FFXV攻略じゃなくて、ただの旅日記 |FFXV Journey of discovery ②

どもどもぺーやんです。FFXVがやりたいけど、なかなか時間がないですね〜。

前回はこちら|FFXV攻略じゃなくて、ただの旅日記 |FFXV Journey of discovery ①

FFXV CHAPTER ①「はじめての車旅」#2 

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

 

さぁ「FFXV攻略じゃなくて、ただの旅日記 |「FFXV Journey of discovery 」①」からの旅の続きです。

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

 

なんで高級車が壊れるんだよ!という疑問符を心の中に閉じ込めたまま、修理が完了した高級車へ乗り込みました。

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

 

この視点は、いわゆるレーシングゲームのそれですね。

なかなかのドライブ気分を味わえますね。

車両の運転には、オートモードとマニュアルモードがあるんですが、マニュアルモードでもアクセルさえ吹かしておけば、ちゃんと道路を右側通行してくれますよ、はは(笑)。

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

 

進行方向を変える際は、左スティックを動かす必要があるんですが、そのくらいは問題ありません。

痒いところに手が届く仕様ですね、めんどくさがり屋な俺にとっては助かります。

それと、この高級車はレガリアという名前なんですが、このレガリアにはガソリンが必要です。

ガソリンという概念があるようです。

しかし、燃費はいいですよ(笑)

でも、なんでこんなにハイテクノロジーが進んだ世界に、ガソリンという概念をぶち込んだんでしょうね。

もっと、他に何か他のテクノロジーでカバーできなかったんすかね。

ということはもちろん、FFシリーズお馴染みの飛空艇にも、ガソリンという概念はあるんでしょうね!

それなかったら、ウケるわ(笑)

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

 

しかしながら、まだまだ序盤でしょけど、フィールドは広大ですよ、ほんと。

と言いつつ、先へ進みましょう。

とりあえずオルティシエに行くには、海を渡らねばならないようで、ガーディナ渡船場に行くことに。

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

 

途中で、色々と寄り道しながら、見えてきましたガーディナ渡船場

ていうか、その向こう側に見える、なんか怪しげな島の方がになりますね。

怖い怖い。

あっ、俺ホラーめっちゃ嫌いなんで、ホラー系のゲームは一切しませんし、こういうゲームでも、薄暗かったり不気味だったりする場所やダンジョンは嫌いです、おっさんなのに(笑)

そして、ガーディナ渡船場をウロウロしていたら、ある主要人物に出会いました。

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

 

名前忘れましたが(笑)…チャラいおっさんです!

あっ、俺じゃないですよ(笑)

いきなり主要人物バトル?!にはなりませんでしたが、なんかチクチクと絡まれてイラッとしましたが(笑)。

それでもバトルがなかったので、ホッとする俺。

ガーディナ渡船場には着きましたが、ニルムハイム帝国(所謂、敵ですね)とやらとの兼ね合いにより、出航できないんですって。

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

 

と、モタモタしていたら、とあるチャラい新聞記者から声をかけられ、出航できるようにするから、パシりしてこい!と言われ、王子である身もバレバレで脅されて、それに従うことに(笑)

その用事とやらを、ちゃちゃっと済ませようと思ったら……

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

 

うそ?!目の前にいきなりどデカい鳥さんが…

とりあえず、白昼堂々と周りを警戒することなくお昼寝中みたいなんで…

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

 

こっそりこっそり息を殺しながら、慎重に慎重に、そばを通過。

なんのことはないじゃん!馬鹿みたいに熟睡かよ!

と思いきや〜いきなり羽をバタつかせて起きちゃった!

王子ですけど!王子なんですけど!仲間をほっぽり出して、そそくさと1人でランニングウェイ(笑)

どうにか、逃げ切りました。

仲間もちゃんと付いてきてましたよ。

ごめんね、しもべ達よ。

そんで、なんかわけの分からない頼まれ物を岩場で見つけて、再びガーディナ渡船場チャラい新聞記者の元へ行き、頼まれ物を渡しました。

そしてまたウロウロしていたら、お腹を好かせた汚らしい猫ちゃんに出会い、そんな純粋な気持ちなんて持ってないだろうけど「お腹が空いたのかい?何か食べ物を探さないと」と、王子善人ばりの優しさで、釣りを開始

この釣りは、王子スキルのようですね。

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

 

この釣りがなかなか手応えあって、釣るのが難しく、日が暮れるまで釣りに時間を費やすハメに。

でも、猫さんのためなら仕方ないか。

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

 

気づけば、キレイな月が出るほど、辺りは暗くなってました。

このFFXVは、昼夜の概念があるようですね、夜は敵も強いんですって。

だからそそくさと、猫ちゃんに魚を与え、そんなとんでもない敵と出会う前に、ひとまず寝ることに。

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

 

そんで、ここらで、旅の休憩をします。

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

FINAL FANTASY XV_20161208_ぺーやん

続きはこちらをクリック|「FFXV攻略じゃなくて、ただの旅日記 |「FFXV Journey of discovery 」③」へ

では、またFFXVの旅の続きでお会いしましょう。
see you next

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。