運動不足や腰痛,疲れ解消に効果的なスタンディングデスクおすすめ3選!

デスクワークで毎日座りっぱなしでは腰痛や健康にも悪影響。それをズバッと解消するスタンディングデスクに切り替えてみませんか?

ということで今回は、エルゴノミクス(人間工学)に基づいたワークステーション製品(液晶テレビ・ディスプレイを設置する壁掛け・スタンド・アーム、昇降スタンディングデスク、フィットネスバイクなど)を開発し続けているLoctek社傘下のブランドの一つ健康、快適なオフィスライフ作り、モニターアーム・TVスタンド専門店の【FLEXIMOUNTS】 という企業が作り出した、あなたの腰痛予防や不健康(運動不足など)を解消するおすすめのスタンディングデスクを3選ご紹介します。

生産性と健康の両方からあなたの新しいワークスタイルの再構築づくりの参考になります!

通常のデスクワークのデメリット

座りっぱなしのデスクワーク 画像

画像元:FLEXIMOUNTS

  • 座りっぱなしだと腰への負担がかかる
  • 座りっぱなしだと姿勢がどんどん猫背になる
  • 座りっぱなしだと血流が悪くなり疲れやすい
  • 座りっぱなしだと痔の症状がつらい
  • 座りっぱなしだから運動不足になりがち

これ以外にも、座りっぱなしのデスクワークでは、消費カロリーもほぼないので、非常に健康被害が気になるところです。

また、座りっぱなしのデスクワーク以外にも、車を運転する時、ご飯を食べる時、YouTubeやテレビを見る時など、1日24時間のほとんどを”座る”または”横になる”という状態でぼくらが過ごすことが多いわけです。

あなたは1日どれくらい座っていますか?

座りすぎていませんか?

座りっぱなしだと、一部の研究結果から「長時間座ることは体に悪い、1時間のデスクワークで寿命が22分も縮む」などと言われており、1時間につき5分程度歩くといいようです。
引用元:FLEXIMOUNTS

座りっぱなしは体に悪い

そもそも人間の体は動くことを前提とした構造になっており、長時間同じ姿勢を続けることには適していません。デスクワークで座りっぱなし傾向にある方や、肩や背中、腰などにどんどん疲労が蓄積していきます。心臓や肺、脳などに異常が起きているサインです。さらに、高血圧糖尿病・肥満など様々な病気のリスクも高まります。
引用元:FLEXIMOUNTS

スタンディングデスクとは?

  • スタンディングデスクは立ったまま作業ができるデスク

スタンディングデスクのメリット

「立つ時間を1日3時間・週に5日確保すれば、年10回フルマラソンを走るのと同じカロリーを消費できる」と、イギリスの大学教授が発表しています。つまり長時間の座りっぱなしから解放する必要があります。一言で言うと立ったり座ったりして体を動かせば効果が得られます。「立つ」「座る」を繰り返すことで健康増進、効率アップ、生産性を向上させ、コンミューンを増進することができます。
引用元:FLEXIMOUNTS

スタンディングデスク3つの効果

  1. 血管病を予防する効果があります
  2. カロリーを燃焼してダイエット効果
  3. 仕事効率・生産性アップさせること

このように、座りっぱなしのデスクワークよりも、立った状態で作業するだけで、様々な健康へのメリットがあると言えます。

現在、毎日のように座りっぱなしのデスクワークを行っている方は、できるだけ体を動かすためにも、細かい休憩をいれながら、少し体を動かすことを意識しておかなければ、事が起こってからでは遅い!ということにもなります。

それらを少しでも解消するべく、以下のおすすめのスタンディングデスクを3選お届けします。

  1. FLEXISPOT電動式スタンディングデスク
  2. FlexiSpot手動卓上式スタンディングデスク 
  3. FLEXISPOT 座位・立位両用スタンディングデスク 

では、エルゴノミクス(人間工学)に基づいたスタンディングデスクを順番にご紹介していきます。

FLEXISPOT電動式スタンディングデスク

FLEXISPOT電動式スタンディングデスク 画像

画像元:FLEXIMOUNTS

座る姿勢と立つ姿勢を交互にとりながら、疲労軽減、ダイエット効果、眠気防止が期待でき、より健康的に、より効率的にデスクワークを行うことができます。普通のデスクやチェアより人間工学性を重視し、腰痛対応、血液循環等の効果があります。
引用元:FLEXIMOUNTS

静かでスムーズに昇降

FLEXISPOT電動式スタンディングデスク 画像2

画像元:FLEXIMOUNTS

FLEXISPOT電動式スタンディングデスクはデュアルモーターにより、静かでスムーズに上下昇降ができます。ボタンを押すだけで、60-123CMの範囲で昇降することが可能で、周りの人を邪魔することなく姿勢チェンジができます。
引用元:FLEXIMOUNTS

先進的なコントローラー

  • 3パターンの高さを設定可能
    自分の身長に合わせた、立ちポジション、座りポジション三つの高さを選んで設定できます。数字ボタンを押すと、設定した高さに昇降し、快適な作業環境が作られます。
  • リマインドアラーム機能搭載
    人間工学に基づいたFlexiSpot電動式スタンディングデスクは、指定した時間に鳴るアラーム機能が搭載しているため、姿勢の変更をを促すことが可能です。
  • ワンタッチ
    タッチするだけでワークスタイルを変える。さらにメモリー機能が付き、よく使う高さを記憶させより便利になります。

幅も調節可能な電動式スタンディングデスク

FLEXISPOT電動式スタンディングデスク 画像3

画像元:FLEXIMOUNTS

FLEXISPOT電動式スタンディングデスクの幅は110CM-180CM調節可能です。広いのオフィスから、普通の書斎まで、使用環境に応じて天板の大きさと色を選んでいただけれるデザインです。DIYで最適なデスクワーク環境を作りましょう。
引用元:FLEXIMOUNTS

ケーブル管理機能

FLEXISPOT電動式スタンディングデスク 画像4

画像元:FLEXIMOUNTS

ケーブルをまとめることができるため、デスクトップがスッキリします。LOCTEKのモニターアームを設置することにより、自由なディスプレイの角度調整が可能です。首や背中も疲れず、体が楽になります。
引用元:FLEXIMOUNTS

姿勢を変えることができる

FLEXISPOT電動式スタンディングデスク 画像5

画像元:FLEXIMOUNTS

  • 座りっぱなし
    脚のむくみ・首と肩への負担・腰痛・血行不足・肥満など
  • 立ちっぱなし
    脚の痛み・疲労・腰痛・静脈瘤の可能性など

「立ち作業後に座って休憩を取る」というデスクワークサイクルにより、作業効率がアップします。また、こちらの電動式スタンディングデスクを使い続けると、腰痛改善も期待できます。

スタンディングデスク製品概要

製品スペック E3シリーズ 三段階構造
モーター デュアルモーター
昇降スピード 38mm/s
高さ調整範囲 60-123cm
幅調節範囲 110-180cm
天板の寸法 幅60-80cm  長さ120-180cm
天板の厚さ 2.5cm
本体重量 25kg
耐荷重 80kg
メモリー機能 あり

公式サイトで購入する

公式サイト|FLEXIMOUNTS

Amazonで購入する

FlexiSpot手動卓上式スタンディングデスク

手動卓上式スタンディングデスク 画像

画像元:FLEXIMOUNTS

既存のデスクの上に載せるだけ

既存のデスクの上に載せるだけで立つ・座るのワークステーションになります。普通の机を昇降式スタンディングデスクにするガス圧式でしっかり作られていますので、素材的にもデザイン的にも高級感があり、そのわりにお値段は電動昇降デスクとくらべて遥かにリーズナブル。
引用元:FLEXIMOUNTS

特徴と選ばれる理由

手動卓上式スタンディングデスク 画像2

画像元:FLEXIMOUNTS

  • ガススプリングシステムでワンタッチで簡単昇降
  • キーボードトレーをカンファンに取り付けられる
  • ちょうど良い目線の位置に調整可能
  • スタンディングデスクだから集中力や腰痛予防になる
  • 座っても使える高さ調節付き
  • エルゴノミクス設計

すでにお気に入りデスクをお持ちの場合なら、こちらを据え置きで使えます。必要のない時は、デスクから簡単に移動できますので、それぞれで作業する場所に簡単に設置できるところもおすすめな特徴です。

公式サイトで購入する

公式サイト|FLEXIMOUNTS

Amazonで購入する

FLEXISPOT 座位・立位両用スタンディングデスク

スタンディングデスクのもたらすもの

FLEXISPOT 座位・立位両用スタンディングデスク 画像

画像元:FLEXIMOUNTS

  • モチベーションアップ
  • 快適な空間と働き方を実現
  • 健康的に作業をすすめる
  • 立ち座りが選択できる

8時間以上座りっぱなしのリスク

FLEXISPOT 座位・立位両用スタンディングデスク 画像3

画像元:FLEXIMOUNTS

  • 脳への血流不足により反応が低下
  • 首・肩の痛み
  • 背中・腰の痛み
  • 腰の椎間板への負担
  • 肥満やむくみの原因
  • その他の健康被害

などなど、冒頭でお伝えした通り座りっぱなしだと、様々な健康へのリスクが伴ってしまう恐れがあります。

主な特徴について

FLEXISPOT 座位・立位両用スタンディングデスク 画像4

画像元:FLEXIMOUNTS

  • ガススプリングシステムで軽くてスムーより快適な操作を体験してみましょう
  • ハンドルはフワッと軽い操作で楽に作業面をアップ&ダウン
  • 既存デスクの取替え不要のリーズナブル設計によりワークデスクに置くだけの「簡単設置」
  • タブレットやスマートフォンスタンドが組み込まれており、娯楽用途でも楽しめます

本体の概要

  • デスク本体は15Kg(耐荷重は、24インチのモニター☓2台分、ラップトップPC約3kg、タブレット約1kg)
  • 天板の厚み15mm
  • X型サポート構造
  • 3面ベースサポート
  • 環境に優しい素材を使用
  • 6000回以上の上下不可耐久テスト済

公式サイトで購入する

公式サイト|FLEXIMOUNTS

Amazonで購入する

最後に

いかがだったでしょうか?

ということで今回は、エルゴノミクス(人間工学)に基づいたワークステーション製品(液晶テレビ・ディスプレイを設置する壁掛け・スタンド・アーム、昇降スタンディングデスク、フィットネスバイクなど)を開発し続けているLoctek社傘下のブランドの一つ健康、快適なオフィスライフ作り、モニターアーム・TVスタンド専門店の【FLEXIMOUNTS】 という企業が作り出した、あなたの腰痛予防や不健康(運動不足など)を解消するおすすめのスタンディングデスクを3選ご紹介しました。

生産性と健康の両方からあなたの新しいワークスタイルの再構築に作りの参考になれば幸いです。また、会社の健康経営を考えて社内でスタンディングデスクを導入できれば、社員のワークスタイルを健康思考にするキッカケにもなります。

ちなみに僕もLOCTEK(FLEXIMOUNTS)が生み出すエルゴノミクス製品に刺激を受け、ワークデスクを再構築しようと思い【FLEXISPOT電動式スタンディングデスク】を選んでみました。製品の詳しいレビューを書きましたら、こちらでも合わせてご紹介させて頂きます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。またお会いしましょう。

LOCTEK(FLEXIMOUNTS)の詳しくはコチラ、またはAmazonにて製品をチェックしてみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA