悲報!MacBook ProのRetina液晶コーティング剥がれの原因と対策!|修理依頼とサービスも紹介!

所有しているMacBook Pro 13インチ無惨姿になりました。

いつも”俺的デザインログ”を読んで頂き、ありがとうざいます。どもども、PEITA(デザインブロガー@PEITA)です。

今回は、そのMacBook Pro Retina 13インチの液晶のコーティングが剥がれた原因と対策、そしてAppleCare(保証)についての備忘録です

MacBook Pro 液晶コーティングが剥がれた

実際の症状は?

img_8841

この写真が実際のMacBook Proの液晶のコーティングが剥がれてしまった様子になります。

いかがでしょうか?

まさか液晶のコーティングが剥がれているとは思いませんでしたので、普通のティッシュや、やわらかめの鼻ティッシュ、そしてトイレットペーパー、さらにはメガネ拭きから、タオルから色々なもので拭いてみましたが、すでに、コーティングが剥がれている状態なので、全く効果がありませんでした。

液晶コーティング剥がれの原因は?

コーティングとは言っても、液晶の反射防止コーティングというものが剥がれて起きている症状だということです。では、なぜそんな事が起きるのか?というところで、色々調べたところ、以下3つの事が原因だろうと推測することができました。

原因①消毒用のアルコール成分

アルコール成分が含まれているシートやスプレーでよく拭いていました。よく拭いていましたと言っても、月に1度か2度ほどです。なので、まさかそれだけで液晶のコーティングが剥がれたのか?

原因②トラックパッドやキーボードが、ディスプレイを閉じた時に、液晶へ触れたりすることで起きた

多少は触れる(接触)だろうけど…実際、キーボードが触れたところと、コーティングが剥がれたところは一致してはいません。

原因③クリーニングクロスやマイクロファイバーの布など

こちらに関しては、誰でも意外と普通に使ってますよね。それで拭かない人いるの??って逆にビビります。まずは、一般的に考えられるのは間違いありません。俺も含めて、誰でも日常的にクリーニングクロスなどで液晶を拭くでしょう。

MacBook Proの液晶コーティング剥がれの原因の答え

という3つの原因が考えられました。そして実際に、コチラの記事で書いていますが、AppleにMacBook Proのコーティング剥がれの修理依頼をする際に、Appleスタッフに液晶コーティング剥がれの考えられる原因を聞いてみたことろ、”アルコール成分で拭く”ということが原因だと言われていました。

【関連記事】MacBook Pro 液晶コーティングが剥がれた!修理,無償交換できる?実際にAppleCareで修理交換してみた。 

MacBook ProのRetina液晶コーティング剥がれの対策は?

  • アルコール成分でMacBook Proの液晶ディスプレイを絶対に拭かないこと

これはMacBook Proに限らず、iMacであっても、iPhoneやiPadであっても同じようなことが言えそうなので、あなたもくれぐれもアルコール成分で液晶ディスプレイを拭くことは控えましょう。

AppleCareの保証対象はどうなってんの?

とりあえず、2015年10月16日以降のモデルは1年間のみ対象で、購入から3年以内のモデルAppleCareの保証なら無償のようです。

しかし、10万円くらい修理代がかかってしまうケースがあるようですので、くれぐれ慎重に慎重に行動して下さい。修理代に10万円かかるなら、それを元金にして新しいモデルを買いましょう。

というわけで、こんな被害を受けたわけですが…AppleCareの保証内で助かりました。

俺の所有するMacBook Pro13㌅ 2013モデルの液晶の反射防止コーティング剥がれが、AppleCareで実際に無償修理できたのか?は、以下に詳しく記事にしていますので、合わせてお読み下さい。

【関連記事】MacBook Pro 液晶コーティングが剥がれた!修理,無償交換できる?実際にAppleCareで修理交換してみた。 

追記:上記の記事ではMacBook Pro 2013モデルは無償交換できました。しかし、コメント頂いた方は、以下のようなことがあったようです。

2013 macbook pro を2018.7.2に 心斎橋のアップルに持って行ったが、古いので保証外とのことで、コーティング剥がれの対応はしてくれませんでした。修理で5万円以上かかるそうです。

t.tさんより

Apple Storeの実店舗に行く前に、どのくらいの費用がかかり、保証がどうなのか?を事前に確認することをおすすめします。

AppleCareに入っていないなら

AppleCareに加入していない、またはAppleオンラインストアや店舗持ち込みで修理を予定している方などは、Apple以外の修理サービスもちゃんと調べておきましょう。

ここで調べるかどうかで、何万円も違ってくる可能性があります。実際に、Appleで修理するよりも、それ以外の修理サービスで修理する方が、納得のいく価格で対応してもらえることだってあります。

無償ではなく、有償の場合は、色々な修理サービスを検討して下さいね。いくつか、Mac関係の修理依頼ができるサービスのリンクを下記に貼っておきますので、ご参考下さい。

最後に

ということで今回は、そのMacBook Pro Retina 13インチの液晶のコーティングが剥がれた原因と対策、そしてAppleCare(保証)についての備忘録でした。

その後にAppleサポートいて神対応修理交換してもらいました。以下の記事を合わせてお読み下さい。

では、またお会いしましょう。
see you next.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

2 件のコメント

  • 2013 macbook pro を2018.7.2に 心斎橋のアップルに持って行ったが、古いので保証外とのことで、コーティング剥がれの対応はしてくれませんでした。修理で5万円以上かかるそうです。

    • そうなんですね。それは残念です。僕の場合はApple careに入っていたのとコーティング修理期間内だったのか?本当に無償でした。t.tさんのコメントを追記して記事の中でもご紹介しさせて頂きます。情報ありがとうございました。次回は、持ち込みではなく、サポートに先に電話することをおすすめします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。