fig_main

夢の家庭用ホームシアターを実現するプロジェクターは?ViewSonic「PX727」がおすすめな18の理由。

auが話題の機種など割引中!新規&機種変なら今!
auオンラインショップ

ソフトバンクのスマホが大幅値下げ!
ソフトバンクオンラインショップ

ドコモがiPhone XSやその他スマホを値下げ中!
ドコモオンラインショップ

映画やゲームを大画面で楽しむための家庭用ホームシアターをお探しの方におすすめのプロジェクター!

この記事では、4K Ultra HD/HDR対応のホームシアタープロジェクターViewSonicの「PX727-4K」をご紹介!

結論から!

低コストでありながら最高の家庭用ホームシアター専用のプロジェクターをお探しなら、これをベストチョイスに考えた方が賢明だ。

では、その理由などを詳しく解説していく。


家庭用ホームシアタープロジェクター

4K プロジェクター イメージ

ViewSonic PX727-4K

ViewSonicのPX727-4K 写真

本体販売価格

商品の主な7つの特徴/概要

4K プロジェクター イメージ
  • RGBRGBカラーホイールを採用
  • HDRに対応したリビングルーム用の2200ルーメンに対応
  • 最新のXPR技術で830万画素の4K UHD解像度を投写
  • HDRとRec.709をサポート
  • RGBRGBカラーホイールで映画規格のRec.709の96%をカバー
  • ご自宅のリビングルーム等で快適な映画体験を楽しむことができる
  • 2系統のHDMI入力に対応し、幅広いデバイスとの接続が可能
  • 内蔵USB電源は接続されたドングルやデバイスの電源として使用できる
  • SuperEcoモードは最大約15,000時間のランプ寿命を誇り、ランプの交換とメンテナンスのコストを大幅に削減

特徴と概要の中の解説用語

  • RGBRGBカラーホイール
    色の表現法の一種で、赤 (Red)(●)、緑 (Green)(●)、青(Blue)(●) の三つの原色を混ぜて幅広い色を再現する加法混合の一種である。RGBは三原色の頭文字である。(ウィキペディア
  • 2200lm(ルーメン)
     直射日光がスクリーンに当たらなければ特には問題なく使える。また、暗くすればテレビと変わらないぐらい綺麗に映る。また、蛍光灯とか照明つけた状態で観るなら3000lm以上は必要
  • 映画規格のRec.709
    HDTVの国際規格であり、映画製作者が意図した色味や画質を忠実に再現率のこと

つまり、ViewSonicの「PX727-4K」は、ホームシアタープロジェクターとしては基本的なことに加え十分すぎるスペックを搭載しているということ。

1分30秒の動画でサクッと特徴を確認

このように、ViewSonicの「PX727-4K」は自宅でホームシアターを楽しむために作られたホームシアター専用のプロジェクターだ。動画で見ての通りその美しさと使い勝手の良さは感動に値する。

ではここからViewSonicの「PX727-4K」の何がすごいのか?を詳しく解説していく。

ViewSonicのPX727-4Kがホームシアターに最適な18もの理由

  1. 価格.com Product Award 2018プロジェクター部門 金賞受賞
  2. 4K Ultra HDの高画質で感動的な視覚パフォーマンス
  3. HDR対応でより深みのある映像
  4. スムースなカラーグラデーション
  5. シネマカラーの映像美
  6. 最先端の映像処理技術を使用
  7. 素晴らしい色精度/SuperColor
  8. つなぎ方はケーブル1本でHDデバイスとの高い接続性
  9. USB電源出力端子を搭載
  10. ユーザーフレンドリーなリモコン
  11. 集中コントロール
  12. 省エネルギー設計で長寿命
  13. オートパワーオフ
  14. 高いカラーパフォーマンス
  15. 卓越したDLPの映像品質
  16. クリアな映像品質
  17. 高いネイティブコントラスト比
  18. プロジェクターなのにこの価格帯は安い

もしこの時点でその良さに気づき「他にプロジェクターを探す」という行動に手間取っているなら、もうViewSonicの「PX727-4K」を買ってしまって良いと思う。

それだけホームシアタープロジェクターを買うならおすすめできる。

では実際にそれぞれの項目を解説していく。

価格.com Product Award 2018プロジェクター部門 金賞受賞

ホームシアタープロジェクターViewSonicの「PX727-4K」

価格.comプロダクトアワードとは、約5400万人のユーザーの方々に日々書き込んでいただいているレビューの評価をベースに、その年にユーザーにもっとも支持された製品を選出するアワードです。 詳しくご紹介は価格.com Product Award 2018公式ページにてご覧ください。

引用元:公式サイトより

約5400万人のユーザーの評価の最高峰

家電のレビューサイトと言えば、誰でもご存知の「価格.com」。実際のユーザー(使用したお客様)によって書き込まれているレビューになるので非常に安心した製品であることが間違いない。加えて、ViewSonicの「PX727-4K」の使用感については申し分ないことだということだ。

4K Ultra HDの高画質で感動的な視覚パフォーマンス

4K Ultra HD 高画質 イメージ

Full HDの4倍の明瞭さを備えた4K UHDの細部にわたるきめ細かい描写をお楽しみください。XPRテクノロジーを通して830万画素を画面に映し出すPX727-4Kは、全米民生技術協会(CTA)が定める4K UHDの基準を満たしています。

引用元:公式サイトより

Full HDの4倍の明瞭さ

いくらホームシアター用のプロジェクターであっても、やはり画質が粗いと感動も薄れてしまう。しかしこのViewSonicの「PX727-4K」はXPRテクノロジーを通して830万画素を画面に映し出すので、非常に明瞭できめ細やかい映写力だと言える。

HDR対応でより深みのある映像

HDR対応 イメージ

PX727-4KはHDR(High Dynamic Range)コンテンツをサポートしています。暗い部分と明るい部分の明暗差を、白飛びや黒つぶれすることなく、より細部まで鮮明に表現することができ、より現実感のあるリアルでダイナミックな映像を映し出します。

引用元:公式サイトより

明暗差や白飛びや黒つぶれなしで鮮明に表現

いざ、映画などのコンテンツを観ようと思った時、映画によって見にくさがあるのは問題。しかし、実際に白飛びしすぎて見えにくい、もしくは映画の映像が暗い場合でも、HDR(High Dynamic Range)コンテンツをサポートしているのは本当に素晴らしいこと。

スムースなカラーグラデーション

スムースなカラーグラデーション イメージ

専門的なRGBRGBカラーホイールの搭載により、赤、青、緑を強化し、色相と彩度を増強して色再現性を高め、スムースなカラーグラデーションの映像を投写します。

引用元:公式サイトより

相と彩度を増強した色再現性

明るすぎない、そして暗すぎない、でも映画や映像の華やかさを損なわない。そんな映像を投写することができるのだから、没入感も一塩だ。

シネマカラーの映像美

シネマカラー イメージ

PX727-4Kは、Rec.709の色空間を96%カバーし、素晴らしい色精度と色彩を実現しました。まるで映画館にいるような映像美をお楽しみください。

引用元:公式サイトより

先ほどのViewSonicの「PX727-4K」の特徴のところで書いたように、”HDTVの国際規格であり、映画製作者が意図した色味や画質を忠実な再現率”なので、もちろんテレビで観るよりも映画館で映画を観るような感覚に近い。

最先端の映像処理技術を使用

最先端の映像処理技術 イメージ
  • 超解像技術 超解像技術は各オブジェクトを個別にリマスタリングし、よりシャープで精細な画像を投写します。
  • カラーエンハンスメント カラーエンハンスメント技術はカラーグラデーションのパフォーマンスを最大にするために、カラーを個別に最適化します。
  • スキントーン スキントーン機能により、投写光の変色を防ぎ、肌の色合いを改善し、自然に見える色調を表現します。

引用元:公式サイトより

上記のイメージ画像でも分かるように、本当にカラーエンハンストがあるかないかで非常にカラーが見違えていることが分かると思う。

素晴らしい色精度

素晴らしい色精度 イメージ

ViewSonicの独自のSuperColor™テクノロジーは、明るい場所でも暗い場所でも、画質を犠牲にすることなく、広色域を表示します。さまざまな環境下でもリアルなカラーパフォーマンスを楽しむことができます。

引用元:公式サイトより

明暗の差があっても画質を犠牲せず広色域を表示

やはり、プロジェクターと言えば”暗い場所で使う”というイメージがあるのではないだろうか。僕ももちろんそうだったが、このViewSonicの「PX727-4K」はSuperColor™テクノロジーを採用しているのでその問題は100%ではないが、明るい場所でも映像を観賞できるレベルにまできた。

つなぎ方はケーブル1本でHDデバイスとの高い接続性

HDデバイスとの高い接続性 イメージ

HDMI端子を2系統装備しており、さまざまなHDデバイスと接続可能な汎用性を備えています。また、1系統はHDCP2.2に対応したHDMI2.0入力端子を装備しているので、4K放送や4K Ultra HD Blu-rayなどのさまざまな4Kコンテンツを楽しむことができます。

引用元:公式サイトより

ホームシアタープロジェクターなので、据え置いて設置(定位置)することも考えられるので、HDMI端子(2.0)を2系統装備されていることは非常にありがたい。

USB電源出力端子を搭載

USB電源出力端子を搭載 イメージ

5V/1.5A USB電源出力端子を搭載。HDMIワイヤレスドングルなどに電力を供給することができます。これにより、お気に入りのマルチメディアコンテンツをストリーミングする際に、別々の電源アダプタを使用する必要がなくなります。

引用元:公式サイトより

マルチメディアコンテンツをストリーミングしながら充電できる

例えば、Apple TVやGoogleのクロームキャストなどを視聴する時に、ViewSonicの「PX727-4K」から電源供給しながら使える。これは非常にプロジェクターの多様性を生む素敵な配慮だ。

ユーザーフレンドリーなリモコン

ユーザーフレンドリーなリモコン イメージ

PX727-4Kには、暗い場所でもプロジェクターの操作を簡単に行うことができる、バックライト付きリモコンを付属しています。

引用元:公式サイトより

プロジェクターの操作を簡単に

この価格帯でリモコンがついている事自体、とても利便性が良い。やはり、いちいち設定や変更に本体で行うことはあまり良いとは言えない。リモコンがあるだけで快適に操作ができる。

集中コントロール

集中コントロール イメージ

中央に配置した電源ボタンでプロジェクターをコントロールしやすくなります。また、プロジェクターの管理に便利なIRレシーバーとしても機能しています。

引用元:公式サイトより

省エネルギー設計で長寿命

長寿命 イメージ

スーパーエコモード機能は、プロジェクターを3分間スタンバイ状態にすると自動的にオンになります。 SuperEcoモードは平均寿命が約15,000時間に延長され、信頼性の高い長期使用が可能です。

引用元:公式サイトより

オートパワーオフ

信号が検出されないと、プロジェクターは自動的に電源を切ってエネルギーとランプの寿命を節約します。

引用元:公式サイトより

卓越したDLPの映像品質

DLPのディスプレイテクノロジーは、暗部の再現性に優れた高いコントラスト比とデバイスの経年劣化が少なく色再現性を長期間維持できる特長を備えています。現在、映画館の約90%はDLPテクノロジーをデジタルシネマに使用しています。 革命を起こしたDLPテクノロジーは、さらに進化しています。

引用元:公式サイトより

高いカラーパフォーマンス

高いカラーパフォーマンス イメージ

DMD(デジタルマイクロミラーデバイス)は、DLPテクノロジーをベースに構築されており、長期間退色することなく入力ソースのカラーを再現することができます。デバイスの劣化が極めて少ないため、ViewSonicのDLPプロジェクターは、ランプを交換すれば、映像品質を低下させることなく、新品時のカラーパフォーマンスを提供します。

引用元:公式サイトより

クリアな映像品質

映像美 イメージ

DMDは小さな隙間に高いフィルファクタのピクセル配列を構成するため、ViewSonicのDLPプロジェクターは滑らかで美しい映像を投写できます。 グラフとテキストはより精密に表示され、「スクリーンドア効果」はほとんど感じられません。

引用元:公式サイトより

高いネイティブコントラスト比

高いネイティブコントラスト比 イメージ

ViewSonicのDLPプロジェクターで使用される光学システムは、DMD技術のために「Deeper Black」と「High Contrast Ratio」を提供します。 高いコントラスト比は画像に深みを与え、よりリアルな映像を表現します。

引用元:公式サイトより

価格が安い

価格は先ほど紹介したが、現段階でプロジェクターが10万円前半で手に入るということ自体、かなりコストパフォーマンスが良いとしか言いようがない。

最後に

改めて結論!

以上のような理由から、低コストでありながら最高の家庭用ホームシアター専用のプロジェクターをお探しなら、これをベストチョイスに考えた方が賢明だと考えている。

ということで今回は、4K Ultra HD/HDR対応のホームシアタープロジェクターViewSonicの「PX727-4K」をご紹介してみた。

映画やゲームを大画面で楽しむための家庭用ホームシアターをお探しの方に絶対におすすめのプロジェクターだ。

最後まで読んで頂きありがとうございました。またお会いしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

バナー

iPhone XS/XS Max/XR公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



LINE@でお得な情報を得よう!

PCサイズ-LINE@-バナー

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。