α7Ⅱとα7Ⅲを買うならどっち?僕がα7Ⅲに決めた7つの理由。

α7Ⅲとα7Ⅱどっち買う 記事

ミラーレス一眼 SONY(ソニー) α7Ⅱα7ⅲのどちらを買おうか悩んでいるカメラ初心者の方へ。僕は7つの理由でα7ⅲの購入を決めました。

この記事では、α7Ⅱではなくα7ⅲを僕が選んだ理由として、両者の「決定的な違い=進化した点/新機能」を比較しながら、「α7ⅲを買う必要がある」という結論に至った7つの理由をお届けします。

あなたがもしSONY α7ⅲの購入を検討しているなら、確実に購入の追い風になることは間違いありません。

最初にお伝えしておくと、α7ⅲは写真と動画の両方の性能のバランスがとても良いので、α7Ⅱよりもα7ⅲを買うことを僕はおすすめします。

まず公式動画で、α7ⅲの特徴をサクッと見ておきましょう。


α7Ⅲの特徴

α7Ⅲがα7Ⅱより進化した点/新機能

SONY α7Ⅲとα7Ⅱの写真画像元:https://www.sony.jp(以下で使用しているイメージ写真含む)

α7シリーズは、デザインの外見上はほぼ同じです。若干、α7ⅲよりもα7Ⅱの方がコンパクトになっています。

では、そのデザイン以外での両者の「決定的な違い=進化した点/新機能」を比較して、α7ⅲのすごさをご紹介していきます。

新世代の画像処理エンジン搭載

新世代の画像処理エンジン搭載
製品名 α7 III ILCE-7M3 α7 II ILCE-7M2
発売日 2018年03月23日 2014年12月05日
センサー フルサイズ
(35.6×23.8mm)
裏面照射型CMOS
フルサイズ
(35.8×23.9mm)
CMOS
画像処理エンジン 新世代BIONZ X
フロントエンドLSI
BIONZ X
フロントエンドLSI
画素数 総画素:2530万画素
有効画素:2420万画素
総画素:2470万画素
有効画素:2430万画素
ISO 100-51200 100-25600
拡張ISO 50-204800 50-25600

α7ⅲは新開発有効2420万画素35mmフルサイズ裏面照射型センサーなど画像処理エンジンであるBIONZ Xが新世代のものになったことで、α7Ⅱよりも約1.8倍の高速データ処理ができるようになっています。

また、上記の表でお分かり頂けると思います。特にISOの感度特性が大幅(約二倍)になっていることが数字上でも分かります。

ISO感度が高いとどうなるの?

「夜=暗い場所」に強く、「手ブレ」が防止されます。これは簡単に言うと、高画質&解像度が高いことに加え、写真ノイズの低減防止になるということです。

α7ⅲを買う理由|キレキレ写真が撮影できる
α7ⅱよりもα7ⅲの方が、外よりも暗い自宅や屋内などの場所でも、かなりキレキレな写真を撮影することできるんです!

オートフォーカスが早い

AFが早い イラスト画像
製品名 α7 III ILCE-7M3 α7 II ILCE-7M2
AF方式 ファストハイブリッドAF
(像面位相差AF、コントラストAF)
測距点 693点(位相差)
425点(コントラスト)
117点(位相差)
25点(コントラスト)
測距輝度範囲 EV3~20 EV-1~20

α7ⅲの測距点の数字と、α7Ⅱの測距点の数字を比較して頂ければわかると思いますが、数字の差にかなり開きがあります。その数字から考えても、α7ⅲのAF(オートフォーカス)の速度がかなり向上していることがわかります。

先ほどご紹介したISOの感度特性が大幅に向上していることに加え、測距高度範囲の下限も-3EVとなり、低照度撮影の時でもAFがしっかりと動作(速度最大2倍)し、夜景の撮影や暗い場所でも力を発揮してくれます。

測距点=AFが早いとどうなるの?

測距点の数が多くなればなるほど、被写体へのピントが合わせやすくなります。子供が走り回っている時など、被写体の動きが激しい時、スポーツや鳥などに対して、ピント合わせのスムーズさに効果絶大です。

α7ⅲを買う理由|AFがかなり早い
α7ⅱよりもα7ⅲの方が、測距点が多いのでAF(オートフォーカス)が早く、被写体がどれだけ早く動いていもピントを合わせやすい!

連写&RAW連続撮影枚数が向上

連写 10fps画像
製品名 α7 III ILCE-7M3 α7 II ILCE-7M2
連写 10枚/秒 5枚/秒
連続撮影可能枚数 RAW:89枚
JPEG:177枚
RAW&JPG:79枚
RAW:30枚
JPEG:200枚
RAW&JPG:27枚
シャッタースピード 1/8000-30秒
電子先幕シャッター あり
サイレントシャッター あり なし

上記の表でも分かる通り、α7ⅲの連射枚数(推奨された最適なSDカード使用時)が1秒間に10枚となっており、α7Ⅱよりも数字上は2倍となっています。ただ、JPEGのみα7Ⅱの連続撮影可能枚数が多くなっています。

そして地味にサイレントシャッターモードがα7ⅲに実装されています。これは例えば、カメラのシャッター音を出せない状況(子供の寝顔を撮影など)、静かにしなければならない環境での撮影に使うことができます。

ちなみにα7R IIIと並んで最速の連写枚数を誇っています。

連写できる枚数が多いとどうなるの?

例えば、陸上大会での走り幅跳びの選手を撮影しようとした時の連写撮影時、連写数が少ないとジャンプする瞬間は撮影できていても、肝心のジャンプ後の空中の写真が撮れていない場合が考えられます。しかし、連写数が多いと、空中でのコンマ数秒の瞬間でも、より多くの写真が撮影できるので、失敗も少なくなります。

α7ⅲを買う理由|1秒間の連写枚数が多い
α7ⅱよりもα7ⅲの方が、1秒間に連写できる枚数が多いので、被写体が早い動きをしていてもそれなりに対応できる!しかもRAWの連続撮影枚数も多い!

30p:4K動画に対応

4k 画像
製品名 α7 III ILCE-7M3 α7 II ILCE-7M2
動画 4K 30p
4K HDR
フルHD 60p
フルHD 60p
ハイフレームレート 120fps(1920×1080)  
ファイル形式 XAVC S、AVCHD XAVC S、AVCHD、MP4
映像圧縮方式 MPEG-4 AVC/H.264
音声記録方式 XAVC S:LPCM 2ch
AVCHD:Dolby Digital 2ch
ドルビーデジタル
ステレオクリエーター
XAVC S:LPCM 2ch
AVCHD:Dolby Digital 2ch
ドルビーデジタル
ステレオクリエーター
MP4:MPEG-4 AAC-LC 2ch
Log S-Log2、S-Log3 S-Log2
高ビットレート 100Mbps 50Mbps
プロキシー動画 4K動画と同時記録  

α7Ⅱ(フルHDのみの動画撮影)では対応していなかった4K動画撮影(30p撮影)にα7ⅲが対応し、120pのハイフレームレートにもなり、動画機能も確実に性能アップしています。

4K動画撮影対応だと何かいいのか?

「動画は何かを映像で記録するためのもの」だと考えるなら、まだまだフルHDで良いのかもしれません。しかし、世の中のあらゆるメディアの映像が4K時代に突入しています。つまり、デザイナー兼ブロガーである僕のようにメディアを運営している側である以上、情報を発信するという目的があります。

動画映像のクオリティーを5年後(5G時代)でも通用させるためには今のうちから4Kで映像を撮影する必要があります。iPhoneですら4K撮影ができる時代に、もはやフルHD映像でしか撮影できないカメラを買う事自体があらゆるコストパフォーマンスを悪くさせてしまうと思います。

α7ⅲを買う理由|手ぶれ補正が5.0段分に
α7ⅱの動画撮影はフルHDまで。しかし、α7ⅲはⅲ0pでの4K動画を撮影対応!もはや動画の4K撮影は当たり前の時代です!

ボディ内手ぶれ補正が向上

ボディ内手ぶれ補正 画像
製品名 α7 III ILCE-7M3 α7 II ILCE-7M2
手ぶれ補正 5.0段分 4.5段分

なにわともあれ、α7ⅲはボディ内手ぶれ補正が向上したことは撮影する側からすると非常に助かります。オールドレンズを使う時でも、手ぶれ補正が行われるので、写真や動画を撮影するクオリティーが高まります。

α7ⅲを買う理由|4K動画撮影対応
α7ⅱよりもα7ⅲの方が、ボディ内手ぶれ補正が向上しているので、手ぶれの少ない=ピンぼけの少ないキレイな写真が撮れる!

バッテリーがかなり長持ちに

製品名 α7 III ILCE-7M3 α7 II ILCE-7M2
バッテリー NP-FZ100 NP-FW50

バッテリーの型番が違うことがわかると思います。やはりα7Ⅱのデメリットとしてバッテリーの消耗が激しいという問題点があるようです。しかし、α7ⅲバッテリーNP-FZ100はNP-FW50よりも約2倍のバッテリー容量を合わせ持っています。

撮影可能枚数は、ファインダー使用時で約610枚、液晶モニター使用時で約710枚というモンスターバッテリー!これはα7に比べて2倍以上のバッテリー持ちを実現しています。

バッテリーが長持ちならどうなるの?

1つのバッテリーで長時間撮影することができますので、荷物も減りますし、バッテリー交換をするという煩わしさもないですし、予備のバッテリーを買わなくても、バッテリー1つで事足りるということで、バッテリーが長持ちであることはコストパフォーマンスに優れている証拠でもあります。

α7ⅲを買う理由|バッテリーが長持ち
α7ⅱよりもα7ⅲの方が、2倍もバッテリーが長持ち!これだけでも買う価値があります!

USB Type-C端子対応

α7ⅲは、次世代端子であるUSB Type-C端子に対応。しかも、およびマルチ/マイクロUSB端子での給電に対応していますので、バッテリーをいちいち外さなくてもUSBケーブルで充電もできます。

α7ⅲを買う理由|次世代端子対応
α7ⅲは、次世代端子であるUSB Type-Cに対応し、なおかつモバイルバッテリーなどからUSBケーブルで給電&充電できます!

まとめ

ソニーα7ⅲ 写真

α7Ⅱにはないα7ⅲの新機能/性能

  1. 新世代の画像処理エンジン
  2. オートフォーカスが早い
  3. 連写&RAW連続撮影枚数が向上
  4. 30p:4K動画に対応
  5. ボディ内手ぶれ補正が向上
  6. バッテリーがかなり長持ちに
  7. USB Type-C端子対応

これは細かいことを言えば、ごく一部の性能比較に過ぎません。しかしながら、α7Ⅱを買うよりもα7ⅲを買う方がこれだけ大きな性能&機能の違いがあることが分かって頂けたと思います。

写真を撮影することも、動画を撮影することも考ええると、一眼デジタルカメラとしても非常におスすすめできるモデルです。とは言いつつも、「動画を撮影する」ということだけに着目した場合が、もちろん最高とは言えません。

しかしながら、僕としては冒頭でお伝えしたとおり、α7ⅲは写真と動画の両方の性能のバランスがとても良いので、α7ⅱよりもα7ⅲを買うことを僕はおすすめします。

さらに言えば、α7ⅱからα7ⅲに買い替えするのもおすすめします。

ただ、もちろんα7ⅲよりもα7Ⅱの方が価格としてはかなり安いので、金銭的な面を重視するのであれば、α7Ⅱでも写真と動画はもちろん美しく撮影できます。そして逆に金銭的に余裕がある人は、α7RⅢの方を買うという選択肢もあります。

ということでこの記事では、α7Ⅱではなくα7ⅲを僕が選んだ理由として、両者の「決定的な違い=進化した点/新機能」を比較しながら、「α7ⅲを買う必要がある」という結論に至った7つの理由をお届けしました。

なので僕はα7ⅲの購入を決めました!

α7Ⅱを購入しようか、α7ⅲを購入しよか、悩んでいる方の参考になれば幸いです。最後まで読んで頂きありがとうございます。また、お会いしましょう。

次はこの記事『良い写真の撮影する時のたった一つのコツは?それは心が動いた瞬間を撮ること。』で、写真撮影のちょっとしたコツについてもチェックしてみましょう。

今回ご紹介した製品

SONY (ソニー) α7III

SONY (ソニー) α7Ⅱ

SONY (ソニー) α7RIII

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。



PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

α7Ⅲとα7Ⅱどっち買う 記事

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。