iPhone13のカメラは6400万画素とLiDARスキャナ搭載で4眼になる。

iPhone13-camera
iPhone14を今すぐ予約・購入しよう

ソフトバンク・au・ドコモの方は早めに購入しましょう

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

以前に投稿したブラックなガジェット20選ランキングでご紹介した記事の中で書いた第一位の小さな薄いHITOE FOLDについてですが、僕が運営するYouTubeチャンネルのコメントやTwitterのDMなどから結構良い反応を頂いていおります。

まだご覧になっていない方はぜひそちらの記事もチェックし下さい。

ということでこの記事では、その2021年に発売されるiPhone13の最新のリーク情報が出てきましたので、iPhone12と比較しながらご紹介していきます。

iPhone14の予約・購入はこちら

iPhone14の予約開始・発売日時

■発表日 : 2022年9月7日(日本時間で9月8日 午前2時)

■予約開始日 : 2022年9月9日(金)

■発売日 :2022年9月16日(金)

■iPhone14/iPhone14 Pro/iPhone14 Pro MAXは

■発売日 :2022年10月7日

■iPhone14 Plus

キャリア版(ドコモ・au・ソフトバンク)のiPhone14シリーズも同日時で予約・発売されます。

すぐにiPhone14を予約する

auでiPhone14を予約・購入する方法

au

au Online ShopでiPhone14を予約する方法は以下の通りです。

予約方法

  1. au公式サイトにアクセス
  2. 画面左上のメニューから「au Online Shop」をタップ
  3. 希望のiPhone14モデルをタップ
  4. 「予約する」をタップ
  5. カラー・容量・契約種別・購入方法を選択後「手続きに進む」をタップ
  6. 「au Online Shopで契約・購入」をタップ
  7. au IDでログイン
  8. お客様情報を入力して次へ進める
  9. 申し込み完了メールが来たら予約完了

ドコモでiPhone14を予約する方法

予約方法

  1. 予めdアカウントでログインしておく
  2. docomo Online Shopにアクセス
  3. 画面左上のメニューから「機種をさがす」をタップ
  4. 希望のiPhone14モデルをタップ(「予約する」と表示されていれば予約が可能です)
  5. カラー・容量・契約種別・購入方法を選択後「予約する」をタップ
  6. お客様情報を入力して次へ進める
  7. 申し込み完了メールが来る
  8. 機種変更予定の電話番号から「0120-131-226」(通話料無料・自動音声・24時間対応)へ電話尾かけて予約完了

ソフトバンクでiPhone14を予約・購入する方法

Softbank

予約方法

  1. ソフトバンクオンラインショップにアクセス
  2. 画面上のメニューから機種を選ぶ。「iPhone14 Pro/Pro MAX」は左をタップ。「iPhone14/Plus」は右をタップ
  3. 希望のiPhone14モデルの「購入する」をタップ
  4. 手続内容を選択後「自宅で受け取る」をタップし進む
  5. カラー・容量・購入方法を選択後「予約情報を入力する」をタップ
  6. お客様情報を入力して次へ進める
  7. 申し込み完了メールが来たら予約完了

楽天モバイルでiPhone14を予約・購入する方法

予約方法

  1. 楽天モバイル公式サイトにアクセス
  2. 画面右上メニューから「製品」→「iPhone」とタップ
  3. 希望のiPhone14モデルをタップ
  4. 「iPhone14を購入する」をタップ
  5. カラー・容量・購入方法を選択後「カートに追加する」をタップ
  6. 楽天会員情報でログイン
  7. 契約者情報・申込内容を確認して次へ進める
  8. 申し込み完了メールが来たら予約完了


iPhone12と比較!それ以上はやめて!iPhone13のカメラが悲惨なことに?!を解説

こちらの動画で詳しく解説しています。

また動画の後半で、iPhoneに関するあることについてアンケートを行いますので、誰でもご参加できますのでぜひ回答宜しくお願いします。

では以下より文章でも解説致します。

iPhone13のカメラは6400万画素とLiDARスキャナ搭載で4眼になる。

iphone12-pro-7

いくつかの記事で、iPhone12の充電コネクタは、USB-TypeCでもなく、ポートレス化でもなく、Lightningだということをお伝えしていましたが、やはりiPhone13ではポートレス化されるようです。

iPhone13はポートレス化

つまり、給電にはワイヤレス充電が採用されつつ、iPadなどに搭載されているsmartConnectorがiPhone13でも採用され、それ経由でデータ転送などに対応しそうということで、Appleのリークでも有名なAppleのアナリスト数名のリークから示唆されており、iPhone13シリーズのコードネームは「D6x」になるとも伝えています。

さぁそして、iPhone13シリーズのコードネームが「D6x」になると伝えたリーカーの方が、すぐに iPhone13のカメラスペックに関してのリークもツイートしました。

iPhone13のカメラが驚異的すぎませんか?

iPhone13-camera-force

iPhone13には、6,400万画素カメラセンサー、そしてシネマスコープ映像撮影用のアナモフィックレンズや、LiDAR 4.0が搭載される可能性があると伝えています。

アナモフィックレンズに関しては、ググって頂ければと思いますが、それをiPhoneに搭載して何をしたいのかが疑問に残るところです。

僕ら一般ユーザーは、アナモフィックレンズの使い所がないような気もします。

具体的なカメラスペックはこのようになっております。

iPhone13のカメラスペック

6,400万画素センサー

  • 広角1倍の光学ズーム
  • 6倍のデジタルズーム

4,000万画素センサー

  • 3倍〜5倍の光学ズーム
  • 15倍〜20倍のデジタルズーム

4,000万画素センサー

  • 0.25倍の超広角光学ズーム
  • LiDAR 4.0

これがiPhone13に搭載されるとするなら、2020年発売予定のiPhone12、特にProシリーズのカメラスペックに関しては、6400万画素と言われてますが、どうやら広角のみが6400万画素であり、その他の望遠や超広角については、1200万画素となる可能性が出てきました。

iPhone13のカメラデザイン

iphone13-force-camera

ちなみに、iPhone13のカメラデザインのリーク画像が出てきていますが、フォースカメラの下にLiDARスキャナというデザインで、なんとも言えない感じになっています。

するとこのリーク画像について、このチャンネルでいつも追いかけているAppleのアナリストであるジョンプロッサー氏はこのように反論しています。

これはありえないと指摘しています。

そしてさらに、ジョンプロッサー氏はレイアウトはiPhone12シリーズと同じになるとしています。

ジョンプロッサーの言うとおりなら助かります。

僕は集合体が大嫌いいので、これ以上カメラレンズの数を増やしてしまうと、iPhone13から、Androidに乗り換える必要があるかもしれませんので、本当にフォースカメラとかやめてほしいです。

もうこれ以上は限界です。

ごはい、ということで今後もこのチャンネルでは、最新のiPhoneの情報やAppleに関してのリークを追いかけていきますのでぜひブログを毎日チェックしてください

本日も最後までご視聴ありがとうございました

source:Fudge(@choco_bit)/Twitter
source:EverythingApplePro/Twitter

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

iPhone14を今すぐ予約・購入しよう

ソフトバンク・au・ドコモの方は早めに購入しましょう

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

スマホ バナー

おすすめ関連記事を特集!!



iPhone13-camera

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。