ブログ記事のタグ機能|目的,メリット,付け方,数とSEOの関係は?|WordPressで設定する方法

ブログ記事のタグについての記事のアイキャッチ

WordPressで記事を投稿する際の『タグ』について書いています。

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。

どもども、デザインブロガーPEITAです。

 ▼この記事がおすすめな読者▼ 

  • ブログを始めて間もない初心者の方
  • WordPressで記事を投稿する時に気をつけることを知りたい方
  • WordPressで記事を投稿する際の”タグ”について知りたい方
  • WordPressでタグを設定する方法が知りたい方

 ▼この記事の内容▼ 

WordPressでブログの記事を投稿する時に絶対に設定しておいた方がSEO的にも効果のあるとされる「タグ」について、その「タグとは?」「タグの付け方」「タグの目的」「タグのメリット」「タグの適切な数」「タグの表示」「WordPressでのタグ設定方法」などについてご紹介しています。

では、タグについて理解を深めていきましょう。

タグとは?

ブログの記事を書いて、それを投稿(公開)する際に、記事の中でよく使われている「キーワード」を設定しておくためのものを”タグ”と言います。

つまり、記事をカテゴリーなどよりも、詳細に分けることができる機能になります。

タグの付け方は?

例えば、”新しいく発表されたiPhoneについての記事”を書いたとします。

その記事の中には、もちろん新しいiPhoneのことが書かれているわけですが、例えばその記事の中をざっくり紹介してみると「新しいiPhoneが、Appleという会社から○○年○月○日の○時○分に日本で正式に発表されました」という記事の内容だったとします。

その記事にタグをつけるとするなら、「iPhone」「iPhone新製品」「iPhoneの発売日」「新しいiPhone」などというキーワードでタグをつけるということになります。

また、カテゴリーと競合しないタグをつけることがベストですので、iPhoneについて書いた記事のカテゴリーが”iPhone”なら、”iPhone”のみでタグはつけず、”iPhone新製品”という付け方でも良いかと思います。

タグをつける目的

「読者=ユーザーが情報を探しやすくするため」

ブログを運営していけば、それだけコンテンツ(記事)の数は膨大な数になっていきます。せっかく、コンテンツ(記事)から自分のブログにたどり着いた読者が「このブログの他の記事も見てみよう」と思った時に、その関連したキーワードでサイト内の記事が探しやすくなります。

タグをつけるメリット

  • 読者がサイト内検索を使うよりも、”タグ”をクリックする方が分かり易いし探しやすい(=自分が必要としている情報を見つけやすい)
  • 読者がサイト内を回りやすくなるので、サイトのPVも上がる
  • ないよりあった方がブログサイトの整理整頓としても有益
  • SEO的にも、情報量の多い大混雑したサイトよりも、情報が多いけど整理されたサイトの方が有益

つまり、タグをつけておけば、読書が1人でも多くあなたのサイトに来てくれるということになりますので、ブログで記事を投稿する際はきちんと”タグ”をつけておくことは大切だと思います。

タグの適切な数は?

タグは無制限に複数つけることができます。

だから、色々な人から色んなところから流入を期待してたくさんのタグをつけてしまう人もいると思います。

しかし実際は、3〜5個程度のタグをつけることが望ましいんです。

Googleのアルゴリズム的にも、タグを複数個つけることはSEO効果につながるとされてきた時代もありましたが、今はその逆で、タグを複数個つけることはSEO的に逆効果になります。

それはなぜか?と言いますと、先ほど”タグをつける目的”にも書いた通り、「読者=ユーザーが情報を探しやすくするため」という理由が挙げられるからです。

つまり、キーワードを詰め込みすぎてしまうと、読者側からはわかりづらくなってしまうからです。

なので、タグをつける時は3〜5個にしておきましょう。

タグの表示(WordPress)

タグの表示の画像

緑枠で囲んでいる、これがいわゆるタグというものです。それをクリックすると、同様にタグ付けされた関連リンクに飛びます。

このタグの表示の仕方は、WordPressのテーマやブログサイトによって変わりますが、上部か下部のどちらに表示されていることが多いです。

このように、タグは記事の中に表示しておくことで、読者にとって利便性が高いものになります。

記事を読み、カテゴリで検索する前に、読者の意図したタグがあれば、それを読者はクリックして、そのタグの関連の記事へ流れてきます。

”タグの適切な数”で触れたように、3〜5個ならまだしも、それが何十個もあったら、それだけ分かりにくし、読者はスルーしてしまうでしょう。

これは、Googleのアルゴリズム的にも「整理整頓が成されていないサイト」と判断をされてしまうこともあります。

タグは必要か不要か?

ということで”タグ”についてご紹介しましたので、あなたはブログで記事を投稿する際には”タグ”をつけることが大切だという認識になったかと思います。

しかし、ここで今までのことを大きくひっくり返してしまうことを言います。

”タグを付けない”という選択肢」です。

えっ?タグは付けた方がSEO的にも、読者の見やすさや、ブログのアクセスの増減的にも必要なんじゃないの?という心の声が聞こえてきます。

タグが必要か不要か?と言われれば、もちろん必要だと答えます。

しかしそれは、本棚をあいうえお順に並べておき、尚且つ著者やカテゴリで分類を分けているのと同じで、あってもなくても、困ることはないわけです。

読者の方でも、細分類されていてもいなくても、特に致命的なことではありませんので。

WordPressのタグ設定方法

WordPressの投稿画面の下部(フルスクリーンなら右下部)あたりに、”タグ”という項目があります。

WordPressでタグを入力する欄の画像

タグの項目に、空欄に必要なキーワード=タグを入力して【追加】をクリックするとタグが追加されます。

これだけで、WordPressでタグの設定ができます。

まとめ

  • タグ|ブログの記事の中のキーワードのこと
  • タグの付け方|カテゴリと競合しないキーワードをつける
  • タグの目的|情報を探しやすくするため
  • タグのメリット|サイトが整理されて、SEOやPVに効果的
  • タグの適切な数|3〜5個程度
  • タグの不必要|あってもなくてもいいけれどあった方がいい
  • タグ設定方法|投稿画面にあるタグの項目に必要なキーワードを入力する

俺はいつもタグ付けてます!

いかがだったでしょうか?

ということで今回は、ブログを始めて間もない初心者の方、WordPressで記事を投稿する時に気をつけることを知りたいい方、WordPressで記事を投稿する際の”タグ”について知りたい方、WordPressでタグを設定する方法が知りたい方へ、WordPressでブログの記事を投稿する時に絶対に設定しておいた方がSEO的にも効果のあるとされる「タグ」について、その「タグとは?」「タグの付け方」「タグの目的」「タグのメリット」「タグの適切な数」「タグの表示」「WordPressでのタグ設定方法」などについてご紹介致しました。

あなたにとって少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

また、お会いしましょう。

 ▼次にあなたにオススメする記事はこれ▼ 
 
WordPressでアイキャッチ画像を設定する方法

【記事はこちら】WordPressでアイキャッチ画像を設定する方法を簡単解説!アイキャッチ画像の作り方とその効果もご紹介! 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

ブログ記事のタグについての記事のアイキャッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。