AirPodsの充電・バッテリーを長持ちさせる充電方法や修理や紛失時に役立ちます!

AirPods-Battery-image

AirPodsの充電・バッテリーに関してのあれやこれやを解説します。

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。どもども、デザインブロガーPEITAです。

今回は、AirPodsを充電する方法やバッテリー残量を確認する、充電残量や充電時間、AirPodsのバッテリーを長持ちさせる方法と、AirPodsの修理や専用ケース紛失時のことなどについてご紹介します。

AirPodsを充電する方法

airpods

専用の充電ケースで充電

AirPods本体を充電するには、AirPodsを収納する専用のケース(上記の写真:右)がAirPodsを充電する役割を持っています。AirPods本体に直接ケーブルを挿したりすることができませんので、「専用ケースに収納する=AirPodsの充電する」となりますので、専用ケースで充電することが絶対条件となります。

専用ケースで複数回フル充電

AirPodsの専用ケース自体に AirPodsを複数回フル充電できるだけの充電容量があるので、どこにいても充電することができます。

要は、専用ケースのバッテリーがあれば、電源(コンセント)がなくてもAirPodsを充電することができます。

AirPodsバッテリー駆動時間

  • 1回の充電で最大5時間の再生、または2時間の連続通話
  • 用ケースで複数回充電すれば、24時間以上の再生、または最大11時間の連続通話が可能

AirPodsを充電するのに必要な時間

  • 専用ケースに入れて15分間充電するだけで、最大3時間の再生、または 1 時間以上の連続通話が可能

音でバッテリー充電切れを通知

AirPodsの充電切れ間近やバッテリーが少なくなると、1回音が鳴ります。充電が切れる直前に2回目の音が鳴りますので、音楽や通話しながら「ポン」と柔らかい音が鳴ったら、AirPodsの充電・バッテリーが切れかかっている、もしくは少なくなっていると認識して下さい。

専用ケースを充電する方法

AirPodsの専用ケースを充電する方法はいたって簡単です。AirPods、もしくはiPhoneなどに付属しているLightningケーブルをケース(下部)のLightningコネクタにつなぎ、ケーブルの反対側を、iPhoneなどで使用しているUSB充電器やUSBポートに差し込むだけ。

専用ケースに AirPods が入っていてもそうでもなくても、Lightningケーブルをつなぎ、USB充電器につなげば、専用ケースだけを充電しておくことも可能です。

AirPodsを使いながら、専用ケースの充電をしておくと効率よくAirPodsを使うことができます。

AirPods バッテリー・充電残量状況を確認

AirPodsと専用ケースの充電状況は、AirPods本体、もしくは専用ケースで確認することはできません。

でも安心して下さい、iPhone/iPad/iPod touch/Mac上でですぐに確認することができます。

iOSデバイスで充電バッテリー残量確認

AirPodsとiPhoneの写真
  1. iPhone(iOSデバイス)が近くにある状況(手に持つなど)を作る
  2. AirPods が中に入ったまま専用ケースの蓋を開ける
  3. 数秒後、AirPodsと充電ケースの充電状況がiPhone(iOSデバイス)上の画面に表示される

また、AirPodsと充電ケースのバッテリー充電状況は、iPhone(iOSデバイス)のバッテリーウィジェットでも確認することができます。

**ケースの充電状況は、片方どちらかのAirPod がケースに入っていないと表示されませんので注意しておいて下さい。

Macで充電バッテリー残量確認

AirPods-mac-Indicator

上記の写真のように左右のAirPodsのバッテリー・充電残量、ケースのバッテリー・充電残量が以下の手順で簡単に確認することができます。

  1. 蓋を開けて AirPods をケースの外に取り出す。
  2. メニューバーの【Bluetoothアイコン】メニューをクリックします。
  3. メニューに表示される AirPods と充電ケースの上にポインタを置きます。

**AirPods本体が、iOS、もしくはmacOSと接続されている必要があります。

AirPodsケースのランプの意味

AirPodsケースの蓋のランプの画像

上記の写真のケースの中央部分が丸く光っているランプが、AirPodsの専用ケースのステータスランプになります。

AirPodsがケースに入っている時

ステータスランプはAirPods の充電状況を示します。

AirPodsが入っていない時は

ランプはケースの充電状況を示します。

緑とオレンジが示すランプの色

  • 緑色は充電が完了
  • オレンジ色は充電量が1回のフル充電分に満たない
  • ランプが白く点滅している場合はAirPods をデバイスに設定可能である
  • オレンジ色で点滅する場合は状況によってもう一度 AirPods を設定し直す必要がある
 

充電バッテリーを長持ちさせる方法

バッテリーをできるだけ長く使うために

  • AirPodsを使う時に少しでも長く使えるように、AirPodsを使っていないときは、専用のケースに入れておきましょう。これは、AirPods本体の紛失のリスクも軽減されます。

専用ケースを充電するのはAppleデバイスの充電器で

  • AirPodsを充電ケースで充電する際に、iPhoneやiPadのUSB充電器を使うか、Macに接続しておくと、速く充電できます。

専用ケースの蓋を開ける頻度をできるだけ少なくする

  • 充電ケースを繰り返し開いたり閉じたりすると、ケースのバッテリー残量が減る場合があります。

AirPodsの紛失・修理について

AirPodsの修理/交換料金は?

スマホ閲覧時
iPhoneやAndroidなどのスマホで以下の表を閲覧する際は、【横向き】にするとより見やすくなります。
モデル バッテリーサービス 保証対象外修理サービス料金 紛失
AirPods 5,800 円 (片方) 7,800 円 (片方) 7,800 円 (片方)
充電ケース 5,800 円 7,800 円 7,800 円

AirPodsのケースを紛失したら買えるのか?

上記の表をご覧頂ければ分かる通り、AirPodsの充電ケースが壊れたり、紛失したら上記の価格で購入できます。

詳しくこちら:AirPods修理サービスを申し込む

最後に

ということで今回は、AirPodsを充電する方法やバッテリー残量を確認する、充電残量や充電時間、AirPodsのバッテリーを長持ちさせる方法、AirPodsの修理や専用ケース紛失時のことなどについてご紹介しました。

あなたのAirPodsの購入や使い方の参考になれば幸いです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。では、またお会いしましょう。

Source:Apple

次はこちらの記事『AirPods 安く売ってる!定価の価格から1000円ほど格安で買う方法!』で、AirPodsを購入検討している方で少しでも安く買いたいと考えている場合に参考になりますので、合わせてお読み下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

AirPods-Battery-image

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA