iPhone13の情報はこちら

Amazonでお得(ポイント還元)にApple製品を買おう!

iPhone14・14 Pro 待つべきか?リーク・スペック情報まとめ

iPhoneSE 第3世代を今すぐ予約・購入しよう

ソフトバンク・au・ドコモの方は早めに購入しましょう

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

iPhoneSE 第3世代最新まとめ
iPhone SE 3の最新情報

Amazonで買えばお得!

iPad mini

公式Apple Storeよりも安く手に入れたい方はこちらです!

▽Amazonならポイント分お得▽

iPad mini (2021)を見る

2022年の秋発売予測のiPhone14のリークや噂をまとめています。

この記事では、発売日、価格、スペック、デザイン、機能面、値段、旧型との比較に関する情報に加えて、iPhone14を待つべきなのか?について、iPhoneSE 第2世代やiPhone12、iPhone13というラインナップの選び方について解説していきます。

>>最新のiPhone14の情報はこちら

また、著者が運営するYouTubeチャンネルでiPhone 14の最新情報を動画でチェックして頂ければと思います。

/iPhone使うなら楽天モバイルがお得!\


【結論】iPhone14を待つべきか?

噂されている進化に期待するなら待つべき

iPhone14を待つべき理由としてはいくかあり、それは進化という意味では非常に重要なポイントになってきます。

そこで、その噂の中でも特に期待される進化のポイントについてこの記事の後半で詳しく解説しながら、iPhone14を待つべきかについて考察していきたいと思います。

その噂されている進化に対して、「それなら欲しい」「それなら、今、買い換えずに待とう」という判断の材料になると思います。

別に進化せずに良いならばiPhone13を買おう

2021年9月15日午前2時に、iPhone13が発売されました!

以下の記事では、発売日、価格、スペック、デザイン、機能面、値段、旧型との比較に関する情報をまとめています。

各モデルの違いや性能、iPhone13とiPhone12(値下げ時)との値段・価格の違いも解説’していますので、購入の際の参考になります。

iPhone 13 機能・値段・スペック(性能)まとめ!各モデルの違い比較を解説

今はAmazonで最新型のiPhone13のシムフリーモデルがApple公式ストアとしてオープンしているので、公式のモデルが買えるのでおすすめです!

iPhone12とiPhone13ならどちらを買うべき?

iPhone12-mini

iPhone14に魅力的な進化がないと感じる場合は、iPhone13シリーズで問題ないのですが、それならiPhone12シリーズはどうか?という選択肢も出てきますよね?

iPhone13と比べて、iPhone12でも当然スペック的には問題ありません。

ひとつ注意すべき点としては、カメラの進化になります。

iPhone12シリーズならプロモデル

iPhone12シリーズを選ぶなら、iPhone12ProかiPhone12Pro Maxかのどちらかをおすすめします。

理由はシンプルで、カメラ性能です。

iPhone13とiPhone12を比較して、一番の違いはカメラの性能になります。

つまり、iPhone12 miniやiPhone12では、カメラ性能が低いので、iPhone14との差が大きく出てくるでしょう。

しかし、iPhone12ProかiPhone12Pro Maxは、iPhone13Proと同等のカメラスペックですので、iPhone14が発売された後でも、カメラの進化に遅れが出ません。

今はAmazonで最新型のiPhone12のシムフリーモデルが整備済み品で安く買えるのでおすすめです!

ちなみに著者は、もちろんiPhone信者なので、iPhone13も買いました。

各キャリアのiPhone13やiPhone12を早速みてみよう!

iPhone13を買うならやっぱりキャリアが安心

では、iPhone14に期待したい!それでもiPhone14を買うかまだまだ考えたいなら、このまま読み進めてください。

iPhone14を待つべきか?

iPhone14の噂されている進化・スペック

  1. 2022年の新型はiPhone14が現実的か
  2. iPhone14ではノッチが進化する
  3. カメラ部分の凹凸がなくなり背面がフルフラットになる
  4. iPhone4のようなデザインになる
  5. iPhone14のモデルラインナップは4つ
  6. 5.4インチサイズのiPhone14はないのか?
  7. A16 Bionic搭載は確実か
  8. ディスプレイは全モデル120Hz搭載か
  9. ストレージ容量は2TB搭載か
  10. カメラは4800万画素を搭載か
  11. バッテリーがさらに大容量になる
  12. 5Gに加えWi-Fi6Eになるか
  13. 価格は上がるかもしれない
  14. 発売日は2022年9月
  15. 指紋認証TouchID搭載されるのか

期待されるこれらの進化が魅力的だと感じるのであれば、あなたは絶対にiPhone14を待つべき人だ!と言えます。

では、詳しくみていきましょう。

2022年の新型のモデル名はiPhone14か

2021年に発売されたiPhone13、2020年に発売されたiPhone12、さらに2019年に発売されたのがiPhone11。この通り、iPhone3Gの発売から、iPhoneはナンバリングを基本にモデル名を展開しています。

この流れからしても、2022年に発売する新型のiPhoneは、iPhone4である確率が非常に高いと言えます。

「iPhone13s」の可能性はないのか?

また、2020年に噂されていた「iPhone12s」というモデル名もありましたが、「S」でのモデル展開はされず、「iPhone13」となったことにより、「S」でのアップグレードが今後はない可能性があります。

このことから、海外メディアではiPhone13sは高い確率でないと報じています。

Appleは次のiPhoneをすでに計画していると海外メディアが報じていますし、名前についてはナンバリングですが、その中身や性能については、新しいカメラを含むいくつかの非常に大規模な内部アップグレードの準備をしている可能性があるしています。

Apple has stuck to its naming schedule for a few years now, and there doesn’t seem to be any sign of a return to the ‘S’ upgrades of yesteryear. As you’re about to find out, we’re expecting a big design change with the next iPhone, so 13S wouldn’t really make sense anyway. iPhone 14 it is.

source:imore

iPhone14ではノッチが進化する

ノッチについてはいくつか噂があります。ようやくiPhoneXから搭載されたノッチが、iPhone13でコンパクトになりました。

iPhone13でコンパクトになったということは、iPhone14ではさらにコンパクトになるのではないか?という噂があります。

iPhone14ではノッチがなくなることはない

海外メディアのMacRumorsでも、iPhone14のノッチについては噂を取り上げています。

Even if the ‌iPhone 14‌ introduces a hole-punch design, it will be hard for Apple to abandon the notch altogether, according to a now-deleted post on Weibo from @PandaIsBald. The account, which accurately predicted that the ninth-generation iPad would be announced at the September Apple event, claimed that it is “unlikely” that Apple will replace the notch entirely with a hole-punch cutout, and instead, the ‌iPhone 14‌ may continue to feature a notch but with a smaller footprint.

source:MacRumors

iPhone14ではノッチは完全になくなることはないが、可能性として「よりコンパクトになる可能性がある」としています。

つまり、iPhone14では少なからずノッチが進化する噂があります。

iPhone14のデザインはフルモデルチェンジか

According to renders provided by Prosser based on information he has seen, next year’s iPhone will apparently see the end of the iPhone’s famous camera bump. Instead, it will just be thicker to hide the camera bump, and possibly provide for improved battery life. However, Prosser says he does not have information on the phone’s internals and that he has only seen the design of the device.

source:imore

カメラの凹凸がなくなり背面がフルフラットになる

Appleのリーカーや海外メディアでは、新型のiPhone14のレンダリングには明らかにカメラ部分がフルフラットになると予測しています。つまりそれは、カメラレンズ、LEDフラッシュ、LiDARスキャナーが、背面ガラスと同じ高さになるということです。

しかし、フルフラットになる代わりに、ボディが若干分厚くなり、分厚くなった分、さらに大きめのバッテリーを確保するので、電池もちが向上する可能性があります。

このように、フルフラットになることで、メリットデメリットがあるようです。後は、本体の軽さがどうなるのか?が非常に気になるところです。

The iPhone 14 models are expected to look like the iPhone 13 models with the same flat-edged design, but in addition to the display changes, there will be updates to the body design.

source:MacRumors

iPhone14はiPhone4に近いデザインになる?

iPhone14のデザインがフルフラットになり、しかも角張っフラットなデザインがiPhone12、そしてiPhone13のように継続するならば、それはまさに「iPhone4」に近いデザインになるのではないか?という予測やリークも見られています。

iPhone14のサイズ(大きさ)モデルラインナップ

• iPhone 14 Pro with a punch hole LTPO OLED display at 6.1” & 6.7” • iPhone 14 with a Notch and an OLED display at 6.1” & 6.7” Check here how it could look like:

source:9TechEleven

4つのモデルラインナップになる

  1. 6.1インチ iPhone14
  2. 6,7インチ iPhone14 Max
  3. 6.1インチ iPhone14Pro
  4. 6,7インチ iPhone14 Pro Max

このようなサイズのラインナップが、iPhone14では予測、リークされています。

5.4インチサイズのiPhone14はないのか?

海外メディアのリークや日経アジアなどのニュースによると、「来年はミニがないことがほぼ決まっている」と報じています。

つまりそれは、5.4インチサイズの新型のiPhoneがない可能性があります。

A source told Nikkei Asia that “it is pretty much decided that there won’t be a Mini next year”. As per previous reports, it is also claimed that Apple is planning to instead adopt a second ‘Max’ iPhone. The 6.7-inch phone would be a more cost-effective large iPhone with the same form factor as the iPhone 12 Pro Max but with fewer premium features.

source:imore

iPhone14のスペック(性能)はどうなる?

Digitimes states:

Apple is expected to take a slower approach to moving its iPhone chips to more advanced manufacturing nodes. The vendor is likely to adopt TSMC 4nm process for its next-generation iPhone chips, rather than migrate further to 3nm.

source:imore

A16 Bionic搭載は確実か

Appleは、新型のiPhoneを発表する度に、新しいチップを新型iPhoneに搭載し続けています。

2021年はiPhone13にA15Bionicを搭載。

来年は、4nmチッププロセスを中心に構築できるパフォーマンスの向上を伴うA16 Bionicが最も可能性としては高いとされています。

ディスプレイは全モデル120Hz搭載か

The iPhone 13 Pro features a 120Hz ProMotion display, and hypothetically it would make sense that Apple might add this feature to the entire iPhone lineup next year. However, DSCC’s Ross Young says this is not the case, with a 60Hz LTPS display remaining in the regular iPhone. Apple might upgrade the screen in other ways, however, as it did this year with the Super Retina Display XDR.

source:imore

iPhone 13Proでは、噂されていた通りに120HzのProMotionディスプレイが搭載されました。

もし来年の新型iPhoneのラインナップの全てのモデルにこの機能を追加する可能性は非常に高いと噂されており一方で、エントリーモデル(プロ以下)のiPhoneには60HzのLTPSディスプレイがあるとされています。

つまり、iPhone14全シリーズに120Hz搭載は厳しいそうだと言えます。

ストレージ容量は2TB搭載か

海外メディアの情報によりますと、来年の新型iPhoneには新しい2TBのストレージ構成を追加する予定だと言われています。

According to reports, Apple will add a new 2TB storage configuration to the iPhone next year. Likely for the Pro model, this could see the base storage for those phones increase, and could even see 1TB debut in the regular iPhone.

source:imore

Proモデルに2TB、エントリーモデルに1TB可能性があると報じられています。

カメラは4800万画素を搭載か

Analyst Ming-Chi Kuo believes that Apple will switch to a new 48-megapixel camera next year, while the following year’s device will see Apple jump to a new periscope camera design for the first time.

source:imore

4800万画素のカメラになる

iPhone13では叶わなかったカメラの画素数が大幅に向上されることが伝えられています。

iPhone8以来、2021年のiPhone13まで、1200万画素というカメラスペックとなっています。デジタル技術で色々なカメラの進化がアップグレードされて、よりカメラ性能は良くなったとはいえ、やはり1200万画素のままでは残念です。

iPhone14では画素数の大幅なアップグレードに加えて、高解像度の写真や動画撮影に期待がかかります。

バッテリーがさらに大容量になる

iPhone 14シリーズでは、総合的にさらに大きなバッテリーを搭載し、バッテリー容量を増やし、より多くの機能に電力を供給できるようになるようです。

5Gに加えWi-Fi6Eになるか

Ming-Chi Kuo also reports Apple’s next iPhone may feature Wi-Fi 6E connectivity.

source:Wi-Fi 6E connectivity

5G搭載は確実ですが、その中でもミリ波とSub6の両方の搭載が気になるところです。ここについては、ほとんど情報がないのですが、予想としてはSub6対応の5Gは確実で、ミリ波まで対応するかは五分五分という感じです。

ただ、Wi-Fi6のさらにアップグレード版であるWi-Fi6EをiPhone14では搭載する可能性が伝えられています。

iPhone14の値段・価格は上がる?

With a rumor of 2TB storage and the possibility of a larger base storage model, it’s possible next year’s iPhone may be more expensive than the current version. However, Apple surprised us by keeping the price the same this year, even lowering it in some places compared to iPhone 12.

source:imore

先ほど予測をご紹介した「バッテリー容量の増加」、さらには「2TB」のストレージの追加など、割と価格が上がってしまう要素が含まれていますので、iPhone13よりも安くなることはまずないと考えておいていいでしょう。

iPhone13シリーズの値段を確認してみましょう!

iPhone13の価格・値段どこが安い?

発売日は2022年9月

例年通りでいけば、ほぼ確実に2022年9月中に発表され、発売されます。

iPhone11、iPhone12、iPhone13も9月に発表されました。発売については、各モデルで多少のズレはあるにせよ、2022年9月に発表の可能性は極めて高く、発売も9月、遅くとも10月中だと予想することができます。

指紋認証TouchID搭載されるのか

iPhone12に指紋認証センサーが期待され、もちろんiPhone13でも指紋認証センサーが期待されました。しかし、どちらのモデルにも指紋認証センサー(Touch ID)は搭載されませんでした。

しかし!まだまだ諦められません。そこで色々とリサーチすると、意外な可能性を発見しました。

For many years, the iPhone has been using Face ID as its only Biometric feature. Since the advent of the coronavirus, it has become very uncomfortable to use Face ID. Although Apple has a solution for this, it requires that the iPhone user must have an Apple watch. This is not entirely feasible for many iPhone users. As a supplement, Touch ID is still meaningful for the iPhone. Of course, Face ID is unlikely to be abandoned by Apple, so the two technologies should complement each other.

source:gizchina.com

FaceID(顔認証)とTouch ID(指紋認証)は共存する?

iPhoneXの発売後、長年にわたり、iPhoneは唯一の生体認証機能としてFaceIDを推奨してきました。

しかし、コロナウイルスの出現以来、FaceIDの使用は、マスクをすることがデフォルトになったため、非常に使いづらい状況は否めません。

その解決策として、Apple WatchがあればマスクをしていてもFaceIDのアンロックができる仕様になりました。とはいえ、iPhoneユーザーはAppleWatchを持っている必要がありますので、それはコスト的には現実的ではありません。

つまり、TouchIDの復活は、iPhoneユーザーにとって非常に関心があるキーワードになっています。

なので、いくつかのAppleのアナリスト、海外メディアは、Face IDとTouch IDが共存する未来、2つのテクノロジーは互いに補完し合う必要があると予想を立てています。

なので、iPhone14にTouch IDが搭載される可能性としてはゼロではないという状況です。

最後に

といことでこの記事では、発売日、価格、スペック、デザイン、機能面、値段、旧型との比較に関する情報に加えて、iPhone14を待つべきなのか?について、iPhoneSE 第2世代やiPhone12、iPhone13というラインナップの選び方について解説しました。

より最新の情報については、以下のiPhone14の専用ページで随時更新していきますのでぜひチェックしてください。

>>最新のiPhone14の情報はこちら

また、著者が運営するYouTubeチャンネルでiPhone 14の最新情報を動画でチェックして頂ければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

iPhoneSE 第3世代を今すぐ予約・購入しよう

ソフトバンク・au・ドコモの方は早めに購入しましょう

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

iPhoneSE 第3世代最新まとめ
iPhone SE 3の最新情報

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

スマホ バナー

新しいiPhone13を買おう!


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA