fig_main

ニンテンドースイッチのゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの評価!

ゼルダの伝説とNintendo switchのアイキャッチ
auが話題の機種など割引中!新規&機種変なら今!
auオンラインショップ

ソフトバンクのスマホが大幅値下げ!
ソフトバンクオンラインショップ

ドコモがiPhone XSやその他スマホを値下げ中!
ドコモオンラインショップ

子供の頃のワクワクを取り戻す時間になる。

今回は、ニンテンドースイッチのソフト「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 」の僕なりの評価と、Amazonの実際のレビューのまとめをご紹介させて頂きます。

攻略とかではないのですが、「子供の頃にゼルダの伝説で遊んだことのある大人」の方には是非ともゴリ押ししたい!という思いで書かせて頂きます。

この記事を読むと ―

「子供の頃にゼルダの伝説で遊んだことのある大人」は、ニンテンドースイッチのゼルダの伝説 ブレスオブワイルドをプレイしたくなります。


ニンテンドースイッチのゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの評価

こちらの記事《 Nintendo switchがたまたま入荷で予約せずに定価でゲットした話! 》でも書きましたが、Nintendo switchを運良く手に入れることができまして、念願だった「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」を買いました。

ゼルダの伝説 ブレスオブワイルドの限定版を購入

ゼルダの伝説BOTW限定版パッケージ表の写真

ゼルダの伝説 ブレスオブワイルドについての購入レビューは以下に詳しく記事にしていますので、合わせてお読み下さい。

関連記事:Nintendo switch ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド 限定版!冒険ガイドブック,マップ付き!を購入。

これがまさに「最高!」です。

非日常の冒険の旅に出ているようです。

壮大な自然と生き物が織りなす、風と大地の呼吸がゲーム画面越しにグッと心をワクワクへと導き、プレイしている時間をいつの間にか忘れるくらい、没入感が半パンないです。

子供の頃にゼルダの伝説で遊んだ思い出のある大人にはグッと来るものがある

ゼルダの伝説の過去の作品は、スーパーファミコ版の「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」という作品くらいしかプレイした経験がありませんでした。

しかし、当時プレイしていた時のウル覚えの効果音が、Nintendo switch版のゼルダの伝説 BOTWの中でも使われているようで、「ハッ」とあの頃に夢中でプレイした時のことを思い出しました。

いや〜これはかなり貧素なビジュアルですが、当時はあまりにも凄まじいビジュアルに見え、感動していました。

そんな記憶を、また思い出させてくれたゼルダの伝説 BOTW。

大人が適度に楽しめる

ゼルダの伝説BOTWの画像

謎解きという部分と、バトルやストーリー難易度的なことを言えば、両者「ちょうどええ」感じです。

Nintendo Switchの据え置き型にもモバイル型にもなるメリットと、ゼルダの伝説の「ちょうどええ」感じの難易度とが相成り、リビングの大画面でガッツリ、ベッドに横たわっての就寝前の10分、時と場所を選ばずにプレイできるので非常に社会人の大人には最適なゲーム環境を作る事ができます。

謎解きという部分は、昔のゼルダの伝説をプレイしていた時も感じていましたが、ちょっとしたなぞなぞを解いているような感覚で、超難しいという事ではなく、俺みたいなバカでもちょっと考えればなんとか分かるレベルで、非常に適度に脳が刺激され、謎解きクリア時の達成感も程良いので、疲れるというか感覚ではなく、日常のニンマリ感くらいなので「ちょうどええ」です。

バトルもアクション形式ですが、ちょっとコツを掴めばなんとなるので、俗に言う死にゲーではありません。

個人的に「よく死ぬ」というシチュエーションはというと、山をロッククライミングしている時に、体力ゲージ(HPではな、持久力という概念)がなくなり転落して死に、海や川でスイムしている時に体力ゲージがなくなり溺れ死ぬ、雷雨に打たれて感電死とか、そんな死に方が俺は多いですww

そして、そう言った死に方をする時のリンクの動作が 、あまりにも切ないんですよ。

リンクを死なせたくないという感情が出る

ゼルダの伝説BOTWのリンクの画像

山から落ちる時は、アタフタしながら地面に叩きつけられた瞬間に動作停止でタコのようにクニャクニャになって即死するリンク。

海や川で溺れる時は、あっぷあっぷになって溺れて沈んでいくリンク。

なんだか「リンクが可哀想」という感情がこみ上げ、「リンクを絶対に死なせないぞ!」なんていうモチベーションも湧いてきちゃうという演出になっていて、自分に起こっていることではないんですが、自分がリンクを操作しているという環境に対して、「責任」が生じてしまうような心理状況を上手くつくようなキャラクターのモデリングになっています。

グラフィックの雰囲気が心地イイ

PS4なんかに比べると、それは見劣りするかもしれません。でもね、これは高画質でなくても、美しいと感じるグラフィックです。

グラフィックは、近景、中景、遠景と、距離によって見る側に変化が起こるような構成になっているようで、一見乱雑に見える世界観ですが、すべてを高画質処理するという発想ではなく、いわゆる”ベタ塗り”という部分を多様し、近景と遠景に違和感のない違いに魅せています。

朝日、夕焼け、あらゆる景色に暖かみがあり、ホッと落ち着ける空間がそこにあります。逆にゾッと思える場所であっても、なぜか”恐怖”という概念ではなく、幻想的、さらには神秘的な感覚を持ってしまうほど、その世界観は没入度たっぷりに描かれています。

高画質でなくても、”美しさ”がそこにはあります。

ニンテンドースイッチのゼルダの伝説ブレスオブザワイルドのAmazonレビューの評価まとめ

ゼルダの伝説が面白いと思える20のレビュー

  1. ニンテンドースイッチのソフトの中で間違いなく最高
  2. ゲームとは思えないほどの素晴らしい景色
  3. アクションが苦手でもできるやりやすさ
  4. 自由度が高すぎる内容
  5. 何よりストーリーとキャラクターが最高
  6. クリアしたくないという気持ちにさせてくれる
  7. ゼルダのためだけにSwitchを買ってもいい
  8. ゲームから20年以上遠ざかっていた40歳でもハマる面白さ
  9. 自分の時間を巻き戻したような感覚に陥る
  10. 「何をしても自由」は裏を返せば「何をすればいいのか自分で考えろ」だが適度にわかりやすい
  11. 挑戦することの面白さ、大切さを教えてくれるそんなゲーム
  12. とにかく神ゲー
  13. プレイ時間が100時間を超える奴らが続出
  14. クリアした後は、感動じゃなくて感謝しかない
  15. 一言「素晴らしく面白いゲーム」
  16. 最後、ラスボス討伐に行きたくない気持ちになるなんて初めてだった。
  17. 現在300時間超えで、クリアしましたが、コンプリートを目指すか、2周目を始めるか、まだまだ遊べそ~です。
  18. イノシシいた!爆弾投げて爆破。イノシシ肉GET。
    たたたたたたたたのしいーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    って、今、そういう状況です。
  19. アクションRPG苦手な人こそ、手に取ってほしい。冒険してる!!!!!!!!って感じますよ。
  20. 久しぶりに長時間ゲームをしたくなる、続きを早くしたくなるゲームです。

では最後に、まだ「ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド」をやったことがない方へ、必見な情報をご紹介します。

ゼルダの伝説 ブレス オブザ ワイルドの中古最安は?

買おう!と思った時に即買いがお得な理由!

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」を安く買いたい!

そんな風に考えている方に、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の中古の最安値情報について書いていますので、購入を考えている人は詳しくは以下をチェックして下さい。

ゼルダの伝説 ブレス オブザ ワイルドの中古最安は?即買いがお得な理由!

最後に

さすがに毎日はできませんが、ゼルダの伝説は凄まじいほどの”子供の頃のワクワク”を大人に与えてくれます。

ということで今回は、今回は、ニンテンドースイッチのソフト「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 」の僕なりの評価と、Amazonの実際のレビューのまとめをご紹介させて頂きました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。また、お会いしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

バナー

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



LINE@でお得な情報を得よう!

PCサイズ-LINE@-バナー

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

ゼルダの伝説とNintendo switchのアイキャッチ

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。