YouTube|iPhone&ガジェット情報を毎日配信中!

iPad Pro11とiPad 10.2の違いを徹底的に比較!その結論は?!

iPhone12が発売!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、2020年10月16日に予約開始!
発売日は10月23日と11月中旬!

予約や購入はお早めに

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

iPhone12最新まとめ
iPhone12・12Pro 最新まとめ! 発表・発売日・値段・スペック解説

Amazonで買い物するなら登録しないと損!

CMなどで話題沸騰中のAmazon PRIME ビデオが見放題のプライム会員は、月額たった500円で、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです!

登録めちゃお得!
Amazon プライム会員になる

iPad Pro11(2018)とiPad 10.2(2019) 、どっちを買おうか悩んでいる方に朗報!

そこで今回は、iPad Pro11(2018)iPad 10.2(2019)とを比べて(比較)どこがどう変わったのか?その違いを、「あまり気にならない違い」と「ものすごく大きな違い」に分けて解説します。

あなたがどちらのiPadを購入しようかと悩んでいるなら参考になるはずです。

では、どちらを買う方がおすすめなのか?という結論をまずはお伝えしておきます。

イシハラ
当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

YouTubeではAppleの最新情報やガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報動画でお届けしています!

読者の皆様、そして初めての方も!

ぜひ チャンネル登録 宜しくお願いします。

YouTube戦略収益(売上)公開中!


iPad Pro11(2018)iPad 10.2(2019)を買うならどっちがおすすめなのか?

結論|絶対にiPad 10.2(2019)を買った方が良い!

iPad10.2-image僕が絶対におすすめするのは、iPad 10.2です。

その理由は、両者の費用対効果の価格差5万円出すか出さないか?が本質にあります。

ではまず、iPad Pro11(2018)とiPad 10.2(2019)の価格を見てみましょう。

iPad Pro11(2018)とiPad 10.2(2019)の価格の違い(差)は?

iPad Pro11インチの価格/定価は、89,800円(税別)〜

iPad 10.2インチの価格/定価は、34,800円(税別)〜


価格差は約5万円

その価格の差を考えると、両者とも「やれることは基本同じ」なので、「やれることは基本同じ」なのに、5万円の費用を払うか?と言われれば、僕は払う必要はないと結論付けました。

ではその結論に至る理由として、iPad Pro11(2018)とiPad 10.2(2019)とを比べて(比較)、その費用対効果についての進化や変化の違いを詳しく解説していきます。

iPad Pro11(2018)とiPad 10.2(2019)のスペックやサイズの違いを徹底比較【あまり気にならない違いポイント

 iPad-Pro11(2018)-iPad-10.2(2019)

ではまずは、iPad Pro11(2018)iPad 10.2(2019)とを比べて(比較)「あまり気にならない違い」について、僕の実際の使用環境や状況などの経験に基づいてお届けします。

色/カラーを比較

iPad-pro-ipad-color

iPad Pro11の色/カラー

  • スペースグレイ
  • シルバー

iPad 10.2の色/カラー

  • スペースグレイ
  • シルバー
  • ゴールド

ゴールドがあるかないかの違い

「iPad Pro11インチにゴールドのカラーがない」というだけです。カラーにこだわりがないとか、そもそもゴールドは選ばないとか、そのゴールドがあるかないかの違いは、あまり気になりません。

逆にiPad Pro11インチしかゴールドがない!というわけではないので、どうしてもゴールドが良い!という方は即断でiPad 10.2インチを買えばいいです。 


ゴールドなくて問題ない!

ディスプレイサイズ(画面)

iPad-iPad-pro-display-size

iPad Pro11のディスプレイサイズ

  • 11インチ

iPad 10.2ののディスプレイサイズ

  • 10.2インチ

ディスプレイサイズは0.8インチの違い

iPadProの写真

実際に僕は、iPad Pro 9.7インチを4年以上愛用していましたが、9.7インチのディスプレイサイズで全く問題ありませんでした。

要は、10.2インチであろうが、11インチであろうが、革新的な違いはないので、あまり気になりません。


0.8インチの差は気にならない!

ディスプレイのスペックの補足

 モデル 11インチiPad Pro iPad(第7世代)
サイズ 11インチ 10.2インチ
ディスプレイ Liquid Retina Retina
解像度 264ppi 264ppi
最大輝度 600cd/m2 500cd/m2
仕様 耐指紋性撥油コーティング 耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ

ディスプレイのスペックを細かくみていけばきりがないが、1日中ずっとiPadを使い続けるわけではないので、当別にそれがなくてもあっても問題ありません。

 
 

容量/ストレージ

iPad Pro11の容量/ストレージ

  • 64GB
  • 256GB
  • 512GB
  • 1TB

iPad 10.2の容量/ストレージ

  • 32GB
  • 128GB

最大1TBと最大128GBの違い

この最大の容量だけみると、800GBもの容量/ストレージの違いは大きく見えます。しかし、僕はiCloudやGoogle ドライブなどで写真や動画、さらにはテキスト書類などのデータ管理しているので、ローカルの容量が1TBだろうと、128GBだろうと、あまり気になりません。

また、メインでの使用ではなく、サブ機としての使用を考えているなら、ローカルのストレージはあまり関係ないかと思います。それこそ、ゲームアプリをダウンロードしまくるゲームユーザーにすれば、容量が多いことに越したことはありませんが……

僕としては、動画や写真をiPadで撮ってローカルで保存もしないので、容量の違いは気になりません。


容量の差は気にならない!

Apple Pencil

ipad-Apple-Pencil

iPad Pro11対応Apple Pencil

  • Apple Pencil 第2世代

iPad 10.2対応Apple Pencil

  • Apple Pencil 第1世代

Apple Pencilの世代が違う

Apple PencilでiPadに手書き入力をしている画像

僕はiPad Pro 9.7インチの時に、Apple Pencilの第1世代を使っていました。いや、使っていたというか、使おうとしていました。しかし、結果、Apple Pencilを使わなくなりました。

デザインの仕事などをしていますが、Macなどのコンピューターで書くので、手書きのApple Pencilは使わず。しかも、メモをApple Pencilで取っていたんですが、いかんせん字が下手で、メモを取っても読み返しませんでした。手書きメモではなく、iPhoneのテキスト入力でメモを取ることにしました。

そうなると、Apple Pencilを使わなくなってしまいました。なので、Apple Pencilが第1世代であろうが、第2世代であろうが、僕にとってはあまり気になりません。


使わないから気にならない!

Smart Keyboard

ipad-smart-keyboard

iPad Pro11対応キーボード

  • Smart Folio Keyboard

iPad 10.2対応キーボード

  • Smart Keyboard

純正キーボードは必須

iPadのApple Pencilよりも、キーボードはかなり使用頻度が高いはずです。やはり、キーボードでテキスト入力をすることは、検索する際にも、メールやメッセージの際にも、企画や資料を作る際にも、絶対に必要なことです。iPadのソフトウェアキーボードよりも、やはり物理的なキーボードがある方が、それらの作業はかなり効率的になります。

そのApple純正のキーボードが、iPad Pro11インチにも、iPad 10.2インチにも対応しているので、どっちのキーボードが良いのか?というところではなく、「どちらもキーボードが使える」ということが大切なことです。


Smart Keyboardはどちらも使えるから気にならない!

重さやサイズ

ipad-pro-size-wait

iPad Pro11のサイズや重さ

  • 高さ 247.6 mm
  • 幅 178.5 mm
  • 厚さ 5.9 mm
  • 重量(Wi-Fiモデル) 468g 
  • 重量(Wi-Fi + Cellularモデル) 468g

iPad 10.2のサイズや重さ

  • 高さ 250.6 mm
  • 幅 174.1 mm
  • 厚さ 7.5 mm
  • 重量(Wi-Fiモデル) 483g
  • 重量(Wi-Fi + Cellularモデル) 493g

重さもサイズもそれほど大差はない

ディスプレイサイズが違うだけで、サイズや重さにそれほど大差はありません。その1mmが!その1gが!なんて気になりません。


重さやサイズは気にならない!

CPU/チップ

iPad-iPad-pro-cpu

iPad Pro11のCPU

  • A12X Bionic

iPad 10.2のCPU

  • A10 Fusion

二世代ほどの差がある

モデル iPad Pro iPad(第6世代)
搭載チップ A12X Bionic A10 Fusion
メモリ 4GB
1TBモデルのみ6GB
2GB
Geekbenchスコア 約17,900 約5,900

搭載されているCPUのチップは、二世代ほどの差があります。これは大問題だ!と焦らずに聞いて下さい。僕は、iPad Pro 9.7インチを4年ほど愛用していたんですが、そのiPad Pro 9.7インチに搭載されていたCPUのチップは「A9」です。

その「A9」で、動画編集や写真編集など普通に使えていたので、とりわけCPUの世代が違ったとしても、普段使いする分には全く問題ないので、気になりません。


普通に使えるから気にならない!

電源とバッテリー

ipad-ipad-pro-Battery

iPad Pro11の電源とバッテリー

  • Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生:最大10時間
  • 携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
  • USB-C経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電

iPad 10.2の電源とバッテリー

  • Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生:最大10時間
  • 携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
  • USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電

どちらもだいたい10時間と変わらず

バッテリーや電源に関しては、本当に大差はありません。iPadはどのモデルでも、とてもバッテリーの持ちが良いです。


どちらでもバッテリー持ちは良いから気にならない!

カメラ(写真と動画)

iPad Pro11のカメラ

  • 12メガピクセル

iPad 10.2のカメラ

  • 8メガピクセル

iPad Pro11インチなら4K動画も撮影できるが…

iPad Proはカメラ性能が良いので、4K動画の撮影もできます。iPadは1080Pまで。カメラの性能という点では、かなり大きな差が感じられるかもしれません。

しかし、iPadで4K動画や写真を撮影しますか?僕はしません。


カメラ使わないから気にならない!

カメラ性能の補足

iPad Pro iPad
12メガピクセルの写真 8メガピクセルの写真
ƒ/1.8の開口部 ƒ/2.4の開口部
手ぶれ補正機能を使ったLive Photos Live Photos
クアッドLED True Toneフラッシュ
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
5枚構成のレンズ 5枚構成のレンズ
写真のスマートHDR 写真のHDR

こうやってみてみれば、そのスペック差はあるものの、iPadで写真や動画撮影するくらいなら、iPhoneで事足りているはずです。僕は、先程もお伝えしましたが、iPadで写真や動画を撮らないので、カメラスペックはあまり気になりません。

オーディオ

iPad Pro11のオーディオ

  • 4スピーカー

iPad 10.2のオーディオ

  • 2スピーカー

iPadに音質を求める?

そもそもiPadに音質を求めますか?僕は、YoutubeやNetflixなどの動画コンテンツをiPadで楽しむことが多いんですが、iPadで大音量で動画を視聴しますか?

YouTubeならまだしも、映画を視聴するならやはり大画面のAppleTVなどで視聴します。iPadでは、サクッと動画コンテンツを消費する程度に考えていますので、そもそも音質などは全く気になりません。


オーディオは聴こえればいいから気にならない!

はい!ここまでがiPad Pro11(2018)iPad 10.2(2019)とを比べて(比較)「あまり気にならない違い」についてでした!

では次に、それとは逆で、「ものすごく大きな違い」について解説していきます!言わば、この違いに、5万円の費用と出すか出さないか?という結論に至るわけです。

iPad Pro11(2018)とiPad 10.2(2019)のスペックの違いを徹底比較【ものすごく大きな違いポイント

 iPad-Pro11(2018)-iPad-10.2(2019)

では次に、iPad Pro11(2018)iPad 10.2(2019)とを比べて(比較)「ものすごく大きな違い」について、僕の実際の使用環境や状況などの経験に基づいてお届けします。

デザイン

iPad Pro11のデザイン

iPad-Pro-Design
  • フルモデルチェンジ

iPad 10.2のデザイン

iPad-Design
  • 従来のデザインを継承

iPad Proのデザインがフルモデルチェンジでかっこいい

2018年に発売されたiPad Proは、デザインがベゼルレスになり、フルモデルチェンジされ、従来の丸みを帯びたデザインから、ゴツゴツと角張ったデザインになりました。これは、SurfaceProなどのようなデザインに近くなりました。よりガジェット感が強くなったと言っていいと思います。

iPadの丸みを帯びたデザインは、もうずっと使ってきているので、正直飽きます。


デザインが明らかに違う!

セキュリティ/ロック解除システム

iPad-pro-faeceid-ipad-Touchid

iPad Pro11のセキュリティ

  • FaceID

iPad 10.2のセキュリティ

  • TouchID

どっちもメリットがありデメリットがある

FaceIDの良いところは、指紋認証せずに、顔をiPad Proに向けるだけで、FaceIDが起動してロック解除するので、後はスワイプ操作するだけでホーム画面になります。しかし、デメリットもあって、例えば、デスクに置いたままロック解除することができないことです。FaceIDですので、iPad Proに自分の顔を認識させることができる位置まで、iPad Pro、または自分の顔を移動させる必要があるということです。つまりそれは、いかなる時でも、iPad Proと顔を近づけなければ、ロック解除ができないということです。逆に言えば、それだけセキュアなことかもしれませんが、使い勝手からすると、どうでしょうか。

TouchIDの良いところは、その逆で、デスクに置いたままで、手を伸ばして指でiPadのロック解除ができるので、いちいちiPadを顔に近づけなくても良いところです。ただ、指紋認証なので、指が汗で濡れていたりすれば、拭く必要があります。また、TouchIDを搭載することで、iPadのベゼルのスペースを確保する必要があるので、iPad Proのようなベズゼルレスなデザインにすることはできないでしょう。


セキュリティ/ロック解除方式が違う!

コネクタ(USB-C/Lightning)

usb-c-image

iPad Pro11のコネクタ(規格)

  • USB Type-C

iPad 10.2のコネクタ(規格)

  • Lightning

USB-Cは使い勝手が広がる

  • USB-Cには裏表がない
    USB-Cには裏表がないので、Lightningのように挿す向きは関係ありません。
  • 外部ディスプレイ
    USB-Cを搭載している外部ディスプレイに、iPad Proの画面を出力することができます。
  • iPhoneを充電できる
    iPhoneをUSB-C to LightningケーブルでiPad Proとつなげば、バッテリーの充電ができます。
  • 外付けのストレージにデータ管理
    外部のストレージやドライブ、記憶デバイスなどから、スムーズにファイルやデータの移動や共有ができます。
  • オーディオ出力
    USB-C対応のオーディオ出力ができます。MIDIデバイスがUSB-C対応なら、iPad Proで作った音楽を、そのまま出力することができます。

このようにLightningではできなかったことが、USB-Cではかなり革新的にできるようになります。

この3つがiPad Pro11(2018)iPad 10.2(2019)とを比べて(比較)「ものすごく大きな違い」についてです!

つまり、この3つの違いに5万円出すか出さないか?という結論に至り、この3つに妥協すれば、格安のiPad 10.2インチが買い!となったわけです。

では最後にiPad Pro11インチとiPad 10.2インチの性能をサクッと比較した表で一気に確認して下さい。

iPad Pro11インチとiPad 10.2インチのスペックや性能の違いを一気に比較

製品名 iPad Pro 11インチ (2018) iPad 10.2インチ (2019)
発売日 2018年11月07日 2019年09月11日
価格(32GB Wi-Fi) 37,800円
価格(32GB Wi-Fi+Cellular) 52,800円
価格(64GB Wi-Fi) 89,800円
価格(64GB Wi-Fi+Cellular) 106,800円
価格(128GB Wi-Fi) 48,800円
価格(64GB Wi-Fi+Cellular) 63,800円
価格(256GB Wi-Fi) 106,800円
価格(256GB Wi-Fi+Cellular) 123,800円
価格(512GB Wi-Fi) 128,800円
価格(512GB Wi-Fi+Cellular) 145,800円
価格(1TB Wi-Fi) 172,800円
価格(1TB Wi-Fi+Cellular) 189,800円
容量 64GB、256GB、512GB、1TB 32GB、128GB
RAM 4GB(1TBモデルのみ6GB)の予想
SIMカード nanoSIM(Apple SIMに対応)、eSIM nanoSIM(Apple SIMに対応)
発売時のOS iOS 12 iOS 11
プロセッサー A12X(64ビットアーキテクチャ搭載A12X Bionicチップ)、Neural Engine A10(64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ)
コプロセッサー M12(組み込み型M12コプロセッサ) M10(組み込み型M10コプロセッサ)
ディスプレイサイズ/解像度/画素密度 11インチ、2,388x1,668px、264ppi 10.2インチ、2,160x1,620px、264ppi
ディスプレイ Liquid Retinaディスプレイ、IPSテクノロジー搭載11インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ Retinaディスプレイ、IPSテクノロジー搭載9.7インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
ProMotionテクノロジー ○(リフレッシュレート120Hz)
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ ○(環境に合わせて色みを調整)
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ  
反射防止コーティング  
その他のディスプレイ機能 1.8%の反射率、600ニトの輝度
Face ID ○(顔認証)  
Touch ID   ○(指紋認証)
Apple Pay
Siri ○(Siri7) ○(Siri6)
各種センサー 加速度センサー、3軸ジャイロ、気圧計、環境光センサー
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
LTE 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 11 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21/ 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 34 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 66 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 38 / 39 / 40 / 41
