クロスビー購入レビュー!価格約205万円のスペック&厳選オプションをご紹介!

xbee I bought img

クロスビーを買うとしたら、どのスペックでどのオプションをつけたらいいのかな?

初めての方も、”俺的デザインログ”を定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうございます。どもども、クロスビー購入でテンション爆上がりのデザインブロガーPEITAです。

「クロスビーを買おうと考えているけれど、どんなスペックでどんなオプションをつけるべきか」

そんな楽しい悩みを抱えているあなたに、僕が買ったクロスビーのスペックとオプションを惜しげもなくご紹介します。

ここでご紹介する内容は、ここだけ譲れなかった本体のスペック価格、本体スペックにかかってしまったクロスビー購入金額をできるだけ低予算に収めるために、こだわり抜いて厳選したオプション品が分かるので、あなたのクロスビー購入価格、オプション品の必要不必要の参考に絶対にお役に立ちます。

その他のクロスビーのレビュー記事も書いていますので、合わせてお読み下さい。

クロスビーの試乗レビュー:クロスビー試乗レビュー! 購入検討中の,車音痴の俺が感じた5つの評価!外観のデザインに一目惚れした。

クロスビーのパッケージ:クロスビー購入ブログ!俺は4人家族! 走行性能や乗り心地,スペックは?パッケージングの駆動,操作,室内,荷物をご紹介!

では、まずは僕が購入したクロスビーの本体スペック(モデルやカラー)から。

僕が購入したクロスビーのすべて

クロスビーの画像

写真は実際に僕が購入したクロスビー。購入先のカーメイク本園に到着した、納車前&オプション品は取り付け前の写真。

HYBRID MX 4WD 6AT モデル

  • メーカー小売価格:1,908,360円

このモデルを選んだ理由は2つ。

>エクステリアは厳選したかった

HYBRID MZのハイグレードモデル(僕のはMX)は、素敵なアクセサリーやエクステリアなどが色々と揃えられているので、もちろん魅力的です。しかし、その中でも得には必要のないものだっていくつもあります。そこで僕は、エクステリアなどは本当に必要な用途や自分のこだわりで選びたかったので、ハイグレードモデルではなく、アクセサリーやエクステリアがオーソドックスな下位のモデルを選びました。

後ほど、ご紹介する自分の厳選したこだわりのオプション品のみ(アクセサリー&エクステリア)をつけました。

>4WDで安定した走りを

僕の住んでいる長崎は、古くから、外国への玄関口として発展してきた港湾都市です。とても住みよい町でありますが、全国的にも数少ない坂の町でもあります。とにかく、どこに行くにも山超え谷越えしなければなりません。

排気量の高いハイエンドな車ならまだしも、軽自動車はターボでなければ坂道はしんどく、普通自動車であってもアクセルをふかさずにはいられません。このクロスビーをアグレッシブに乗るには、4WD以外に考えられませんでした。しかもたまに雪なんか降った日には困ります。

なので、日常をアグレッシブに快適な走りを追求するために、できるだけ高い走行性能と安全性を兼ね備えた4WDを選びました。

カラーモデル

クロスビーカラーコーディネート画像
  • スーパーブラックパール 3トーンコーディネート

>好みのカラーで愛着も倍増

車両本体上部がパールホワイト、ボディがスーパーブラック、アンダーラインがレッドという3トーンコーディネートにしました。僕は基本的に、赤と黒が好きなのでブラックとレッド貴重にカラーオプションをカスタマイズしました。

僕が厳選して選んだクロスビーの5つのオプション

本革ステアリングホイールカバー (タン) MN71S

>最も触れる回数が多い場所だから

やはりステアリングホイールカバーは必須ですね。もちろん純正品であることが重要です。どこぞのカーショップに売ってあるような互換品では満足できません。車を運転中に一番触れる回数の多い部分でもあるし、車内のエクステリアでも非常に重要なポジションであります。ここをデフォルトのままにしておくか、それともカスタマイズするかによって、車を運転するモチベーションは変わってきます。

そこで、自分の運転のモチベーションを上げるためにも、”純正の本革使用”のステアリングホイールカバーを選んでみました。

フューエルリッドガーニッシュ MN71S

>車体のデザインに遊び心を

全く同じ車を乗っている他の方と車体カラーでかぶってしまうことはよくあることです。では、どこで自分の車と見分けをつけるか?というところを考えた時、やはり車体のデザインに少し遊び心が必要になってきます。それは好きなアーティストのイラストを書くとかいう痛いこと言っているわけではなく、シンプルにちょっとした違いを生み出すのにはちょうどいい純正オプションが最も適していると思います。

そこで、値段もお手頃のガソリンタンク部分をカスタマイズして、クロスビーのデザインをより自分らしくしてみました。

ナンバープレートリム(樹脂ブラックメッキ)

>見た目を少しグレードアップ

ナンバープレートをむき出しのままつけているのと、トリムをきちんと施しているのでは、かなり見た目の高級感も違ってきます。クロスビーは高級車ではありませんが、あまりにもおもちゃ過ぎても面白くありません。

そこで、”締めるところは締める”という意味でも、クロームメッキのナンバープレートトリムをつけ、車両の見た目のグレードを上げるためにカスタマイズしてみました。

ボディグラフィック(スポーツマインド) (ゴールドベース) MN71S

>リミテッドでちょっとした優越感

車には、スタンダードモデルとハイグレードモデルでの販売がなされることが多いです。ハイグレードモデルでよく見られるのが、車名にプラスされたハイエンドモデルを象徴した”◯◯リミテッド”なるネーミング。やっぱり、”◯◯リミテッド”ってついているだけで、ちょっとした優越感を持つことができます。

そこで、ボディグラフィックで”◯◯リミテッド”なるネーミングをカスタマイズしてみました。

ベースキャリア

アグレッシブに使うため

これは実用性と見た目のアグレッシブさを考えた時、最も重要なオプションだと思います。僕は家族4人ですので、これからどんどん色んな場所に出かけたいと考えています。もちろん、その中にはキャンプなどのアウトドア系も含まれています。また、DIYや大きな荷物なんかも積めれるので利便性も良いと考えました。

せっかく”コンパクトSUV”と売り出しているクロスビーなので、ベースキャリアをカスタマイズしただけでSUV感もさらにアップすると思い選びました。

これら5つ以外はすべて最安価格のものを選択

”上を見ればキリがない”とはよく言ったもので、車体のアクセサリーやエクステリアなどのオプション品をすべてハイグレードなものにしてしまうと、塵も積もれば山となる方式で、購入価格がどんどん膨れ上がってしまいます。

どこで奮発して、どこで購入価格を抑えるのか?というところは人それぞれの選択肢によります。僕の場合は、先程ご紹介した5つのオプション品以外は、全くつけず、選ばなければならないものはすべて最安値のものを選択しました。

こだわる部分にだけお金かけ、あとは捨てる。こだわりたい部分以外は、なくてもあってもことさら問題ありません。

最後に

といことで、「クロスビーを買おうと考えているけれど、どんなスペックでどんなオプションをつけるべきか」。そんな楽しい悩みを抱えているあなたに、僕が買ったクロスビーのここだけ譲れなかった本体のスペック価格、本体スペックにかかってしまったクロスビー購入金額をできるだけ低予算に収めるために、こだわり抜いて厳選したオプション品についてご紹介させて頂きました。

僕が購入した車屋⇒カーメイク本園

クロスビーの納車や実際のオプション品のレビュー記事も書く予定にしておりますので、順次ここに追記していきます。

あなたの「クロスビー購入」の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。また、お会いしましょう。

|クロスビー関連パーツ

|クルマを買うならこのサイト

|クルマの売買サイト

|クルマの車検サービス

|その他クルマのサービス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

xbee I bought img

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもPEITAです。ここは俺の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。俺の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。