fig_main

iPhone XS Max おすすめケース!最強の耐衝撃用 各ブランド人気10選!

iPhone XS Max 耐衝撃 ケース 記事 アイキャッチ

iPhone XS Maxを最大限に保護してくれる最強の耐衝撃用のケース選びの参考に!

そこで今回は、iPhone XS Maxにおすすめな耐衝撃用のケースを各ブランドごとに厳選して10選(Amazonリサーチ)ご紹介致します。あなたのライフスタイルに合わせてチェックしてみて下さい。

2018 Apple iPhone XS Max 6.5型OLED版 SIMフリー【米国正規品】 (512GB, ゴールド) [並行輸入品]
appleiphone

iPhone XS/XS Max/XRの購入は以下まで
>>ソフトバンクで予約購入する
>>au Online Shopで予約購入する
>>ドコモで予約購入する

iPhone XS/XS Max/XRのおすすめのケース一覧は以下より
>>iPhone XSのおすすめケース一覧
>>iPhone XS Maxのおすすめケース一覧
>>iPhone XRのおすすめケース一覧


Amazonで買える!iPhoneXS Maxのおすすめ耐衝撃性ケース10選

アップル 純正 シリコンケース

iPhone XS Max シリコン ケース

画像引用:Apple iPhone XS Max シリコンケース

|製品概要

iPhone XS MaxのためにAppleがデザインしたフォルムが、iPhoneの音量調節ボタン、サイドボタン、なめらかなボディにぴったりフィットします。余計な部分は一切ありません。内側の柔らかなマイクロファイバーの裏地があなたのiPhoneを守り、絹のように柔らかな手触りに仕上げられた外側のシリコーンが、あなたの手に心地よく収まります。このケースは常に装着しておくことができ、そのままワイヤレスで充電することもできます。

引用元:アップル

|ケースの6つの特徴

  1. iPhone XS MaxのためにAppleがデザインしたフォルム
  2. iPhoneの音量調節ボタン、サイドボタン、なめらかなボディにぴったりフィット
  3. 余計な部分は一切ない
  4. 内側の柔らかなマイクロファイバーの裏地
  5. 絹のように柔らかな手触りに仕上げられた外側のシリコーン
  6. ワイヤレスで充電することもできる

|ケースブランドおすすめのポイント

僕はこちらの記事『 iPhone Xs,Xケースおすすめ!Apple純正シリコン素材が最強のバランス!』で書いている通り、アップルの純正のケースの愛用者。長年iPhoneを使っているが、ケース選びのほとんどは「アップル 純正」を選ぶことが多い。それは6つの特徴で上げたことも去ることながら、やはりiPhoneを制作する技術とデザインが、もちろん純正のケースには注がれているから。だからこそ、魅力がある。

そして何よりもシリコン素材であるので耐衝撃にも優れた効果を発揮してくれる。

少し価格が高いことが難点だけど、価格を気にされない場合は、僕はこのままアップル純正のケースをおすすめしたい。

Ringke 耐衝撃 ケース 

Ringke 耐衝撃 ケース  写真

画像引用:【Ringke】iPhone XS Max ケース 

|ケースの7つの特徴

  1. 【MILテストとは?】
    1.2mの高さの26回の落下で機器が問題ない場合、通過するテストです。
  2. 【完璧なフィット感】
    明確な保護と、保護中心のデザイン。アップグレードされたバンパー技術は綿密に設計されて衝撃を吸収します。
  3. 【2重構造で衝撃に強い】
    背面は透明なポリカーボネート素材、バンパーは高強度、高弾性のTPU素材の2重構造で衝撃により強いです。 ※PC背面とTPUバンパーの一体型です。
  4. 【最適化された設計】
    ①液晶とカメラを保護するための安全な設計
    ②便利で、実用的なボタンのタッチ
    ③端子ホールに合わせた精密な設計
  5. 【ストラップホール付き】
    落下防止のためのストラップホールがあり、Ringkeのストラップをつけて落下にも保護できます。
  6. 【Qi充電対応】
    ケースをつけたままQi ワイヤレス充電対応です。
  7. 【商標事務所(USPTO)特許】
    アメリカ特許及び、商標事務所(USPTO)特許が適用されました。

|ケースブランドおすすめのポイント

高級感、品質の良さ、ぴったり寸法がハマる安心感があります。グリップ力も高く、ストラップホールもあり、落下のリスクを事前に防ぐ仕様でありつつ、落下した時の耐衝撃もあるので安定して使うことができます。写真の見た目通り、高級感もあり、所有欲も満たしてくれるケースです。

ROOT CO.  耐衝撃 ケース Gravity Shock Pro

【ROOT CO.】iPhone XS Max 耐衝撃 iPhone ケース Gravity Shock Resist Case Pro. (ブルー:グロス)

画像引用:【ROOT CO.】iPhone XS Max 耐衝撃ケース

|ケースの5つの特徴

  1. 【耐衝撃SHOCK-RESIST】
    米国環境耐性試験「MIL-STD-810G 516.6Procedure Ⅳ」の耐衝撃試験に準拠。あなたのスマートフォンを落下等の衝撃から守ります。また、航空機や電子機器等にも使用されている耐傷性・耐熱性に優れた軽量ハード素材「ポリカーボネート」と、落下衝撃吸収力に富んだ「TPU」の2層構造。スリムにも関わらず、持ちやすいタフなiPhoneケースを実現しました。※高さ122cmから26方向の製品落下試験
  2. 【スタイリッシュデザイン】
    機能・耐衝撃・デザインの3点を兼ね備え、アウトドアテイストを取り入れたデザイン。かつての「アウトドア」のイメージにあった大きい・ゴツい・タフネス過ぎる外見を覆し、パワフルさを感じさせつつもスリムでスタイリッシュな仕上がりに。登山・キャンプ・ハイキング・BBQなどでアクティブなシーンで幅広く活躍します。また、タウンユースコーディネートにも相性が良く、カジュアルな普段使いにもピッタリです。サイドにデザインされた溝と滑りにくいTPUバンパーでiPhoneのグリップ感も向上。
  3. 【アップルマークを魅せるスタイル】
    背面のアップルマークが見える、人気のポートホールを採用。カメラレンズライクなオシャレなデザインは、アウトドア時の砂・埃・傷から保護するためのクリアPCとTPUの二重仕様になっています。 ※ご注意下さい※本製品は画面開口部のサイズが横64mm×縦135mmとなっております。 そのためサイズ横63mm×縦134mm以下のフィルムならご使用いただけますが、全面保護等の大きめのフィルムの場合は形状によってはケースと干渉する為、ご使用できない場合がございます。
  4. 【ワイヤレス/非接触充電対応】
    ケースを装着したままのワイヤレス充電(Qi充電)に対応しています。
  5. ※ご注意ください※
    Qi充電対応の為、背面メタルプレートを内蔵しておらず、『マグネット式』のカーマウント等はご利用いただけません。

|ケースブランドおすすめのポイント

このケースの魅力はなんと言っても「米国環境耐性試験「MIL-STD-810G 516.6Procedure Ⅳ」の耐衝撃試験に準拠」しているところです。航空機や電子機器等にも使用されている耐傷性・耐熱性に優れた軽量ハード素材「ポリカーボネート」と、落下衝撃吸収力に富んだ「TPU」の2層構造なので非常に頑丈でしっかりとiPhone XS Maxの本体を保護してくれます。

ROOT CO.  耐衝撃 ケース Gravity Shock Basic

【ROOT CO.】iPhoneXS Max ケース 耐衝撃 Gravity Shock Resist Tough & Basic Case.

画像引用:【ROOT CO.】iPhoneXS Max ケース 耐衝撃 Gravity Shock Resist Toughはこちら

|ケースの5つの特徴

  1. 【SHOCK-RESIST(MIL規格準拠)】
    米国環境耐性試験「MIL-STD-810G 516.6Procedure Ⅳ」の耐衝撃試験に準拠。あなたのスマートフォンを落下等の衝撃から守ります。※高さ122cmから26方向の製品落下試験。
  2. 【軽量構造】
    耐衝撃性能を維持しつつ、持ちやすくスリムな形状の軽量構造を実現。
  3. 【ドロッププロテクション】
    ケースの4角のTPUを厚くすることで、落下時の衝撃を吸収し更にiPhoneを強固に保護します。
  4. 【バンパータイプ】
    アップルマークが見えるクリアな背面パネルを採用し、iPhoneのデザインを活かすバンパータイプに。アウトドアライクなテイストは残しつつ、カジュアルに使えるタフケースに仕上げています。
  5. 【ワイヤレス充電対応】
    ケースを装着したままのワイヤレス充電に対応しています。

|ケースブランドおすすめのポイント

このケースは「米国環境耐性試験「MIL-STD-810G 516.6Procedure Ⅳ」の耐衝撃試験に準拠」しています。また、耐衝撃性のケースの特有のデメリットは”重さ”ですが、こちらスリム&軽量構造なのが魅力です。

【Spigen】耐衝撃 ケース タフ・アーマー

【Spigen】 スマホケース iPhone XS Max ケース 6.5インチ

画像引用:【Spigen】 iPhone XS Max ケース 6.5インチ 対応 耐衝撃 

|ケースの5つの特徴

  1. 【米軍軍事規格】
    高さ1.22mから合板に製品を装着した状態で 26方向の角度から落下させるテストを クリアした耐衝撃ケースです。 ※MIL規格(STD 810G-516.6)の規定に のっとり”米軍の軍事規格”を取得しています。 (第三者機関による試験実施)
  2. 【デュアルレイヤーシステム】
    ​衝撃吸収性の高いプレミアムTPU素材の インナーケースに硬質ポリカーボネート素材の 背面パネルで補強する、 二層構造(デュアルレイヤー構造)を採用。 ※TPUとは=ゴムのように柔らかい素材で  傷つきにくく、衝撃に強い素材のこと。 ※ポリカーボネートとは=プラスチック製で  耐熱性と柔軟性を持ち合わせた素材のこと。
  3. 【エアクッションテクノロジー】
    (落下時の衝撃を軽減する設計) ケースの各コーナー内側部分に 落下時の衝撃を効率よく吸収するための技術 (エアクッションテクノロジー)を採用。 本体の落下時に伝わる衝撃を ケース内側の四隅にある 空間(エアクッション)で吸収するので、 衝撃を最小限に抑えます。
  4. 【液晶画面・背面を守るこだわりの設計】
    前面と背面のフチを高く設計し、 液晶画面とカメラレンズを キズから保護します。
  5. 【こだわりの便利機能】
    背面パネルにはキックスタンドが備わっており、 動画鑑賞などに便利です。

|ケースブランドおすすめのポイント

”米軍の軍事規格”を取得しているのと、プレミアムなTPU素材、そして 落下時の衝撃を効率よく吸収するための技術 (エアクッションテクノロジー)を搭載しているので、落下の耐衝撃性は一級品です。兎にも角にも、落下の耐衝撃が一番なケースを選びたいならこれがマストバイです。

360度 全方耐衝撃 ケース  

iPhone XS Max ケース 耐衝撃 360

画像引用:iPhone XS Max ケース 耐衝撃 360 全方向保護

|ケースの5つの特徴

  1. 【ぴったり合うデザイン】
    他の市販スマホケースと違い、精密機械で成型しサイズがぴったり合う!大切な iPhone xs maxをしっかりホールドしてます。ボタンの位置ずれなど心配いりません。(iPhone XR/ XS/ X対応不可)
  2. 【強防衝撃力・360°保護】
    軍用MIL規格810G-516防振材料が採用されていますので、衝撃にとても強いです。嵌め込み式前カバーと透明バックカバーの組み合わせにより、360°全方位からスマホを保護してくれます。衝撃など一切心配ありません。
  3. 【スクリーン保護・滑らか操作】
    最先端の3Dラウンドエッジ工芸を採用する嵌め込み式前カバー、厚さ0.26mmの超極薄、何も貼っていないような感じで液晶画面の美しさをお楽しみいただけます。画面の精細さを損ないません。そして画面上の操作もスムーズ行えますので、他のガラス保護フィルムを追加する必要ありません。
  4. 【ワイヤレス充電対応】
    装着したままiphoneの全機能が利用できます。 操作感とスムーズ感に損はありません。ケースを装着して、透明で綺麗で楽に操作できます。ワイヤレス充電、音量調節あらゆる操作が付けたままできます。
  5. 【一年保証付】
    すべての製品はご購入日から30日間の返金&12ケ月の安心保証が付きます。製造には万全を期しておりますが、万が一商品に不具合がある場合は、お気軽にご連絡してください。

|ケースブランドおすすめのポイント

こちらのケースの最大の魅力は、軍用MIL規格810G-516防振材料が採用されていことと360°全方位からiPhone XS Maxを保護してくれるところです。これにより実際に使っていても非常に安心できます。

iPhone XS Max本体に1mmでも傷をつけたくない方におすすめできるケースです。

URBAN ARMOR GEAR ケース Pathfinder

URBAN ARMOR GEAR iPhone XS Max(6.5インチ)対応ケース Pathfinder ホワイト

画像引用:URBAN ARMOR GEAR iPhone XS Max(6.5インチ)対応ケース Pathfinder

|ケースの4つの特徴

  1. 優れた耐衝撃性
    耐衝撃に優れたハニカム構造をケース内側に採用し、硬さの異なる素材(アーマーシェル/ソフトコア)の ハイブリット構造により、軽量ながら高い耐衝撃性を実現しています。 また本体の上下部には柔軟性があり滑りにくい素材で厚みのあるバンパーを備えています。
  2. 米軍採用品の選定基準をクリア
    本製品は、米軍採用品の選定に用いられるアメリカ国防総省が定めた試験法規格である 「MIL-STD-810G, Method 516.6Procedure IV」をクリアしており高い耐衝撃性を備えています。
  3. 液晶画面の保護
    液晶外周部が盛り上がったスクリーンサラウンド構造を採用しており、不意の落下による液晶画面への傷を防ぎます。
  4. 使い勝手にもこだわった各種ディテール
    操作性に優れたボタン部、ケースをはめた状態で充電可能なポート部、写り込みのない形状のカメラホール等 耐衝撃性に優れながらも使いやすさを犠牲にしない、普段使いにも最適な設計となっています。

|ケースブランドおすすめのポイント

こちらのケースの特徴は、ハニカム構造をケース内側に採用し、硬さの異なる素材(アーマーシェル/ソフトコア)の ハイブリット構造になっているところです。価格は少し高めですが、それに見合った耐衝撃性に加え、かっこいいデザインが所有欲を完璧なまでに満たしてくれることでしょう。

AMZKEY 耐衝撃 360°全方向保護 ケース

AMZKEY iPhone XS Max ケース耐衝撃 360°全方向保護 ケース

画像引用:AMZKEY iPhone XS Max ケース耐衝撃 360°全方向保護 ケース

|ケースの6つの特徴

  1. 【カスタマイズのサイズ】
    本スマホケースは精密機械で成型し、サイズがiPhone XS Max(2018年9月発表) にぴったりフィットします。ケースを装着したまま、透明で綺麗で各ボタン操作、ワイヤレス充電にもサポートでき、フェイスID認証対応、綺麗な写真も撮影も可能です。通話にも影響ありません。
  2. 【360度全面保護&衝撃吸収】
    高弾性のTPU素材と硬PCを採用しており、キズ防止、黄変防止、防塵などの性能にも優秀、操作感とスムーズ感に損はない!落下や衝撃などのによる衝撃を吸収でき、スマホをしっかりお守りします。それに、嵌め込み式前カバーは透明バックカバーと組み合わせて、360°全方位からスマホを保護してくれます。
  3. 【スクリーン保護&操作簡単】
    最先端の3Dラウンドエッジ技術を採用する嵌め込み式前カバー、厚さ0.26mmの超薄型、とても軽量で何も貼っていないような感じで液晶画面の美しさをお楽しみいただけます。スクリーンの解像度を損ないません。それに、画面上の操作もスムーズ行えますので、ガラスといった保護フィルムを追加する必要ありません。
  4. 【超高品質な音質と写真】
    ケース底部にスピーカーとマイクのために特別なデザインをかけており、ケースを装着したままで相手が聞こえない問題を解決し、クリアな通話を楽しめます。透明な反射防止光学ガラスレンズを採用しており、撮影の時に高品質な画像と綺麗な瞬間を捕まります。
  5. 【多くのシーンで活躍】
    前面フレームと背面プレート分離したデザインにより、簡単装着と脱着ができます。ケースとiPhone本体の穴やボタンは完全フィットし、高級感を損なわない一体感を実現できます。このケースをつけて、通常の使用はもちろん、ハイキング、散歩、サイクリング、スポーツ運動、ドライブなどのアウトドア活動に大活躍しています。
  6. 【12ヶ月品質保証】
    このスマホケースはご購入日から12ヶ月の保証があります。お客様都合での返品あるいは返金も可能です。何か質問がありましたら、遠慮無くご連絡ください。

|ケースブランドおすすめのポイント

こちらのケースは、360度全面保護&衝撃吸収してくれます。まが、ハイキング、散歩、サイクリング、スポーツ運動、ドライブなどのアウトドア活動に大活躍してくれること間違いなしです。

【Ringke】透明 耐衝撃 ケース

Ringke】iPhone XS Max ケース 対応 コスパ最高 透明 落下防止 ストラップホール スマホケース

画像引用:【Ringke】iPhone XS Max ケース 透明 

|ケースの4つの特徴

  1. 【2重構造で衝撃に強い】
    背面は透明なポリカーボネート素材、バンパーは高強度、高弾性のTPU素材の2重構造で衝撃により強いです。
  2. 【最適化された設計】
    液晶とカメラを保護するための安全な設計 / 端子ホールに合わせた精密な設計
  3. 【ストラップホール】
    落下防止のためのストラップホール付き / Qi ワイヤレス充電対応
  4. 【MIL規格】
    米軍MIL規格取得 (MIL-STD 810G-516.6) 対応機種:Apple iPhone XS Max (2018) / ※”Ringke”ロゴがない偽造品にご注意ください / Ringkeフィルムの製品以外の全面保護フィルムをご使用の際は、干渉が起こる恐れがございます

|ケースブランドおすすめのポイント

デザインの特徴が際立つケース。背面は透明なポリカーボネート素材でアップルマークも見えます。また、バンパーは高強度、高弾性のTPU素材の2重構造で衝撃に非常に強いケースになっています。

【GEAR4】手帳型 耐衝撃 ケース

【GEAR4】iPhoneXS Maxケース 手帳型 耐衝撃

画像引用:【GEAR4】iPhoneXS Maxケース 手帳型 耐衝撃 

|ケースの5つの特徴

  1. D3Oは英国女王賞も受賞した次世代の衝撃吸収素材
    強い衝撃を受けると瞬時に固まり衝撃を吸収・分散させます。冬季五輪アルペンスキー競技や米特殊部隊など、様々な分野で実用化されています
  2. D3Oテクノロジー
    国内外からの注目を集め、朝日テレビ、日本テレビ、BBC、CNN、タイム紙、フィナンシャルタイムズ紙、ニューヨークタイムズ紙などで紹介されました。
  3. Gear4ロンドンコレクション
    日本で唯一D3Oを使用したiPhoneケース。イギリスで一番売れているスマホケースです(2016年実績。GfK社調べ)。ブリティッシュ・デザインと先進テクノロジーが融合した次世代ケースをお試しください。
  4. タフなのにゴツくない
    革新的新素材D3Oだから可能になった、スリムでスタイリッシュなフォルムと衝撃吸収プロテクションの両立。落下テストグレードの強固なバンパーは、もはや薄さと引き換えに得るものではありません。
  5. Gear4の手帳型ケース
    カチッと留められるカバーがスクリーンをしっかり保護。カード収納付きなので、ちょっとした外出にも便利。スタンド機能で動画視聴も。衝撃吸収素材D3O入りのインナーケースが、大切なiPhoneを強い衝撃から保護します

|ケースブランドおすすめのポイント

このケースはなんと言っても英国女王賞も受賞した次世代の衝撃吸収素材を使っているところでしょう。様々な分野で使用されている素材なのでとても信頼のおける耐衝撃を兼ね備えています。またこちらは手帳型なので、ディスプレイ部分もしっかりと保護してくれます。

最後に

ということで今回は、iPhone XS Maxにおすすめな耐衝撃用のケースを各ブランドごとに厳選して10選(Amazonリサーチ)ご紹介致しました。

iPhone XS Maxを最大限に保護してくれる最強の耐衝撃用のケース選びの参考に!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

次は、iPhone XS Maxを1日中ゴリゴリに使い倒したい!と考えている方に、こちらの記事『iPhone XS Maxを1日中ゴリゴリに使い倒したい人のためのアイテム。』でアップル 純正のスマートバッテリーケースについて紹介しているので合わせてお読みください。

2018 Apple iPhone XS Max 6.5型OLED版 SIMフリー【米国正規品】 (512GB, ゴールド) [並行輸入品]
appleiphone

iPhone Xs/Xs Max/XRの購入は以下まで。

>>ドコモオンラインで購入
>>au online shopで購入
>>ソフトバンクオンラインで購入

iPhone関連おすすめストア

  • メディア掲載多数!iPhoneアクセサリーブランド「Spigen 公式ストア
  • ヒルナンデスやスッキで特集されたどこでもくっつくケース「WAYLLY(ウェイリー)
  • iPhoneケース専門ショップ!今日使える500Pもあり!「SMART PEOPLE
  • ここにしかないデザインのケースアクセサリー多数!「Arts:Labo

iPhone関連おすすめサービス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

スマホ バナー

おすすめ関連記事を特集!!



LINE@でお得な情報を得よう!

PEITAに仕事の依頼はこちら

仕事依頼バナー

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

iPhone XS Max 耐衝撃 ケース 記事 アイキャッチ

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。