位置情報 GPS(Cellularモデルのみ)、デジタルコンパス、iBeaconマイクロロケーション
Bluetooth 5.0 4.2
NFC  
iSightカメラ(背面カメラ) 1200万画素(裏面照射型)、F1.8、5枚構成 800万画素(裏面照射型)、F2.4、5枚構成
クアッドLED True Toneフラッシュ
パノラマ ○(最大63メガピクセル) ○(最大43メガピクセル)
ハイブリッド赤外線フィルタ
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
露出コントロール/バーストモード/タイマーモード/Live Photos ○(FaceTimeカメラも可)
HDR 写真のスマートHDR 写真のHDR
自動手ぶれ補正
写真へのジオタグ添付
iSightカメラの動画/スローモーション動画 4K(3840×2160) 60/30fps、フルHD(1080p) 60/30fps、120fps(1080p)、240fps(720p) フルHD(1080p)、120fps
4Kビデオの撮影中に8メガピクセルの静止画を撮影
タイムラプスビデオ
ビデオの手ぶれ補正
ビデオへのジオタグ添付
正面カメラ TrueDepthカメラ、700万画素(裏面照射型)、F2.2 FaceTimeカメラ、120万画素(裏面照射型)、F2.2
正面カメラの動画 フルHD(1080p) HD(720p)
Retina Flash
ビデオ通話 ○(FaceTimeビデオ)
オーディオ通話 ○(FaceTimeオーディオ)
Wi-Fiインターネット 最大10時間
3G・LTEインターネット 最大9時間
バッテリー容量 29.37Wh 32.4Wh
Apple Pencil(別売り) ○(第2世代のみ使用可能、1万4500円) ○(第1世代のみ使用可能)
Smart Keyboard Folio(別売り) ○(2万2800円)  
動作時環境温度 0~35°C
保管時(非動作時)温度 -20~45°C
相対湿度 5~95%(結露しないこと)
動作高度 3,048mまでテスト済み
オーディオ 4スピーカー ステレオスピーカー(2つ)
マイクロフォン 5つのマイクロフォン  
コネクタ USB Type-C、Smart Connector Lightning
3.5mmヘッドフォンジャック  
同梱物 本体、USB-C充電ケーブル(1m)、18W USB-C電源アダプタ 本体、Lightning – USBケーブル、USB電源アダプタ
カラー シルバー、スペースグレイ シルバー、ゴールド、スペースグレイ
防水・防塵機能  
178.5mm 174.1mm
高さ 247.6mm 250.6mm
奥行き(厚み) 5.9mm(カメラ部に出っ張りあり) 7.5mm
重さ 468g(Wi-Fi、Wi-Fi+Cellular) 483g(Wi-Fi)、493g(Wi-Fi+Cellular)
 

結論でもお伝えしましたが、両者とも「やれることは基本同じ」なので、色々と小さな変化や進化はあるとして、両者の費用対効果の価格差5万円出すか出さないか?が本質にあるということです。

最後に

改めて結論|絶対にiPad 10.2(2019)を買った方が良い!

iPad10.2-image僕が絶対におすすめするのは、iPad 10.2です。

その理由は、両者の費用対効果の価格差5万円出すか出さないか?が本質にあります。

ではもう一度、iPad Pro11(2018)とiPad 10.2(2019)の価格の違いを見てみましょう。

iPad Pro11(2018)とiPad 10.2(2019)の価格の違い(差)は?

iPad Pro11インチの価格/定価は、89,800円(税別)〜

iPad 10.2インチの価格/定価は、34,800円(税別)〜


価格差は約5万円

「デザイン」と「セキュリティ」と「コネクタ(規格)」は明らかに圧倒的に違います。しかし、「やれることは基本同じ」なのに、そこに5万円の費用を払うか?と言われれば、僕は払う必要はないと結論付けました!

だから、iPad Pro11とiPad 10.2で悩んでいるのではあれば、iPad 10.2インチを買うことをおすすめします!

ということで今回は、iPad Pro11(2018)iPad 10.2(2019)とを比べて(比較)どこがどう変わったのか?その違いを、「あまり気にならない違い」と「ものすごく大きな違い」に分けて解説しました。

あなたがどちらのiPadを購入しようかと悩んでいる参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

次にあなたにおすすめする記事

iPadを使いこなすための活用方法(術)!おすすめのアプリの記事5選!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

スマホ バナー

今、iPhone11が安い!


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

Fireworkの動画特集!新発見がここにある!

おすすめ関連記事を特集!!



SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。