YouTubeで最新情報を動画でお届け!

YouTube-check-Thumbnail

Macのキーボードに不具合が起きたのでキートップシールを貼ってみた!

mac-keyboard-Problem-handling
auが話題の機種など割引中!新規&機種変なら今!
auオンラインショップ

ソフトバンクのスマホが大幅値下げ!
ソフトバンクオンラインショップ

ドコモがiPhone XSやその他スマホを値下げ中!
ドコモオンラインショップ

パチパチと鳴り響くプラスチックの音。そんなに叩いたらそうなるわけだ。

今回は、愛用しているMac(MacBook)のキーボード(キートップ)のキートップの一部の印字が剥がれ(印字消える)が生じてしまったのでキートップのシールを貼り付けてみました。

この記事を読むと ―

Macのキーボードの不具合(印字が消える)3つの対処法(解決策)がわかる。

あなたのMacのキーボード(キートップ)の不具合が起きた時の症状の状態た解決の参考になります。


Mac(MacBook)のキーボードのキートップに不具合が起きた

MacBook12インチのUSキーボードの写真

上記はMacBookを購入した直後の写真。

関連記事MacBook 12インチ 16GBモデル レビュー! 購入(価格) と使用感は?

僕の愛用するMacBookのキートップの印字が消えていた

MacBookのキーボードを打つとパタパタ鳴るその音は、いつかの雨音と同じくらい好きだ。なんだか心地が良くて、耳の奥からスッと滞在的な第六感を優しく撫でてくる。

いつもなら、ただただ心地良い音なんだけれど、その音が第六感に到達する前の段階で、僕は少し気落ちた。

まず最初にキートップの「K」に不具合が起きたのは購入後約半年のことだった

macbook-keytop-Trouble-2

上記の画像のようによくよく見てみないとそれはあまり気づかないかもしれない。でも、いつも僕はみんなを見てる。だからこそ、「K」の異変に気づくことができた。「K」が明らかに滲んできていた。

僕はその小さな変化を見逃さなかったことに、まずはホッと胸をなでおろす。

だって、「K」の不具合が悪いことを知らないままだったら、気づいた時には、Kが消えている可能性だってあったんだから。

でもまだ、「K」は辛うじてそこにいる。

「K」のことを思うなら、このまま叩き続けることはあまり良いこととは思えない。タイピング時の「か行」の存在は、僕にとってはとても重要なのだ。

生ぬるくなったブラックコーヒーの苦さが、いつもより僕の顔を歪ませた。

僕は「K」のことについて、あることを決断しなければならない。

キーボードのキートップは打ち続けると劣化する?問題

日々、「K」を酷使していたことは認めるが、どうにもリンゴに対しての懸念が消えない。

リンゴの仕業なんだろ。そうでなければつじつまが合わない。しかし、そんな風に誰かのせいにしたって、「K」の具合は一向に良くなるわけではない。

しかしそれにさらに追い打ちをかけるようにキートップの異常事態が発生していく。

「コマンド」「A」「S」、そして「N」にのキートップにも不具合が起きていた

macbook-keytop-Trouble-1

このままではすべてのキートップのキートップが消えてしまう?

だから、「K」、「コマンド」「A」「S」、そして「N」が消えてしまわないように、現状の不具合をできるだけ悪化させないようにしなくちゃならない。

だから、仕方ないのだ。

MacBook専用のキートップのシール(ブラックアウトステッカー)を貼ってみた

macbook-blackout-stickerjpg

「K」、「コマンド」「A」「S」、そして「N」が削れていく姿を見ると、イライラするし、辛いんだ。

残念だよ、君の姿を見れなくなるなんて。でもこの「ブラックアウトステッカー」でとりあえず気持ちよく打鍵できる。

MacBookのブラックアウトステッカー/Blackout Sticker(キーボードシール)とは?

MacBook-seal

ブラインドタッチに熟達したあなたに。 ブラックアウトステッカーはMacのキーボードを無刻印化するステッカーです。

引用元:ブラックアウトステッカー

MacBookのキートップにブラックアウトステッカー(シール)を貼ると?

MacBook-seal-2

上記の写真は、MacBookのキーボードのキートップ「A」に、「ブラックアウトステッカー」を貼った写真。見ての通り、若干の質感はステッカーのそれになってしまうけれど、見た目の外観はさほど変わらない無刻印となる。

ブラックアウトステッカーをすべてのキートップに貼る前に注意するべきこと

MacBookのキーボードのキートップの印字が剥がれてしまうからといって、すべてに「ブラックアウトステッカー」を貼ってしまうのには注意が必要だ。

なんといっても無刻印になるわけなので、すべてのキーボードの配列を手の感覚、そして脳に任せなくてはならなくなる。要は、キーボードの配列を目視できないのだ。すべてのキーボード配列を覚えているならいいのだが、実際になかなかそう全ては覚えることができない。

MacBookのキートップにシールを貼る部分はお好みで

macbook-keyboard-seal-3

だから僕は、上記の写真の通り、とりあえずMacBookのキーボードのキートップに不具合が生じている「K」、「コマンド」「A」「S」、そして「N」、そしてこれから特に酷使していくことになる「ENTER」や「SHIFT」、それに「DELETE」だけに「ブラックアウトステッカー」を貼っている。

また、自分が覚えているキートップにも同じように貼っておくと良いかもしれません。

MacBookのキーボードのキートップに不具合「印字が剥がれた」が起きた場合の対処方法は3つ

MacBookを使用している時の写真

MacBookのキートップの印字が剥がれるそもそもの原因とは?

「K」「A」「S」も、やはりその他のキートップよりも多くの打鍵を日々受けている。「コマンド」のキーもやはり、酷使しているからだろう。

要は、使い続けると、MacBookのキーボードのキートップは、いずれすべて剥がれていくという結論に至ってしまう。

そんな時の対処方法は以下の3つ

  1. ブラックアウトステッカー」を貼る
  2. キートップのバラ売りをメルカリで買う
  3. キートップを交換と修理をしてもらう

「ブラックアウトステッカー」を貼る

これは先程からご紹介していますので割愛します。

MacBookなどのキートップのバラ売り(販売)をメルカリで買う

macbook-mercari-image

上記の写真のようにMacBookのキーボードは、オークションサイト「メルカリ」でバラ売りされています。キートップは、1個より500円〜ほどで購入できるので、自分の必要としているキートップを探して購入して取り替えることができる。もちろん、それは自己責任での上。

MacBookのキートップをAppleで交換と修理をしてもらう

MacBookやMac自体の保証期間内であればアップルオンライストアで修理交換できますので以下のサイトでお問い合わせをしてみて下さい。

アップルオンラインサポート

保証期間外であった場合は?

基本的にキートップは、Appleのオンラインサポートに電話をかけても、個別で部品の取り寄せはできません。各店舗、アップルストアの直営店(各地域による)に、MacBookのキートップの在庫があれば、キーボード補償期限が切れていても交換してくれるという情報がネットにありますので、実際に保証期間外であっても、お近くのアップルストア(ジーニアスバー)に連絡をしてみて下さい。

最後に

ということで今回は、愛用しているMac(MacBook)のキーボード(キートップ)のキートップの一部の印字が剥がれ(印字消える)が生じてしまったのでキートップのシールを貼り付けてみた話と、Macのキーボードの不具合(印字が消える)3つの対処法(解決策)を解説いたしました。

あなたのMacのキーボード(キートップ)の不具合が起きた時の症状の状態た解決の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

次にあなたにおすすめする記事は、Macを使う上で超基本となる使い方に関するものです。

次に読むおすすめの記事

MacBook 初心者の使い方&使いこなすための活用ガイド本3選!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Amazonでお得に商品を買う方法を知っていますか?

Amazonで普通にお買い物する時に「自分で購入したギフト券」を使うと、通常理もポイントがつくのでお得に安く商品を購入することができます!

詳しくは以下の記事に書いていますので、Amazonで商品を買う前に必ずチェックしておきましょう!

CHECK【知らなきゃ損!!】Amazon ギフト券「チャージタイプ」の安くてお得な使い方!

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

バナー

iPhone11,11 Pro Max,公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



LINE@でお得な情報を得よう!

PCサイズ-LINE@-バナー

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

mac-keyboard-Problem-handling

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。