iPhone14のカメラは大幅進化!4800万画素の噂は実現か?

iPhone14を今すぐ予約・購入しよう

ソフトバンク・au・ドコモの方は早めに購入しましょう

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

iPhone14シリーズのカメラの進化について大きな話題を呼んでいます!

そこで今回は「iPhone14のカメラの大幅な進化とは?一体カメラスペックはどうなるのか?についての新しい進捗の噂・リーク情報が出てきましたので、それをご紹介しながら、カメラの画素数についても深堀りして解説していきます。

>最新のiPhone14の情報はこちら

また、著者が運営するYouTubeチャンネルでiPhone 14の最新情報を動画でチェックして頂ければと思います。

このブログでは、iPhone14の噂やリーク情報は、色々な海外メディアや、AppleのアナリストのBloombergのMarkGurmanやリーカーであるFrontPageTechのJon Prosserなどからの情報をリサーチして発信しています。 

iPhone14の予約・購入はこちら

iPhone14の予約開始・発売日時

■発表日 : 2022年9月7日(日本時間で9月8日 午前2時)

■予約開始日 : 2022年9月9日(金)

■発売日 :2022年9月16日(金)

■iPhone14/iPhone14 Pro/iPhone14 Pro MAXは

■発売日 :2022年10月7日

■iPhone14 Plus

キャリア版(ドコモ・au・ソフトバンク)のiPhone14シリーズも同日時で予約・発売されます。

すぐにiPhone14を予約する

auでiPhone14を予約・購入する方法

au

au Online ShopでiPhone14を予約する方法は以下の通りです。

予約方法

  1. au公式サイトにアクセス
  2. 画面左上のメニューから「au Online Shop」をタップ
  3. 希望のiPhone14モデルをタップ
  4. 「予約する」をタップ
  5. カラー・容量・契約種別・購入方法を選択後「手続きに進む」をタップ
  6. 「au Online Shopで契約・購入」をタップ
  7. au IDでログイン
  8. お客様情報を入力して次へ進める
  9. 申し込み完了メールが来たら予約完了

ドコモでiPhone14を予約する方法

予約方法

  1. 予めdアカウントでログインしておく
  2. docomo Online Shopにアクセス
  3. 画面左上のメニューから「機種をさがす」をタップ
  4. 希望のiPhone14モデルをタップ(「予約する」と表示されていれば予約が可能です)
  5. カラー・容量・契約種別・購入方法を選択後「予約する」をタップ
  6. お客様情報を入力して次へ進める
  7. 申し込み完了メールが来る
  8. 機種変更予定の電話番号から「0120-131-226」(通話料無料・自動音声・24時間対応)へ電話尾かけて予約完了

ソフトバンクでiPhone14を予約・購入する方法

Softbank

予約方法

  1. ソフトバンクオンラインショップにアクセス
  2. 画面上のメニューから機種を選ぶ。「iPhone14 Pro/Pro MAX」は左をタップ。「iPhone14/Plus」は右をタップ
  3. 希望のiPhone14モデルの「購入する」をタップ
  4. 手続内容を選択後「自宅で受け取る」をタップし進む
  5. カラー・容量・購入方法を選択後「予約情報を入力する」をタップ
  6. お客様情報を入力して次へ進める
  7. 申し込み完了メールが来たら予約完了

楽天モバイルでiPhone14を予約・購入する方法

予約方法

  1. 楽天モバイル公式サイトにアクセス
  2. 画面右上メニューから「製品」→「iPhone」とタップ
  3. 希望のiPhone14モデルをタップ
  4. 「iPhone14を購入する」をタップ
  5. カラー・容量・購入方法を選択後「カートに追加する」をタップ
  6. 楽天会員情報でログイン
  7. 契約者情報・申込内容を確認して次へ進める
  8. 申し込み完了メールが来たら予約完了


iPhone 14Proはカメラは4800万画素搭載か

海外メディアからの情報によりますと、Appleが2022年発売予測の新しいiPhone14には、プロモデルであるiPhone 14Proで48MPセンサーを搭載し、さらにカメラがさらに大幅に改善されることが裏付けられたことを伝えています。

おおお!48MPってことは、4800万画素か!嬉しい!と思う反面、両手を叩いて決して喜べないのも事実。

だって、カメラの画素数が今までずっと変わってなかったんだから。

ずっと…1200万画素のままのカメラスペック

ついにこの時がやってくるのか!もう待ちくたびれたと言っても良いくらい待たされたiPhoneユーザーにとって、iPhoneのカメラの画素数の低さについては、「どうしたものか」と期待をふくらませる一方で、いつも裏切られてきました。

iPhone13シリーズにおいても、リアカメラの広角カメラの画素数は1200万画素でした。これは皆さん御存知の通り、iPhone8以降変わっておりません。

とはいえ、カメラの技術の進化によって、画素数を変えずに、夜にも強くなったり、より高解像度の写真、そして動画が撮影できるようになったのも確かです。

現にiPhone13Proのカメラは、iPhone12よりも明らかに進化して、特にシネマティックモードではかなり印象的な動画を撮影できるようになりました。

iPhone13Proのシネマティックモードのみで撮影したVlog

こちらの動画では、iPhone13Proのシネマティックモードでのみ撮影したVlogになります。雰囲気のある動画が簡単に撮影できるのか?を試して撮り的に撮影したものになります。

お世辞抜きに、本当に素晴らしいことは間違いありません。

しかし、もちろん欠点もあります。シネマティックモードは4K撮影ができません。ここがデメリットになります。

とはいえ、今回のリーク情報によると、iPhone14Proでようやく4800万画素のカメラスペックとなれば、さらにすごいカメラの進化が期待できるわけです!

1200万画素のメリットはあるのか?

しかし、なぜここまでAppleはカメラの画素数を数年の間、ずっと「1200万画素」から変えていないのか?

これについてもちろんそのメリットがあるからです。

少し解説しますと、そもそもカメラの画素数が多くなればなるほど「画質が低下しまう」ことになるからです。

ここで詳しくは解説しませんが、簡単に言いますと、カメラの画素数が多いものは、高感度の際の撮影の時に、ノイズが出やすく、ザラついた写真や動画になってしまいます。

つまり、夜に弱くなったり、ちょっとした手ブレで画質が低下してしまうことになるので、そのままパシャリと撮影した写真や動画では一見、それほどわからななくても、それをズームしていくと、細かいディティールに違いがでます。

画素数が高いほど、シャープに撮影できるのだけど、それだけ、カメラを使う側が、しっかりと条件を認識し、備えておかないと、撮影が難しくなるという側面を持っています。

つまりそれは、カメラ撮影の技術(ISO感度などの調整)であったり、より高性能なレンズを用いた環境でないと、そもそも画素数が1億画素だろうが、4800万画素だろうが、使いこなせないということです。

感度を高くして、カジュアルに暗いところでもそれなりに撮れる画素数が1200万画素であると言われています。

必要十分なカメラの画素数は1200万画素

画像元:EX-IT

実用性と利便性、そして必要十分なカメラの画素数は1200万画素であるとプロカメラマンもおっしゃっています。

僕が仕事に使うには1200万画素で十分です。

鹿野宏

要は、写真のプロでもない僕たち一般ユーザーにとって、サクッと簡単にキレイな写真を撮るためのに、1200万画素はめちゃくちゃちょうど良い画素数と言っても良いです。

ただしかし!1200万画素が使いやすいから❗と言っても、4800万画素のカメラスペックを使う上でのいくつかの問題点をクリアしたAndroidスマホが出まくっているのが’現状ですので、Appleがそこまでの技術を持っていないのか?というとそうではないと思います。

それは製造コスト(カメラの画素数が増えると高価)、そして「実用性」の側面からしっかりと精査しながら進めているという、AppleというブランドのスマートフォンであるiPhoneを使う僕らが安心して使えるものだからという本質であることも事実です。

さぁそしてここにきてAppleはようやく4800万画素のカメラスペックを、iPhoneユーザーにも使いやすいようにテクノロジーでしっかりとシステム化し、iPhone14シリーズでそれを実現しようといしている、もしくは実現する可能性があるということです。

iPhone14Proでカメラモジュールが12MPから48MPへ

それは、カメラモジュールの出荷についてTrendForceから出たのレポートの情報によりますと、iPhone 14Proモデルには、12MPから48MPに切り替わる新しいメインセンサーがあることを裏付けられていると報じらています。

A 48 million pixel primary camera is expected to be introduced to the iPhone 14 Pro series (tentative name) that Apple will release this year, further reducing 12 million pixel products to a 15% share in 2022.

source:9to5mac

こちらの情報を簡単に日本語で要約すると、Appleは今年発売予定のiPhone14 Proシリーズ(仮称)には、4800万ピクセルのプライマリカメラが導入され、2022年には1200万ピクセルのスマートフォンが15%のシェアにさらに減少すると予想されています。

つまり、4800万画素のスマートフォンが市場で多く流通することになるとしています。

もちろん、iPhone14でようやく4800万画素に期待できるのか!という反面、冒頭でお伝えした通り、我々は何度か期待を裏切らてきました。

そうです、iPhone12でも、iPhone13の時でも「4800万画素になるのではないか」というリークや海外メディアで議論されてきました。

しかし結果的に、iPhone12でも、iPhone13でも、4800万画素のカメラスペックにはなりませんでした。

iPhone 14Proモデルにアップグレードされたセンサーが搭載か

Kuo seems confident that the 48-megapixel spec is only destined for the more expensive Pro models […] Kuo does not also discuss details of the 2x zoom or ultra–wide lenses, suggesting the 48 megapixel upgrade is exclusive to the main wide camera.

source:9to5mac

とは言え今回は、今までAppleの動向をみつつ、多くの情報元から情報を得ながら、Appleの情報を発信しているAppleのアナリストであるミンチークオ氏さえ、2021年の時点で、2022年のiPhone 14Proモデルにはアップグレードされたセンサーが搭載されると、2回も述べています。

そうです。2021年の段階で、ミンチークオ氏は、iPhone14Proが、カメラのアップグレードが大幅に変わると伝えていました。

そしてそれは「iPhone 14ProとiPhone14 Pro Maxの標準の広角カメラは48メガピクセルにアップグレードされ、iPhone12の12メガピクセルセンサーの4倍になります」とした新たな情報も出てきているというわけです❗

まとめ

はいということで、今回は「iPhone14のカメラの大幅な進化とは?一体カメラスペックはどうなるのか?についての新しい進捗の噂・リーク情報として –

iPhone14Proモデルでは広角カメラが4800万画素になるというリーク情報に加え、その可能性としては実現可能な時が来ていると言えると思います。

source:macworld

では最後に「iPhone14を待つべきか?」、それとも「iPhone13を買うべきか?」、いやいや「iPhone12でもいいのかな?」という部分の悩みや迷いについての著者の結論をお伝えしておりますので、iPhoneの購入の参考までにぜひチェックしてください。

>最新のiPhone14の情報はこちら

【結論】iPhone14を待つべきか?

噂されている進化に期待するなら待つべき

iPhone14を待つべき理由としてはいくかあり、それは進化という意味では非常に重要なポイントになってきます。

今回の記事の中で紹介されていた情報や、こちらのiPhone14の最新の情報の中で、「その進化に期待したい!」と感じるならば、

iPhone14は待つべきです。

そこで、その噂の中でも特に期待される進化のポイントについてこの記事の後半で詳しく解説しながら、iPhone14を待つべきかについて考察していきたいと思います。

その噂されている進化に対して、「それなら欲しい」「それなら、今、買い換えずに待とう」という判断の材料になると思います。

別に進化せずに良いならばiPhone13を買おう

2021年9月15日午前2時に、iPhone13が発売されました!

以下の記事では、発売日、価格、スペック、デザイン、機能面、値段、旧型との比較に関する情報をまとめています。

各モデルの違いや性能、iPhone13とiPhone12(値下げ時)との値段・価格の違いも解説’していますので、購入の際の参考になります。

iPhone 13 機能・値段・スペック(性能)まとめ!各モデルの違い比較を解説

今はAmazonで最新型のiPhone13のシムフリーモデルがApple公式ストアとしてオープンしているので、公式のモデルが買えるのでおすすめです!

iPhone12とiPhone13ならどちらを買うべき?

iPhone12-mini

iPhone14に魅力的な進化がないと感じる場合は、iPhone13シリーズで問題ないのですが、それならiPhone12シリーズはどうか?という選択肢も出てきますよね?

iPhone13と比べて、iPhone12でも当然スペック的には問題ありません。

ひとつ注意すべき点としては、カメラの進化になります。

iPhone12シリーズならプロモデル

iPhone12シリーズを選ぶなら、iPhone12ProかiPhone12Pro Maxかのどちらかをおすすめします。

理由はシンプルで、カメラ性能です。

iPhone13とiPhone12を比較して、一番の違いはカメラの性能になります。

つまり、iPhone12 miniやiPhone12では、カメラ性能が低いので、iPhone14との差が大きく出てくるでしょう。

しかし、iPhone12ProかiPhone12Pro Maxは、iPhone13Proと同等のカメラスペックですので、iPhone14が発売された後でも、カメラの進化に遅れが出ません。

今はAmazonで最新型のiPhone12のシムフリーモデルが整備済み品で安く買えるのでおすすめです!

ちなみに著者は、もちろんiPhone信者なので、iPhone13も買いました。

では、iPhone14に期待したい!それでもiPhone14を買うかまだまだ考えたいなら、このまま読み進めてください。 つまり、TouchIDの復活は、iPhoneユーザーにとって非常に関心があるキーワードになっています。

なので、いくつかのAppleのアナリスト、海外メディアは、Face IDとTouch IDが共存する未来、2つのテクノロジーは互いに補完し合う必要があると予想を立てています。

なので、iPhone14にTouch IDが搭載される可能性としてはゼロではないという状況です。

最後に

といことでこの記事では、発売日、価格、スペック、デザイン、機能面、値段、旧型との比較に関する情報に加えて、iPhone14を待つべきなのか?について、iPhoneSE 第2世代やiPhone12、iPhone13というラインナップの選び方について解説しました。

より最新の情報については、以下のiPhone14の専用ページで随時更新していきますのでぜひチェックしてください。

>>最新のiPhone14の情報はこちら

また、著者が運営するYouTubeチャンネルでiPhone 14の最新情報を動画でチェックして頂ければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Amazonでお得に商品を買う方法を知っていますか?

Amazonで普通にお買い物する時に「自分で購入したギフト券」を使うと、通常理もポイントがつくのでお得に安く商品を購入することができます!

詳しくは以下の記事に書いていますので、Amazonで商品を買う前に必ずチェックしておきましょう!

CHECK【知らなきゃ損!!】Amazon ギフト券「チャージタイプ」の安くてお得な使い方!

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

バナー

新しいiPhone14を買おう!


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。