iOS11新機能!写真(動画)の保存形式がJPEGからHEIFで容量節約化。

HIEFとは?のアイキャッチ

写真や動画をスマホで撮る時代だからこそ、その容量ってすごく気になるところです。

初めての方も、俺的デザインログを定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうざいます。

ブロガーPEITAの写真

どもども、PEITAデザインブロガー@PEITA)です。このブログは、UlyssesというMacOSアプリiOSアプリを使って執筆しています。また、このブログのWordPressのデザインテーマは、STORKを使用しています。

普段から、一眼レフカメラで写真や動画を撮影する方もいれば、昔からガラケーやスマホでしか写真や動画を撮影しない方、それぞれで色々なフォトライフを過ごしているかと思います。

しかし、もっぱら最近ではiPhoneやスマホなどで写真や動画を撮影する方が多くなっていると思います。

なぜなら、iPhoneのシェア率は日本では7割(※2017年時点)に迫る勢いですので、”iPhoneで写真を撮影する”という方が、もっと増えているということが考えられるからです。

しかし!ある問題が……

写真や動画をiPhoneやスマホで撮影するにしても、iPhone本体の容量などが気になってませんか?

写真に限らずアプリで増えていくばかりなので、これからどんどんiPhoneで写真を撮っていくにあたって、写真以外で使用する容量も含めると、意外とつきまとうのが容量問題ではないでしょうか?

そんな問題に、いち早く動いたのは、我らがAppleです!

Appleは、新しいiOS 11で「HEIF」という新しい写真のフォーマットを導入し、写真保存形式のフォーマットを【JPEGからHEIFに変更】したんです。

写真は”JPEG”で保存が当たり前の世の中ですが、「HEIF」写真保存容量を約半分までに減らす技術を採用した新しい写真フォーマット(保存形式)なんです。

では、「HEIF」について詳しくご紹介していき-ます。

補足として、動画についても「HEVC(H.265)」という新しい動画フォーマット(保存形式)に変更されいていますので、概念的には同じような仕様となっています。

HEIFとは?

「HEIF」「High Efficiency Image Format(高効率画像フォーマット)」の略称で、写真の画質をあまり低下させずに、写真のデータ容量(何MBとか何GBのこと)をできるだけ最小サイズにすることができます。

読み方

「HEIF」の読み方は、WWDC2017の発表の時には「エイチ・イー・アイ・エフ」なんてめんどくさい呼び方をしていましたが、iOS11にアップデート後にSiriに質問してみると「ヒーフ」と発音していました。

だから、Siriを信じて「HEIF=ヒーフ」と呼びましょう。

最大のメリット

保存容量は今までの約半分になる

容量が前より(JPEG)も小さくなるということは、iPhoneのデータ容量(64GBとか256GBとかいうデータ容量のこと)が前より減らないということなので、今まで以上にたくさん写真を撮ることができます。

それに、iPhoneのデータ容量は、写真のデータで60%以上は使用している方がほとんどだと思いますが、単純計算でその半分の30%で済む計算になりますので、その分ゲームアプリやライフツールアプリもどんどんダウンロードすることができますよね。

でも少々問題あり?!

しかし、「HEIF」にはひとつだけ問題があります。

ほとんどのパソコンのOSやスマホは、HEIFではなくJPEGに対応しているということです。

ということは、ひとつの疑問が出てきます。

「HEIF」で撮影した写真は、「HEIF」に対応した機器(ソフトやハード)でないと、表示されないのではないか?という疑問が生じてしまう可能性は?という問題です……

しかし、安心して下さい。

Appleは、2017年6月のWWDC2017の際に「And of course, you can still share completely compatibly with others.」と言った通り、「HEIF」「HEVC(H.265)」の写真・動画は、自動的に一般的なファイル形式に変換されるので、気にすることなく”シェア(共有)=表示”されます。

SNSを使って、iPhoneからAndroid端末のスマートフォンに、iOS11で「HEIF」の写真や「HEVC(H.265)」の動画をシェア(共有)したところ、何の問題もなく表示(送信できた)されました。

つまり、「iPhoneでHEIFのフォーマットで写真を保存しても、別のところで共有したい時はJPEGフォーマットに自動書き出しになる」ということです。

これは、「HEVC(H.265)」という新しい動画フォーマット(保存形式)でも同じことが言えます。

保存形式は選択可

そうは言いつつも、何らかの理由により保存形式を「HEIF」ではなく、「JPEG」で保存したい!という方もおられると思いますので、「HEIF」「JPEG」かの保存形式を選ぶ方法を以下にご紹介致します。

方法は以下の通りです。

iOSの設定の「カメラ」▶「フォーマット」へ項目をタップして進めていくと、「高効率」「互換性優先」にチェックを入れる項目が表示されます。

そこで、以下のようにチェック(タップ)すれば「HEIF」「JPEG」かを選択することが可能です。

  • 「高効率」▶ 「HEIF」で保存
  • 「互換性優先」▶ 「JPEG」で保存

このように、「HEIF」「JPEG」かの保存形式(フォーマット)を選べます。

これは、「HEVC(H.265)」という動画の新しい保存形式でも自動変更されます。

まとめ

  • 「HEIF」とは写真のデータ容量(何MBとか何GBのこと)をできるだけ最小サイズする新しい保存フォーマット
  • 「HEIF」は「ヒーフ」と読む
  • 保存形式が「HEIF」であっても、その他にシェア(共有)される場合は、「JPEG」に自動変換される
  • 保存形式は、「HEIF」か「JPEG」を選択可能(設定可)

※すべて「HEVC(H.265)」という新しい動画フォーマットにも言えます。

いかがだったでしょうか?

半分ですよ!25%カットとかじゃなく、約50%も減らしたんですよ!

どうぞどうぞ、スタンダップして、飛び上がるように発狂し、この喜びを体中で表現しましょう。

iOS11にアップデートした方で、iPhone7以降のモデルを使用している場合は、iPhoneのデバイスの容量がすこぶる節約化されたということです。

どんどん写真や動画を撮影しまくって、より良いフォトライフを送りましょう。

では、またお会いしましょう。

その他のiPhone関連の記事についても、以下のアイコンをクリック(タップ)して、合わせてお読み下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。



PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

HIEFとは?のアイキャッチ

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA