スケボー デッキテープにシェイクジャントの赤を使用!汚れ具合やデザインはどう?

スケートボード デッキテープ 記事 アイキャッチ

スケートボードにオリジナリティを持ちたくて、SHAKE JUNT!(シェイクジャント)の赤色(RED)のデッキテープを使ってみました。

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。どもども、デザインブロガーPEITAです。

こちらの記事『スケボー初心者へ!悩まないデッキの選び方!おすすめはオリジナル!インチや大きさ〜セッティングまでを解説!』に詳しく書いていますが、スケートボードは大きく分けてデッキ、トラック、ウィール、デッキテープの4つが組み合わさって完成します。その中で、デッキのブランドにこだわる人や、ウィールやトラックにこだわる人など、様々です。

そこで今回は、スケートボードにオリジナリティを持ちたくて、SHAKE JUNT (シェイクジャント)デッキテープの赤色(RED)のデッキテープを購入し半年使ってみての”練習の際の視覚的側面”や”汚れ具合”などについてのレビューをお届けします。

一般的なデッキテープ

skateboard deck Tape

一般的によく見かけるデッキテープは、上記の写真のような薄いブラックを基調としたカラーリングのものが主流だと思います。しかし、デッキテープにも様々なカラーやデザインのものが以下のようにたくさんあります。

カラフルなデッキテープ

このように一般的な薄い黒色のデッキテープ以外にも色々なデッキテープがあります。

|デッキと同じくらいデッキテープにもオリジナリティを

skateboard deck Tape

もちろんスケートボードのデッキのデザインやブランド、形にこだわるスケーターの方は多いと思いますが、デッキのデザインが超カッコよくても、実際にスケートしながら自分の視界に入ってくる面になるのは上記の写真のようにデッキテープです。

例えば、スケートボードを並べてしまうと、どれが自分のものなのかパッとわかりにくいですし、薄い黒のデッキテープではなんだか味気ない。

僕はこちらの記事『後悔せずに自分らしい生き方をするには?』でも書いていますが、他人と同じものをあまり好まないので、デッキテープも自分のオリジナリティを出してみようと思い。赤色のデッキテープを買って使ってみました。

シェイクジャント 赤のデッキテープ

ブランドはSHAKE JUNT

僕は赤色が好きなので、デッキテープの赤を探したんですが、あまり赤色のデッキテープがなく、とりあえずその中でも自分の気に入ったSHAKE JUNTの赤色のデッキテープを買ってみまた。

デッキテープを貼った印象

SHAKE JUNT 赤 デッキテープ

SHAKE JUNT デッキテープを貼ってみました。数多くのスケーターが使用している薄い黒色のデッキテープよりもかなりデザイン性やオリジナリティはあがったと個人的には思います。

もちろん、スケートボードの見た目もいいけど、トリックなどの技を極めることに集中しろ!なんて言葉も聞こえてきそうですが、僕は形から入る男ですので…すみません。

|デザイン性は申し分ない

見ての通り、SHAKE JUNTのロゴがデカデカと書かれたそのデザインは圧巻です。フォントについては万人受けしそうなゴシック書体なので、飽きの来ないデザインだと感じます。実際に使用していてもそのデザインに一瞬も飽きることなく、使うことができました。

実際に使用している動画

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

石原 一平|ippei ishiharaさん(@ippei_ishihara)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

石原 一平|ippei ishiharaさん(@ippei_ishihara)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

石原 一平|ippei ishiharaさん(@ippei_ishihara)がシェアした投稿

いかがですか?

僕の下手くそっぷりは置いておいて、赤色のデッキテープがなかなかオシャレで、他との差別化も図れていると感じませんか?

テクニック的には初心者の域ですが、スケートボードの練習中にいつでも自分が選んだデッキテープが視界に入ってくるのでモチベーションが上がります。

またこちらの記事『30〜40代にオススメのスケボーファッションメンズコーディネートを3パターンご紹介!』でご紹介しているスケーターファッションについても、自分のこだわりを持っていますので、合わせて参考にして下さい。

練習の際の視覚的側面

SHAKE JUNT 赤 デッキテープ ③

赤色だと客観的に見ても、直感的に見ても目立ちます。それは、遠くからも”赤”だという認識で捉えることができるので、「あれが自分のデッキテープだ!」とすぐに認識することができます。逆に言えば、他のスケートボードをしている人からすれば、「あれは僕のじゃない」とすぐに認識してもらうことができます。

赤のデッキテープは練習し難い?

|デッキテープと地面の色との関係性

スケートボードの練習の際は、先ほどお伝えしている通り、デッキテープが自分の視界にはいってきます。極端に言えば、デッキテープが鏡張りになっていた場合、オーリーなどを行う際に、デッキの位置を見ながら足の位置を調整するわけなので、視覚的にかなり反射が邪魔になってきます。

見やすさを考えたときに大切なのは、対象物の色と背景色の関係です。
引用元:見やすい色と見にくい色の差はなにか?

このように考えると、アスファルトやスケートパークの地面の色を考えれば、薄い色(灰色)が使われていることが多いと思います。つまり、灰色と黒という対象物の配色のコントラストを考えれば、薄い黒色のデッキテープは、理にかなった配色であると仮定することができます。

|赤だから滑りにくいわけではない

デッキテープが赤だから練習に集中できない!ということは全くありません。逆に赤だからと猛牛のように興奮して落ち着いて練習ができない!などということも全くありません。

赤のデッキテープの汚れ具合は?

赤のデッキテープ使用前

スケートボードSHAKE JUNTIのデッキテープの写真

こちらの写真がSHAKE JUNT デッキテープを貼ったばかりのものです。

そして以下の写真が、使用して6ヶ月になった時の写真です。

赤のデッキテープ使用後

SHAKE JUNT 赤 デッキテープ ④

少し分かりやすいように、写真の明瞭度を上げ気味で加工しています。

SHAKE JUNT 赤 デッキテープ ⑤

いかがですか?

もちろんかなり汚れております。やはり薄い黒のデッキテープよりも汚れが目立ってしまうことは言うまでもありません。かといってそれがかっこ悪いか?といえばそうでもありません。自分の練習した軌跡でも見るかのような充実感もあります。

デッキテープは汚れても良い

「デッキテープを赤にしたい!」と言うと、スケーターの方やスケボーつながりの友人でさえ、「汚れが目立つよ」という第一声を浴びせられます。僕も最初はデッキテープが汚れてしまうことに抵抗があり、「汚れが目立つのは嫌だ」と思ってはいましたが、とにかくあまり人と同じことしたくない僕にとっては、デッキテープに関しても”オーソドックス”ではなく、”へトロドックス”を選びました。

先ほどの動画のように赤のデッキテープにしてから使い倒した結果、僕の中である答えが生まれました。

「そもそもデッキテープは汚れるものだから、汚れたって気にするべきことではない」

という僕なりの結論。

最後に

ということで今回は、スケートボードにオリジナリティを持ちたくて、赤色(RED)のデッキテープを購入し半年使ってみての”練習の際の視覚的側面”や”汚れ具合”などについてのレビューをお届けしました。

色々なデッキテープが販売されているので、「汚れるからダメ」ではなく、あなたの好きなデッキテープを買って使う方がよっぽどスケートボードを楽しめると思います。

街乗りクルージングもなかなかオシャレで目立つの気分もいいです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

石原 一平|ippei ishiharaさん(@ippei_ishihara)がシェアした投稿

最後まで読んで頂きありがとうございました。またお会いしましょう。

次は、こちらの記事『スケボーデッキブランドのおすすめの超人気「MAGENTA」を徹底解説!』で、僕の好きなスケートボードブランドについてご紹介していますので、合わせてお読み下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

スケートボード デッキテープ 記事 アイキャッチ

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA