iPhone12のケースを買ってみた話・発売などに関する4つの噂

iphone12-thumbnail
iPhoneSE(第2世代)は買い!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、2020年4月発売の新型iPhone(第2世代)や、iPhone11シリーズお得に安く買えるプランを用意しています!

今が買いです!新規MNPするなら今!

auオンラインショップ
ソフトバンクショップ
ドコモオンラインショップ

徹底解説
iPhoneSE(第2世代)が買いな理由

Amazonで買い物するなら登録しないと損!

CMなどで話題沸騰中のAmazon PRIME ビデオが見放題のプライム会員は、月額たった500円で、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです!

登録めちゃお得!
Amazon プライム会員になる

iPhone12のケースを実際に買ってみた話と、あるリーカーのiPhone12ケースのリーク動画、さらにはiPhone12の発売に関しての少しやっかいな問題、そして120Hzのディスプレイ搭載問題について話していきます。

イシハラ
当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

YouTubeではAppleの最新情報やガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報動画でお届けしています!

読者の皆様、そして初めての方も!

ぜひ チャンネル登録 宜しくお願いします。

YouTube戦略収益(売上)公開中!


【10分で解説】iPhone12のケースを買ってみた話・発売などに関する4つの事

こちらの動画で詳しく内容を解説していますのでぜひ動画をチェックして頂ければ幸いです。

以下に文章でも書いていきます。

中国とインドの国境紛争がiPhone12の発売に影響か?

アメリカのReutersという海外メディアの報道によりますと、6月末に中国とインドの国境紛争により、インドの港湾施設の税関が検査を強化していることで、 iPhone12の部品の組み立てを行うインドにあるサプライチェーンであるFoxconn(フォックスコン)が混乱しており、インド南部にある工場の従業員が、ほとんど仕事が行えていない状況であるとしています。

もちろんこれは数百人規模の話ではなく、何千人規模の仕事が滞っているという状況が考えられます。

これはAppleのiPhoneだけではなく、テック系企業であるDELLや中国のXiaomiなどの電子機器の生産にも影響が出ているとのことです。

iPhone12の発売よりも優先すべきは人命

ただ、これはiPhone12の発売日に影響するとはいえ、それよりも大事な人の命に関わった状況に加え、この国境を巡る両国の対立は1950年代から続いていることもあるので、そう簡単には収まらないでしょうし、Bloombergの報道によると、すでに今回の衝突により、インド軍兵士20人が死亡したとのことです。

この事態については、もちろん僕たちではどうすることもできませんが、ひとつ言えるのは、たった1台のiPhoneを生産するのにも、多くの国や企業、そしてたくさんの人々が関わっているということを、僕たちが忘れてはいけないと思います。

この状況が、iPhone12の発売にどう影響してくるかは、まだ具体的には報道されていません。

iPhone 12 Proの120Hzディスプレイ搭載を専門家は否定的

iphone-12-pro-120hz

iPhone 12 Proの120Hzディスプレイ搭載についてですが、このチャンネルでも過去にいくつかの動画で、iPhone 12 Proシリーズのみリフレッシュレート120Hzが搭載されるという可能性について解説していきました。

2019年にしかり、2020年に入り、数々のスマートフォンに120Hzのリフレッシュレートが搭載されていますし、5万円台で120Hzをサポートしているスマホが登場しているので、僕の中では色々なリーク情報がある中、もちろんiPhone12Proにも搭載されると考えていました。

しかし、ここにきてiPhone12Proシリーズでさえ、リフレッシュレートの120Hzのディスプレイは搭載されないというリーク情報が出てきました。

僕のYouTubeチャンネルにコメントして頂いた方に、120Hzが搭載されない可能性があるとも教えてもらい、実際にその件について調べてみました。

その結果やはり、iPhone12Proシリーズでさえ、120Hzのディスプレイが搭載されない可能性があるようです。

iPhone12 Proが120Hzデ搭載するというリストがなかった

その理由は、ディスプレイ業界のサプライチェーン調査会社「Display Supply Chain Consultants」のCEOを務めるRoss Young氏が、取引先から「iPhone 12 Pro」が120Hzディスプレイを搭載するというリストがなかったと報告があったようで、iPhoneへのリフレッシュレート120Hzディスプレイ搭載は、2021年以降になる可能性があることをツイッターでコメントしました。

そのツイッターのコメントには、このように、2020年に120Hzのディスプレイが搭載される、もしくはすでに搭載されて発売されているスマホの一覧のリストもあり、そのリストを観る限り、iPhone12というリストがないことが分かります。

しかし、よく見てみると、Google Pixel5もあるし、Galaxy Fold2というモデルもあるし、なかなか癖の強いリストになっておりますので、実際にこれらが2020年に発売されるのであれば、なおさらここでiPhone12に120Hzのディスプレイが搭載されないというのは、かなりまずい状況ではないかと感じます。

暗黙の中で立ち込めている、iPhoneの時代遅れ感をヒシヒシと感じます。

指紋認証もなし、5Gも遅れ、iOS14ではAndroidのパクリと言われ、ここにきて120Hzが2021年ともなれば、先進的なエッセンスで時代のテクノロジーの進化を引っ張ってきたiPhone3Gからのスピード感がなくなった感じは否めません。

ただ、このチャンネルでいつも追いかけているおなじみのAppleのリーカーの方々は、120Hzのディスプレイは搭載されるとのリークを伝えてイますので、ここはどうか、iPhone12Proシリーズだけでも、120Hzディスプレイは搭載してほしいところです。

iPhone12のケースのリーク動画を公開

Appleのアナリストであるソニー・ディクソン氏がTwitterで、実際にiPhone12のケースを手に持った動画を公開しました。

この動画を観る限り、薄型のプラスチックケースのようです。

電源ボタンやサイレントスイッチなども予測されているものと一致しています。

めちゃくちゃ気になるカメラ部分

iPhone12-case

ただ、めちゃくちゃ気になるカメラ部分ですが、今までリークされてきたiPhone12のケースは、カメラのレンズごとではなく、カメラ全体がくり抜かれていましたが、この動画の中で紹介されているiPhone12のケースのカメラ部分は、カメラレンズそれぞれにくり抜かれています。

大きめのものが2つ、少し小さいものが一つ、これは通常のカメラレンズであると言えます。そして、かなり小さいものがありますが、これはフラッシュになるでしょう。

LiDARスキャナとトリプルカメラを搭載予定のiPhone12Proシリーズではなく、デュアルカメラであるiPhone12シリーズのケースであると予測することがでますが、気になるのがその小さい穴です

もちろんこれがiPhone12のケースだという確証はなく、あくまでもリークの範囲なので気にしなくても良いんですが、なんかこれ気になります。

5.4㌅のiPhone12と6.7㌅のiPhone12Pro Maxのケースを購入

僕は先日、iPhone12のケースをAmazonで購入しました。

検索したらあったのでついポチってしまいました。

僕が購入したのが5.4インチのiPhone12と6.7インチのiPhone12Pro Maxのケースです。

iPhone12本体と完全にマッチングするのかは不明

もちろん実際に予測されているiPhone12本体と完全にマッチングするのかは不明ですが、実際に販売されている商品ですので、全く期待はせず面白半分で購入しました。

届き次第、皆さんにもお見せしますのでお楽しみに。

Source:bloomberg
Source:engadget
Source:gori.me

ぜひiPhone12の発売の動向が気になる方は、当ブログをチェックして下さい。

そして、今回ご紹介した内容や、最新のiPhoneの情報やAppleに関しての動画を僕が運営するYouTube「俺的デザインチャンネル」でも配信していますのでぜひチェックして下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

/iPhone12の最新情報【まとめ】ここから\

iphone-12-pro-concept

[最新まとめ]iPhone12・12 Proの発売日・値段・性能・デザインは?

2020年3月27日

今なら最新モデルのiPhoneも買い時!

買い時な理由は?

各キャリアで特割などのキャンペーン絶賛実施中です!

また、すでにiPhone12シリーズのケースも発売しておりますので気になる方はチェックしてみて下さい。

iPhone12シリーズのおすすめケース特集

【keitaiichiba】iPhone12シリーズ クリアケース

  • 対応機種:iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU(側面)+ポリカーボネート(背面)

【ryohinit】iPhone12シリーズ クリアケース

  • 対応機種:iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU(側面)+ポリカーボネート(背面)

【ryohinit】iPhone12シリーズ TPU カーボン ケース

  • 対応機種 :iPhone12 / 12 Max / 12 Pro / 12 Pro Max
  • 材質:TPU

【Frusde】iPhone12シリーズ TPU ケース

  • 【360°全面保護】
    前面と背面をデバイスより高く設計し、液晶画面とカメラレンズをしっかり保護します。ケースの端とコーナーは特別に強化されてお、落下時の衝撃を最大限に吸収することができ、全方位から本体をしっかり守ります、日常生活で起きうる落下の衝撃を完全に吸収できます。
  • 【高い透明度】
    透明度が高く、本体の鮮やかな色をそのまま映し出すことができ、iPhone12のオリジナルのカラーを損ねません。ケースは、型どりを緻密に実施しており、iPhone12本体に完璧にフィットするとともに、持ったときの圧倒的なフィット感も実現しています。iPhone12の美しさはそのままに、iPhone12を保護しているのです。
  • 【環境に優しいTPU素材】
    ケースは特別に開発されたハイテクTPU素材で作られています。PCやガラス素材よりも柔軟ですが、通常のTPU素材よりも頑丈です。また、完全なHAP認定を受けており、安全性が高い、人体に無害であり、乳幼児向けとしても適合しています。滑り止めと快適な手触り。一度試せば忘れられないものとなるでしょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

スマホ バナー

iPhoneSE第2世代を買おう!


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

Fireworkの動画特集!新発見がここにある!

おすすめ関連記事を特集!!



iphone12-thumbnail

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。