fig_main

ソニー α7ⅢのおすすめのSDカードがUHS−Ⅱで容量64GBが良い理由!

α7ⅢにおすすめのSDカードの記事のアイキャッチ
auが話題の機種など割引中!新規&機種変なら今!
auオンラインショップ

ソフトバンクのスマホが大幅値下げ!
ソフトバンクオンラインショップ

ドコモがiPhone XSやその他スマホを値下げ中!
ドコモオンラインショップ

α7ⅢにおすすめのSDカードを探しているなら参考になります。

今回は、α7Ⅲに絶対におすすめなSDカードの規格(モデル)とブランド、そして容量を考えて選びぬいて僕が購入した「サンディスク SDXC  64GB Class10 UHS-II」というUHS−Ⅱ規格のSDカードについてご紹介。

ドラマのような写真や動画を毎日たくさん撮って、通常よりも早い書き込み速度でミスや不具合のリスクを減らし、ストレスのない転送速度でパソコンにサクサク読み込んで、Lightroomで現像したい人にはもの凄くおすすめのSDカードです。

まずは結論から!

α7Ⅲの特徴である連続撮影速度や連続撮影可能枚数の最大コマ数や最大撮影枚数の能力を引き出した使い方をするためには、SDカード(メモリーカード)の性能が高くないと使えない

だから、α7Ⅲに使うSDカード(メモリーカード)は「UHS-Ⅱ規格」である必要があります。


α7Ⅲ対応メモリーカード規格は?

α7Ⅲ 本体 写真⑭

SONY α7Ⅲで撮影した写真/動画のデータは、SDカード(Microカード含む)へ記録されます。

  • UHS−Ⅰ対応SDカード
  • UHS-Ⅱ対応SDカード

USBなどの規格や、プロ向けのCFカードなどは対応していませんので注意が必要ですので、メモリーカードであればどれでもいいということではありません。

またこれから説明しますが、SDカードだからと言っても何でも良いわけでもありません。冒頭の結論でお伝えした通り、α7Ⅲに使うSDカード(メモリーカード)はUHS-Ⅱ規格である必要があります。

対応SDカードは、UHS-ⅡではなくUHS-Ⅰにも対応しているのでどちらでもα7Ⅲで使うことはできます。しかし、UHS-Ⅰでは、せっかく購入したα7Ⅲの能力を最大限引き出すことができません。

UHS-ⅠとUHS-Ⅱの違いについて

UHS-iとUHS−Ⅱの画像

「Ultra High Speed」の頭文字を略して、UHSと言います。

細かく言うとUHSについては、UHS-I/UHS-II/UHS-IIIの3種類があります。

  • UHS-I:104MB/秒
  • UHS-II:312MB/秒
  • UHS-III:624MB/秒

ここでは、α7Ⅲを使う上で選択肢として浮上してくる「UHS-I/UHS-IIとの違い」についてのみご説明します。

UHS−ⅠとUHS−Ⅱの見分け方

UHS−ⅠとUHS−Ⅱの比較画像②

商品の説明欄に「UHS-Ⅰ」か「UHS−Ⅱ」かは明記してあります。また、上記の写真のように本体そのものに「Ⅰ」か「Ⅱ」の表記がされているので、簡単に見分けることができます。

転送スピードの最大値が違う

端的に言うと、以下のようにUHS-IIは UHS-Iに比べて3倍ほどの速さでデータの書き込みや転送が可能になります。

  • 上記の写真左はUHS-I|転送速度 95MB/秒
    1枚1MBの写真を1秒間に95枚転送
  • 上記の写真右はUHS-I|転送速度 300MB/秒
    1枚1MBの写真を1秒間に300枚転送可能。

動画の場合でも同様に転送速度は違います。

3GBの動画データを転送する時 ー

  • UHS-I|転送速度 30秒以上
  • UHS-II|転送速度 約10秒

このように動画の転送速度もUHS-IIとUHS-Iは何倍も速さが違ってきます

この転送速度の速さの違いは、明らかに写真や動画を扱う側からすれば、かなり利便性の高いことだと言えます。

α7ⅢのUHS−Ⅱ規格を使うための必須環境

・ UHS-II 対応SDカード / microSDカード
・ UHS-II 対応カードリーダー
・ USB 3.0 のコネクタをもつパソコンなどのデバイス

α7Ⅲを買い、UHS−Ⅱで快適な撮影環境(不具合等のない書き込み速度)を整えるだけでも十分ですが、写真や動画のデータを読み込んでLightroomで現像したいなら、UHS-II 対応カードリーダーとUSB 3.0 のコネクタをもつパソコンなどのデバイスは必須な環境だと言えます。

例えば以下のカードリーダーなどのことです。

UHS−Ⅱ対応カードリーダー

α7Ⅲの推奨SDカード

SONY α7Ⅲ用の推奨メモリーカードは、以下のSONY純正のSDカード「ソニー SONY SDXCカード 128GB Class10 UHS-II対応 SF-M128 」です。

これを買っておけばまず間違いありません。しかし、やはり価格的なところのお財布事情により、もう少し安価なものがあればそれに越したことはありませんので、僕は推奨のものではなく、推奨スペックと搭載した「サンディスク SDXC  64GB Class10 UHS-II」を選んだわけです。

α7ⅢでUHS-Ⅰを使っていると起こりうる問題は?

α7Ⅲの性能上、UHS−Ⅱ以下のUHS−Ⅰでは、冒頭でお伝えした連続撮影速度や連続撮影可能枚数の最大コマ数や最大撮影枚数の能力を最大限に活かすことができません。

  • 連写後の待機時間(データを書き込むまでにかかる時間)が発生
  • 4K動画のデータが記録できていない

このような問題やリスクなどの不具合が発生することもあります。

こんなことがもし起こってしまったら、写真撮影時に大切な瞬間を逃してしまったり、動画撮影時の大切な時間を損失してしまうことになりかねません。

想像しただけでゾッとします。

もちろん、「あまり写真を連写しない」「4K動画は撮影しない」という方でα7Ⅲをお持ちの方もいると思います。しかしそれでは、そもそもα7Ⅲでなくてもよかったんじゃないかな?と心配になります。

α7ⅢのSDカードの不具合やエラーの原因

α7Ⅲを使用する際に、もしSDカードのエラーや不具合が出ていた場合は、冒頭でお伝えした通り、連続撮影速度や連続撮影可能枚数の最大コマ数や最大撮影枚数を最大限に引き出せない「UHS−Ⅰ」規格のSDカードを使用して、そのような環境で撮影している場合が考えられます。

α7Ⅲのために僕が選んだSDカード

サンディスク SDXC  64GB Class10 UHS-II

サンディスク UHS−Ⅱ SDカード 写真

こちらの写真が「サンディスク SDXC  64GB Class10 UHS-II」のパッケージ写真です。

サンディスク UHS−Ⅱ SDカード 写真②

こちらが「サンディスク SDXC  64GB Class10 UHS-II」の本体写真。

製品の概要

高性能ビデオ録画に最適のサンディスクエクストリームプロ

  • 耐久性に優れたデザイン
    サンディスク エクストリーム プロ UHS-II カードは、過酷な条件にも耐えうるよう設計されています。また。耐衝撃、耐X線、防水性能が備わっており7-25~85℃で動作可能です。
  • プロのための設計
    サンディスクの最新の技術革新力の性能、容量、信頼性は、プロ専用カメラや高解像度のビデオカメラに適しています。

規格/仕様

  • メモリ規格: SDXCメモリカード
  • メモリ容量: 64GB
  • スピードクラス: Class10/UHSスピード
  • クラス3 最大読込速度: 300MB/s
  • 最大書込速度: 260MB/s

僕のα7Ⅲの使い方

4K動画の撮影も視野に

僕は写真もそうですが、α7Ⅲの最大の魅力でもある4K動画の撮影もやっていきたいので、UHS−Ⅱの書き込み速度は必須です。それ加えて、容量も重要になってきます。

4K動画撮影時の容量と撮影時間

  8GB 32GB 64GB 256GB
XAVC S 4K 30p 100M 8分 35分 1時間15分 5時間15分
XAVC S 4K 30p 60M 10分 1時間 2時間5分 8時間35分
XAVC S 4K 24p 100M 8分 35分 1時間15分 5時間15分
XAVC S 4K 24p 60M 10分 1時間 2時間5分 8時間35分
XAVC S HD 120p 100M 8分 35分 1時間15分 5時間15分
XAVC S HD 120p 60M 10分 1時間 2時間5分 8時間35分
XAVC S HD 60p 50M 15分 1時間15分 2時間30分 10時間25分
XAVC S HD 60p 25M 30分 2時間25分 5時間 20時間10分
XAVC S HD 30p 50M 15分 1時間15分 2時間30分 10時間25分
XAVC S HD 30p 16M 50分 3時間50分 7時間45分 31時間25分
XAVC S HD 24p 50M 15分 1時間15分 2時間30分 10時間25分
AVCHD 60i 24M(FX) 40分 2時間55分 6時間 24時間15分
AVCHD 60i 17M(FH) 55分 4時間5分 8時間15分 33時間15分
 

上記の図は、SONYのサポートページ引用しています。図を見て頂ければ分かる通り、8〜32GBでは物足りなさが拭えません。

しかし、256GB(128GB含む)までの時間を撮影することもまずない!と考えました。

選んだ理由は規格と容量

  • α7Ⅲの特徴を引き出すためのUHS−Ⅱ規格のSDカード
  • 4K動画の撮影に必要な最低限の容量が64GB

少し補足しておくと、UHS−Ⅱに加え「U3」「class10」に対応しているので、そこも選んだ理由のひとつでもあります。ちなみに「U3」「class10」も転送速度の規格になります。

要は「UHS-IIのSDカードなら高速連写、4K動画撮影が安定する」ということ。

そのような理由から「サンディスク SDXC  64GB Class10 UHS-II」を僕は選んだわけです。

α7Ⅲのスロットカードは2つ

α7ⅢのSDカードスロットは2つあります。そのどちらにもUHS−Ⅱ対応のSDカードを挿せればそれに越したことはないと思いますが、それではお財布事情にもよくありません。

僕は一つに「UHS−ⅡのSDカード」、もう一つに「UHS-ⅠのSDカード」を入れています。「UHS-ⅠのSDカード」は万が一の時のためのもので、通常は使わず、メインでは「UHS−ⅡのSDカード」を使うことにしています。

以下は、UHS−ⅠのSDカードです。UHS−Ⅰはとにかく価格も安価なので、32GB〜64GBのものを買っておくと安心です。

最後に

結論をおさらい

α7Ⅲの特徴である連続撮影速度や連続撮影可能枚数の最大コマ数や最大撮影枚数の能力を引き出した使い方をするためには、SDカード(メモリーカード)の性能が高くないと使えない

だから、α7Ⅲに使うSDカード(メモリーカード)は「UHS-Ⅱ規格」である必要があります。

そこで僕が選んだのはー

  • α7Ⅲの特徴を引き出すためのUHS−Ⅱ規格のSDカード
  • 4K動画の撮影に必要な最低限の容量

サンディスク SDXC  64GB Class10 UHS-II」というわけです!

ということで今回は、α7Ⅲに絶対におすすめなSDカードの規格(モデル)とブランド、そして容量を考えて選びぬいて僕が購入した「サンディスク SDXC  64GB Class10 UHS-II」というUHS−Ⅱ規格のSDカードについてご紹介しました。

ドラマのような写真や動画を毎日たくさん撮って、通常よりも早い書き込み速度でミスや不具合のリスクを減らし、ストレスのない転送速度でパソコンにサクサク読み込んで、Lightroomで現像したい人にはもの凄くおすすめのSDカードです。

α7ⅢにおすすめのSDカードを探している方の参考になれば幸いです。

α7Ⅲの作例について

α7Ⅲ 本体 写真 ①

ちなみに上記の写真に装着しているα7Ⅲのレンズは「SAMYANG 単焦点広角レンズ AF 24mm F2.8 FE 」。こちらも悩みに悩み抜いたレンズです。

作例などについては以下の僕のインスタグラムのフォトグラファーアカウントで投稿しているのでそちらを参考にして頂き、ついでに気軽にフォローもして下さい。

*クリックで次の写真、またはスワイプで次の写真がご覧になれます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

次はこちらの記事『SONY α7Ⅲ を購入したので開封と実機のデザインをレビュー。』でα7Ⅲをレビューしていますので合わせてチェックしておきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

僕の愛用するカメラ「α7Ⅲ」のこと

僕の愛用するα7Ⅲのこと

ソニーα7ⅲ 本体 写真

SONY α7ⅲ 周辺アクセサリー

作品づくりのためのSONY α7III Series & α9プロフェッショナル撮影BOOK

僕のようなカメラ初心者でα7Ⅲを使いこなしたい!と考えているなら、まずは読んでいて損のない本です。

SDXCメモリカード UHS-II

α7Ⅲの4K動画を書き込むためには絶対に欠かせない”UHS-Ⅱ”規格のSDカード。僕はこれを買いました。

ソニーNP-FZ100バッテリー

いくら2倍長持ちするからといっても、やはりバッテリーを2個持っておくと安心して撮影できます。

ソニーモニター保護ガラスシート

モニターに傷がついてしまうと売却する際もだし、使用していても気分が上がらないです。しっかりとモニターは保護しておくべきです。

ソニー SONY 縦位置グリップ

やはり撮影の時、ポートレートなどの場合、縦に構える方が撮影しやすくなります。そこで、このような縦グリップを使うとさらに快適に撮影ができます。

ソニー SONY グリップエクステンション

先ほど記事の中でお伝えしましたが、ボディがコンパクトなので、手が大きい人は逆にボディサイズが小さすぎるかもしれません。そんな時に、グリップ部分を拡張するエクステンションを持っていると、撮影する時に便利です。

Manfrotto ミニ三脚 

このような三脚をひとつ持っておくと、サッと固定撮影する時に非常に便利です。

PeakDesign カメラストラップ

カメラを持ち歩く時の必需品!カメラストラップは持っておくべきです。

PeakDesign エブリデイバックパック

「いざ撮影!」という時に便利なカメラ用のバックパック。普段のデイパックよりも、カメラの収納や機動性に優れた作りになっています。

人生の瞬間を記録する写真のこと

photo-section-image
my-Instagram-account-thumbnail
Nagasaki-Lantern-Festival

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

スマホ バナー

iPhone XS/XS Max/XR 公式サイトで購入

SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



LINE@でお得な情報を得よう!

PEITAに仕事の依頼はこちら

仕事依頼バナー

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

α7ⅢにおすすめのSDカードの記事のアイキャッチ

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA