買ってよかったモノ|Nintendo switchとゼルダの伝説!最高評価!2017年版

ゼルダの伝説とNintendo switchのアイキャッチ

どんなモノとの出会いで、自分の人生が変わったのか。

どもども、PEITAデザインブロガー@PEITA)です。

このブログは、UlyssesというMacOSアプリiOSアプリを使って執筆しています。また、このブログのWordPressのデザインテーマは、STORKを使用しています。

では、記事の中身へ。

2017年も色々なモノに出会いました。

今回は、2017年に出会ったモノの中で、それを手に入れたことで人生が楽しめた、楽しめている「Nintendo Switch」と「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 」をご紹介致します。

攻略とかではないので、完全に自分よがりな記事ですが、あなたの新しいモノゴトへの興味の後押しにもなれば幸いです。

ゼルダの伝説 BOTW

こちらの記事《 Nintendo switchがたまたま入荷で予約せずに定価でゲットした話! 》でも書きましたが、Nintendo switchを運良く手に入れることができまして、念願だった「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」を買いました。

ゼルダの伝説 BOTWについての購入開封レビューは以下に詳しく記事にしていますので、合わせてお読み下さい。

 関 連   ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド!amazonで数量限定版が発売!

 関 連     Nintendo switchゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド限定版開封!

これがまさに「最高!」です。

非日常の冒険の旅に出ているようです。

壮大な自然と生き物が織りなす、風と大地の呼吸がゲーム画面越しにグッと心をワクワクへと導き、プレイしている時間をいつの間にか忘れるくらい、没入感が半パンないです。

昔の思い出が蘇る

ゼルダの伝説の過去の作品は、スーパーファミコ版の「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」という作品くらいしかプレイした経験がありませんでした。

しかし、当時プレイしていた時のウル覚えの効果音が、Nintendo switch版のゼルダの伝説 BOTWの中でも使われているようで、「ハッ」とあの頃に夢中でプレイした時のことを思い出しました。

いや〜これはかなり貧素なビジュアルですが、当時はあまりにも凄まじいビジュアルに見え、感動していました。

そんな記憶を、また思い出させてくれたゼルダの伝説 BOTW。

大人が適度に楽しめる

ゼルダの伝説BOTWの画像

謎解きという部分と、バトルやストーリー難易度的なことを言えば、両者「ちょうどええ」感じです。

Nintendo Switchの据え置き型にもモバイル型にもなるメリットと、ゼルダの伝説の「ちょうどええ」感じの難易度とが相成り、リビングの大画面でガッツリ、ベッドに横たわっての就寝前の10分、時と場所を選ばずにプレイできるので非常に社会人の大人には最適なゲーム環境を作る事ができます。

謎解きという部分は、昔のゼルダの伝説をプレイしていた時も感じていましたが、ちょっとしたなぞなぞを解いているような感覚で、超難しいという事ではなく、俺みたいなバカでもちょっと考えればなんとか分かるレベルで、非常に適度に脳が刺激され、謎解きクリア時の達成感も程良いので、疲れるというか感覚ではなく、日常のニンマリ感くらいなので「ちょうどええ」です。

バトルもアクション形式ですが、ちょっとコツを掴めばなんとなるので、俗に言う死にゲーではありません。

個人的に「よく死ぬ」というシチュエーションはというと、山をロッククライミングしている時に、体力ゲージ(HPではな、持久力という概念)がなくなり転落して死に、海や川でスイムしている時に体力ゲージがなくなり溺れ死ぬ、雷雨に打たれて感電死とか、そんな死に方が俺は多いですww

そして、そう言った死に方をする時のリンクの動作が 、あまりにも切ないんですよ。

リンクを死なせたくない感情が出る

ゼルダの伝説BOTWのリンクの画像

山から落ちる時は、アタフタしながら地面に叩きつけられた瞬間に動作停止でタコのようにクニャクニャになって即死するリンク。

海や川で溺れる時は、あっぷあっぷになって溺れて沈んでいくリンク。

なんだか「リンクが可哀想」という感情がこみ上げ、「リンクを絶対に死なせないぞ!」なんていうモチベーションも湧いてきちゃうという演出になっていて、自分に起こっていることではないんですが、自分がリンクを操作しているという環境に対して、「責任」が生じてしまうような心理状況を上手くつくようなキャラクターのモデリングになっています。

グラフィックの雰囲気が心地イイ

PS4なんかに比べると、それは見劣りするかもしれません。でもね、これは高画質でなくても、美しいと感じるグラフィックです。

グラフィックは、近景、中景、遠景と、距離によって見る側に変化が起こるような構成になっているようで、一見乱雑に見える世界観ですが、すべてを高画質処理するという発想ではなく、いわゆる”ベタ塗り”という部分を多様し、近景と遠景に違和感のない違いに魅せています。

朝日、夕焼け、あらゆる景色に暖かみがあり、ホッと落ち着ける空間がそこにあります。逆にゾッと思える場所であっても、なぜか”恐怖”という概念ではなく、幻想的、さらには神秘的な感覚を持ってしまうほど、その世界観は没入度たっぷりに描かれています。

高画質でなくても、”美しさ”がそこにはあります。

最後に

人生とは、人との出会いだけではなく、モノとの出会いで人生がさらに、”楽しみ”に満ち溢れた毎日になります。

さすがに毎日はできませんが、ゼルダの伝説は凄まじいほどの”一時の楽しみとワクワク”を与えてくれます。

ゼルダの伝説を、Nintendo switchを所有しているすべてのユーザーにおすすめしたいと思います!プレイしていない人はぜひともやりましょう。

Amazonレビューの高評価は、明らかに真実です。

その他にも色々なモノとの出会いがあった2017年ですが、2018年もさらにモノとの新しい出会いに期待しています。

今回は、2017年に出会ったモノの中で、「それを手に入れたことで人生が楽しめた、楽しめている」というモノの「Nintendo Switch」と「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 」をご紹介致しました。

あなたの新しいモノゴトへの興味の後押しになりましたでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございます。

また、お会いしましょう。

その他に買ったモノ

その他に買ったモノについては以下にまとめて記事リンクを貼っておきますので、興味のあるキーワードがあれば、合わせてお読みください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

ゼルダの伝説とNintendo switchのアイキャッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA