YouTubeで最新情報を動画でお届け!

YouTube-check-Thumbnail

Apple MusicをMP3変換(ダウンロード)してオフラインで聴く方法。

convert-apple-music-to-mp3
auが話題の機種など割引中!新規&機種変なら今!
auオンラインショップ

ソフトバンクのスマホが大幅値下げ!
ソフトバンクオンラインショップ

ドコモがiPhone XSやその他スマホを値下げ中!
ドコモオンラインショップ

Apple Musicの音楽をダウンロードして、色々な端末で聴く方法ってないのかな?

Apple Musicは約5000万曲をいつでもどこでも聴くことができる素晴らしい音楽配信サービスです。実際に僕もApple Musicを使って、たくさんの音楽を聴きまくっています。

しかし、Apple Musicを利用するにあたり、心配なことがあります。

それは ―

  1. ストリーミングなので、音楽を聴くためにネット通信量(料金)が発生すること
  2. 永久に月額料金(毎月)のランニングコストがかかること

この大きくわけて2つのことを心配しながら、僕たちはApple Musicで音楽を聴いているわけです。

しかし、そんな心配を解決してくれる方法があります。

誰だって、通信量を全く気にせずに音楽を聴きたいし、月額を払わずに音楽を聴きたいですよね?

当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

ブロガーとして文章を使ってブログで情報発信しながら、動画でもガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報をお届けしていますのでぜひ動画もチェックして下さい。


Apple Musicでストリーミング再生して音楽を聴くと通信料(料金)が発生している

Stream-on-Apple-Music

Apple Musicの音楽をストリーミング再生はネット環境が必須

Apple Musicならインターネットさえあればいつでもどこでも音楽を聴ける!という夢のようなサービスです。

しかしその裏には、Apple Musicで音楽をストリーミング再生して聴いているということになるので、明らかにインターネットの接続(通信料)が発生しているということになります。

これつまり、Apple Musicで音楽をストリーミング再生して聴けば聴くほど、Apple Musicの月額料金と通信料がかかってしまうということです。

最近では、「通信量が無制限!」というキャリアもなく、あくまでも〜GBまでの通信できる量は決まっています。使い放題ではないので、実際のところApple Musicは音楽聴き放題ではないということが言えるわけです。

Apple Musicを聴くには通信量が発生しているのですから。

Apple Musicの曲は1曲単位でダウンロードしてオフライン再生できる

そんなApple Musicの利用者の悩みを解決するべく、Apple Musicには曲を1曲単位でダウンロードできる機能を搭載しています。

Wi-Fiや公衆無線LANの環境で、Apple Musicで配信されている曲を事前にiPhoneにダウンロードしておけば、ダウンロードしている曲に限っては、ストリーミング再生ではなく、オフライン再生ができるので、通信料がかからない!というありがたい機能があります。

それなら、Apple Musicで配信されている約5000万曲を事前にダウンロードしておけば、いつでもどこでもオフラインで音楽が聴き放題だ!なんて甘っちょろい考えをした、そこのあなた!そう簡単に物事はうまくいきません。

iPhoneなどのデバイスの容量がそもそも5000万曲もダウンロードするの無理

以下の数字は目安になりますが、MP3形式のデータで曲を保存した場合の容量と曲数の関係です。

容量 曲数 ※MP3
4GB 約860曲
8GB 約1,800曲
16GB 約3,300曲
32GB 約7,300曲
64GB 約15,000曲

つまり、最新のiPhoneですら容量は512GB、iPadでも1TBという世界です。5000万曲をダウンロードできる容量を持つデバイスは、現在進行形で存在すらしてません。

とは言え、好きな曲だけダウンロードすればいいじゃん!と思うかもしれませんが、そこにもまた裏があり、例えばあなたが約5000万曲の中の200曲が大好きになったとします。

その200曲をApple Musicでダウンロードしてオフライン再生して、毎日のようにシャッフルでもしながら聴いていたとします。

そして、1年後……

Apple Musicで200曲をダウンロードしオフライン再生しているので、一切の通信料金はかかっていません。

しかし、忘れていませんか?

Apple Musicは月額料金(課金)で利用するので毎月その費用が発生

そうです。

Apple Musicは、月額課金性システムなので、月額料金が毎月発生しています。

Apple Musicの中で好きな曲をダウンロードしてオフライン再生で聴いていたとしても、月額料金が発生しているんです!

1年間全く同じ音楽を聴きまくっていても、月額料金である980円(2019年時点)という税別料金がかかり、1年ともなると、1万円を超える出費となっています。

じゃ、Apple Musicを解約すればいい?

Apple Muiscを解約するともちろん曲も聴けなくなる

そうなんです。Apple Musicの月額課金をやめてしまうと、約5000万曲のすべてが聴けなくなるということです。

あなたが大好きな曲も、Apple Musicを解約してしまうと、たちまち聴けなくなります。

それなら、iTunesで曲を買ってしまえばいい!

そうです。Apple Musicで音楽を聴くのではなくて、曲をiTunesで買ってしまえばいい!

そうすれば、月額料金を払わなくても、iPhoneで永久に大好き曲を聴くことができます。

えっ?

でも、iPhoneからAndroidにスマホに機種変したら?

AppleのiTunesで買った曲は聴けるのだろうか?

いや、そもそもiPhoneがこの世から消えてしまったら?

AppleのiTunesで買った曲は聴けるのだろうか?

答えは簡単です。非常にお伝えしにくいことですが、聴けなくなってしまいます。

えっ?じゃ、どうすればほぼ永久に安心して音楽を楽しめるの?!

そんな風に心配になってしまいますよね?

でも、冒頭で少し触れたように、そんな心配を解決してくれる方法があります。

Apple Musicの音楽(曲)をダウンロードしてオフライン再生するなら、そもそもMP3形式のデータに変換すれば良いだけ!

そうなんです!変換してしまえば良いんです!

ただそこには一つだけ解決しなければならない問題があります。

それはApple Musicの音楽のデータ形式は「M4P」だということです。これは、Apple Musicで保護されたMPEG-4 オーディオのことです。先ほどお伝えした通り、その「M4P」は、Apple Musicで曲をダウンロードしておいたとしても、Apple Musicを退会した後、ダウンロードした「M4P」もちろん再生できなくなります。

つまり、その「M4P」を「MP3」に変換してしまえば、例えばiPhoneでなくても、Androidスマホでも、あらゆるミュージックプレイヤーでも、Windowsでも、MP3形式のデータを再生できる機器やアプリさえあれば、オフラインでいつでもどこでもネット通信もいらずに、聴き放題になるわけです。

そこで、最も簡単に「M4P」を「MP3」に変換してしまうソフトをご紹介します。

Apple Musicの音楽をMP3に変換して聴く方法

TuneFab Apple Music変換ソフトを使う

Convert-Apple-Music-music-to-MP3

TuneFab Apple Music変換ソフトは専門的なApple Music音楽変換ソフトです。

Apple MusicとiTunesの音楽、オーディオブックを効率良く他の音声形式に変換ことができます。

オフラインで音楽を聴く

TuneFab-Apple-Music

TuneFab Apple Music変換ソフトを通じ、Apple Musicから音楽をダウンロードし、Apple以外のデバイスに保存し、オフラインで音楽を聴くことができます。

つまり、Apple MusicやiTunesの曲、プレイリスト、アルバムをMP3に変換し、 Apple Musicを解約しても、Apple Music音楽を無制限に色々なデバイスで楽しめるということです。

もちろんMP3への変換だけではない

Apple MusicとiTunesからダウンロードしたM4P音楽、iTunes M4Bオーディオブック、Audible AA/AAXオーディオブックをMP3M4AFLACAC3AACなどの出力に変換できます。

しかも、Apple Musicの高品質を保持したまま変換します

その他の機能として

  • 一括変換
    複数のファイルを一括で同時に変換することができます。時間を大幅に節約します。
  • 設定自由
    品質、ビットレート、チャンネル数など自由に設定できます。
  • ID3タグ情報編集
    曲の名前、アーティスト、アルバム、トラック番号、アートカバーなど曲のタグ情報を編集できます。
  • 16倍高速変換
    高品質のまま最大16倍高速変換できます。自由に速度を調整できます。

TuneFab Apple Music変換ソフトを使えば、

  1. ストリーミングなので、音楽を聴くためにネット通信量(料金)が発生すること
  2. 永久に月額料金(毎月)のランニングコストがかかること

この大きくわけて2つのことを心配せずに通信量を全く気にせずに音楽を聴けるし、月額を払わずに音楽を聴くことができます!

TuneFab Apple Music TuneFab Apple Music Button-2TuneFab Apple Music Button-1

最後に

Apple Musicの音楽をダウンロードして、色々な端末で聴く方法は、TuneFab Apple Music変換ソフトを使うことです!

あなたのApple Musicの使い方の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

また、Apple Musicだけではなく、実はSpotifyも同じことができます!

それについては以下の記事で詳しく解説していますので、合わせてチェックして下さい。

次にあなたにおすすめの記事

Spotifyの音楽変換→曲ダウンロード保存→オフライン再生する方法!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Amazonでお得に商品を買う方法を知っていますか?

Amazonで普通にお買い物する時に「自分で購入したギフト券」を使うと、通常理もポイントがつくのでお得に安く商品を購入することができます!

詳しくは以下の記事に書いていますので、Amazonで商品を買う前に必ずチェックしておきましょう!

CHECK【知らなきゃ損!!】Amazon ギフト券「チャージタイプ」の安くてお得な使い方!

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

バナー

iPhone11,11 Pro Max,公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



LINE@でお得な情報を得よう!

PCサイズ-LINE@-バナー

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

convert-apple-music-to-mp3

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。