YouTubeで最新情報を動画でお届け!

YouTube-check-Thumbnail

PDFの閲覧や編集や作成など多彩な機能を搭載したオールインワンソフトって知ってる?

PDFelement-Thumbnail
auが話題の機種など割引中!新規&機種変なら今!
auオンラインショップ

ソフトバンクのスマホが大幅値下げ!
ソフトバンクオンラインショップ

ドコモがiPhone XSやその他スマホを値下げ中!
ドコモオンラインショップ

PDFの最大の特徴(魅力)は、WindowsやMacなどのOS(ソフトウエア)など、どんなデバイスや端末で閲覧&編集しても文字(テキスト)やレイアウトが崩れない、あらゆる媒体の垣根を超えた”一貫した統一性”にあります。

PDFの高機能な編集ソフトをお探しなら必ず参考にまります!

この記事では、Adobe製品以外で、贅沢な高機能PDF編集ソフト「PDFelement」について、実際にWebデザインの校正レイアウトの作例、そしてその魅力やおすすめ機能のご紹介をお届けます。

オールインワンPDFソリューション「PDFelement」

ではまず、実際にPDFの最大の特徴である”一貫した統一性の良さ”について少し詳しくお伝えしておきましす。

当ブログを運営しているイシハラ イッペイ(InstagramTwitter)と申します。

ブロガーとして文章を使ってブログで情報発信しながら、動画でもガジェットや本や映画など人生に役立つ最新の情報をお届けしていますのでぜひ動画もチェックして下さい。


PDFで資料を編集&制作したデータの校正やレイアウトは印刷してもPDFを開いても崩れない

PDF-image

ソフトウェアやOSに依存しないのがPDFデータ

社内や仕事先で使う資料(企画書や請求)など、WindowsならOfficeソフトであるワード(Word)やエクセル(Excel)、MacならPagesやNumbersで作成します。しかし、いざそのデータを相手に閲覧してもらう時、そして相手がそれを印刷する時、そもそもソフトウェアの新旧のバージョンによっては”互換性のない”ことの方が多く、文字(テキスト)やレイアウトが崩れてしまうことがあります。

「これは本当に困る」

PDFなら、相手に資料の内容を100%正確に伝えられる

例えば、写真付きのWeb制作のデザインレイアウトの資料をワード(Word)で作り、それを仕事先の相手に確認してもらうためにメールで送った場合、それが仮に【Word 2013】で作ったデータの場合、もし相手が【Word 2018】のOfficeソフトを使っていた場合でも、文字(テキスト)やレイアウトが崩れる場合があり、そもそも正確に確認することさえできないことだってあります。

要するに、各ソフトで色々なデータのやり取りをする場合、実際に作った資料や書類のデータのレイアウトなどの位置関係を保ったまま100%正確に共有することはできません。

でも、PDFなら、位置関係を保ったまま100%正確に共有することができます!

つまり、WindowsならOfficeソフトやMacのPagesやNumbersなどで、資料や企画書、それにWebデザインなどの校正やレイアウトのデータは、最初からPDFで制作しておけば、相手や自分がどんなデバイスや状況や環境にいたとしても、PDFなら100%正確に共有することができるので非常に便利です。

しかも以下のような機能が搭載されたPDF編集ソフトがあれば、すべて解決!

  • PDFを直接編集
  • PDFの作成&変換
  • PDFページの調整や保護
  • PDF内のテキストのOCR(高額文字認識)

これらの基本的なPDF編集が、Word®とPowerpoint®と似たような感覚で操作できたら?

「もうPDFで良いじゃん!」

ですよね?

もちろん、Excelなどの計算式やパワポのようなスライド機能はありませんので、使う用途で使い分ける必要はあります。

なので、データ資料や企画書やデザインデータ案件(ラフ)など、特に”内容と校正のレイアウトが崩れてしまう”という状況がネガティブな状況を招く恐れがあるものはすべてPDFで制作することがおすすめだと言えるわけです。

そしてそれらの贅沢な高機能PDF編集ソフトである「PDFelement」で、実際にWebデザインの校正レイアウトを作ってみました。

高機能PDF編集ソフトをお探しの方には特に参考にして下さい。

ダウンロード版はこちら

製品版(DVD)は以下より

PDFを編集&作成できるソフトの「PDFelement」を使った作例

自身のブログのWebデザインをサクッと30分で作成してみた

PDFelement-example

※上記の作例は、「PDFelement」で制作し、ブログにアップロードして表示させるために、画像形式にて変換したものになります。

このように「PDFelement」は、単純な資料からデザインの校正など、ポスターやリーフレットの広報活動など、幅広く使えるので高機能PDF編集ソフトであることがお分かり頂けたかと思います。

しかも、どの端末やどのデバイスで見たとしても、位置関係を保ったまま100%正確に共有することができるわけですので、これほどまでに効率の良いことがありません。

では、その「PDFelement」について以下に、その機能などをもっと詳しくご紹介しておきます。

PDFを編集&作成できるソフト「PDFelement」とは?

PDFelement-image

PDFを編集&作成できるソフト「PDFelement」の主な機能をドドッと公式動画でご紹介!

PDF編集、OCR、PDF変換&作成の方法徹底解説!

 

PDFをテキスト化する方法

PDFから一部を画像として切り取る方法

PDFをパワーポイントに変換する方法

スキャンしたPDFを編集可能なExcelに変換する方法

MacでWebページをPDFに変換する方法

PDFページを回転する4つの方法

PDFを複数のファイルに分割する方法

PDFelementのOCR機能紹介!スキャンしたPDFも編集可能!

複数のファイルを一つのPDFに結合する方法

MacのプレビューとPDFelementの機能比較

PDFにマーカーを引く方法

画像をPDFに変換する方法

PDFに画像を貼り付けるには?

搭載されている機能によって3つのバリエーションが用意されている

PDFelement-model
  1. PDFelement(標準版)
  2. PDFelement Pro(プロ版)
  3. PDFelement(モバイル版)

以上の3つの展開になっていますので、用途に合わせて使うことができます。

【比較】PDFを編集&作成ソフト「PDFelement」の標準版とプロ版の違いは?

標準版とプロ版にも備わっている機能一覧

PDFのプレビュー機能

  • PDF閲覧
  • PDFプレビューの調整
  • テキスト検索と置換
  • しおりを追加
  • PDF印刷
  • 「最近使用したファイル」よりファイルを開く
  • マルチウィンドウ表示

PDFの注釈とコメント機能

  • ハイライト、アンダライン、取り消し線、波線、キャレット
  • 図形コメント
  • メモ、タイプライター、テキストボックス追加
  • 注釈の非表示
  • スタンプの追加と作成
  • PDFに添付ファイルを追加

PDFの編集機能

  • テキストと画像を編集、削除、コピー、ペースト、挿入
  • ラインモードと段落モードの切替
  • フォントと様式の変更
  • ガイド導線によるオブジェクトの調整
  • 背景の追加と削除
  • 画像を追加、削除、移動、回転
  • ページを挿入、削除、抽出、クロップ、順番変更、回転
  • ページのサムネイル一覧画面でページを挿入、削除、抽出、クロップ、順番変更、回転
  • ページ番号またはブックマークによるページ分割
  • ページ抽出
  • カスタマイズ透かしの追加、削除、更新
  • 透かしバッチ処理
  • ヘッダーとフッターの挿入、削除、更新 (ページ番号と日付も含む)
  • ベイツ番号を振る
  • ハイパーリンクを挿入、削除、編集

PDFの作成と結合機能

  • Microsoft OfficeからPDFを作成
    (.doc、.docx、.xls、.xlsx、.ppt、.pptx)
  • 画像からPDFを作成
    (.jpg、.jpeg、.gif、.tiff、.png、.bmp)
  • HTMLからPDFを作成
  • 「印刷」機能を使用して任意のアプリケーションからPDFを作成する(仮想プリンタ)
  • 複数のファイルから同時にPDFを作成
  • 違う種類のファイルからPDFを作成

PDFの変換とOCR処理機能

  • スキャンされたPDFを他の形式に変換
    (無料版は閲覧のみ)
  • 詳しい変換設定(画像品質など)
  • PDFからすべての画像を抽出

PDFのフォームの作成と入力機能

  • フォームに入力
  • FDFファイルからフォームデータを入力/出力
  • 電子署名を検証

PDFの保護と共有機能

  • PDFにオープンパスワードをかける
  • PDFに権限パスワードをかける
  • PDFをクラウドストレージサービスに保存
  • メールの添付ファイルとしてPDFを送信

「PDFelement」は、標準版だけでも、なんでもできる高機能PDF編集ソフトだと言えます。さらにプロ版だと何ができるのかみていきましょう。

プロ版にはあって標準版にはない20の機能とは?

PDFの作成と結合機能

  • スキャナー、スマホからPDFを作成

PDFの変換とOCR処理機能

  • スキャンされたPDFを他の形式に変換
    (有料版は編集も可能)
  • 複数のPDFファイルをバッチ処理で他の形式に変換
  • OCR処理(スキャンされたPDFを編集可能にする)
  • OCR多言語対応、OCRのバッチ処理

PDFのフォームの作成と入力機能

  • フォームフィールド自動認識
  • PDFからデータ抽出
  • バッチ処理で複数のPDFから一括データ抽出
  • 指定のフォームフィールドからデータ抽出
  • チェックボックス、ラジオボタン、テキストフィールド、リストボックスなどの作成
  • ガイド導線によるフォームの調整
  • タブ順番の設定
  • フォームオブジェクトのアクション設定 (データ入力、ファイルを開く、Webページを開く、計算、など)

PDFの保護と共有機能

  • 電子署名を作成
  • 墨消し
  • テキストを検索して一括墨消し
  • 墨消しの色、コード、オーバーレイテキストを設定
  • PDF圧縮

PDFの他の製品との互換性

  • Adobe® Acrobat®、Adobe Readerと互換性がある
  • Microsoft® Windows® 10、8.1、8、7、Vistaに対応

ちなみに、「PDFelement(モバイル版)」もかなり高機能になっているので、最後にiPhoneアプリの使い勝手の良さを動画で紹介しておきます。

PDF編集アプリ「PDFelement for iOS

最後に

ということでこの記事では、Adobe製品以外で、贅沢な高機能PDF編集ソフト「PDFelement」について、実際にWebデザインの校正レイアウトの作例、そしてその魅力やおすすめ機能のご紹介をお届けました。

PDFの高機能な編集ソフトをお探しならぜひ使ってみて下さい。

オールインワンPDFソリューション「PDFelement」

All source:PDFelement

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Amazonでお得に商品を買う方法を知っていますか?

Amazonで普通にお買い物する時に「自分で購入したギフト券」を使うと、通常理もポイントがつくのでお得に安く商品を購入することができます!

詳しくは以下の記事に書いていますので、Amazonで商品を買う前に必ずチェックしておきましょう!

CHECK【知らなきゃ損!!】Amazon ギフト券「チャージタイプ」の安くてお得な使い方!

スポンサードリンク

最新情報はこちらから!

バナー

iPhone11,11 Pro Max,公式サイトで購入


SoftBankロゴ_2

auロゴ_1

docomoロゴ_3

おすすめ関連記事を特集!!



LINE@でお得な情報を得よう!

PCサイズ-LINE@-バナー

PEITAに仕事依頼はこちら

お問い合わせバナー

このブログのテーマはこちら

この俺的デザインログで使用しいているWordpressのテーマは、「OPENCAGE」 モバイルファースト思想でつくられたブロガー専用のWordPressテーマ「STORK」です。 ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

PDFelement-Thumbnail

SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どもどもイシハラ イッペイです。ここは僕の好きなモノゴトを集めたブログサイトです。僕の詳細については、プロフィールページにてご確認下さい。ここで、あなたの好きなモノゴトとの出会いがありますように。