【最強】iPhone12(iOS14)の便利で使える新機能を12選紹介!

iPhone12が発売!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、2020年10月16日に予約開始!
発売日は10月23日と11月中旬!

予約や購入はお早めに

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

iPhone12最新まとめ
iPhone12・12Pro 最新まとめ! 発表・発売日・値段・スペック解説

Amazonで買い物するなら登録しないと損!

CMなどで話題沸騰中のAmazon PRIME ビデオが見放題のプライム会員は、月額たった500円で、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです!

登録めちゃお得!
Amazon プライム会員になる

今回の記事では、iPhoneの背面のタップ操作ができる機能やテキストでメッセージを送る時の便利なワザ、さらには警察のスピード違反などの取締情報がチェックできる機能、アプリを自動で整理してくれる機能などなど、iPhone12の発売と同時に公式で実装されるiOS14の裏技的な知られざる新機能や使い方を厳選して12個ご紹介しますので、どうぞお見逃しなく最後まで記事をお読みください。

最後に、本当にシークレットな機能を紹介していますのでお楽しみに。

イシハラ
当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

YouTubeではAppleの最新情報やガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報動画でお届けしています!

読者の皆様、そして初めての方も!

ぜひ チャンネル登録 宜しくお願いします。

YouTube戦略収益(売上)公開中!


iPhone12(iOS14)の便利で使えるお宝機能12選

こちらの動画で、この記事でご紹介するiOS14の便利機能をすべて解説していますので合わせてチェックしてください。

では以下より、文章でもご紹介していきます。

①テキスト入力時に使う絵文字の検索できる機能

LINEやiPhoneのSMSメッセージアプリ、さらにはその他のチャット、またはYoutubeのコメントでも、テキストに加えて絵文字を使う機会も多くあります。

僕も、テキストメッセージで絵文字を使うことが多いですし、現にこのチャンネルのコメントの返信にも絵文字を使うことが多いです。

特にこの絵文字を多用しています。

ただ、難点としては、その絵文字をいちいち切り替えて大量にある絵文字の中から探したり、テキストの自動変換の入力している中から探さなければならなかったりして、かなり使いづらい印象でした。

しかし、iOS14から絵文字の検索が簡単にできるようになりました。

テキストなどとごちゃまぜではなく、絵文字だけを探せる機能になります。

②背面タップで色々操作できる「Back Tap 」機能

この「Back Tap」はアクセシビリティの機能のひとつなんですが。これはiPhoneの背面をダブルタップ、もしくはトリプルタップして、色々なアクション操作が可能な機能になります。

例えば、ディスプレイのスクリーンショットを、物理ボタンの同時押しではなく、背面タップでできますし、Apple Musicの起動など、個別に指定したアプリを起動したり、多くのアプリのショートカットを、「Back Tap 」機能に割り当てることができるので、かなり使い勝手が良さそうです。

というか、これかなり神的な機能ではないかと思います。

③セルフィーの写真を左右反転させない機能

自撮りで写真を撮影することも増えてきたと思いますが、その自撮りした写真は、左右を自動で反転してくれています。。

つまり、人の顔の左右が反転うや、看板や文字などの左右が反転を、自動で反転してくれていました。もちろん、な少し違和感のある自撮り写真になってもいました。

それがiOS14から、カメラ設定で、フロントカメラのミラーリングを有効にする機能が追加されたので、何かの理由で左右反転を行いたくない場合に使えます。

要は、画面に写ったままの自撮り写真を撮影したい時に使えます。

④スピード違反の取締カメラの位置を確認できる機能

Appleのマップ機能に追加される機能です。

公式のAppleのサイトで、地図のルート案内中にスピード違反取締りカメラやオービス、赤信号無視監視カメラに近づくと、ユーザーに通知される機能になります。

これで無駄な罰金を払わずにすみますね。

ではなく、そもそもスピード違反や信号無視はせずに安全運転を心がけてください。もちろんこの機能は、そもそもの私達の運転マナーの抑制につながると思いますので、かなり健全な機能かと思います。

⑤特定の音を認識してアラートが出せる機能

こちらもアクセシビリティの「音声認識」機能になるんですが、かなり広範囲なリストがあり、例えば、火災報知器、サイレン、犬や猫の鳴き声、玄関のベル、赤ちゃんの泣き声などがあるようです。

状況によっては、これはかなり便利に使えそうです。

⑥デフォルトのブラウザやメールアプリの変更できる

iPhoneを使っているなら、自然にSafariのウェブブラウザを使うし、メールアプリを使っていると思います。

デフォルトで、それを使うという選択肢になっていたんですが、iOS14では、なんとそのデフォルトのブラウザやメールアプリを変更することができるとのことです。

もちろんアプリ側でそのAPIに対応する必要があります。

⑦ダウンロードしたアプリをてホーム画面に表示させない機能

Appライブラリという新機能で使えるようになりますが、ダウンロードされたアプリは、自動的に、空いているスペースに表示されます。

ホーム画面を数ページ利用している方は、アプリをダウンロードしたけど、どこに行ったのかわからなくなったり、ダウンロードしてそのままにしているユーザーも多いと思います。僕も実際にダウンロードしてそのままになっているアプリもあります。

この機能は、ダウンロードしたアプリを一旦Appライブラリに表示させてくれるので、整理整頓が非常に簡単になりますので、ホーム画面が’ごちゃごちゃに散らかる心配もありません。

⑧YouTubeを「ピクチャー・イン・ピクチャー」で視聴できる機能

iPadOSなどではすでに、このようにiPadのホーム画面上で、別のアプリを使いつつ、動画などを視聴できます。

iPhoneでは今までそれはできませんでしたが、iPhoneの歴史の中で最も大きなディスプレイである6.7インチのiPhoneが登場するとの予想なので、iOS14でも、アプリを起動している状態で、別の動画をピクチャーインピクチャーで視聴できます。

もちろんこれはアプリ側での対応が必要ですが、YouTubeなどは今は未対応のようですが、対応しない場合は、ウェブブラウザからなら使えるとのリークがあります。

⑨Spotlightの自然なおもてなし機能

スポットライトで何を検索する時に、今まで普通に検索結果を自分で選ぶ必要がありましたが、iOS14では、スポットライトで検索されたものの中で、より一番それに近いものをジワリと囲い込むUIになっています。もしそれが自分の探しているものであれが、いちいちタップ操作せず、そのまま検索ボタンで起動することができます。

これは地味に視覚的に判断するためのインテリジェンスといっていいと思います。

⑩ボイスメモの機能が向上

iPhoneのボイスメモを頻繁に使う人と全く使わない人がいると思います。

それはもちろん、メモ程度の音声から、動画や何か対外的に使う時など様々だと思います。

今までのメモは、録音してそれを保存するだけでした。しかし、iOS14では、録音した音を自動で編集する機能が追加されました。

ボイスメモが、周りの騒音を消してくれる機能になっています。

⑪「スマートスタック」でアプリとウィジェット配置を自動化

どこにどのアプリを配置すれば使いやすいのか、どこにどのアプリのウィジェットを配置しようか、などなど色々と考えることが多いと、めんどくさいこともあると思います。

そこで自動でアプリとウィジェットを自動で配置してくれる機能がiOS14ではあります。

配置については、実際に自分が使っている頻度の多いアプリや使用状況やその傾向を分析して自動で配置してくるようです。

⑫ホーム画面を非表示にできる機能

ホーム画面が何ページにもなっているけど、どのアプリも時々使うことがありから、ホーム画面の数を減らせないけど、あまりに多いと移動やスワイプ操作もめんどうです。

でも、iOS14なら、それほど使わないホーム画面を非表示にすることができます。

もちろん、秘密のアプリばかりを配置したホーム画面のページを隠すこともできるわけです。

以上の12個が、iPhone12で実装される、裏技的な知られざるiOS14の機能になります。

ぜひ、iOS14を実装した際にはどんどん使ってみましょう!

source:lifehacker.jp

そして、今回ご紹介した内容や、最新のiPhoneの情報やAppleに関しての動画を僕が運営するYouTube「俺的デザインチャンネル」でも配信していますのでぜひチェックして下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

/iPhone12の最新情報【まとめ】ここから\

今なら最新モデルのiPhoneも買い時!

買い時な理由は?

各キャリアで特割などのキャンペーン絶賛実施中です!

また、すでにiPhone12シリーズのケースも発売しておりますので気になる方はチェックしてみて下さい。

iPhone12シリーズのおすすめケース特集

【keitaiichiba】iPhone12シリーズ クリアケース

iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max クリアケース カバー 片手持ち スマホリング付き TPUケース
keitaiichiba
  • 対応機種:iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU(側面)+ポリカーボネート(背面)

【ryohinit】iPhone12シリーズ クリアケース

【ryohinit】iPhone12シリーズ クリアケース
keitaiichiba
  • 対応機種:iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU(側面)+ポリカーボネート(背面)

【ryohinit】iPhone12シリーズ TPU カーボン ケース

iPhone12 /12 Max /12 Pro /12 Pro Max TPU カーボン調 ケース
keitaiichiba
  • 対応機種 :iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU

【Frusde】iPhone12シリーズ TPU ケース

iPhone12 ケース 軽い 超薄型 高透明TPU 全面保護 ケース
Frusde
  • 【360°全面保護】
    前面と背面をデバイスより高く設計し、液晶画面とカメラレンズをしっかり保護します。ケースの端とコーナーは特別に強化されてお、落下時の衝撃を最大限に吸収することができ、全方位から本体をしっかり守ります、日常生活で起きうる落下の衝撃を完全に吸収できます。
  • 【高い透明度】
    透明度が高く、本体の鮮やかな色をそのまま映し出すことができ、iPhone12のオリジナルのカラーを損ねません。ケースは、型どりを緻密に実施しており、iPhone12本体に完璧にフィットするとともに、持ったときの圧倒的なフィット感も実現しています。iPhone12の美しさはそのままに、iPhone12を保護しているのです。
  • 【環境に優しいTPU素材】
    ケースは特別に開発されたハイテクTPU素材で作られています。PCやガラス素材よりも柔軟ですが、通常のTPU素材よりも頑丈です。また、完全なHAP認定を受けており、安全性が高い、人体に無害であり、乳幼児向けとしても適合しています。滑り止めと快適な手触り。一度試せば忘れられないものとなるでしょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

スマホ バナー

今、iPhone11が安い!


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

Fireworkの動画特集!新発見がここにある!

おすすめ関連記事を特集!!



SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。