α7Ⅲで撮影したRAWがLightroom Classic CCで読み込めない時の対処方法!

Lightroom Classic CC What to do when RAW (ARW) can not read

α7Ⅲで撮影したRAW形式のファイル(.ARW)がAdobe Lightroom Classic CCで読み込めない?という時に行う対処方法が分かります。

こちらの記事:ソニー α7ⅲ は価格以上の価値がある! で書いている通り、α7Ⅲを購入したので日常のスナップショットなどをRAWで撮影し、撮影した写真をAdobeのLightroom Classic CCで現像しようとしたら、以下のように「プレビュー」すらできず、RAWデータの読み込みもできませんでした。

α7ⅢのRAWファイル読み込めない画面

結論から言いますと、DNG Converterというソフトウェアを使って、α7ⅢのRAWデータをDNG形式(RAW相当ファイル)に変換することで問題なく読み込めます。

これだけの説明で分かって頂けたなら、以下にAdobeが出しているDNG Converterのソフトウェアをダウンロードして試して下さい。

『Adobe DNG Converter』のダウンロードページ
https://supportdownloads.adobe.com/detail.jsp?ftpID=6319

ちなみに僕の使用環境は「macOS」。また、Classicではなくサブスクリプション版(クラウド)のLightroom CCではα7ⅢのRAW形式のファイル(.ARW)は普通に読み込めています。

ここで紹介するのは、Adobe Lightroom Classic CCで起こっていることです。

では、詳しく解説していきます。


α7ⅢのRAWファイルが読み込めない状況

α7ⅢのRAWファイル読み込めない画面

上記の画像のようにΑ7ⅢのRAWファイルを読み込もうとしても「このファイルはプレビューできません」となってしまいます。

Lightroomのバグなのか、Α7ⅢのRAWデータのバグなのか、全くわかりませんでしたので、ネット色々と調べてみたんです。しかし、なかなか答えは出てはこなくて、Lightroomのアップデートや再起動、Α7ⅢのRAWで撮影した写真をMacに再読込したりしたんですが、ダメでした。

しかしちゃんとα7ⅢのRAWデータをLightroom Classic CCに読み込む方法が分かりました。

これは一例に過ぎないと思いますし、今後のLightroomのアップデートで改善されるかもしれませんし、macOS側の問題で改善されるかもしれません。また、他の方法もあるかもしれません。

ここで言えることはー

Α7Ⅲで撮影したRAW(拡張子ARW画像ファイル)がAdobe Lightroom Classic CCで読み込めない?という症状につまづいている方は、これから紹介する方法を使えば、確実にΑ7Ⅲで撮影したRAWデータをLightroomに読み込めます。

α7Ⅲの拡張式ARWをLightroom Classic CCに読み込む方法

DNG Converterをダウンロード

『Adobe DNG Converter』のダウンロードページはこちら
https://supportdownloads.adobe.com/detail.jsp?ftpID=6319

DNG Converterをインストール

DNG Converter アイコン

ソフトウェアをダウンロードしたら、そのままインストール。上記の画像はDNG Converter アイコン。

そしてダブルクリックで起動。起動後に、以下の手順で変換設定していきます。

RAWからDNGへの変換手順

  1. 変換する画像を選択
  2. 変換した画像の保存先を選択
  3. 変換した画像の名前を選択
  4. 環境設定

ではそれぞれ説明しておきます。

変換する画像を選択

変換する画像を選択 画面

保存しているα7Ⅲのファイルを選択する。もしフォルダではなくデスクトップ画面にズラッと散らばっている場合はきちんとフォルダを作りましょう。

変換した画像の保存先を選択

変換した画像の保存先を選択 画面

RAWファイルからDNGに変換した後のファイルをどこに保存するか選択します。同じフォルダにしてしまうと、変換前のRAWファイルとごちゃごちゃになるので、別のフォルダを予め作っておいてそこに保存すると良いでしょう。

変換した画像の名前を選択

変換した画像の名前を選択

ここは特にそのまま空白でも構いません。必要に応じて設定して下さい。

環境設定

環境設定 画面

こちらも何もなければそのままで構いません。

変換をクリック

変換をクリック 画面

①〜④の設定が終わったら最後に右下の変換をクリック。

正常に変換される

正常に変換された表示画面

上記のように、ARWからDNGに変換されたというステータスが表示されます。

そしてα7Ⅲで撮影してRAWファイルからDNGに変換したファイルをAdobe Lightroom Classic CCに読み込むと……

Lightroom Classic CCに無事に読み込めた

DNGファイル 読み込み完了画面

上記の写真のように、問題なくAdobe Lightroom Classic CCにα7Ⅲで撮影したRAWファイル(正確にはDNG)が読み込めました。

『Adobe DNG Converter』のダウンロードページ
https://supportdownloads.adobe.com/detail.jsp?ftpID=6319

DNG変換するメリットデメリット

DNG形式のメリット

  • ファイルサイズがRAWより小さい
  • 変換しても劣化することがない
  • RAWデータファイルの中のJPEGが使用可能

それならRAWではなくDNG形式に変換した方が良いのでは?と考えてしまいますが、もちろんデメリットもあります。

DNG形式のデメリット

  • 変換後は正規のRAWデータには戻せない
  • そもそも変換することが手間になる

最後に

やはり僕としても「変換する手間」についてのデメリットに対して正直納得いきません。Adobe Lightroom Classic CCにRAW形式のファイル(.ARW)が普通に読み込めることをこれから期待します。

ということで今回は、α7Ⅲで撮影したRAW形式のファイル(.ARW)がAdobe Lightroom Classic CCで読み込めない?という時に行う対処方法がご紹介しました。

あなたも僕と同じようにα7Ⅲで撮影したRAW形式のファイル(.ARW)がAdobe Lightroom Classic CCで読み込めない?状況につまづいているなら、すぐにでも実践して下さい。

『Adobe DNG Converter』のダウンロードページ
https://supportdownloads.adobe.com/detail.jsp?ftpID=6319

最後まで読んで頂きありがとうございました。またお会いしましょう。

次はこちらの記事がおすすめ

「写真も動画も妥協せずに高画質で撮影したい」

この記事では、SONYのα(アルファ)シリーズの中でも超人気のフルサイズミラーレスカメラ「SONY α7 III 」を購入したので、基本機能とスペックをお届けしています。

記事:ソニー α7ⅲ は価格以上の価値がある!5つの基本的な特徴を知ればきっと欲しくなる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

おすすめ関連記事を特集!!



最新情報はこちらから!

バナー

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

Lightroom Classic CC What to do when RAW (ARW) can not read

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA