iPhoneの動画アプリ「VUE」超絶簡単にプロレベルの映像が作れる!毎日を映画のように記録しよう。

iPhone動画アプリVUEのアイキャッチ

プロとまでは言いませんが、「あなたの日常」を映画のような映像で残そう。

初めての方も、俺的デザインログを定期的に読んで頂いている方も、いつもありがとうざいます。

どもども、PEITAデザインブロガー@PEITA)です。

このブログは、UlyssesというMacOSアプリiOSアプリを使って執筆しています。また、このブログのWordPressのデザインテーマは、STORKを使用しています。

では、記事の中身へ。

iPhoneアプリで超絶簡単にプロレベルの動画を作ることができるとしたら、あなたはどんな映像を残しますか?

今回は、超簡単にプロレベルの映像が作れる動画アプリ「VUE」をご紹介します。

使い方のハウツーではなく、実際に「VUE」を使って動画を作成したものをお見せしますので、「VUE」を使うとどのくらいのレベルの動画が作れるのか?というところの参考にして頂き、重ねて「VUE」の良いところをまとめてご紹介し、この記事を書いている映像を「VUE」で適当に編集した60秒動画もお見せします。

本当に、手間暇かけずに「ただの日常」が、簡単に映画のような雰囲気の動画になります。

では、まずそのアプリで俺が作った動画をご紹介します。

初めてVUEで作った動画「SK8 DAY」

 

石原 一平さん(@ippei_ishihara)がシェアした投稿

本当に簡単に作れた

スケボーの練習動画をインスタグラムに気軽にアップしたいな〜しかもおしゃれな感で〜と思っていたんですが、いちいちMacで編集したり、iPhoneのiMoveアプリを使ったりするのは億劫なので断念していました。

そこで「ちゃんと作る」というか「ササッと作る」程度の動画制作アプリを探していたところに、この「VUE」と出会いました。

そんでササッと簡単15分ほどで作ることができました。

それで調子に乗りまして……

2本目に作った動画「クリスマス2017」

 

石原 一平さん(@ippei_ishihara)がシェアした投稿

おしゃれな映像で作れる

非常に簡単におしゃれな映像で作れるんです。この動画は、2017年12月24日に家族で過ごしたクリスマスの1日を、iPhoneXのカメラで単発の動画をいくつか撮影して、それをただ繋げただけです。

家族で最後のシーンに写っていたケーキを食べながらササッと編集して、そのままiPhoneXでAppleTVにミラーリングして家族で視聴。

本当に手軽に簡単に動画が作れるので、さらに調子に乗りまして……

3本目に作った動画「SK8 LOG」

 

石原 一平さん(@ippei_ishihara)がシェアした投稿

スケボーの練習がより楽しくなった

スケボーの練習は、もちろん自己評価で楽しんでいる面が大きいんですが、やはりある一定のクオリティを越えた動画で記録することができるということに、非常にモチベーションが上がりました。

自分だけのオリジナル作品として、十分なクオリティを簡単手軽に残せるので、ビデオカメラを持ち出す必要も、一眼レフカメラを持ち出す必要もありません。

必要なのは、iPhoneとVUEだけ。欲を言えばiPhoneの三脚があれば尚良しですね。

VUEの良いところ

予め動画の時間の長さが設定ができる

これはつまり、1分(60秒)の動画を作ることをアプリ側で設定しておけば、その時間を超過して編集できないので、ある意味で動画の再生時間にメリハリを作ることができるので、非常に助かります。例えば、インスタグラムでの動画の再生時間は60秒ですので、動画の編集をしながら「あれッ今どのくらいの再生時間かな?」と時間を自分で計測せずとも、アプリ側で「はい終了!」とメリハリをつけてくれます。

多様なエフェクト

有料のエフェクトもありますが、もちろん無料のエフェクトもあります。しかもかなりのたくさんありまして、非常に選びごたえがあるし、1つ1つが本当に雰囲気のあるものばかりで、エフェクトを選ぶだけでもワクワクします。もちろん、エフェクトを選びに時間をかけていたら動画制作は終わりませんので、ある程度自分のイメージのいくエフェクトをササッと選ぶことが大事ですね。だって、どのエフェクトも非常にクリエイティブなものばかりで、どれを選んだとしても失敗はありませんよ。

動画の切り取りが簡単

どれだけ長い動画を撮影したって、簡単に切り出せます。つまり、撮れ高の良い箇所のみを簡単に厳選して動画に取り入れることができます。特に俺のようなスポーツの練習風景を動画にまとめる際には、”失敗”している部分を簡単にカットできます。

固定の映像を動かせる

例えば、三脚に固定してある映像でも、アプリ内で上下左右に映像を動かせるエフェクトがあります。つまり、固定している映像でも、動きをつけることでより質の高い映像として編集できます。自撮り映像であっても、誰かが撮影してくれているような映像処理が可能です。上記で作成したスケボー動画でその処理をr使っていますので、もう一度観てみてください。

無料の音楽が盛り沢山

無料で使用できる音楽(曲)がたくさんあります。しかも、効果音とか短い曲ではなく、ちゃんとした長さの曲です。もちろんインストゥルメンタルではありますが、非常にクオリティの高いおしゃれものばかりです。上記で紹介している3つの動画のいずれもその無料の音楽を使わせて頂いております。

では、今回の記事を書きながら、ちょちょいとブツ撮りした動画を「VUE」で簡単編集した動画をお見せします。

いかがでしたか?動画制作時間たったの5分ww

最後に

冒頭でお伝えした通り、ここでは「VUE」を使った動画制作のハウツーのご紹介ではなく、「VUE」を使ってどんな動画や映像が制作できるのか?というところをお見せし、実際に「VUE」を使って動画制作をしてみようかな〜と思ってもらうための記事です。

本当に簡単なので、ハウツーなんかは直感的に触って行く方が覚えが早いと思います。

また、上記に記載した良いところも参考にして使ってみて下さい。

とは言え、「VUE」の編集について分からないことや教えてほしいことがあれば、TwitterのDMやFacebook、インスタのDM、またはお問い合せフォームまでお気軽にご連絡下さいませ。

PEITAのTwitterの画像 isihiara_ippei_Instagramの画像 石原一平Facebookの写真

»»お問い合せ《各種ご相談》

今回は、超簡単にプロレベルの映像が作れる動画アプリ「VUE」をご紹介しました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

では、またお会いしましょう。。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

スポンサードリンク

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

iPhone動画アプリVUEのアイキャッチ

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

Push7で購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA