西野亮廣さんのビジネス書「魔法のコンパス」や絵本「えんとつ町のプペル」や個展の開催など|今までは俺にとって空気だったんだけど…って話。

皆さんお笑い芸人のキングコングの西野亮廣さんがすごいんですよ!ね?

どもども、ぺーやんです。

お笑い芸人としてブレイクしたけど、スターになれなかったんで、別の道を探求しながら、特に”絵”という部分で非凡な才能を見せていたり、校長先生や村長なんて肩書を持ちながら、様々な活動をしているマルチメディアクリエイターみたいな人。(笑) ※アイキャッチ画像は、西野さんが公式に著作権フリーと言われている画像です。

 

今回は、そのキングコングの西野亮廣さんのビジネス書「魔法のコンパス 道なき道の歩き方」を読んで、あまりにも興奮したもんで、新刊(もうすぐ発売)の「えんとつ町のプペル」って絵本を先行予約までしちゃったって話。

西野亮廣のビジネス書「魔法のコンパス 道なき道の歩き方」に悶絶。

この「魔法のコンパス 道なき道の歩き方」という本、めっちゃ話題になってるのご存知でしょうか?

カテゴリー的にはビジネス書ということなんですが‥…

「キングコングの西野がビジネス書?!まったく、何考えてるんだ!ひな壇芸人をバカにしたり、ライブでお客さんを帰らせたり!まったくひでー奴なのに、なんでビジネス書なんか出してんだ!」などなどなどなどなど…書き出せばキリがないほど、日本や世界を越えて、嫌われっぷりが銀河的ほどと言える西野さんでありますが(笑)

俺は、キングコングの冠番組であった”はねるのトビラ”をあまり観たことがありませんでしたし、キングコングのサルじゃない方のイケメンが嫌われようが何しようが、特に俺の人生の中ではピクリとも影響を与えられることはありませんでした。

しかし、ある著名な方が西野さんのブログを紹介していたところ、本当に何の気なしに、トイレに行く感覚、コンビニで立ち読みする感覚で、料理の味見をするような感覚で、そのブログサイトの記事を1つ読んでみたところ…… なにこれ、チョーオモシレーじゃんか!!!

心臓がえぐり取られるくらいは言いすぎですが、心臓をガッツリ掴まれた感覚に陥るくらい、今の自分の周波数と合致する事がツラツラと、ハードに、そしてハッキリ、ズバッと書かれていました。

こちらが西野さんのオフィシャルブログサイト▶▶▶【西野亮廣オフィシャルブログ

 すぐに西野亮廣という人物への俺的興味バロメーターが急上昇し、西野亮廣さんのブログチェックが毎日の日課になり、日常的な物事をディスる記事や、西野亮廣独演会(ライブ)開催までのプロセスを知り、そのすごさを感じたり、ライブ映像を観たり、ガッツリ西野亮廣に染まってしまいました(笑)

そして、ビジネス書である「魔法のコンパス 道なき道の歩き方」という本を出版するとの情報を聞きつけ、発売と同時に購入した訳です。 そして、読み出してから2日…すぐ読み終わりました(笑)。

面白すぎるというか、すごく自信家ですが、戦略家ですね。

img_0351

西野亮廣の「魔法のコンパス」を読んで、本当に心底すげーと思ったつのこと。

  1. 自分をレアカード化する

  2. マイナスからデザインする

  3. 仕事になるまで遊ぶ

woman-591576_1920

もちろん、ただ漠然とした理論や考え方を書いているのではなく、西野亮廣さんが実際に動いて”体験”した、”経験”を元に書かれていますので、すごく入りやすいし、共感しやすい内容になっていますよ。

経験者は語るってな感じで(笑)

そして、あとがきに書かれていた最後の1行。

これには、本当に心が揺れましたよ。小刻みにじゃなくて、ドドーンと(笑)。

マジでどっかーんと。

マジマジでドッカンバトルでしたよ(笑)。

最後にあの言葉を書くなんて、同じ年の俺に響かないわけないでしょ!

そうそう、俺は西野さんと同年代です(笑)。

勝ち負けではないですが、こんなにも人生の差がついているという事は、きっと俺の方が人生楽しんでないんでしょうね(笑)。

もっともっと楽しまなきゃね!!

この「魔法のコンパス 道なき道の歩き方」は必読しなきゃでしょ!

ここスルーするなら、この先気づいても、もう遅かったりするかも(笑)

自分の固定概念をぶっ飛ばして、幅を広げましょう。

人生のやる気のスイッチも、病気と一緒に、早期発見早期治療が大事です。

その発見と治療が同時に行えちゃうのが、西野亮廣の「魔法のコンパス 道なき道の歩き方」なんじゃないかと思います。

西野亮廣「えんとつ町のプペル」という絵本を即予約

そして勢い止まらずに、平成28年10月27日発売の「えんとつ町のプペル」という絵本を即予約。

ペン一本で描いたモノクロ絵本で世界を圧倒したキンコン西野が、業界の常識を覆す完全分業制によるオールカラー絵本! 「信じぬくんだ。たとえひとりになっても。」 おはなし) 4000メートルの崖にかこまれ、そとの世界を知 らない町がありました。 町はえんとつだらけ。 そこかしこから煙があがり、あたまのうえはモックモク。 朝から晩までモックモク。 えんとつの町に住 むひとは、くろい煙にとじこめられて、 あおい空をしりません。 かがやく星をしりません。 町はいま、ハロウィンまつりのまっただなか。 魔よけの煙もくわわって、いつもいじょうにモックモク。 あるとき、 夜空をかける配達屋さんが、煙をすってせきこんで、 配達中の心臓を、うっかりおとしてしまいました。 さすがに視界はこのわるさ、どこにおちたかわかりません。 配達屋さんはさっさとあきらめ、夜のむこうへスタコラサッサ。 ドクドクドクドクドックドク。 えんとつの町のかたすみで、あの心臓が鳴っています。 脚本&監督:にしのあきひろ 参加イラストレーター・クリエイター総勢33名!

これは、完成までになんと4年の歳月をかけた超大作になっているようです。

ここで行った作業は、分業制。絵本作家は、一人で製作することが多いんですが、西野さんは33名のスタッフと一緒に分業して製作。

コストもそれなりにかかるところを、時代の流れを読んでクラウドファンディングを利用し資金調達。

「ウォルト・ディズニーを超える」という凄まじいマジなビジョンを持っているからこそ成せる技だと思います。

これからも西野さんに、自分の遊びや仕事、その他色々な人生の経験や挑戦も含め、お世話になっていくと確信しました(笑)。

俺にとって、西野亮廣は空気だった。

けれど、今は西野Likeな人生になった

話が気持ちいいんですもんね。スッキリする!ハッキリと言い切るから(笑)

俺も西野さんからディスられる側だと思いますけど(笑)(笑)

俺は応援する。

自分の人生をもっと楽しいものにするために。

西野亮廣、すごく気になってきたでしょ?(笑)

気になった方は、まずは西野さんのブログ【西野亮廣オフィシャルブログ】をまずは読んでみて下さい。

今までのビジネス書にはない”体験”がそこにあります。

最後に、西野亮廣さんの独演会のリンクも貼っておきますね。観ていて面白いですよ。なんか、スッキリしますよ。バカタレが(笑)

ではでは、またお会いしましょう。 see you next

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA