindle Unlimited(月額980円)に登録して、小説や雑誌やマンガなど12万冊以上の電子書籍を読む

俺はもっぱらこれらを利用して電子書籍を読んでいますので、もしよければチェックしてみて下さい。

Amazonプライム会員登録はこちら

Kindle Unlimited会員登録はこちら

あなたのKindle PaperWhiteの使い方や購入の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。またお会いしましょう。

|その他のAmazonの便利なサービス

|Kindle PaperWhiteのアクセサリ

|Kindle PaperWhiteのおすすめ本

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。



PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

紙の本よりKindle PaperWhite!使い方と選び方!の記事アイキャッチの画像

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA